So-net無料ブログ作成

北イタリア周遊記 4日目 『ウフィッツィ美術館』 [北イタリア周遊記]

【4日目:7月9日(日)】 午前中、ピサの斜塔に登る。午後、フィレンツェに戻り市内観光。



イタリア トスカーナ州の州都「Firenze(フィレンツェ)」、「Via Dei Neri(ネーリ通り)」にあるレストラン [レストラン] に入店したのが、13時10分頃です。


CCF20170727_00000.jpg



デザートの“パンナ・コッタ”が出たのが、午後2時近くになっていました。すると、添乗員さんから、デザートを早く食べて店を出るように催促されました。



理由は、「Galleria degli Uffizi(ウフィッツィ美術館)」の入館予約時間が、14時15分から30分だからです。



一行は、デザートを食べ終え、飲み物の会計を済ませ、店の外に出ます。レストランから徒歩2~3分の「ウフィッツィ美術館」に到着したのが、14時10分頃です。



入り口の横には、予約者用と予約なしの二つの列が出来ていました。入場制限をしていて、予約者と予約なしを交互に入場させています。



予約14時15分から30分のグループは、予約なしのグループがある程度入場するまで待たされ、結局、中に入れたのは午後2時半頃でした。



最初にX線検査機による手荷物検査があり、自動改札機を通って入館します。


CCF20170727_00002.jpg



イタリアの殆どの入場券には、バーコートが印刷されていて、係員がバーコード部分を読み取り機にかざすか、入場者が自動改札機の読み取り部分にかざして、中に入るシステムです。



ツアー代に含まれていて当日は払っていませんが、チケットに記載されている料金は、入館料が13ユーロ、予約料が4ユーロ、計17ユーロ(約2,210円)です。



エレベーターもあるのですが、車椅子利用者等が優先なので、130段の階段を上がって3階へ。


DSC_0267.JPG



この日は、午前中に296段の「ピサの斜塔」の階段を登っている⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2ab1927ad8cb6d7f21975384a37cd890 ので、3階に着いた時には、膝がガクガクしていました(苦笑



「ウフィッツィ美術館」は、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ・ブオナローティ、ラファエロ・サンティなど、イタリアを代表する芸術家の作品が収蔵されています。



建物は、メディチ家の依頼により、ジョルジョ・ヴァザーリの設計で1560年に着工し、1580年に竣工したフィレンツェの行政機関の事務所がもとになっているそうです。



美術館の中は、教科書に出てくるような作品のオンパレードです。内部は、フラッシュは禁止ですが、写真撮影は可能でした。



3階の東側には、



ジョット・ディ・ボンドーネ作 「オニサンティの聖母」


DSC_0270.JPG



フィリッポ・リッピ作 「聖母子と二天使」


DSC_0271.JPG



ピエロ・デラ・フランチェスカ作 「ウルビーノ公夫妻の肖像」


DSC_0273.JPG



サンドロ・ボッティチェッリ作 「ヴィーナスの誕生」


DSC_0275.JPG



サンドロ・ボッティチェッリ作 「プリマヴェーラ (春)」


DSC_0276.JPG



サンドロ・ボッティチェッリ作 「東方三博士の礼拝」


DSC_0279.JPG



などの作品があります。



回廊の天井には絵画が描かれ、両脇にはさり気なく彫刻が置かれ、まさに“画廊”ですね。


DSC_0280.JPG



南回廊からは、「Fiume Arno(アルノ川)」対岸の景色や、


DSC_0282.JPG



橋上家屋で有名な、川に架かる「Ponte Vecchio(ヴェッキオ橋)」を眺めることが出来ます。


DSC_0285.JPG



3階の西側には、



ミケランジェロ・ブオナローティ作 「聖家族」


DSC_0287.JPG



などの作品が展示されています。



西回廊最北端のテラスに出ると、「Palazzo Vecchio(ヴェッキオ宮殿)」の鐘楼が見えました。


DSC_0290.JPG



2階から1階では、



ラファエロ・サンティ作 「自画像」


DSC_0293.JPG



ラファエロ・サンティ作 「ヒワの聖母」


DSC_0294.JPG



パルミジャニーノ作 「長い首の聖母」


DSC_0296.JPG



ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作 「ウルビーノのヴィーナス」


DSC_0298.JPG



アンドレア・ヴェロッキオ作 「キリストの洗礼」。レオナルド・ダ・ヴィンチとの共作とも言われている作品です。


DSC_0300.JPG



レオナルド・ダ・ヴィンチ作 「受胎告知」


DSC_0302.JPG



カラヴァッジオ作 「バッカス」


DSC_0305.JPG



などの作品を、堪能しました。


 


★続きは、「北イタリア周遊記 4日目 『サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂』」で★


 


(料金の情報、現地通貨ユーロの円換算レート 1€≒130円は、2017年7月現在のものです)


 


===「北イタリア周遊記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/38cc1df92a227c1d00f3da7e67fe081e


1日目 2017/7/6 『アリタリア航空のプレエコでローマへ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47b406887e7c83e66dcaa958cb54a44a


1日目 2017/7/6 『ローマに到着』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b53444ce84ca7c36114a94a6f2034ac8


2日目 2017/7/7 『バチカン美術館とサン・ピエトロ大聖堂』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c7e367feb96393e90a6a061973646d5


2日目 2017/7/7 『真実の口とコロッセオ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e809cf04613dd233befc642a335599f5


2日目 2017/7/7 『スペイン広場とトレヴィの泉』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/afb31a5f00a492590d55483607e01425


3日目 2017/7/8 『チビタ・ディ・バニョレッジョ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a4d4e7e8237fc767386ce0544f53d386


3日目 2017/7/8 『シエナからフィレンツェに』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d47366f5de0cf1c28c2df30116e64453


3日目 2017/7/8 『フィレンツェのアストリアホテル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bd044cd427c25f6b850e47d4941ea90d


4日目 2017/7/9 『ピサの斜塔に登る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2ab1927ad8cb6d7f21975384a37cd890


nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 18

コメント 2

ワンモア

どれも馴染みの深い絵画です(^^)
by ワンモア (2017-08-02 00:25) 

隊長

ワンモアさん
本当、美術の時間に習った絵画のオンパレード。素晴らしかったです。
by 隊長 (2017-08-02 14:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0