So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

テレビ Vol.153 『真相報道 バンキシャ!』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第153回は、『真相報道 バンキシャ!をお送りします。

caster_img_caster (2).jpg


『真相報道 バンキシャ!』は、日本テレビ系列で毎週日曜日の18:00~18:55に生放送されている報道番組。


メインキャスターは、福澤朗と夏目三久(みく)。


毎週日曜日の夕方は、17:30からの『笑点』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bd3d6a5d708e3cf840c6b67811b7296 のあとに、この番組を観るのが我が家の定番です。


12月4日の放送は、2020年東京オリンピックのバレー会場として話題になっている有明アリーナと横浜アリーナの比較、最近の同窓会事情などを取り上げました。


===「テレビ番組」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~140  省略

Vol.141 2016/9/21  『未来世紀ジパング~アフリカで日中激突~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51eaa09d9d094664744dee2a86521228

Vol.142 2016/10/8  『ドラマ「瀬戸内少年野球団」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16f1fab7f907e04f2ed40d3ed1b55cc3

Vol.143 2016/10/20 『朝ドラ「べっぴんさん」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a36e84df847c511cc87d876afe30ec8e

Vol.144 2016/10/24 『ドラマ「ラストコップ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7108cbe7bfa41dddd23df681eda6c4ba

Vol.145 2016/10/27 『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5c4ff8996435596bd4422f97f99121e3

Vol.146 2016/11/1  『ドラマ「レンタル救世主」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06ec4759cd164e4bd8f953c05a01a8ce

Vol.147 2016/11/4 『ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22817ec8420dc237f0832b5471d499aa

Vol.148 2016/11/7  『ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc4566ed0801c887f394af1c4ec50c50

Vol.149 2016/11/10 『ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a5a4ee7a66958c9b3fff8e81fb3bc80

Vol.150 2016/11/13 『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9b7c5a30e85fc68a07efeca8e0b471c

Vol.151 2016/11/24 『あいつ今何してる?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d24abb022109a4e1e53276d623db4eb4

Vol.152 2016/12/4  『朝だ!生です旅サラダhttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c019800fe5359fe256e8a91c7b2cef06
                                                                                                                                                                                                          


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

本と雑誌 21冊 『テレサ・テンが見た夢』 [本と雑誌]

隊長が読んだ「本と雑誌[本]」を紹介するシリーズの第21回は、『テレサ・テンが見た夢』をお送りします。

5152lOWisIL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg


テレサ・テン(鄧 麗君)は、大好きな歌手で、これまで;

2013年9月に 『アジアの歌姫:テレサ・テン』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8e93d5fd98bcd81822dc14020b19cc21

2014年2月に 『アジアの歌姫:別れの予感 競演』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa5bfd6c3ed08ea35928dbb4c026f7ca

2014年9月に 『テレビ番組:テレサ・テン生誕60周年スペシャル』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a33dad8680da861b78ea0db2ad023314

2015年3月に 『テレビ番組:没後20年 不滅の歌声 テレサ・テンのすべて』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1287b4f37f8086807fb5e1400d6392d9

と、四回も取り上げています。


テレサの事は、良く知っているつもりでいましたが、改めて、この本を読もうと思ったきっかけは、『四方田犬彦著 李香蘭と原節子』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c480053b386de9398f64f43167273f0d です。


李香蘭(山口淑子)の事を知れば知るほど、李香蘭と多くの共通点があるテレサについて書かれた本を読もうと、強く思いました。


『テレサ・テンが見た夢:華人歌星伝説』は、没後21年、今なおアジア全域で大きな影響力を持つ、アジアの歌姫テレサ・テンの本当の姿を、精緻な海外取材と関係者の話から描き出す評伝です。


これからは、本書に習ってテレサ・テンではなく、鄧麗君と呼びます。


著者の平野久美子さんは、出版社勤務を経て、世界各国を取材して歩く中、1970年代から頻繁に訪れている東アジア、東南アジアの歴史、文化と日本との関わりを題材に執筆活動を続けています。


平野さんは、鄧麗君とも親しく、何度かロングインタビューを敢行していて、その様子も本書に収められています。


本書の構成は;

プロローグ 進む伝説化

第1章 中華民国(台湾)

第2章 日本

第3章 香港

第4章 中国大陸

第5章 パリ

第6章 祖国を求めて

エピローグ テレサ・テンが見た夢

で、テレサが過ごしたり、影響を与えた国・地域ごとに描かれています。


本書の中で、特に注目したのは;


GSバンド「ザ・タイガース」の元メンバー 瞳みのるさんが、語った「結局、こうやって伝説になっていくんだろうなあ」と語った部分です。

自ら“伝説のGSバンド”のメンバーだった瞳さん。そして、現在は、一年の四分の一を北京で暮らし、音楽を軸にした日中文化の交流活動を行っている瞳さんの鄧麗君の捉え方には納得させられました。

瞳さんは、宋詞に現代の作曲家がメロディーをつけて鄧麗君が歌ったアルバム「淡淡幽情」を高く評価しています。

そして瞳さんは、「残念ながら、日本人には万葉集や源氏物語の一節を歌謡曲に使うという発想がありませんね」と語っています。


また、本書では、鄧麗君の父親が元国民党軍人で、すぐ上の兄が陸軍少尉という家庭環境ゆえに、台湾で行われた仰々しい彼女の葬儀について、紹介してくれています。


「1920年代から1960年代初めまで、華人(居留国の国籍を取得している中国系住民)流行歌の発信地として大きな影響力を持っていたのは上海だった」とも書かれています。

上海に4年2ヶ月住んでいた隊長には、興味深い分析です。李香蘭も、その“上海歌謡”のスターだったのも興味深いことです。

鄧麗君が根強い人気を保っていられるのも、「何日君再来」をはじめとする彼女のレパートリーが、「上海ノスタルジア」ブームに通じる雰囲気を色濃く漂わせていたからだろうと、平野さんは述べています。


中国大陸で一度もコンサートをせずに逝った鄧麗君。もし、1989年6月の天安門事件がなければ、彼女が夢見ていた大陸でのコンサートも実現されていたでしょう。


本書を読了し、政治に翻弄された「アジアの歌姫」の悲しみと苦悩を知ることが出来ました。


尚、ちくま文庫『テレサ・テンが見た夢:華人歌星伝説』の発行は、株式会社 筑摩書房。価格は1,000円(税抜)です。


===「本と雑誌」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0

1~10冊  省略

10冊 2015/9/2  『島耕作の中国ビジネス最前線』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df82c2084a6ea9760a0a9c93eada5f1

11冊 2015/11/18『佐藤優著「知」の読書術』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9179ebc54e023ce1b5e4efd611f764bb

12冊 2015/12/9 『蝶野正洋著 プロレスに復活はあるのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abe691bc3a689e9c47e5efeda9014204

13冊 2015/12/21『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36dd3aaf4ea07815f7db88ae141ab7aa

14冊 2016/2/21 『世界がもし100人の村だったら』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc9866eaa55ea4162977a71eb3b5b71

15冊 2016/3/14 『自分がわかる!相手がわかる!使える!心理学』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b31c00738f2ba9342a9dc715601d26e

16冊 2016/4/28 『絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29973ce102c830e434a3d5254a8a234c

17冊 2016/5/22 『小泉武夫監修 日本酒百味百題』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/024f1e4cffac057d1640cfa975c60eea

18冊 2016/8/19 『清川虹子「恋して泣いて芝居して」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d376a06bdbc7339cdd9895dfa4e8e22

19冊 2016/10/22『四方田犬彦著 李香蘭と原節子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c480053b386de9398f64f43167273f0d

20冊 2016/11/22『有吉佐和子著「紀ノ川」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/504131fd665c00b7ee0e8f8b28dd1003


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

グルメ 180食 『「柿ピー」 いろいろ』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第180回は、『柿ピーいろいろ』をお送りします。


『あなたは「柿の種派」ですか「柿ピー派」ですか?』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ef90ec07c1461523d8f6f66f7856c23 で、お酒の乾き物やおやつとして食べるのは、「柿の種」か、剥きピーナッツと一緒に混ぜられている「柿ピー」かを、お聞きしました。


その際、外出時やスポーツ観戦のお供として持って行く「亀田製菓」の「柿ピー」を紹介しましたが、今日は、隊長がこれまでに食べた『「柿ピー」いろいろ』を紹介します。

三幸の柿の種 ピーナッツ入り

DSC_0002.JPG


三幸製菓は、新潟県新潟市の菓子メーカー。


「三幸の柿の種」は、しっかりとした醤油のコクと旨みが味の決め手です。柿の種とピーナッツの配合割合は、見た目7:3で、理想的な割合いです。


写真は、6袋詰の“お徳用パック”。

でん六 柿ピーナッツ

DSC_0015.JPG


でん六は、山形県山形市の菓子メーカー。


香ばしいバタピーと、ピリ辛柿の種を合わせた、おつまみに最適な一品です。

これからは、“柿ピー界”の異端児たちです。


ブルボン 味ごのみ

DSC_0018.JPG


ブルボンは、新潟県柏崎市の菓子メーカー。


米菓・豆菓子・小魚など10種類のおいしさを一度に味わえるミックス菓子です。


写真は、6袋詰の“お徳用パック”。

浪花屋 七味ピー

DSC_0013.JPG


浪花屋製菓は、新潟県長岡市の菓子メーカー。


その名の通り、七味風味の辛口醤油味に仕上げた細切りのあられとピーナッツです。

フクイ 柿の種チョコ

DSC_0005.JPG


株式会社フクイは、埼玉県草加市の菓子メーカー。


柿の種とチョコという、まさに “異種格闘技” のお菓子です。

===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~165食  省略

166食  2016/4/14  『ラーメン「七ッ星」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f02cddc876c1e12b524033faf4d0c0f

167食  2016/4/18  『プレミアムビール No.1』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd15bfd1ab671b89ba7de53ccbdfc7f2

168食  2016/5/2   『プレミアムビール No.2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94df7378e27b6809757eaf167742624e

169食  2016/6/6   『DexeeDiner -nerima-』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67167ae9ad0b402f4685253ed818ce95

170食  2016/6/15  『台湾排骨弁当』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b755c184cd6d3443c20fb7dbf68c5d8

171食  2016/7/5   『福島の酒「大七 純米生酛爽快冷酒」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ded4c00d7869b1aa621c569baefd8e35

172食  2016/8/5   『ポーカーフェイス(Poker Face)3姉妹』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc42b15d8c4e5106fa78d84fe546b9ff

173食  2016/8/12  『銀座「パラダイスダイナシティ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc7097e33a0aeaef40fa24c9f13f9ebb

174食  2016/9/1   『家飲みウィスキー No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8b827e125e02eb90c0de4327fe329f8

175食  2016/10/4  『家飲み日本酒 No.6』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/316ca9220492fe5546cf05a2050ab5f7

176食 2016/11/3  『四ッ谷“Kamiya”のランチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/618bdfe8272183e77cc1d70786c659e8

177食  2016/11/16 『霧島三兄弟』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e3ba61075191bb075be13e1987a900a

178食  2016/11/26 『いつも美味しい「魚友寿し」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa9c2c996556e67af79d6deb78843aa0

179食  2016/12/3  『プレミアムビール No.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65fc3569cd33ca02ef09cce2a554bf2c


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画 Film91 『レヴェナント:蘇えりし者』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第91回は、『レヴェナント:蘇えりし者』をお送りします。

sp_mailvisual.jpg


『レヴェナント:蘇えりし者』(原題:The Revenant)は、日本では2016年4月に公開された、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo Wilhelm DiCaprio )主演によるアメリカ映画。


デカプリオは、この映画で念願のアカデミー主演男優賞を、初受賞しました。


原作は、米国の作家 マイケル・パンク(Michael Punke)の小説。


監督は、メキシコのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(Alejandro González Iñárritu)。


音楽は、坂本龍一とアルヴァ・ノト(Alva Noto)。


他の出演者は、トム・ハーディ(Edward Thomas "Tom" Hardy)、など。


あらすじは、1823年 アメリカ西部の原野、罠猟師ヒュー・グラスヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、森の中を偵察中に子連れ熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負ってしまいます。


山越えには足手まといであると、置きざれにされたグラス。彼に付き添っていた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に息子のホークを殺され、グラスも土の中に埋められてしまいました。


かろうじて死のふちから生還したグラスは、息子を殺したフィッツジェラルドに復讐を果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んで行きます。。。


この映画を初めて観たのは、今年5月 中国鄭州市からの帰途 中国南方航空の機内です⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/43ce5fa0377fa8e050b74f8bcf7af95e


モニターは座席の前ではなく、機内の天井から吊り下げられていて、小さい画面でしたが、その強烈な映像に、固唾を飲んで見入ってました。


DVDで改めて観て、迫力あるシーンの連続に、観終わったあとに疲労感さえ覚えました。


極寒の川沿いで、狩猟をして毛皮を採取するグラスたちのチームが、先住民に不意打ちされるファーストシーンから画面に釘付けです。


まるでその場に居合わせたかの様にさせられる、カメラワークです。


グラスが、熊に襲われるシーンも臨場感があり、凄がったです。


『レヴェナント:蘇えりし者』を観る少し前に観た 『君よ憤怒の河を渉れ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dc3a91965d9abd9160ccb433defe98e でも熊に襲われるシーンがあるのですが、明らかにぬいぐるみと分かる熊でした。


『君よ憤怒の河を渉れ』が公開されたのが、1976年。この40年間の映像技術の進歩の賜物ですね。


息子のホークが殺された時、吐く息でカメラが曇っているのを、そのままにして撮影したのも、臨場感を増しています。


予告編にもある、グラスが馬と一緒に崖の下に落ちるシーンも、まるで自分が落ちる様な感覚にされました。


そして、落下して死んだ馬の腹を裂いて、腹の中にグラスが裸で寝るシーンにも、彼の生き抜いて息子の敵を取るのだという気持ちが痛いほど分かりました。


最後のフィッツジェラルドとの死闘も、カメラのレンズに血しぶきが飛ぶという凄まじいものでした。


この映画が、第88回アカデミー賞で、デカプリオの主演男優賞だけでなく、監督賞、撮影賞を受賞したのが、納得出来る作品でした。



===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~80  省略

Film81 2016/4/9   『あやしい彼女』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/777e1becc105c88284834785a124484b

Film82 2016/4/21  『スタンド・バイ・ミー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aea0e3d882f43407384541b431a374a3

Film83 2016/8/8   『夜叉』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8099bc7c07950720fcb14998b1ee748d

Film84 2016/8/26  『炎のランナー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/00bce7601a836a68c4817a1b78c588a4

Film85 2016/9/19  『ターミナル 』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/339394a576d6e936f964c467e4b18446

Film86 2016/10/17 『青天の霹靂』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8bf6fa67456908dbf5c0f96529914a31

Film87 2016/11/6  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c7b44a24274790d625bbede27025cb7d

Film88 2016/11/14 『あの子を探して』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a214c30203198fb23fe5268a4235fc75

Film89 2016/11/19 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72aea128f193821fb37a73fb6ca9fca1

Film90 2016/12/2  『君よ憤怒の河を渉れ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dc3a91965d9abd9160ccb433defe98e


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

テレビ Vol.152 『朝だ!生です旅サラダ』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第152回は、『朝だ!生です旅サラダ』をお送りします。

30380_main.jpg


『朝だ!生です旅サラダ』は、テレビ朝日系列で毎週土曜日の朝 8:00~9:30に生放送されている旅番組。


この番組は、レギュラー出演者やゲストが、国内・海外を旅した映像を、スタジオでのトークを交えて紹介する番組です。


レギュラー出演者は、神田正輝、向井亜紀、三船美佳、勝俣州和(くにかず)など。


毎週土曜日の朝は、7:30からの『サワコの朝』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f64c9cde77cf80ba1672a7ca7c3ad0e のあとに、この番組を観るのが我が家の定番です。


12月3日の放送は、ゲストの女優 夏樹陽子さんの「奈良、思いでの旅」。「日本全国 コレ!うまかろう!!」のコーナーは、静岡県静岡市。「海外の旅」は、イースター島、など、いつも通り盛りだくさんの内容でした。


「旅番組」は、いくつもありますが、この番組は“生放送”らしいハプニングなども時々あり、楽しませてくれます。


尚、『朝だ!生です旅サラダ』次回のゲストは、女優の手塚理美さん、「海外の旅」は、香港の予定です。放送は、12月10日(土)午前8時からです。


===「テレビ番組」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~140  省略

Vol.141 2016/9/21  『未来世紀ジパング~アフリカで日中激突~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51eaa09d9d094664744dee2a86521228

Vol.142 2016/10/8  『ドラマ「瀬戸内少年野球団」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16f1fab7f907e04f2ed40d3ed1b55cc3

Vol.143 2016/10/20 『朝ドラ「べっぴんさん」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a36e84df847c511cc87d876afe30ec8e

Vol.144 2016/10/24 『ドラマ「ラストコップ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7108cbe7bfa41dddd23df681eda6c4ba

Vol.145 2016/10/27 『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5c4ff8996435596bd4422f97f99121e3

Vol.146 2016/11/1  『ドラマ「レンタル救世主」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06ec4759cd164e4bd8f953c05a01a8ce

Vol.147 2016/11/4 『ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22817ec8420dc237f0832b5471d499aa

Vol.148 2016/11/7  『ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc4566ed0801c887f394af1c4ec50c50

Vol.149 2016/11/10 『ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a5a4ee7a66958c9b3fff8e81fb3bc80

Vol.150 2016/11/13 『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9b7c5a30e85fc68a07efeca8e0b471c

Vol.151 2016/11/24 『あいつ今何してる?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d24abb022109a4e1e53276d623db4eb4
                                                                                                                                                                                                          


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

グルメ 179食 『プレミアムビール No.3』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第179回は、『プレミアムビール No.3』をお送りします。


これまでに家で飲んだ “プレミアムビール” を、


『プレミアムビール No.1』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd15bfd1ab671b89ba7de53ccbdfc7f2 と、


『プレミアムビール No.2』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94df7378e27b6809757eaf167742624e でご紹介しましたが、今日はその続きです。


アサヒ ドライプレミアム豊穣 焙煎仕立て ギフト限定醸造

DSC_0001.JPG


アルコール分:6.5%


焙煎した国産麦芽を一部使用し、芳ばしいコクと旨みを楽しめる、この時期だけのプレミアムビール。


缶の裏面には「富士山」「鶴」「松」をデザインして、季節感を表現するとともに高級感を演出しています。


お正月に飲むのに相応しい缶ビールですね。

クリアアサヒ プライムリッチ

DSC_0002.JPG


アルコール分:6.5%


これを“プレミアムビール”と呼ぶのは語弊があると思いますが、新ジャンル酒の中でのヒット商品「クリアアサヒ」の“プレミアム”商品なので良しとします。


「クリアアサヒ プライムリッチ」は、松下奈緒さんのテレビCMでもお馴染みですよね。

レーベンブロイ

DSC_00021.JPG


アルコール分:6.5%


「レーベンブロイ」は、ドイツ・ミュンヘンに本社があるレーベンブロイ(Löwenbräu)社のビールですが、日本ではこれも「アサヒビール」がライセンス生産しています。


麦芽 100%で、芳醇な香りとまろやかなコクが特徴です。アルコール度数が低いので、グイグイ飲めてしまいます。


写真は、334ml瓶。ラベルのデザインも素敵ですが、王冠にも風格があって、缶より瓶で飲む方が好きです。

DSC_0006.JPG


 

さて、月初恒例の『2016年の目標も勝率6割3分です』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6c0285c6834a1ee08762758ceab9e6c0 で宣言した「飲酒勝敗表」の成績発表です。

この“目標”は、健康の事を考え、出来るだけ飲酒する日を少なくするために、月間・年間の飲酒しない日の割合の目標を設定し、自己管理するためです。

お酒を飲まなかった日を“勝ち”、飲んだ日を“負け”として、計算しています。

11月の勝敗は、20勝9敗1分けの勝率66.7%で、月間目標の6割3分を上回りました。

しかし、今年1~11月の累計では、209勝124敗2分けの勝率62.4%で、まだ年間目標の6割3分を下回っています。

今年も残り僅か1ヶ月、飲むことを控えないと年間目標を達成出来ませんが、12月はイベントが多く飲酒の機会も増えるので。。。

ところで、1分けの“引き分け”の意味ですが、昼間にグラスワインやランチビールなど「軽く一杯」飲んだときを“引き分け”としています。


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~165食  省略

166食  2016/4/14  『ラーメン「七ッ星」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f02cddc876c1e12b524033faf4d0c0f

167食  2016/4/18  『プレミアムビール No.1』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd15bfd1ab671b89ba7de53ccbdfc7f2

168食  2016/5/2   『プレミアムビール No.2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94df7378e27b6809757eaf167742624e

169食  2016/6/6   『DexeeDiner -nerima-』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67167ae9ad0b402f4685253ed818ce95

170食  2016/6/15  『台湾排骨弁当』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b755c184cd6d3443c20fb7dbf68c5d8

171食  2016/7/5   『福島の酒「大七 純米生酛爽快冷酒」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ded4c00d7869b1aa621c569baefd8e35

172食  2016/8/5   『ポーカーフェイス(Poker Face)3姉妹』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc42b15d8c4e5106fa78d84fe546b9ff

173食  2016/8/12  『銀座「パラダイスダイナシティ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc7097e33a0aeaef40fa24c9f13f9ebb

174食  2016/9/1   『家飲みウィスキー No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8b827e125e02eb90c0de4327fe329f8

175食  2016/10/4  『家飲み日本酒 No.6』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/316ca9220492fe5546cf05a2050ab5f7

176食 2016/11/3  『四ッ谷“Kamiya”のランチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/618bdfe8272183e77cc1d70786c659e8

177食  2016/11/16 『霧島三兄弟』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e3ba61075191bb075be13e1987a900a

178食  2016/11/26 『いつも美味しい「魚友寿し」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa9c2c996556e67af79d6deb78843aa0


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画 Film90 『君よ憤怒の河を渉れ』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第90回は、『君よ憤怒(ふんど)の河を渉(わた)』をお送りします。

img_3.jpg


『君よ憤怒の河を渉れ』は、1976年に公開された佐藤純彌監督、高倉健主演のサスペンス映画。原作は、西村寿行の小説


映画では、憤怒(ふんぬ)を“ふんど”と読ませている意図は何なのでしょうか。


高倉健以外の主な出演者は、中野良子(りょうこ)、原田芳雄、田中邦衛、など。


あらすじは、新宿の雑踏で検事の杜丘冬人(高倉健)は、見知らぬ女から「金品を盗まれ強姦された」と告発されて警察に連行。


さらに、見知らぬ男(田中邦衛)も「カメラを盗まれた」と供述し、逮捕されてしまいました。


これは、罠だと悟った杜丘は、現場検証の場から逃走を図り、手掛かりを求めて北海道に渡ります。。。


この映画を初めて観た時には、強烈なインパクトを感じましたが、改めて観て、その感を強くしました。


オープングに流れる男声スキャットの音楽も新鮮でした。


北海道でのシーンは、まるで西部劇の様ですね。


一回も操縦したことのないセスナ機で杜丘が、北海道から本州に飛ぶシーンは、仰天ものです。


さらに、新宿西口を疾走する馬、信じられない展開です。サスペンス映画と言うより、観ていて肩のこらない娯楽作品です。


この映画は、中国で公開され大ヒットしたそうです。その縁から、高倉健主演の『単騎、千里を走る。』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0bfbe4de3b52cbd002aae613e72a86d が製作されました。


これまでも、健さんの映画を紹介する度に書いていますが、この映画に出演していた多くの方が、鬼門に入っています;


高倉健、原田芳雄、大滝秀治、池部良、西村晃、など(敬称略)。亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。




尚、「隊長のブログ」では、高倉 健が出演する映画を、これまでに7本紹介しています。


詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。

===「高倉健 出演映画」 記事一覧 (公開年順)===

1. 1981年 『駅 STATION』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

2. 1982年 『海峡』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

3. 1983年 『居酒屋兆治』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

4. 1985年 『夜叉』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8099bc7c07950720fcb14998b1ee748d

5. 1989年 『ブラック・レイン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd126a6064678f456d33e472decf4403

6. 2005年 『単騎、千里を走る。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0bfbe4de3b52cbd002aae613e72a86d

7. 2012年 『あなたへ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91fbd0731cea8c39037cacff828769ab


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

猛虎通信 Vol.74 『糸井・福留・高山』 [猛虎通信]

隊長が好きなプロ野球[野球]チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第74回は、『糸井・福留・高山』をお送りします。


今日から12月。阪神ファンの隊長にとって、10月は、上位チームのファンが、CS・日本シリーズと盛り上がる中、早くも『2016年の総括』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e311c8199d15cc9966f9712a9cc2d971 をしてしまいました。


ところが、11月も後半になり、嬉しいニュースが三つ、立て続けにありました。


一つ目は、FA(フリーエージェント)宣言をしていたオリックス・バファローズの糸井嘉男選手の阪神への入団が決まったことです。

img_161125_1_4.jpg


今年35歳の糸井選手は、近畿大学を卒業後、日本ハムファイターズに入団。2013年にトレードによりオリックスに移籍しました。


今シーズンは、53盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、打率も3割を達成しています。また、守備にも定評があり、まさに打って、走って、守って良しの選手です。


11月25日(金)には、大阪市内のホテルにて、糸井選手と正式に契約を行い、入団会見が行われ、背番号は「7」番に決定しました。


会見で、金本監督から、「センターのポジションを任す」との発言がありました。

img_161125_1_1.jpg


糸井選手からは、「監督を胴上げするために、ひとつでもチームに貢献したい」との頼もしい言葉が出ました。


阪神ファンの中からは、金本監督になり、せっかく『超変革』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4baba02baeb7fc0c664f40bf4e3c2214 を実践し、若手を起用してきたのに、糸井の加入により若手の出番が少なくなるとの意見も出ていますが、隊長はウェルカムです。


なぜなら、11月25日に発表された2016年度「ベストナイン」に阪神の選手は一人も選ばれていませんが、糸井はパ・リーグの外野手部門で選ばれています。


いわば、実力も人気も兼ね備えた選手の加入により、他の選手の刺激になり、優勝へ近づくことが出来るからです。


二つ目は、福留孝介外野手が来シーズン、チームキャプテンに就任することが決まったことです。

8.jpg


これも、阪神生え抜きでない福留がキャプテンになることに異論があると思いますが、隊長は賛成です。


今の阪神のベテラン選手の中で、福留が一番、チームのことを考えていると思うからです。


降板した藤浪投手が、ベースカバーをしなかったことを叱責したことは、よく知られていますよね。福留は、チームメートに優しさと厳しさで接することが出来る選手です。


三つ目は、髙山俊選手が、2016年度「新人王」を獲得したことです。

高山受賞.jpg


他の候補選手に圧倒的な差を付けてでの受賞ですから立派です。


糸井・福留・高山の三選手には、来年大いに暴れてもらいたいものです。


来シーズンが、待ち遠しくなって来たぞ!


===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d

Vol.1~60 省略

Vol.61 2015/10/8  『死んだ筈が生き返った』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f045117be48dbd21a208b14b0cbd93c

Vol.62 2015/10/21 『金本新監督誕生』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8038915e4b3bd6a336bcd658d0614bdf

Vol.63 2015/11/26 『2015年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d4646a83e91d109b25abe7c4671ae4

Vol.64 2015/12/19 『応援グッズ』(その4) http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fcd1a0e4cc7c220ef71c5ff9da553e70

Vol.65 2016/2/1   『2016年の新戦力』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e85f2d83d999c04d44337e9be75b67ee

Vol.66 2016/3/10  『「超変革」 実践中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4baba02baeb7fc0c664f40bf4e3c2214

Vol.67 2016/3/20  『金本阪神首都初見参』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3f021fc78f96de1bdf9ac9da53ee1c

Vol.68 2016/4/7   『藤浪・藤川・江越と遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/154a62c47d9712eff067409c930fda55

Vol.69 2016/6/2   『「ピッチャー 藤川」に沸く神宮球場』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d7b31fd73b9f331dc7e189c34f023b77

Vol.70 2016/7/9   『藤浪 どうした!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5a4baf67505d85b4b5051ff20dbeecb8

Vol.71 2016/8/1   『福留選手 2度目のサイクル安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2ed151b2eb0679e3049e7020af5d3058

Vol.72 2016/8/24  『大和・北條・江越と遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b2c5823ed642dc3f9f3cc8c534a5c4f

Vol.73 2016/10/9  『2016年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e311c8199d15cc9966f9712a9cc2d971


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スポーツ No.96 『鶴竜 有終の美を飾る』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第96回は、『鶴竜 有終の美を飾る』をお送りします。

鶴竜.jpg


福岡国際センター」で開かれていた大相撲九州場所は、11月27日(日)に千秋楽を迎えました。


前日の14日目に7場所ぶり3度目の優勝を決めていた横綱 鶴竜は、結びの一番で横綱 日馬富士を寄り切り14勝1敗となり、まさに一年の締め括りの場所で “有終の美” を飾りました。


鶴竜が前回優勝した昨年の秋場所⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/35cb70a93b48455a0d21c1feab376dd2 からは、怪我に悩まされ優勝から遠ざかっていたので、嬉しさも格別でしょう。


隊長の場所前恒例の『九州場所の注目力士は』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e7b4a18dccb5221683729967dbc85fd4 で、鶴竜の名前を挙げていなかっただけに、相撲の奥深さ、難しさを再認識しました。


さて、場所前に注目力士の筆頭として挙げていた、横綱昇進の可能性があった大関 豪栄道は、9勝6敗という平凡な結果に終わり、綱取りが白紙に戻ってしまいました。プレッシャーに弱かったのですかね。


後半に三連休して、横綱昇進の期待がしぼんでしまいましたが、それまでの会場の豪栄道に対する応援は、凄かったですね。


地元 福岡県柳川市⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed712b7953a991a92126eaf3151aecad 出身の大関 琴奨菊への声援をはるかに上回っていました。


その琴奨菊、今年の初場所で初優勝⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d915539e50d3389f271a1a682a375853 を飾った直後の地元の熱気は、何処に行ってしまったのでしょうか。


二人目の場所前の注目力士、横綱 白鵬は、11勝4敗で終わり、今場所での完全復活はなりませんでした。


三人目の関脇 高安(たかやす)も、7勝8敗と負け越してしまい、大関昇進の夢が遠ざかったしまいました。


どうも、隊長が場所前に注目すると、その力士は期待を裏切ってしまうジンクスが生まれてしまうかも知れませんね。


そこで、フライング気味ですが、来年1月8日から始まる初場所の注目力士を挙げておきます。


一人目は、白鵬と鶴竜のニ横綱、大関 照ノ富士を倒し、10勝5敗で技能賞を獲得した小結 玉鷲(たまわし) 。

玉鷲.jpg


二人目は、11勝4敗で敢闘賞を獲得した前頭三枚目の正代(しょうだい)。

正代.jpg


二人共、来場所の番付では関脇への昇進が予想されています。


来場所こそ、隊長の注目力士が活躍してくれることを祈っています。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに31回アップしています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3
     


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~85  省略

No.86  2016/7/14  『名古屋場所 休場者多すぎ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a88788c45123ece67b98364caf671674

No.87  2016/7/18  『第87回都市対抗野球大会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27b88218405fec36b23840497842b990

No.88  2016/7/25  『日馬富士8度目優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dce69bb7d8677d3ebc6a7005c9a1f97

No.89  2016/8/7   『リオ五輪が開幕』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c06a31c21773f74835aa1fd24e085d33      

No.90  2016/8/20  『イチロー 3,000安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ef790997bbab1f15e67c3ee30268ca8

No.91  2016/9/4   『リオ五輪サッカー男子決勝戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/56479c7f0c88756f68313e38de4ae1cd

No.92  2016/9/14  『白鵬休場秋場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc465e786a49f3ad81ffeaa9d985cafe

No.93  2016/9/27  『豪栄道 全勝で初優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4928a71ea72d4ca5594d61500fda39a

番外編 2016/11/8  『訃報:平尾誠二さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a65e0c7823eee06d243f3abdceb502b2

No.94  2016/11/12 『九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e7b4a18dccb5221683729967dbc85fd4

No.95  2016/11/18 『PANCRASE 282』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e3dbba02348d263d9dff38f382681974


nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

街歩き 第42回 『本郷中央教会のパイプオルガン』 [街歩き]

隊長の地元 文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの第42回は、『郷中央教会のパイプオルガン』をお送りします。

CCF20161127_00000.jpg


東京都文京区本郷には、由緒ある「本郷中央教会」と「弓町本郷教会」があります⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25bcd129eea3f9c1bb293a8ad25ebc3f


「弓町本郷教会」は付属幼稚園に通っていたし、クリスマスミサに参加したこともあるので、教会内の様子は分かりますが、「本郷中央教会」は中に入ったことがなく、外部の様子しか分かりませんでした。

DSC_0004.JPG


11月23日(水・祝)の午後に、同教会で「パイプオルガンコンサート Vol.2~トランペットとともに~」という催しがあり、教会内とパイプオルガンを見る機会に恵まれました。


昭和4年(1929年)に建てられた教会に入ると、1階から、もう歴史的建造物の落ち着いた雰囲気が漂ってきます。1階の奥は幼稚園になっています。

DSC_0016.JPG


階段にも歴史を感じさせられます。

DSC_0015.JPG


2階が礼拝堂です。

DSC_0019.JPG

DSC_0020.JPG

DSC_0026.JPG

DSC_0022.JPG

DSC_0025.JPG


本郷中央教会の初代パイプオルガンは、大正12年(1923年)の関東大震災により会堂とともに消失してしまったそうです。


現在のパイプオルガンは、同教会が創設された明治23年(1890年)と同年代の1894年に英国のピーター・コナッハ社において製作され、ウェールズのダニー・キャステル教会で使用されていました。


そんな縁が深いパイプオルガンが、今年3月に同教会で蘇りました。

DSC_0024.JPG


今回のコンサートは、バイオリニストの島田俊雄氏とオルガニストの池田ゆかり氏のセッションで、メンデルスゾーンに曲など全八曲を演奏してくれました。


祝日の午後、教会内でのバイオリンとパイプオルガンの調べに心が洗われる思いでした。


尚、「本郷中央教会」を含む本郷東大前地区の建物・お店の地図は、こちらでご覧いただけます⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edb91db8e9d2ad38e4623ec3b984727c
    


===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9

第1回~30回  省略

第31回 2015/7/21 『サッカー通りでサンバ・カーニバル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94aec65f19767c6020a96300e37a6281

番外編 2015/9/4  『お茶の水の地図』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/03f4bb16b6d51caf3fcbbd7481f9cd17

第32回 2015/9/20 『西片町教会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/959bfb25b87bd966937a95d75447bf86

第33回 2015/10/27『エコ・リサイクルフェア@教育の森公園』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/246c6b87f797e084ebe803d53287c74e

第34回 2015/11/8 『ラジオ体操発祥の地 大塚公園』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c825376cb42b301d0fa5dc67cf045032

第35回 2015/11/29『江戸川橋 ヘルシアの跡地』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d0f2be55c41f2b15caddf6145a5f0a06

第36回 2016/1/4  『「牛天神」北野神社』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2809549e0b31d48ddf3e97f8e51f55c

第37回 2016/1/18 『秋田ふるさと館』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f33a9c33e6c197601bdab74e801af43b

第38回 2016/2/10 『梅まつり 始まりました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4da3a5964cdc214471b5151135c0840

第39回 2016/2/27 『本郷「朝陽館本家」廃業』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79fc1e4801ea4926d10b53453ed00e1b

第40回 2016/7/2  『三越の屋上でビールの試飲会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c23d4d9ce261259c5d0250df76aa82e

第41回 2016/7/23 『大横丁通り納涼祭』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e6d08fbc7392377ab1a0fca8f79cf3d

番外編 2016/7/30 『本郷・春日の地図』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01350f793d004d68686db8f749544c32


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

グルメ 178食 『いつも美味しい「魚友寿し」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第178回は、『いつも美味しい「魚友(うおとも)寿し」をお送りします。


11月21日(月)の夜は、“チーム REINA” の飲み会でした。


“チーム REINA” は、隊長が15年前に初めてヒップホップダンスを習い始めた時に教えて頂いたREINA先生⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2567624b2929cd260f9812fe97ede6a2 の当時の生徒さんと現在の生徒さんの集まりです。


会場は、東急田園都市線[電車]桜新町駅から徒歩10分の「魚友寿し」。ここは、REINA先生の実家です。


「魚友寿し」さんを訪れるのは、昨年の7月⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cb3b8981226e72657a1a512f1f04304d


同12月⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7ae935500fedba6c07297407c3145d0c 以来です。


今回のメンバーは、先生の第一期生のHonjさん、Kさん、隊長、現役の生徒さん Iさん、Yさん、Mさん、それにREINA先生の総勢7人です。


この日の献立は;


お通し

DSC_0002.JPG


美味しそうな里芋を皮ごと食べて、他の人のお皿を見ると皮が残してあります。何も知らない隊長が聞くと、これは「衣(きぬかつぎ)」という料理とのこと。


この年になっても知らないことが多く、恥をかくことが多いです。


「流れに棹(さお)さす」という言葉がありますが、流れに棹をさして水の勢いに乗るように、物事が思いどおりに進行する意味を、「時流に逆らう」の意味だと思い込んでいました。


刺身

DSC_0003.JPG


酢の物

DSC_0004.JPG


ぶりの照り焼き

DSC_0005.JPG


付け合せの「きんかんの甘露煮」が味を引き立たせてくれます。


茶碗蒸し

DSC_0008.JPG


揚げ出し豆腐

DSC_0009.JPG


寿司

DSC_0010.JPG


の全七品。「魚友寿し」さんを訪れるのは、三回目ですが、毎回違う料理を出して頂きます。勿論、全てが美味しく、今回も完食です。


お酒は、瓶ビールで乾杯した後は、“チームREINA” のラベルを貼った焼酎を、お湯割りで頂きます。このラベルは、お母様が用意してくれたそうです。

DSC_0007.JPG


前々回も、看板娘=REINA先生が焼酎を抱く写真を、「隊長のブログ」にアップしたのですが、お母様によると、ブログを見た方がお店に来てくれたそうです。


この日も、美味しい料理と焼酎、そして楽しい話しで、“チームREINA”は大盛り上がりでした。


尚、「魚友寿し」さんの住所は、東京都世田谷区新町1-11-8。電話番号は、03-3428-5948[電話]です。


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~165食  省略

166食  2016/4/14  『ラーメン「七ッ星」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f02cddc876c1e12b524033faf4d0c0f

167食  2016/4/18  『プレミアムビール No.1』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd15bfd1ab671b89ba7de53ccbdfc7f2

168食  2016/5/2   『プレミアムビール No.2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94df7378e27b6809757eaf167742624e

169食  2016/6/6   『DexeeDiner -nerima-』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67167ae9ad0b402f4685253ed818ce95

170食  2016/6/15  『台湾排骨弁当』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b755c184cd6d3443c20fb7dbf68c5d8

171食  2016/7/5   『福島の酒「大七 純米生酛爽快冷酒」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ded4c00d7869b1aa621c569baefd8e35

172食  2016/8/5   『ポーカーフェイス(Poker Face)3姉妹』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc42b15d8c4e5106fa78d84fe546b9ff

173食  2016/8/12  『銀座「パラダイスダイナシティ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc7097e33a0aeaef40fa24c9f13f9ebb

174食  2016/9/1   『家飲みウィスキー No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8b827e125e02eb90c0de4327fe329f8

175食  2016/10/4  『家飲み日本酒 No.6』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/316ca9220492fe5546cf05a2050ab5f7

176食 2016/11/3  『四ッ谷“Kamiya”のランチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/618bdfe8272183e77cc1d70786c659e8

177食  2016/11/16 『霧島三兄弟』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e3ba61075191bb075be13e1987a900a


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テレビ Vol.151 『あいつ今何してる?』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第151回は、『あいつ今何してる?』をお送りします。

main (2).jpg


『あいつ今何してる?』は、テレビ朝日で毎週水曜日19:00~19:56に放送されているバラエティー番組です。


この番組は、毎週異なるゲスト出演者の学生時代の同級生が今、何をしているのかを調査する番組。ゲストが、ちょっとだけ気になる“あいつ”の“今”を調査して伝えてくれます。


深夜番組からゴールデンに昇格した2016年4月から、ほぼ毎週観ています。ゲン現在のMCは、芸人のネプチューン


オープング・テーマ曲『スタンド・バイ・ミー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aea0e3d882f43407384541b431a374a3 は、番組にピッタリですね。


11月23日の放送は、2時間スペシャルで、

ネプチューン名倉潤

 nagura (2).jpg

観月ありさ

 mizuki (2).jpg

益子直美

 masuko (2).jpg

の同級生の“今”を伝えてくれました。笑いあり、涙ありの2時間でした。


いつも楽しい番組ですが、ジャパネットたかた前社長 高田明氏の講演⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/829a292c335d0cd1fe0a4d49b8880c04 を聴きに行った時にも感じたのですが、この番組のゲストも、出演出来る同級生も、“成功者”たちなのですね。


尚、『あいつ今何してる?』次回のゲストは、俳優 木下ほうかとタレントのIMALU。放送は、11月30日(水)夜7時からです。


===「テレビ番組」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~140  省略

Vol.141 2016/9/21  『未来世紀ジパング~アフリカで日中激突~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51eaa09d9d094664744dee2a86521228

Vol.142 2016/10/8  『ドラマ「瀬戸内少年野球団」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16f1fab7f907e04f2ed40d3ed1b55cc3

Vol.143 2016/10/20 『朝ドラ「べっぴんさん」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a36e84df847c511cc87d876afe30ec8e

Vol.144 2016/10/24 『ドラマ「ラストコップ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7108cbe7bfa41dddd23df681eda6c4ba

Vol.145 2016/10/27 『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5c4ff8996435596bd4422f97f99121e3

Vol.146 2016/11/1  『ドラマ「レンタル救世主」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06ec4759cd164e4bd8f953c05a01a8ce

Vol.147 2016/11/4 『ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22817ec8420dc237f0832b5471d499aa

Vol.148 2016/11/7  『ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc4566ed0801c887f394af1c4ec50c50

Vol.149 2016/11/10 『ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a5a4ee7a66958c9b3fff8e81fb3bc80

Vol.150 2016/11/13 『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9b7c5a30e85fc68a07efeca8e0b471c
                                                                                                                                                                                                          


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

健康・病気 その59 『浅指屈筋を鍛えています』 [健康・病気]

隊長が見聞きしたり、体験した「健康・病気」に関する記事の第59回は、『浅指屈筋(せんしくっきん)を鍛えています』をお送りします。


8月初旬から『関節拘縮のリハビリ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62367d59fa5c06fa67ce794c0f880dc7 を行っています。


自宅でのリハビリの装具は、最初は親指を除く四本の指を固定する物でしたが、指が大分曲がる様になったので、より負荷がかかる写真の装具を付ける様になりました。

DSC_0006.JPG


さらに、リハビリ科の医師から、「握力も落ちているので、浅指屈筋を鍛えるよう」に言われました。


浅指屈筋は、指関節の屈曲、手関節の掌屈を行う重要な筋肉だそうです。


トレーニング方法は、ダンベルを握り、手首の力だけを上下させる「ダンベル・リストカール」。


水抵抗のあるお風呂の中で、グーパー、グーパーを200回繰り返す。


また、筋肉を増やす為に、アミノ酸を積極的に摂取する様に言われました。


早く指の機能を快復させるために、毎日『浅指屈筋を鍛えています』。

===「健康・病気」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/5153e2bca76fc6551b77793cb5fe2e2c

その1~45 省略

その46 2015/3/4  『「鼻腔拡張テープ」を使ってみた』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3db9c4844d0d370d3fc3a8b57f62c4c6

その47 2015/3/27 『高血圧は完治しました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3c65910aff4f8fbde3ca560a1c2954f2

その48 2015/4/9  『ダイエットするとお金がかかります』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/575698fc7a9ace04d6313a0a57251aa3

その49 2015/4/30 『貧血気味なんです』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cbe846beaffaeee8d95ee0be546a5c04

その50 2015/5/19 『サンダルが履けない!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cee1d05cd181e905740e1950fefb9223

その51 2015/7/18 『「過敏性腸症候群」の治験モニターhttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68c58a2ed1fd8c1ff60aaf92d6b6e81c

その52 2015/8/18 『外国人体格検査記録』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25175dc9c4d6becdfcb6bae735f243ea

その53 2015/10/13『尿管結石は激痛だった!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/66696c8c1fbefb8c0d7a9d05f72b34e4

その54 2016/2/3  『加湿器のお世話になっています』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6016ca8409cba390d70428dac0392d8e

その55 2016/2/20 『「帯状疱疹」を発病』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfb1a77545a764e1bc33a0b3ccb557f2

その56 2016/4/6  『帯状疱疹後神経痛』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df1f7cae51ff6b298abc5164dc9189d7

その57 2016/7/5  『サンダルが履ける!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c4f81fdba651667818fca27e0dcda27

その58 2016/10/29『関節拘縮のリハビリ中です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62367d59fa5c06fa67ce794c0f880dc7


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

本と雑誌 20冊 『有吉佐和子著 「紀ノ川」』 [本と雑誌]

隊長が読んだ「本と雑誌[本]」を紹介するシリーズの第20回は、『有吉佐和子著 「紀ノ川」』をお送りします。

113201_xl.jpg


この本は、紀州和歌山の素封家を舞台に、明治生まれの花、娘の文緒、孫で戦後世代の華子の明治・大正・昭和三大の女たちの系譜をたどった、有吉佐和子の年代的長編小説です。


小説「紀ノ川」は、1959年に中央公論社より単行本として出版されていますが、隊長が読んだのは新潮文庫版です。


書名と著者は知っていても、読んだことのなかった小説を手に取ったのは、今年10月に和歌山県伊都郡九度山町(くどやまちょう)の「慈尊院(じそんいん)」を訪れた時に安産、授乳、育児を願う布製の乳型が奉納されていて⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fe4e9d7372fb648bec727b24021a89b9「紀ノ川」にも描写されていると知ったからです。


1931年生まれの有吉佐和子さんは、和歌山県和歌山市出身で、東京女子大学を卒業し、「華岡青洲の妻」「恍惚の人」「香華(こうげ)」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8e48b8ccd260602a72fbf4f3b4496846 などの著書があります。

768720.jpg


「紀ノ川」では、戦前・戦後の和歌山市の様子が描かれていたり、文緒と華子が東京女子大に進学する設定など、有吉佐和子さんの自伝的小説にもなっていると思いました。


特に印象に残ったのは、花が嫁入り前に母親の豊乃(とよの)と、慈尊院を訪れた時「廟の前の柱にぶら下がっている数々の乳房形(ちちがた)に気がつくと、しばらく瞑目することを忘れていた。中央を乳首のように絞りあげたもの」と書かれています。


まさに、10月に慈尊院で見た光景が瞼に浮かびました。


また、花が里帰りした時に見た、「このあたりは富有(ふゆ)柿の名産地である。甘く濃い味の、大きな柿の実が、黒い枝にまっ赤に色づいていた」も、隊長が見た光景と同じでした。


文緒の東京での結婚式の帰り、花が和歌山に帰る道中「数多くの川を渡ったが、どの川も色に深みも美しさもなく」「紀ノ川ほど美(う)っつい川はございませんよし」と語らせています。


小説の中で、ここまでに何回となく、紀ノ川の美しさが語られてきていましたが、この花の言葉にその美しさが凝縮されていると感じました。


インドネシアのジャバで育った孫の華子が、桜を見ても感動しなかった時に花が感じた「熱帯の花を見慣れた華子の眼には、早咲きの白っぽい桜の花は何か弱々しく映って」との表現には、隊長自身も新しい発見をした思いがしました。


「紀ノ川」は、1966年に映画化されていますが、花を演じたのが司葉子、文緒役が岩下志麻とのことです。この映画も一度観てみたくなりました。


===「本と雑誌」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0

1~5冊  省略

6冊  2014/3/6  『玉露園のこんぶ茶アイデアレシピhttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9159c5e76b3dd3cb64da7019499ee3d6

7冊  2014/11/15『日本のビール 面白ヒストリー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9ef4596467913d15de6e62afa954110

8冊  2015/3/5  『オレとО・N』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1e7ca0c0fdffac35a646534430a0abc4

9冊  2015/6/19 『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed3edee244cf65f41b5071bdc4bae8ea

10冊 2015/9/2  『島耕作の中国ビジネス最前線』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df82c2084a6ea9760a0a9c93eada5f1

11冊 2015/11/18『佐藤優著「知」の読書術』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9179ebc54e023ce1b5e4efd611f764bb

12冊 2015/12/9 『蝶野正洋著 プロレスに復活はあるのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abe691bc3a689e9c47e5efeda9014204

13冊 2015/12/21『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36dd3aaf4ea07815f7db88ae141ab7aa

14冊 2016/2/21 『世界がもし100人の村だったら』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc9866eaa55ea4162977a71eb3b5b71

15冊 2016/3/14 『自分がわかる!相手がわかる!使える!心理学』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b31c00738f2ba9342a9dc715601d26e

16冊 2016/4/28 『絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29973ce102c830e434a3d5254a8a234c

17冊 2016/5/22 『小泉武夫監修 日本酒百味百題』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/024f1e4cffac057d1640cfa975c60eea

18冊 2016/8/19 『清川虹子「恋して泣いて芝居して」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d376a06bdbc7339cdd9895dfa4e8e22

19冊 2016/10/22『四方田犬彦著 李香蘭と原節子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c480053b386de9398f64f43167273f0d


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

音楽 71曲 『ミスチル:fantasy』 [音楽]

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽[るんるん]」の第71回は、『ミスチル:fantasy』をお送りします。

61DMOvZFs0L.jpg


スマホに入れて外出時によく聴いている[音楽]のが、Mr.Children(ミスチル)の18枚目のアルバムREFLECTION」です。


通常盤全14曲の収録曲の中で、一番好きなのがこの“fantasy”。


この曲が、アルバム発売前にBMW「アクティブ ツアラー/グラン ツアラー」のCMソングとしてTVから流れて来た時には衝撃を受けました。


前にも書いたことがあると思いますが、BMWは好きな車で、一時期乗っていました。


尚、ミスチルの曲は、これまで


第8回で『祈り~涙の軌道』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9eebf25166343b00990b1a51d9cd5c52 を、


第37回で『放たれる』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b39ce0008452263e7f95361c246edfe1


第47回で『運命』⇒http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6d9cff015701761b3c8059fd9b105b9d


を取り上げています。



===「音楽」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~60曲  省略

61曲   2016/2/7  『Earth, Wind & Fire:September』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f9e47754a5dc36b46c6a4f8106b435f3

62曲   2016/2/22 『RIP SLYME:FUNKASTIC』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42eb782891835050ee7d6650f93c195b

63曲   2016/3/16 『aiko:もっと』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cf1f0129186de2243ecddb5e87702942

64曲   2016/3/25 『AKB48:365日の紙飛行機』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3bb8ae1e7883013f36941ef90eab21

65曲   2016/4/12 『Naomi elan@morph-tokyohttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4d69797415748da16e752c9cf3b48809

66曲   2016/4/17 『Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eebdbbab3d08c3d1f9339e10178848d2

67曲   2016/5/1  『The Style Council:The Lodgers(Extended Remix)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f76d74794f8b4f1b33e8a51a6efa4601

68曲   2016/6/9  『まいほんじライブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/156a6543286db52e5118a71f6bdb3573

69曲   2016/7/8  『マライア・キャリー:Hero』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbdad3b35ee683c15271f5d36c0b85ab

番外編 2016/7/14 『訃報:「ザ・ピーナッツ」伊藤ユミさん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fec6ff3a216c450def1b0162a7c34e0a

70曲   2016/8/28 『Ai No Corrida(愛のコリーダ)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eca88ece62613756e086d0763170d5fd


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の15件 | -