So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

テレビ Vol.216 『ドラマ 「コンフィデンスマンJP」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV]番組」を紹介するシリーズの第216回は、『ドラマ 「コンフィデンスマンJP」』をお送りします。


th.jpg



4月から始まった、民放各局の連続TVドラマを批評するコーナーの一本目が、『ドラマ 「コンフィデンスマンJP」』です。



このドラマは、フジテレビ系「月9」枠で4月9日から放送開始されました。放送時間は、毎週月曜日 21:00~21:54。



脚本は、古沢良太。同氏脚本の映画[映画]は、2005年公開の『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28 を、



TVドラマは、2015年1月期の 『デート~恋とはどんなものかしら~』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/af55741f674774436a6742740b00680e を、紹介しています。



タイトルのコンフィデンスマン(confidence man)とは、詐欺師のこと。JPは、日本版を意味する「JP」。尚、当作品は古沢さんの脚本を元に、韓国版「KR」、中国版「CN」の制作も決定しているそうです。



主演は、長澤まさみ。長澤さん出演の映画は、2016年公開の 『グッドモーニングショー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e376f43c308b544ad715a893b5b0eb82 を、



TVドラマは、2005年1月期の『優しい時間』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/35e5e44706cb73570fd16a7ef3454664



台湾ドラマ『ショコラ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42b99d815711e50fc4e05e8835d42c6b



2014年7月期の『若者たち』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/93c77ab01c8665ebb6cfabe68f306076 の三本を取り上げています。



共演は、東出昌大(まさひろ)と、小日向文世。


相関図.jpg



『コンフィデンスマンJP』は、“欲望”や“金”をテーマに、一見、平凡で善良そうな姿をした、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)という3人の“信用詐欺師”たちが、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など、毎回、さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる、痛快エンターテインメントコメディー作品です。



1話と2話を観た感想ですが、とにかくエキセントリック、ハチャメチャで面白い。肩ひじ張らずに楽しめるドラマに仕上がっています。



このドラマでは、長澤まさみさんが毎回異なる“コスプレ”姿で魅せるのも話題です。1話では、往年の梶芽衣子さんばりに、着物の肩をはだけ“女壺振り師”に挑戦しました。その他のシーンでも、長澤さんハジケテますね。



毎回異なる豪華ゲストにも注目です。“騙され役”を1話では、江口洋介が、2話では吉瀬美智子が演じています。



尚、『コンフィデンスマンJP』次回第3話は、4月23日(月)夜9時から放送予定です。


 


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~200 省略


Vol.201 2018/1/18 『カマキリ先生☆マレーシアへ行く』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7ec4f3cfb69ee6e44b63de83d47f6e43


Vol.202 2018/1/24 『池の水ぜんぶ抜く』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9c3126010a4cc705d2ed435c1a1c247


Vol.203 2018/1/29 『ドラマ「anone」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5baaa0467ff526583af17e5ee64a8a5f


Vol.204 2018/2/1 『ドラマ「アンナチュラル」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d95d60df2e7d0b2052535f5fe8f5dc32


Vol.205 2018/2/4 『ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f9268e748a06f7ec95a05e3c8688319


Vol.206 2018/2/7 『ドラマ「隣の家族は青く見える」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad3e93be0951fd9c7c2cd9bc2e87658f


Vol.207 2018/2/12 『未来世紀ジパング~変わりたいイタリア、変わりたくないイタリア~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b7c5e0324ec87fe6040cc51defdaf275


Vol.208 2018/2/17 『趣味どきっ!「福を呼ぶ!ニッポン神社めぐり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67e0cb71f3a22502271bc592b939b9d7


Vol.209 2018/2/21 『大河ドラマ「西郷どん」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23d0cfdba09eebdb33af4923715060bc


Vol.210 2018/2/26 『太田和彦 ふらり旅 いい酒いい肴』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0df0e114f2db43c9310c439e064e1e14


Vol.211 2018/3/3 『ドラマ「荒神(こうじん)」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4fd6d2d7b2a755ec65d240f9c42bf9ed


Vol.212 2018/3/13 『世界ふしぎ発見~超人空海 唐留学の謎に迫る~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/586e1eb40ce625295f76b71c87fe51cf


Vol.213 2018/3/22 『ニッポンぶらり鉄道旅』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0a21a506f8f6b5f5f15a0393744b09fa


Vol.214 2018/3/28 『「こころ旅」2018 春も走ります!!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ea4d72baf92aa10bcd2921e430ad6d4


Vol.215 2018/4/14 『TOKYOディープ!~頑張れば天神さまが見ていてくれる 湯島~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee4e0ac9a0440988bd1f6c42a8d34a07


タグ:長澤まさみ
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

街歩き 第67回 『御朱印巡り 「湯島聖天 心城院」』 [街歩き]

隊長の地元:東京都文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの第67回は、『御朱印巡り湯島聖天 心城院」』をお送りします。


1.JPG



「天台宗 柳井堂(りゅうせいどう) 心城院」通称:湯島聖天(しょうでん) は、元々、湯島天神の別当寺であった天台宗喜見院の「宝珠弁財天堂」と称されていました。


2.JPG



ときに元禄7(1694)年、喜見院第三世・宥海大僧都が、道真公とご縁の深い歓喜天(聖天さま)を弁財天堂に奉安したのが当山の開基で、尊像は比叡山から勧請した慈覚大師円仁作と伝えられております。


4.JPG



当時は、現在の湯島天神男坂下が湯島天神の表門にあたり、太田道灌の御殿・皓月亭跡とも伝えられています。享保のころ、寺門維持のため幕府から「富くじ」が発行されました。


5.JPG



江戸では、谷中感応寺(現・天王寺)、目黒瀧泉寺(目黒不動)、喜見院(湯島天神)が「江戸の三富」と言われ、大いに賑わいました。



「湯島天神男坂」と「湯島聖天」


3.JPG



御朱印を頂こうと最初に訪れた3月28日は、応対終日不可の張り紙が。


6.JPG



脇に置いてある“書置き”ではなく、“御朱印帳”に直接書いて頂きたかったので、4月9日に再訪しました。


7.JPG



頂いた御朱印は、一番最初の写真の「十一面観世音菩薩」です。初穂料は、300円。



尚、これまでに拝受した御朱印の数は、21です。



詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5



境内は狭いですが、綺麗に整備されています。



「弁財天 放生(ほうじょう)池」


8.JPG



江戸時代の文献『江戸志』の「宝珠弁財天 男坂下」の項に、「江戸砂子にいう、此所の池は長井実盛(ながいさねもり。後に斉藤別当実盛になる)庭前の池と伝う。昔は余程の池なりしを近世其の形のみ少しばかり残りたり」と記され、かつての池は太鼓橋が架かる程の規模だったようです。



「江戸名水柳の井」の手水(ちょうず)。


9.JPG



当山には、江戸名水「柳の井」があることから、「柳井堂(りゅうせいどう)心城院」と称されています。関東大震災の時には、湯島天神境内に避難した多数の罹災者の生命を守った唯一の水として、当時の東京市長から感謝状を受けたそうです。



「厄除け 開運 水琴窟(すいきんくつ)」。


10.JPG



水琴窟は、茶人であり作庭家としても有名な、小堀遠州(1579~1647)が初めて造ったと云われています。当山の水琴窟に流れる水は、厄除けの江戸名水「柳の井」の霊水です。



尚、「隊長のブログ」では、湯島天神に関する記事を、これまでに15回アップしています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87584188e1ce0a47fad76e5a475d696a



また、「湯島聖天」を含む湯島・上野地区の建物・お店の地図は、こちらでご覧いただけます⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9fdabfdb3c1862b9510c1fe9ecfc6690


 



===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9


第1回~55回 省略


第56回 2018/1/21 『小石川七福神巡り「福禄寿」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6336cfa557a320ab98576b046fc1627


第57回 2018/1/27 『御朱印巡り「三河稲荷神社、金刀比羅宮東京分社」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0bbc52b3032789b1a383922088a1189f


第58回 2018/2/5 『御朱印巡り「回向院」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d42f2ff00f7bcd05b8a36eba5e50db6


第59回 2018/3/18 『「本郷薬師」と「十一面観音菩薩」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d0516d8a7eaa0e1ded72d449a97f3de


第60回 2018/3/23 『御朱印巡り「妻戀神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a1727af1df30b99693d13c8991f5ac9


第61回 2018/3/30 『小石川七福神巡り「毘沙門天」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81fdf1b86abe14c9a5f6c11afbe8a1ce


第62回 2018/3/31 『小石川七福神巡り「大黒天」「布袋尊」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abfa63fbad721434be839ddccbeb0100


第63回 2018/4/2 『小石川七福神巡り「弁財天(女)」「寿老人」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/045e651e5f48a43c0dec0e6d80c5e1c1


第64回 2018/4/4 『小石川七福神巡り「弁財天(男)」「恵比寿」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/665edd886b1250f1b6d36a83f17992e5


第65回 2018/4/7 『御朱印巡り「麟祥院」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/409bcc9fb53107fc6a5240f7b7e3c817


第66回 2018/4/12 『小石川後楽園』(その1) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/085e5dae722af6a8ec88c994c5c592ba


第66回 2018/4/13 『小石川後楽園』(その2) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e62975e97124e028fe1901dc9bc1e325


 


タグ:湯島聖天
nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

演劇 40幕 『上手に伝えられなくて』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第40回は、『上手に伝えられなくて』をお送りします。


表.jpg



4月14日(土)の午後は、劇団「〇〇Pソファ(マルマルピーソファ)」旗揚げ公演『上手に伝えられなくて』を観に行ってきました。



会場は、[地下鉄]王子駅から徒歩3分の「花まる学習会王子小劇場」。


DSC_0039.JPG



本公演の作・演出は藤田久雄。



キャストは、藤田ひさお、蒼木(あおき)まや、佐々木怜司、麻子、安藤清美、渕山将文、井木順二、住永侑太、手塚優(ゆう)、吉富優、吉村彩、福田如子(なおこ)。


裏.jpg



隊長のお目当ては、『虹の刺青』 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb に出演した手塚優さん。



観劇後の感想:



発達障害を持つ青年が、家族に見捨てられたあとに生きていく困難さを描いた物語。この難しいテーマを、笑いのオブラートに包んだ脚本が良かった。



面白かった。隊長が一番大きな声で笑っていたので、他の観客にご迷惑をかけたのではないかと心配しています。



凡庸な表現ですが、笑いあり涙ありの舞台だった。



手塚さんが演じた岩崎。一番善人に見えていたのに、突然本性を現した時の狂気感が、観ていて怖くなるほどだった。



ヒロイン、広瀬こずえ役の蒼木まやさん。初舞台とは思えない演技でした。清潔感溢れる女優さんで、今後の活躍が楽しみですね。



主人公、生田つよし役の藤田ひさおさん。この種の障害を持つ方を長年観察していたかのような自然な演技で素晴らしかった。



他の演者さんも、皆さん役になりきっていて、良かった。



舞台美術(阿部一郎)、古びた喫茶店(アンティーク)感が出ていた。暗転時に、桜の枝に花を咲かせたのだが、本当に咲いているかように見えた。



音楽(長谷川ふな蔵)も、ストーリーに相応しくて良かった。 


 



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~25幕 省略


26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』 座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418


27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6


28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


29幕 2016/5/25 『林家たい平独演会』 文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a


30幕 2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 井上円了ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


 


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

旅行記 第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』 (その2:最終回) [旅行記]

『高尾山飯縄大権現参拝登山』 (その1)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d



「高尾山薬王院」の境内散策の最後に引いたおみくじ。なんと“大吉”でした!


1.JPG



「大護摩修行」を終え、次は「坊入り(精進料理)」です。


2.JPG



会場は、「大本坊」裏手の「有喜閣」。


3.JPG



廊下も趣きがあります。


4.JPG


5.JPG



会食前に、今回は「東京寿講高尾山参拝登山100回(100年)」記念ということで、講元を始め功労者が住職から表彰を受けました。


6.JPG



精進料理とは、思えない彩り鮮やかな料理の数々。お味も良かったです。


7.JPG


8.JPG



徳利にも「高尾山」と書かれています。


14.JPG



箸袋


9.JPG



頂いた品々


10.JPG


11.JPG


12.JPG


13.JPG



お腹がそこそこ満たされると、いよいよ日本舞踊の奉納です。


15.JPG


16.JPG



宴会もたけなわですが、下山の時間となりました。



行きに撮影できなかった天狗の像


17.JPG



願叶輪潜


18.JPG



帰りも行き同様ケーブルカーで下りました


19.JPG



麓の「薬王院祈祷殿駐車場」に戻ったのが、午後4時前でした。


20.JPG



帰りのバス[バス]車中は、カラオケ[カラオケ]大会です。



こうして、初体験の『高尾山飯縄大権現参拝登山』は終了しました。


タグ:高尾山
nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

猛虎通信 Vol.91 『ルーキー高橋遥 初先発 初勝利』 [テレビ番組]

隊長が好きなプロ野球[野球] チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第91回は、『ルーキー高橋遥 初先発 初勝利』をお送りします。


wst1804110067-p1.jpg



4月11日(水)に甲子園球場で行われた阪神対広島の2回戦、タイガースの先発はドラフト2位亜細亜大出身の高橋遥人投手(以下:高橋遥)。



金本監督が、事あるごとにその投球を絶賛していた投手の一軍マウンド初登板・初先発です。



高橋遥は、監督の期待通りの働きで、リーグ2連覇中の広島打線を、7回2安打無失点に抑え、見事に初先発初勝利を飾りました。



新人投手の甲子園での初登板初勝利は1959年の村山実以来59年ぶりだそうです。



試合後のヒーローインタビューは、初々しくて良かったです。


29.jpg



この試合、テレビ中継で観ていたのですが、解説の武田一浩さんも、「8回からも投げさせれば、完封も夢ではありません」と仰っていました。



途中交代させたことを聞かれた金本監督は、「投げさせたかったけと、コーチの助言に従った」と答えていました。


初勝利.jpg



隊長の過去の「猛虎通信」の記事、『2017年ドラフト会議』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d66e99ac78aa2c0b652cc4c34d815a2 では、一位指名の仙台大学・馬場皐輔(こうすけ)投手を取り上げましたが、高橋遥に関しては名前を挙げたただけ。



『2018年の新戦力』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5510290e36518e6936cd1171f16eca07 でも、名前を列挙しただけでした。



まさか、こんなに早く活躍するとは思いませんでした。申し訳ありません。



高橋遥の次の登板に期待しています。


 



===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d


Vol.1~80 省略


Vol.81 2017/7/26 『本物の花火より凄い4発が神宮に上がる』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d64f247c7b4e6e7b40faacc70dc0290e


Vol.82 2017/8/18 『岩田 完全復活はお預け』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5f25de6fb2490820a71d26ff25d4a79f


Vol.83 2017/9/4 『広島マツダスタジアムに遠征』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c3a9a522060178b5501609b22c1bc26


Vol.84 2017/10/11 『安藤投手、狩野選手、新井選手、引退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81b477c4ef429589f91ff2a30b9dad9c


Vol.85 2017/10/19 『まさかの1stステージ敗退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2f93e0f5b9f140d6f2c2b8417877b4a


Vol.86 2017/11/10 『2017年ドラフト会議』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d66e99ac78aa2c0b652cc4c34d815a2


Vol.87 2017/12/21 『2017年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/69a053698b8d7d04388758e96f3aa7be


番外編 2018/1/9 『訃報:星野仙一さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18934953b859dfe60b8ba396a29b9c90


Vol.88 2018/2/6 『2018年の新戦力』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5510290e36518e6936cd1171f16eca07


Vol.89 2018/3/21 『ロサリオは本物か』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fdd1fa640ccb1b37a80a9610ad28dbf


Vol.90 2018/4/3 『開幕戦行きたかった!!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6b70afa0326a7a1aad3a3b109303dd7b


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

旅行記 第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』 (その1) [旅行記]

国内を旅した記録「旅行記」の第21回は、『高尾山飯縄大権現参拝登山』をお送りします。



4月8日(日)に、『東京寿講高尾山飯縄大権現(いいづなだいごんげん)参拝登山』に参加させていただきました。



日本舞踊⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dcdcbf842d869f18a770267ce356553 の稽古をつけて頂いている家元が、東京寿講(講元:北島義久様)の講中(こうじゅう)ということで、お誘いいただきました。



当日は、出発時間午前八時の十五分前に集合場所に到着しましたが、既に観光バス二台が待機しています。



バスに乗り込むと、早速に缶ビール、おにぎり、おつまみが席に配られます。



車内が満席になった頃に、衆議院議員、都議会議員、区議会議員の方が各一名乗り込んで来て、お見送りのご挨拶です。イヤー、「東京寿講」の影響力半端ないですね。



定刻より若干遅れて8時10分頃に、バス二台、総員84名の講中が出発です。



バスは、首都高速から中央自動車道を一路西に向かいます[バス]



車内で、「東京寿講高尾山参拝登山100回(100年)」の記念品を頂きました。100年も続く伝統ある講中に参加させて頂いて光栄です。



途中「石川PA」で小休止した後、9時40分頃にバスは、国道20号沿いの「薬王院祈祷殿駐車場」に到着しました。



駐車場から徒歩4~5分の「高尾山ケーブルカー、リフト乗り場」へ向かいます。



既に桜を散ってしまいましたが、天気の良い新緑の日曜日、乗り場前は外国人を含む多くの参拝客・観光客で賑わっていました。


1.JPG



ケーブルカー、リフトどちらにも乗れるのですが、ケーブルカーを選択。10時10分頃に乗車。


2.JPG



ケーブルカーに乗るのは、昨年6月に青森で「青函トンネル竜飛斜坑線」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0eeb1ef13798a7b176e1ff01218cd18b 以来です。



この時は、斜坑を地下の青函トンネルに降りて行くので、景色を楽しむ所ではありませんでした。



ケーブルカーが走り出すと、左手には、山道を徒歩で山頂を目指す人たちも見えてきます。



乗車時間約6分で、山頂駅に到着。



若干霞がかかっていますが、八王子の街並みや、遠く新宿の高層ビル群を眺めることが出来ました。


3.JPG



ここから山道を「高尾山薬王院」へ向かいます。この日は晴れていましたが、最高気温が10℃と肌寒い天気でしたが、新緑の樹木の間を歩くのは気持ちが良いですね。途中からルートは、階段の「男道」とスロープの「女道」に分けれますが、同行者が女性だったので「女道」を行きます。



10時40分頃に薬王院の「山門」を潜ります。


4.JPG


5.JPG



正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は、今から1260余年前の天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されました。


6.JPG



薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。現在は真言宗智山派の大本山として「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」「高尾山薬王院」が、三大本山として知られています。


7.JPG



「御本堂」の軒先には、天狗様が。天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。この様に高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山としても知られています。


8.JPG



11時から「御本堂」で行われる「特別回扉大護摩修行」に参列させて頂きました。御護摩とは真言密教における秘法で、人々をより高い精神的境地へみちびき、即身成仏にいたる修行法として組織したところに特色があるとのことです。


ogoma7.jpg



尚、御護摩の写真は、「高尾山薬王院」公式HPから借用しました。



昼食・宴会まで若干時間があるので境内を散策。



鐘楼堂


9.JPG



寛永古鐘


10.JPG



愛染明王


11.JPG



御朱印を頂けるのは、「お守り授与所」です。列が出来ていましたが、最大四人の方で対応されるので、それほど待ちません。初穂料は、300円。


12.JPG



「高尾山薬王院」の御朱印は、ご本尊「飯縄大権現様」のご分身に当たる宝院(ほういん)です。


13.JPG



挟み紙には、天狗様のお顔が。


14.JPG


 


尚、これまでに拝受した御朱印の数は、20です。 



詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5 


 


★ 続きは、『高尾山飯縄大権現参拝登山』 (その2:最終回)で ★


 



===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a


第1回~5回 省略


第6回 『小江戸川越 日帰り旅行』2014年5月28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f88a5e0fac35c4e4a8b2060537c6424


第7回 『横浜山下公園の氷川丸』2015年3月17日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fae5b793311d150fef5db7920747915f


第8回 『春の飛騨高山・白川郷・松本・高遠 3日間』2015年4月12日~14日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/beb7aed85d23c8997bb6b7d656293ef0


第9回 『初冬の秋田 2日間』2015年12月5日~6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01f6e24e59df411d42a50f986ea5eca2


第10回 『春の三島大吊橋とハワイアンズ』2016年3月27日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ea737de674d44aa97007413023705eb


第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9


第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2


第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b


第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474


第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661


第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03


第17回 『会津柳津温泉「花ホテル滝のや」』 2017年8月5日~6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/737b100fca672fb89dab390f4649eaef


第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530


第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56


第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a


タグ:高尾山
nice!(17)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

テレビ Vol.215 『TOKYOディープ!~頑張れば天神さまが見ていてくれる 湯島~』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第215回は、『TOKYOディープ!~頑張れば天神さまが見ていてくれる 湯島~』をお送りします。


thOZZ7YZBR.jpg



『TOKYOディープ!』は、NHK[TV] BSプレミアムで、毎週月曜日の19:00~19:30に放送されている情報番組です。



この番組は、毎回“TOKYO”の一つのエリアに注目。地元の人しか知らない、あるいは地元の人も知らない“ディープ”な情報を徹底的に掘り起こします。



ナレーターは、タレントのモト冬樹さん。



「隊長のブログ」では、昨年5月1日の放送「本郷 東大生と住民の絆」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4a45b1ccda6279aeed0ee09bbd1cbcd2 を取り上げています。



4月9日の回では、「頑張れば天神さまが見ていてくれる 湯島」と題して隊長の地元・文京区湯島の“ディープ”が紹介されました。



“ディープ”な湯島に潜入したのは、昨年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11 に、奥山六左衛門役で出演した俳優の田中美央(みおう)さん。


田中美央.jpg



スタート地点は、湯島のランドマーク「湯島天満宮(湯島天神)」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3604fcafdc8e4c5e9382974c20369119



何回かに分けてロケをしているようですが、田中さんが訪れたのは2月中旬頃なのでしょうか、境内の梅がまだ蕾の状態でしたね。



湯島天神の勾配が急な「男坂」を下ります。


DSC_0054.JPG



そして粋なご主人のお店、かりんとうの「ゆしま花月」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/713d66ec05830d974eefa01c2bd10d5c へ。



さらに、日本初の高層集合住宅「湯島ハイタウン」を探訪します。



ハイタウンの二階には、ジョン・レノンも訪れた古美術店「羽黒洞」もあります。



「三組坂」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a507070ad1cad354a6b82a215cbd15ed の途中にある「ホテル江戸屋」は、外国人観光客に人気の和式ホテルに変貌していました。



この付近、昔は“ラブホテル街”で、今より“ディープ”感があったのですが、様変わりですね。



「本郷 東大生と住民の絆」の回でも書きましたが、地元・湯島を知っている隊長にとっては殆ど“ディープ”な情報ではありませんでした。



知らなかったのは、最後に紹介された「YAKTIME Bar 湯島本店」と、「手話ラウンジ きみのて」だけでした。



尚、「隊長のブログ」では、湯島と湯島天神に関する記事を、これまでに13回アップしています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87584188e1ce0a47fad76e5a475d696a



また、「湯島天神」を含む湯島・上野地区の建物・お店の地図は、こちらでご覧いただけます⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9fdabfdb3c1862b9510c1fe9ecfc6690


 



===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~200 省略


Vol.201 2018/1/18 『カマキリ先生☆マレーシアへ行く』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7ec4f3cfb69ee6e44b63de83d47f6e43


Vol.202 2018/1/24 『池の水ぜんぶ抜く』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9c3126010a4cc705d2ed435c1a1c247


Vol.203 2018/1/29 『ドラマ「anone」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5baaa0467ff526583af17e5ee64a8a5f


Vol.204 2018/2/1 『ドラマ「アンナチュラル」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d95d60df2e7d0b2052535f5fe8f5dc32


Vol.205 2018/2/4 『ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f9268e748a06f7ec95a05e3c8688319


Vol.206 2018/2/7 『ドラマ「隣の家族は青く見える」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad3e93be0951fd9c7c2cd9bc2e87658f


Vol.207 2018/2/12 『未来世紀ジパング~変わりたいイタリア、変わりたくないイタリア~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b7c5e0324ec87fe6040cc51defdaf275


Vol.208 2018/2/17 『趣味どきっ!「福を呼ぶ!ニッポン神社めぐり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67e0cb71f3a22502271bc592b939b9d7


Vol.209 2018/2/21 『大河ドラマ「西郷どん」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23d0cfdba09eebdb33af4923715060bc


Vol.210 2018/2/26 『太田和彦 ふらり旅 いい酒いい肴』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0df0e114f2db43c9310c439e064e1e14


Vol.211 2018/3/3 『ドラマ「荒神(こうじん)」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4fd6d2d7b2a755ec65d240f9c42bf9ed


Vol.212 2018/3/13 『世界ふしぎ発見~超人空海 唐留学の謎に迫る~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/586e1eb40ce625295f76b71c87fe51cf


Vol.213 2018/3/22 『ニッポンぶらり鉄道旅』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0a21a506f8f6b5f5f15a0393744b09fa


Vol.214 2018/3/28 『「こころ旅」2018 春も走ります!!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ea4d72baf92aa10bcd2921e430ad6d4


タグ:湯島
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

街歩き 第66回 『小石川後楽園』 (その2:最終回) [街歩き]

『小石川後楽園』 (その1)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/085e5dae722af6a8ec88c994c5c592ba



「円月橋」は、光圀公があつくもてなした明の儒学者・朱舜水(しゅしゅんすい)が設計したといわれる石橋です。水面に映る様子と合わせると満月のように見えるので、この名がつけられました。


1.JPG



かなり急勾配な橋ですが、現在は渡れません。勾配の急な点では、広島・厳島神社の「反橋(そりばし)」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/140bebf2c081f70554ba79ff0ee77bda と、いい勝負ではないでしょうか。


2.JPG



稲田の様に見えますが、カキツバタです。5月初旬から中旬が見頃だそうです。「八つ橋」が架かっています。


3.JPG



「八つ橋」は、京都名物の和菓子のことだと思っていましたが、この様に幅の狭い橋板を八枚、稲妻のような形につなぎかけた橋をそう呼ぶそうです。ガイドさんから聞いて初めて知りました。



梅林エリアにある「水戸偕楽園里帰りの梅」。「水戸偕楽園」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a は、九代藩主斉昭(なりあき)公が小石川後楽園の梅を移植して造ったといわれています。その梅を株分けして後楽園に里帰りしたのが、「水戸偕楽園里帰りの梅」です。


4.JPG



広大な水戸藩の屋敷は、明治維新後に「陸軍東京砲兵工廠」となりました。写真は、工廠(工場)が移転した時に置いていった大砲製造工程の機械の一部と伝えられています。


5.JPG



珍しい白い“ハナモモ”。


6.JPG



池で舟遊びをした際に使われた船着場。


7.JPG



庭園の中心的景観の「大泉水」。蓬莱島と徳大寺石を配し、琵琶湖を表現した景色を造り出したもの。


8.JPG



「瘞鷂碑(えいようひ)」。水戸藩・七代治紀(はるとし)は、将軍家から賜った鷹を大切にしていました。鷹は治紀が没した四年後に亡くなったため、八代斉脩(なりのぶ)がこれを哀しみ碑を建てたものである。


9.JPG



「内庭」は、水戸藩の書院の庭としてあった所で、昔は唐門をへだてて、大泉水のある「後園」と分かれていました。江戸時代は「うちの御庭」と呼ばれた、池を中心にした純日本式の庭園。昔の姿をそのままとどめているといわれています。


10.JPG



「寝覚の滝(ねざめのたき)」は、内庭池水の末流が滝となって木曽川に落ちるところで、木曽路の名所「寝覚の床」にちなんでこの様な名前で呼ばれています。


11.JPG



「西行堂跡」。藩祖・頼房(よりふさ)の時代に、御鞍打師「小野荘兵衛」作の西行法師の木像を安置したことから西行堂と名づけられました。尚、この堂は戦災により焼失しました。


12.JPG



「駐歩泉(ちゅうほせん)」は、九代斉昭(なりあき)が、西行堂側の流れを西行の和歌「道のべに しみづながるる 柳かけ しばしとてこそ 立ちどまりつれ」にちなみ「駐歩泉」と命名し、自ら筆をとり碑を建てたといわれています。


13.JPG



ガイドツアーが、解散地点の「枝垂桜(しだれざくら)」に戻ったのが、午後1時20分頃。午前11時半にスタートして、二時間弱のツアーでした。案内してくれたガイドさん、ありがとうございました。



帰りは、唯一の出入口「西門」を出て、東京ドームの方向に向かいます。閉鎖中の「東門」。この“開かずの門”が開くのは、毎年2月に東京ドームで開かれる「世界らん展」の期間中だけだそうです。


14.JPG


 


===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9


第1回~55回 省5


第56回 2018/1/21 『小石川七福神巡り「福禄寿」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6336cfa557a320ab98576b046fc1627


第57回 2018/1/27 『御朱印巡り「三河稲荷神社、金刀比羅宮東京分社」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0bbc52b3032789b1a383922088a1189f


第58回 2018/2/5 『御朱印巡り「回向院」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d42f2ff00f7bcd05b8a36eba5e50db6


第59回 2018/3/18 『「本郷薬師」と「十一面観音菩薩」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d0516d8a7eaa0e1ded72d449a97f3de


第60回 2018/3/23 『御朱印巡り「妻戀神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a1727af1df30b99693d13c8991f5ac9


第61回 2018/3/30 『小石川七福神巡り「毘沙門天」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81fdf1b86abe14c9a5f6c11afbe8a1ce


第62回 2018/3/31 『小石川七福神巡り「大黒天」「布袋尊」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abfa63fbad721434be839ddccbeb0100


第63回 2018/4/2 『小石川七福神巡り「弁財天(女)」「寿老人」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/045e651e5f48a43c0dec0e6d80c5e1c1


第64回 2018/4/4 『小石川七福神巡り「弁財天(男)」「恵比寿」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/665edd886b1250f1b6d36a83f17992e5


第65回 2018/4/7 『御朱印巡り「麟祥院」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/409bcc9fb53107fc6a5240f7b7e3c817


第66回 2018/4/12 『小石川後楽園』(その1) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/085e5dae722af6a8ec88c994c5c592ba


 


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

街歩き 第66回 『小石川後楽園』 (その1) [街歩き]

隊長の地元:東京都文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの第66回は、『小石川後楽園』をお送りします。


1.JPG



満開だったソメイヨシノが散り始めた3月31日(土)に、文京区後楽にある『小石川後楽園』へ行ってきました。写真は、唯一の出入り口「西門」です。



この庭園は、寛永年間(1624~1643年)水戸徳川家の初祖・徳川頼房公によって作られ、二代光圀公によって完成した我が国における代表的な回遊式築山泉水(つきやませんすい)庭園です。



周囲の塀に、江戸城の石垣を再利用した箇所もあり、歴史を感じさせる公園です。


2.JPG



文京区本郷の我が家から、徒歩12~3分の所にあるので、子供の頃から何度も訪れたことがあります。



改めて行こうと思い立ったのは、3月に水戸を訪れたり⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a



また、NHK[TV]大河ドラマ「西郷どん」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23d0cfdba09eebdb33af4923715060bc に、徳川斉昭(なりあき)公や慶喜公が登場し、水戸藩の歴史に興味を持ったからです。



「都立文化財9庭園」の一つですが、他の8庭園の内では、『旧岩崎邸庭園』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5729611c2651987ee1d05353d9aca0e2 を、紹介しています。



入園料は、300円。天気が良いこの日は、外国人を含め多くの入園者で賑わっていました。



券売所の左手にある建物が「涵徳亭(かんとくてい)」。中には、お休み処があり、食事をとることも出来ます。


3.JPG



この日は、11時半からの庭園ガイド(無料)に参加しました。集合場所は、推定樹齢約60年の見事な枝垂桜(しだれざくら)の側。


4.JPG



ガイドがスタートしました。まずは、岡山の「後楽園」と「小石川後楽園」の違いから説明が始まりました。



枝垂桜の下にある「陽石」。この場所には、水戸藩のお屋敷があり、お世継ぎの誕生を祈り、男性シンボルを形どった「陽石」が置かれていたそうです。


5.JPG



ガイドツアーに参加しなければ、樹の下の小さな石など目も止めなかったでしょうね。近くに「陰石」もあるのですが、余りにも生々しいので、写真のアップは控えます。



「涵徳亭」脇の小径を、一面オカメザサで覆われた築山の「小廬山(しょうろざん)」を右手に見ながら、西に進みます。「小廬山」は、その姿、形が中国の景勝地・廬山に似ていることから江戸の儒学者・林羅山が名づけたものだそうです。


6.JPG



林羅山は、「湯島聖堂」の前身「先聖殿」を建てたことでも知られています⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c66cd33b56232b9d53fbdf8f90cefb04



「大堰川」にかかる「渡月橋」を渡ります。「大堰川」の名は、京都嵐山の下を流れる大堰川にちなんでおり、昔は神田上水から水車で水を汲みあげて流していたそうです。



「渡月橋」から「通天橋」を眺めます。 「通天橋」は、京都・東山東福寺の通天橋にならい、大堰川に朱塗りの虹橋をかけたものです。


7.JPG



「西湖の堤(せいこのつつみ)」は、中国の杭州(現在の江蘇省)の西湖の堤に見立てたものです。本園以後、日本各地の大名庭園に影響を与えたといわれています。


8.JPG



光圀公は造成に当たり、明の遣臣・朱舜水(しゅしゅんすい)の意見を用い、円月橋、西湖の堤など中国の風無知を取り入れました。



「屛風岩(びょうぶいわ)」は、屏風の様に真っ直ぐに屹立(きつりつ)していることから、そう呼ばれています。三代将軍・家光がしばしば訪れた際に、この近くの松の枝に手拭いを掛け、河原の石に腰をおろしたといわれています。


9.JPG



「通天橋」の上から「大堰川」を見下ろす。


10.JPG



「小廬山」の広場からの眺めも素晴らしいです。


11.JPG



昔の田舎のわびた茶屋のたたずまいを現わしている「丸屋(まろや)」。戦災で焼失したが、昭和41年に復元されました。萱葺き屋根にネットが掛けてありますが、ガイドさんの説明によると、カラスが巣作りのため藁を持って行くのを防ぐためとのこと。


12.JPG



この庭園の中心的景観の「大泉水(だいせんすい)」。蓬莱島と徳大寺石を配し、琵琶湖を表現した景色を造り出したもので、昔はこの池で舟遊びをしたといわれています。


13.JPG



池で泳ぐ、親鴨とヒナ鴨。ガイドさんによると、鳥が食べたか魚が食べたか、日に日にヒナの数が減っていくそうです。


14.JPG



園の北側地域は、景観が一変します。梅林、稲田、花菖蒲、藤棚の田園風景が展開します。庭園の中に稲田があるのは、後楽園だけでしょう。



これは農民の苦労を、光圀公が彼の嗣子・綱条の夫人に教えようと作った田圃で、現在は毎年、文京区内の小学生が、5月に田植え、9月に稲刈りをしています。


15.JPG


訪れた時は、左手奥に一本だけあるヤマザクラが満開でした。



★ 続きは、『小石川後楽園』 (その2)で ★




===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9


第1回~50回 省略


第50回 2017/12/19『皇居乾通り一般公開(江戸城)』(その2) http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df2a3249cbdf92b6044f3898b58aac3


第51回 2017/12/26『御朱印巡り「高岩寺(とげぬき地蔵)」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4cbd856ad9c3829a24e952ea672a2cc5


第52回 2018/1/3 『御朱印巡り「桜木神社、出世稲荷神社」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e89150af5301311d9b1c91296c21eab


第53回 2018/1/5 『御朱印巡り「源覚寺、小石川大神宮」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bba826b6f0f42a008c838eac0fc50d2


第54回 2018/1/8 『御朱印巡り「北野神社、伝通院、福聚院」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f460d6508e887764e8d8de034eee8e3


第55回 2018/1/14 『御朱印巡り「神田明神」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36d6a8069984b43f16ccf6de55640a8e


第56回 2018/1/21 『小石川七福神巡り「福禄寿」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6336cfa557a320ab98576b046fc1627


第57回 2018/1/27 『御朱印巡り「三河稲荷神社、金刀比羅宮東京分社」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0bbc52b3032789b1a383922088a1189f


第58回 2018/2/5 『御朱印巡り「回向院」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d42f2ff00f7bcd05b8a36eba5e50db6


第59回 2018/3/18 『「本郷薬師」と「十一面観音菩薩」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d0516d8a7eaa0e1ded72d449a97f3de


第60回 2018/3/23 『御朱印巡り「妻戀神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a1727af1df30b99693d13c8991f5ac9


第61回 2018/3/30 『小石川七福神巡り「毘沙門天」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81fdf1b86abe14c9a5f6c11afbe8a1ce


第62回 2018/3/31 『小石川七福神巡り「大黒天」「布袋尊」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abfa63fbad721434be839ddccbeb0100


第63回 2018/4/2 『小石川七福神巡り「弁財天(女)」「寿老人」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/045e651e5f48a43c0dec0e6d80c5e1c1


第64回 2018/4/4 『小石川七福神巡り「弁財天(男)」「恵比寿」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/665edd886b1250f1b6d36a83f17992e5


第65回 2018/4/7 『御朱印巡り「麟祥院」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/409bcc9fb53107fc6a5240f7b7e3c817


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

スポーツ No.135 『Jリーグ入場券 00~01年』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第135回は、『Jリーグ入場券 00~01年』をお送りします。



日本のサッカー界[サッカー]には、日本代表のハリルホジッチ監督解任という大激震が走っています。



その件は後日改めて書きますが、今日は“忙中閑あり”の話題として、家に残っていた2000年と2001年の「Jリーグ入場券」をご紹介します。



2000年10月18日 川崎フロンターレ vs 京都パープルサンガ @ 国立競技場


CCF20180318_00003.jpg



試合会場は、旧国立競技場⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a668bb8feb730bef546f2014b4b8da1e です。旧国立競技場には、Jリーグの試合だけでなく、様々な思い出があります。



この年のJリーグ優勝チームは、鹿島アントラーズ。 川崎Fの成績は16位で、J2降格が決まった年。現クラブ名、「京都サンガF.C.」に改称される前の京都パープルサンガは、15位。同じくJ2降格決定した年です。


 


2001年7月21日 東京ヴェルディ1969 vs 名古屋グランパス @ 東京スタジアム


CCF20180318_00005.jpg



「ピクシー」の愛称で親しまれたセルビア出身のドラガン・ストイコビッチが、名古屋グランパスを現役引退した年。



Jリーグでの最終試合が行われたのが、この対戦です。何とかチケットを入手して観に行きました。ピクシーの一挙手一投足に無数のフラッシュが光っていたのを、今でも鮮明に覚えています。



球場名は、味の素が命名権を取得して「味の素スタジアム」に名称変更なる前の「東京スタジアム」になっています。


 


2001年11月17日 FC東京 vs ヴィッセル神戸 @ 東京スタジアム


CCF20180318_00004.jpg



2001年のJリーグ優勝チームも、アントラーズ。FC東京は、8位。ヴィッセル神戸は、12位でした。



Jリーグの試合は、もっと観戦しているはずですが、手元に残っている入場券は、上記3枚と、これだけ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5561aadc46ccc874b7ed993a129c0bb2 です。



尚、「隊長のブログ」では、これまでサッカーに関する記事を22本アップしています。



詳細は、こちらをご覧下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d8abb12854d8b4a990305d7c584ee5b1


 



===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5


No.1~120 省略


No.122 2017/12/27 『アメフト入場券 97~98年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3cb266f2fc123a3579e3c9f04a37d68e


No.123 2018/1/13 『平成30年初場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e3b4af51a37933a94d7803a4c5586f88


No.124 2018/1/17 『平成30年初場所 2日目観戦』(その1) http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/672d8d8a8424f56a3729e396094ef443


No.124 2018/1/20 『平成30年初場所 2日目観戦』(その2) http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/21c89e91640e7060bc951ecd90516247


No.125 2018/1/25 『プロレス入場券』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d45b4449757d0bc470b97a285b599bb


No.126 2018/1/31 『栃ノ心 初優勝おめでとう!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f6796d2d6df1980fd5be2a04e183c0b


No.127 2018/2/10 『平昌オリンピック開幕』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e68b227989c12ca3fa1e841960e6dc8c


No.128 2018/2/15 『スマイルジャパン 五輪初勝利』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/244ce7b0d529bffff69cf3b9226477b2


No.129 2018/2/19 『羽生結弦、小平奈緒、金メダル獲得』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/878ba8b30d00bb09d19d57f60e75f122


No.130 2018/2/23 『パシュート女子 金メダル獲得』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d53ec130f47d0856d02bb74168cc50ec


No.131 2018/2/28 『平昌オリンピック閉幕』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b05cb1bf37a097fdb8d519f5ed8ae6d


No.132 2018/3/12 『平成30年春場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cccfccd08dfb76911c6ce4060fc0fe01


No.133 2018/3/19 『Jリーグ入場券 93~94年』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5561aadc46ccc874b7ed993a129c0bb2


No.134 2018/3/26 『鶴竜 八場所ぶり四度目の優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8663716cf167877af9d24395bd7eda6


タグ:サッカー
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グルメ 232食 『福島の酒 「奥の松 サクサク辛口」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第232回は、『福島の酒「奥の松 サクサク辛口」』をお送りします。


11021201.JPG



『東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e539412b2672ecbb8e1f39826dd3ea11 に賛同して、福島県が蔵元の日本酒を積極的に飲んでいます。



今日ご紹介するのは、二本松市の「奥の松酒造株式会社」の『サクサク辛口』です。



奥の松酒造の創業は、享保元年(1716年)。名水「安達太良山の伏流水」と源泉された良質の酒米を使用し、「奥の松酵母」で醸した、すべてが地元の蔵人による伝統の技で造られた酒です。



同蔵元の酒は、既に;


『奥の松 特別純米』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa5b5bae65ccd9ebdd7fccc2195ec08c


『奥の松 全米吟醸』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/da2c25916740afaeb0c68bdf01c81eea


『なつはぜ ふるーてぃ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f896393433dac00477503ff26a37e89


と、三銘柄を紹介しています。



『サクサク辛口』は、飲み飽きない辛口のすっきりと軽快な飲み心地で、 四季を通じて、燗でも冷やでも楽しめる旨口の酒です。



名前にある“サクサク”という言葉は、ものごとが軽快につまづきなく運ぶことから、この酒の飲みやすさと持ち味を表しているそうです。


DSC_0010.JPG



精米歩合は、65%。アルコール分は、15度。価格は、720ml瓶が934円(税抜)でした。



「奥の松酒造株式会社」の住所は、福島県二本松市長命69番地。電話番号は、0243-22-2153[バースデー]です。  



尚、「隊長のブログ」では、福島県が蔵元の日本酒を、これまでに15銘柄紹介しています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b454e6cc773675a1c4e4cc509e1ccd3


 


 


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~220食 省略


221食 2018/2/13 『讃岐うどん大使 水道橋麺通団』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4dc1f984a4c9f52ecfffd3d78efeb79


222食 2018/2/18 『中野「らーめん 北国」PartII』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f5c5610463fb246db2abcf0e4de96cf


223食 2018/2/22 『尾道発 ぶちうまぁ いか天』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3eea93494c2bcacb3f36336fe42a998d


224食 2018/3/1 『「魚友寿し」で新年会』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99acd4dcd546f1979fa39b42f383a4fb


225食 2018/3/4 『福島の酒「大七 雪しぼり・本醸造にごり酒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0aa3bcc314bd10a6fa0e36d7220e88a


226食 2018/3/15 『鹿島アントラーズ どらやき』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/50cde82075833e161a6b4113549d644d


227食 2018/3/20 『本郷 割烹「暁~AKATUKI~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42a29cc8e94f1e57aaac412682f23744


228食 2018/3/25 『ボルドー 金賞赤ワイン 3本セット』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8210b7d9446d70924c4cc593e708c48f


229食 2018/3/29 『東京カラメリゼ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/66be8992af1b823d5aca96f05a6401f4


230食 2018/4/1 『富士山ウイスキー』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2479d100f90914862fb32eb068f52431


231食 2018/4/6 『BECK'S COFFEE SHOP 御徒町店』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e68a39f6cde4a20e578a043c64dd3a79


タグ:福島の酒
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画 Film125 『テルマエ・ロマエ』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第125回は、『テルマエ・ロマエ』をお送りします。


テルマエ・ロマエ.jpg



『テルマエ・ロマエ』は、ヤマザキマリによる同名の漫画作品を原作に、2012年4月に公開された日本映画です。



ヤマザキマリさんは、漫画だけでなく、NHKテレビ[TV]の語学講座「旅するイタリア語」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c47be7713ebf72b0cdfe5501cc00e0f9 で、イタリア絵画作品の解説をするなど、多彩な活動をされています。



脚本は、武藤将吾。監督は、武内英樹。



出演は、阿部寛、上戸彩、市村正親、など。


登場人物.jpg



阿部寛さん出演のテレビドラマは、2015年10月期の『下町ロケット』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b99a86439ac984ccdb20e4e4af35564 を、



映画作品は、2018年2月公開の『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df を、取り上げています。



あらすじ:古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまい、たどり着いた場所は、何と現代日本の銭湯。



そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。



ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り、名声を得て、ついには皇帝ハドリアヌス(市村正親)お抱えの浴場設計技師になったが...。



とにかく理屈抜きに笑える映画ですね。


 



 


 


 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f


Film1~110 省略


Film111 2017/8/30 『80間世界一周』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab23e821ccfa349e7da22d24a25784cc


Film112 2017/9/4 『グッドモーニングショー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e376f43c308b544ad715a893b5b0eb82


Film113 2017/9/25 『ドリームガールズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e734eb416068eb5159759d96017e1834


Film114 2017/10/17『マイノリティ・リポート』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c5cd75014ed2cc69360f2716da755fe7


Film115 2017/10/30『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f28d0086acf890738ad7ef195998959e


Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3


Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50


Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7


Film119 2017/11/25『レインマン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dfa58ec59fb5db95581bfb98b3efebd


Film120 2017/12/23『幸福の黄色いハンカチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705


Film121 2018/1/23 『トッツィー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65dd7e0a5da164f301f44c980bed7519


Film122 2018/2/14 『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28


Film123 2018/3/11 『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df


Film124 2018/3/25 『ユー・ガット・メール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d44f396ca54984022a2045cb0fce87ee


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

街歩き 第65回 『御朱印巡り 「麟祥院」』 [街歩き]

隊長の地元:東京都文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの第65回は、『御朱印巡り「麟祥院」』をお送りします。



「麟祥院(りんしょういん)」は、寛永元年(1624年)に定光禅師集劉渭川が開山。三代将軍 家光の乳母・春日局が開基となり、寛永元年(1624年)に報恩山天澤寺として創建。



春日局死後、春日局の法号に因んで天澤山麟祥院と改号。正式名称は、「臨済宗 妙心寺派 天澤山 麟祥院」。



当院は、周囲に「カラタチ」の生垣をめぐらせていたことから、「からたち寺」とも呼ばれて来ましたが、明治二十年頃より施工された度々の道路拡張などにより、カラタチの生垣はなくなったっそうです。



当院を訪れるのには、東京メトロ[地下鉄]丸ノ内線と都営地下鉄大江戸線の「本郷三丁目駅」から、その名も「春日通り」を上野広小路方面へ約5分歩くと左手奥に山門が見えてきます。


1.JPG



隊長の家からも近いので、何回か訪れています。子供達が小さい頃には、除夜の鐘を突かせてもらったこともありました。



山門は立派ではありませんが、歴史を感じさせる造りです。扁額(へんがく)に書かれている「海東法窟」とは、中国から海を隔てた東にある法の窟(寺)であるという意味だそうです。



山門脇には、「不許葷酒入山門(くんしゅさんもんにいるをゆるさず)」の石碑が。大丈夫です、この日の隊長は、まだ肉も食べていないし、お酒も飲んでいません。


2.JPG



山門を潜った正面には、比較的新しいお堂が。


3.JPG



手前には、亀が墓石(?)を背負っているような。。。


4.JPG



鐘楼のある場所が、昔とは違っていました。


4.JPG



「東洋大学発祥の地」の碑。 現在は、文京区白山にキャンパス⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0 がありますが、創設者の井上円了が前身である哲学館を麟祥院の書院に設置しました。


6.JPG



本堂への山門


7.JPG



本堂


8.JPG


10.JPG


11.JPG



手水鉢(ちょうずばち)


9.JPG



明治25年神田火災死亡者祈念碑


12.JPG



関東大震災で亡くなった中華民国留学生慰霊碑


13.JPG



大正大震災死者の碑


14.JPG



墓地の奥、木立の中に春日局の墓がありました。


15.JPG



春日局の墓石の四方及び台石には、夫々穴が穿ってあります。これは「死して後も天下の政道を見守り之を直していかれるよう黄泉から見通せる墓を作って欲しい」と言う春日局の遺言に衆議して建立したものです。


16.JPG


17.JPG


 


春日局の左隣りにある立派な墓。周囲には、何も記載がありませんでした。どなたのお墓なのか気になり、帰りがけに山門側の寺務所(じむしょ)でお聞きしたところ、春日局の孫・万菊さんとのことです。


18.JPG


 



境内にはお地蔵様も。


19.JPG



御朱印を頂けるのは、寺務所。書置きですが、日付以外は住職が書いた物だそうです。初穂料は、300円。


20.JPG



この御朱印紙のサイズは、170mmx127mmで、隊長が持っている16㎝x11㎝の小型の御朱印帳に貼ることが出来ません。大型の御朱印帳を買いに行かなければ。



「麟祥院」の住所は、東京都文京区湯島4-1-8。電話番号は、03-3811-7648[電話]です。



尚、これまでに拝受した御朱印の数は、19です。



詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5


 



===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9


第1回~50回 省略


第50回 2017/12/19『皇居乾通り一般公開(江戸城)』(その2) http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df2a3249cbdf92b6044f3898b58aac3


第51回 2017/12/26『御朱印巡り「高岩寺(とげぬき地蔵)」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4cbd856ad9c3829a24e952ea672a2cc5


第52回 2018/1/3 『御朱印巡り「桜木神社、出世稲荷神社」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e89150af5301311d9b1c91296c21eab


第53回 2018/1/5 『御朱印巡り「源覚寺、小石川大神宮」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bba826b6f0f42a008c838eac0fc50d2


第54回 2018/1/8 『御朱印巡り「北野神社、伝通院、福聚院」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f460d6508e887764e8d8de034eee8e3


第55回 2018/1/14 『御朱印巡り「神田明神」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36d6a8069984b43f16ccf6de55640a8e


第56回 2018/1/21 『小石川七福神巡り「福禄寿」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6336cfa557a320ab98576b046fc1627


第57回 2018/1/27 『御朱印巡り「三河稲荷神社、金刀比羅宮東京分社」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0bbc52b3032789b1a383922088a1189f


第58回 2018/2/5 『御朱印巡り「回向院」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d42f2ff00f7bcd05b8a36eba5e50db6


第59回 2018/3/18 『「本郷薬師」と「十一面観音菩薩」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d0516d8a7eaa0e1ded72d449a97f3de


第60回 2018/3/23 『御朱印巡り「妻戀神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a1727af1df30b99693d13c8991f5ac9


第61回 2018/3/30 『小石川七福神巡り「毘沙門天」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81fdf1b86abe14c9a5f6c11afbe8a1ce


第62回 2018/3/31 『小石川七福神巡り「大黒天」「布袋尊」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abfa63fbad721434be839ddccbeb0100


第63回 2018/4/2 『小石川七福神巡り「弁財天(女)」「寿老人」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/045e651e5f48a43c0dec0e6d80c5e1c1


第64回 2018/4/4 『小石川七福神巡り「弁財天(男)」「恵比寿」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/665edd886b1250f1b6d36a83f17992e5


 


タグ:麟祥院
nice!(17)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

グルメ 231食 『BECK'S COFFEE SHOP 御徒町店』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第231回は、『BECK'S COFFEE SHOP 御徒町店』をお送りします。


DSC_0007.JPG



『BECK'S COFFEE SHOP(ベックス・コーヒーショッ)』は、JR東日本の子会社のJR東日本フードビジネスが、運営およびフランチャイズ展開している「エキナカ カフェ」です。



香り高いこだわりのコーヒーは、指定農園から厳選した上質な豆を使用しています。注文を受けてからコーヒー豆を挽き淹れるコーヒー[喫茶店]は、フランチャイズ展開している他のカフェとは一味違います。



御徒町店は、2017年4月にオープン。場所は、JR[電車]御徒町駅北口改札を出て左手直ぐにあります。並びには、立ち飲み居酒屋の『御徒町 味の笛』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09699a30a3fdce568d1c597003cb8ac8 が。



この日訪れたのは、午前11時50分頃。御徒町駅周辺のカフェは、お昼時にはどこも混雑するのですが、正午前だったので、まだ若干空席がありました。


DSC_0011.JPG



オーダーしたのは、期間限定の“クラムチャウダープレート”と“深煎りコーヒーのS”。セット価格で、690円(税込)。JR東日本の子会社なので、もちろんSUICAが使えます。



隊長が大好きな“クラムチャウダー”⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0260f860cc697a6bb0fefd29f99f92e7 は、コクがあり隊長好みの味です。



栃木県産那須郡司豚を使用したベーコンをトッピングしたサラダは、ドレッシングの味が良かったです。パンもサクサクとした食感が好きです。


DSC_0010.JPG



ただ、ボリューム感では、女性には丁度良いでしょうが、男性には物足りないかも。



“深煎りコーヒー”は、本当に濃く、Sサイズで十分でした。



あと、注文を付けるとしたら、座席数58の店なのに、男女兼用の多目的トイレ[トイレ]が一か所しかないこと。さらに、そのトイレも店内の中央にあり、他のお客にトイレに入るのがまる見えになっている点です。



尚、 『BECK'S COFFEE SHOP 御徒町店』の住所は、東京都台東区上野5-27-8。電話番号[電話]は、080-3699-8192です。


 



===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~215食 省略


216食 2018/1/12 『福島の酒「大七 本醸造 生酛」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94ad78f58a390723b9766867bac0a310


217食 2018/1/22 『天丼てんや 値上げ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bebfa16075896234282663fb6753bc51


218食 2018/1/28 『立ち飲み居酒屋「御徒町 味の笛」PartII』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09699a30a3fdce568d1c597003cb8ac8  


219食 2018/2/2 『新潟 食楽園』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f47026eb8eac5278676bfc797515fd9b


220食 2018/2/8 『宮城の酒「飛龍 純米大吟醸」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d56bad5a8a1ac3391c02439d7a092097


221食 2018/2/13 『讃岐うどん大使 水道橋麺通団』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4dc1f984a4c9f52ecfffd3d78efeb79


222食 2018/2/18 『中野「らーめん 北国」PartII』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f5c5610463fb246db2abcf0e4de96cf


223食 2018/2/22 『尾道発 ぶちうまぁ いか天』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3eea93494c2bcacb3f36336fe42a998d


224食 2018/3/1 『「魚友寿し」で新年会』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99acd4dcd546f1979fa39b42f383a4fb


225食 2018/3/4 『福島の酒「大七 雪しぼり・本醸造にごり酒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0aa3bcc314bd10a6fa0e36d7220e88a


226食 2018/3/15 『鹿島アントラーズ どらやき』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/50cde82075833e161a6b4113549d644d


227食 2018/3/20 『本郷 割烹「暁~AKATUKI~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42a29cc8e94f1e57aaac412682f23744


228食 2018/3/25 『ボルドー 金賞赤ワイン 3本セット』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8210b7d9446d70924c4cc593e708c48f


229食 2018/3/29 『東京カラメリゼ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/66be8992af1b823d5aca96f05a6401f4


230食 2018/4/1 『富士山ウイスキー』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2479d100f90914862fb32eb068f52431


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブログ その132 『金の寶剣』 [ブログ]

隊長の日々の出来事・雑感を綴った「ブログ」の第132回は、『金の寶剣』をお送りします。


DSC_0001.JPG



隊長の海外渡航先で一番回数・滞在日数が多いのは中国ですが、二番目に多いのが台湾で19回、出張・観光で訪れています。



二か月間の長期出張の際に知り合い、未だにお付き合いがあるのが、鄭(てい)さん兄弟です。



以前、お兄さんから『金貨』を貰ったことを書きました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad25d20a6413de6df6b4bec34edf1763



また、弟さんから『台湾名産 からすみ』を、お土産に頂いたことを書きました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b668a72b318c2905b9f3a1f932117804



弟さんからも『金の寶剣』を貰っていたことを思い出し、書棚の奥から引き出してみました。



頂いた時に付いていた証書に重量:五銭二分五厘(約20g)と記載されていますが、金の純度が書かれていません。


11011501.JPG



金貨を買い取って貰った業者に、持ち込んだところ、「工芸品としての価値は無いので、重量のみで価格をつけます。但し、純度を調べるには、削る必要があります」と言われました。



このままの形で買い取ってくれるなら売ろうと思いましたが、せっかく頂いた物が削られるのは忍び難く、このまま記念に持ち続けることにしました。


DSC_0004.JPG


 


 


===「ブログ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/537663d2f182cab36960f0c42b1320ca


その1~120 省略


その121 2017/3/23 『銀座線特別車両に遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/270e03d3f88ef98a943a2433ed62093c


その122 2017/4/4 『ポーラ GACHI フェイスケアローション』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e409507389affead1dac970f1922707b


その123 2017/5/11 『南京へ行ってきます』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/135419a80481b5fe10b14c207b1a807d


その124 2017/6/19 『初夏の弘前、青森、函館へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37ee894cc2b6acad2d6c5df740dd1abd


その125 2017/7/6 『北イタリアへ行ってきます』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ad7febcc3ade17c62bb621d36ee8b24


その126 2017/8/29 『地球温暖化対策地域推進協議会任期終了』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5c195f7b005e54fa1df174abe3fa803e


その127 2017/12/2 『ワインの使用済コルク栓どうしていますか?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2242f7f6377f1dcac0a29c3fe36e6544


その128 2017/12/14 『日本100名城」登城記』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94b560090f0c90ce702887beceaacb97


その129 2017/12/25 『新春デパート巡り乗車券』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0aa517d697ea23d0066b337602a11bd


その130 2017/12/31 『2017年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99111dcf1dddee70fe2338b3970ca1a4


その131 2018/2/24 『ワインラベルレコーダー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9a6fac92c4da893082dbfad1a3838a4


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:マネー
前の15件 | -