So-net無料ブログ作成

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その8) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』(その7)⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27998181fbc2077833ef3f2e899b7ed9


「鄭州市動物園」の園内は、真ん中に池があり、その周囲に猛禽動物区、草食動物区などが配置され、池の上空をチェアリフトが走っています。

DSC_0150.JPG


入場して初めて目にするのが、生きた動物ではなく、噴水池の跡地に佇む動物の像でした。この当たりが如何にも“偽物好きの国”の動物園ですね。

DSC_0151.JPG


先ずはパンダですね。中国でも人気者のパンダ、親子連れがゾロゾロとパンダ舎に向かいます。ところが、パンダは外に一匹も出ていません。パンダ舎の中は立入禁止です。子供の落胆した顔、顔、顔。残念そうにパンダの像の前で記念写真を撮って引き返して行きます。

DSC_0154.JPG


見学出来ないなら、手前にその旨の掲示があっても良いのに。。。


小動物のエリアや、猿山で、お菓子などを動物に与える姿が目立ちました。日本では禁止されているのに、係員が近くにいても注意する素振りもありません。

DSC_0162.JPG


広い園内を歩き回って疲れたので、遅い昼食を取ろうと、14:00に園外に出て、動物園隣、花園路に面した「丹尼斯(Dan Ni Si)百貨花園店」に向かいます。

DSC_0185.JPG


台湾系の「丹尼斯」、河南省内にデパートが8店舗あり、スーパーや、コンビ二などを含め、急成長している小売企業集団ですが、河南省以外では殆ど知られていません。


丹尼斯の店内の一角に、食品、調味料、酒類などを扱う輸入品専門の小型スーパーがあり、日本製品を数多く取り扱っているとのこと。


北京や上海などの沿岸部大都市ならいざ知らず、内陸部にそんなスーパーがあるとは興味があり、鄭州を訪れたらぜひ行ってみたいと思っていました。


「フロアマップ」で店内を確認、お腹が空いていたので、先ずはお腹を満たしてから各階を回ろうと思い、最上階14Fの“异国风味馆(異国風味館)”にエレベーターで上がります。

DSC_0190.JPG


このフロアには、6軒のレストランがありましたが、「本福回転寿司」の入り口付近の“日式鶏蛋拉面(日本式玉子ラーメン)12元”のポスターに目が奪われます。

DSC_0188.JPG


そろそろ日本式のラーメンが食べたくなった頃です。14:10に入店しました。日曜日の14時過ぎにも関わらず、回転寿司コーナーのお客は少数です。

DSC_0186.JPG


ポスターに載っていた“日式鶏蛋拉面”を注文しましたが、店員は“没有(ありません)”と言います。今日はこの言葉を何回聞いたことでしょうか。


どうやらポスターに載っているのは平日のランチ特別メニューの様です。同じ“日式鶏蛋拉面”でも、この日は15元(約260円)でした。

DSC_0187.JPG


運ばれて来たラーメンは、スープの味は薄い、麺はコシがなく、とてもラーメンと言えるしろものではありません。上海の日式拉面店とは違い、鄭州の店ではこんなものなんでしょうね。回転寿司の味も想像できます。

☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その8)で☆



* 料金の情報、人民元の円換算レート(1元≒17円)は2016年5月現在のものです *。


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その7) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』(その6)⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/60453dc7d7e5d3cb6da54091693865dd

【4日目:5月15日(日)】晴れ、気温16℃~24℃。動物園に行きました。


鄭州4日目は6:20に起床。昨日の雨から一転して朝から快晴[晴れ]です。7:00から[ホテル]28Fの“璇宫西餐庁(Revolving Western Restaurant)”で、回転する窓の外の景色を眺めながら、いつもの様に朝食を取ります。

DSC_0132.JPG


前にも書きましたが、このレストランを“Western Restaurant”と呼んでいますが、洋食はほとんどありません。


パンの種類も少なく、味もイマイチです。数少ないパンが置かれている場所に行くと、外国人がいます。鄭州到着以降、昨日の海洋館での“碧い目の人魚”に次ぐ、三人目の中国人以外の外国人と遭遇しました。


聞くと、地球の裏側 南米のアルゼンチンからやって来たそうです。お互いにこのレストランの洋食の少なさに愚痴を言い、慰め合いました。


食事をしながら、今日は何処へ行こうかと考えます。今回の鄭州旅行の目的地の一つ“黄河遊覧区”ですが、昨晩ネットで調べたところ、“鄭州站(駅)”から最寄りの“黄河景区站”まで高速鉄道で行ける様になったことが分かりました。


さらに、ネットで高速鉄道の空席状態を調べたところ、往復とも日曜日の今日より、月曜日の方が空席が多いことがわかり、明日行くことにしました。


食事を終わり、コーヒーを飲みながら、窓の外の景色を眺めると、食事を始めた頃は、「二七広場」を取り囲むビル街だったのが、居住地域の方向に回転していました。


アパートに囲まれた中に“土色の小高い丘”を発見しました。ホテルから700~800m位の距離です。最初は、公園かと思いましたが、スマホ内蔵カメラでズームしてみると遺跡の様です。

DSC_0336.JPG


ガイドブックには、鄭州の名所の一つとして「商代遺跡」が載っています。ここは、3,500年も前の殷(いん)代(中国では殷のことを商という)の城壁のあとです。


ホテルから歩いて行ける距離にあるので、明日“黄河遊覧区”から戻ってからでも良いと思い、別の行き先を考えます。


開通して間もない「鄭州地鉄(地下鉄)1号線」にも乗りたいし、日本で取り上げられたことがある「丹尼斯(Dan Ni Si)百貨」にも行きたいと思い、ネットで検索し、同デパートが近くにあり、地下鉄で行ける「鄭州市動物園」に行くことに決めました。


8:20にホテルを出発、先ずは明日の「鄭州站」~「黄河景区站」の切符を買いに駅に向かいます。


駅前へ通じる「苑陵街」を歩いていると日本人デザイナーと中国人企業家によって創設された「MINISO名創優品(メイソウ)」の店舗がありました。

DSC_0137.JPG


中に入ると、ファッションや生活雑貨、それに“不二家のミルキー”などが置いてあります。近所の他の店と比べ、商品単価は高いですが、商品の陳列がお洒落です。

DSC_0139.JPG


鄭州駅の“售票处(切符売り場)”に着くと、一昨日は夕方のため混んでいましたが、この日は午前中なので、比較的行列も短く、約5分程で切符を買うことが出来ました。


念のため、再度、帰国日の「鄭州火車站」から「新鄭機場站」までの切符を売っているか聞いたところ、やはり“没有(ありません)”と言われてしまいました。


明日の切符をゲット出来たので、「鄭州市動物園」へ行くことにします。ネットで調べたら「地下鉄1号線の人民路駅で下車し、210m歩くと工人新村に着きます。Y809番のバスに乗り、6つ目のバス停が動物園前です」と書かれていました。


「鄭州地鉄1号線」は、2013年12月に一部開業した、鄭州市中原区の西流湖駅から金水区の市体育中心駅までを結ぶ、河南省初の地下鉄です。全線が開通すれば、約41kmの長さになります。


人口約940万人の鄭州市では、1号線を含め6本の地下鉄路線が計画されていて、総延長が約203kmに及ぶ予定です。


1号線は、「鄭州火車站」を通ると聞いていたので、駅の警備員や売店の店員に「地下鉄駅への入り口は何処ですか?」と尋ねても“没有”と冷たく答えるだけです。


仕方なく、2日目の朝に改札口があることを確認した、ホテルに近い「二七広場站」に向かい、駅に9:40頃到着。


券売機の路線図で確認したら、目的地の「人民路站」は一つ先の駅でした。料金は2元(約34円)。鄭州の地下鉄でも、中国の他の都市と同様に、改札前にX線手荷物検査機を通す必要があります。


開業したばかりの地下鉄なので、ホームも電車も真新しく綺麗です。休日の午前10時前の車内は意外と混んでいました。

DSC_0141.JPG


「人民路站」の改札を抜けて写真をもう一枚。

DSC_0146.JPG


地上に出るとバス停は直ぐに見つかりました。案内板には、Y809番の路線図も掲示されていますが、行き先は動物園の方向とは逆の「鄭州火車站」です。


道路を渡り反対側のバス停に行くと、何故かY809番の路線図だけが掲示されていません。暫く待っても、他のバス[バス]は来るのですが、Y809は来ません。


バス停前の商店で尋ねると「商品を買わないと教えない」と言われてしまいました。バスを諦めて、タクシー[車(セダン)]を捕まえたのが10:00です。


車中で、ネットには「人民路駅で下車し、210m歩くと工人新村に着く」と書いてあるのを思い出しました。Y809の下りは、地下鉄人民路駅前を通らずに工人新村を通るのですね。


約10分で、金水区花園路と農業路の交差点に差し掛かります。交差点付近は、道路の拡張中で、通行量も多い場所です。交差点の角には「丹尼斯百貨」もありました。


交差点を超えると直ぐに、動物園前です。タクシー料金は、11元(約190円)。動物園の入場券売り場付近には、多くの家族連れで賑わっています。「しまった!今日は日曜日だったことを忘れていました」。

DSC_0149.JPG


入場料は、30元(約510円)。昨日の海洋館の130元と比べたら、1/4以下の安さです。名称が「鄭州市動物園」となっているので、市営なので安いのでしょうね。「鄭州海洋館」は私営なのでしょう。そう言えば、日本でも動物園は公営で、水族館は私営の所が多い様です。

CCF20160529_00000.jpg

☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その8)で☆



* 料金の情報、人民元の円換算レート(1元≒17円)は2016年5月現在のものです *。


nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スポーツ No.84『「賜杯にキス」が最も似合う力士』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第84回は、『「賜杯にキス」が最も似合う力士』をお送りします。

20160522-00000029-asahi-000-12-view.jpg


記事をアップするのが遅れましたが、5月8日から東京両国国技館で始まった大相撲夏場所は、22日(日)に千秋楽を迎えました。


前日の14日目で、既に37度目の優勝が決定していた横綱 白鵬は、横綱 鶴竜をうっちゃりで退け、歴代最多を更新する12度目の全勝優勝を果たしました。


表彰式を終え、支度部屋に戻った白鵬は、賜杯(しはい)を抱き寄せ、カメラのまででキスをして見せました。


いや~、白鵬は「賜杯にキス」する姿が最も似合う力士ですね。と言うか、茶目っ気ある白鵬以外に、「賜杯にキス」をする相撲取りは現れないでしょう。


『夏場所の注目力士は』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0d7c0462784a0efd56250e9d1f0ec71 に書いた、場所前に隊長が注目していた白鵬以外の力士の成績は;


悲願の初優勝をすれば横綱昇進の可能性もあった大関 稀勢の里(きせのさと)は、横綱 日馬富士を押し出して、13勝目を挙げ、来場所後の横綱昇進に望みを繋げました。


初場所で、初優勝を果たした大関 琴奨菊(ことしょうぎく)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d915539e50d3389f271a1a682a375853 は、10勝5敗の成績に終わりました。


ブラジル出身力士として初めて小結の地位に昇進した魁星(かいせい)は、8勝5敗と勝ち越し、来場所での関脇の地位も見えてきました。


名古屋場所は、7月10日に愛知県体育館で初日を迎えます。


尚、「隊長のブログ」では、これまで大相撲に関する記事を25回アップしています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~70  省略

No.71 2015/11/17 『7人制ラグビー 日本男子リオ切符ゲット』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d035a23fae7d9f51527f9ba7a26f3062

No.72 2015/11/23 『日馬富士 優勝おめでとう!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f3912846945fffad9d82d82d11e2a38d

No.73 2015/11/30 『7人制ラグビー 女子も五輪決める』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/485abc2a7804d2828d7726ff09e11df0

No.74 2015/12/23 『メッシが魅せてくれた』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c19a952ca68e95f8098fa32bb183239f

No.75 2016/1/7   『魔裟斗 vs KID』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/677132de5150ba1ec36de0b87fcf350d

No.76 2016/1/13  『朝青龍 国技館から消えた!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8333eab5f26cac2a41315e86fcf1939

No.77 2016/1/30  『琴奨菊 初優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d915539e50d3389f271a1a682a375853

No.78 2016/3/7   『世界卓球 男女「銀」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d98548f63cd781252aaec2f97bd357b

No.79 2016/3/15  『大相撲 春場所が始りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/569c6fc7d114a91bbede0208b081aa72

No.80 2016/3/24  『「なでしこ」冬の時代へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/def201b1818b7d67feb19ff519bfa612

No.81 2016/3/30  『白鵬“鬼の目に涙”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81c09fff00dc177fe961fa8d31213011

No.82 2016/4/11  『バトミントン男子の賭博行為』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d0faa665bc0ff526dcc652e7ca7e912

No.83 2016/5/10  『夏場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0d7c0462784a0efd56250e9d1f0ec71


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その6) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』(その5)⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/32106a8f7b9cef31224eb2d580f9428f


何を食べようかと食堂のお品書きを見ると、中華料理のランチプレートと軽食しかありません。中華料理には飽きていたので、鶏ハンバーガー[ファーストフード] 15元(約255円)と、ペットボトルの紅茶6元(約100円)で済ませます。

DSC_0106.JPG


この甘い紅茶は好きではないのですが、コーヒーが無かったので、仕方ありません。ハンバーガーも不味かった。


この食堂は、海洋館従業員の食堂も兼ねているので、正午になると、制服姿の職員達が食事にやって来ます。


その中に、水着にパスローブを纏り、足元はビーチサンダルの女性が二人いました。先ほどの「海洋劇場」の人魚達です。表演(ショー)の際は水中メガネをかけていて分からなかったのですが、よく見ると“碧い目”をした人魚たちです。


表演の為に外国から“プロ”を呼んだのでしょうね。どうりで、泳ぎがまるで舞っているかの様に綺麗だったのですね。


12時20分から海獅(アシカ)の表演(ショー)があるとのアナウンスがあり、会場に向かいます。ここも、既に家族連れで満杯です。


表演が始まり、調教師と出てきたのが、一頭の海獅。ボールを回したり、プールの中でジャンプしたりする芸を披露します。





 

その次が、オットセイの曲芸。この二頭だけでおしまい。日本の水族館の様に、イルカやシャチは登場しませんでした。


ショーの後は、同じく1Fにある“海底隧道(トンネル)”を通り抜けます。頭の上を、サメやエイが泳ぎ回っていますが、ここもラッシュ時の電車内の様な混雑です。


あまりの人の多さに、2Fの“珊瑚礁生物館”に上がります。ここは展示が地味なのか、人をあまり多くはありません。


3Fに上がると、小動物のコーナーになっていて、ここは親子連れで賑わっています。雨の中、他に行くところもないので、午後2時近くまで海洋館にいました。


外に出るとまだ雨は降っています[雨]。雨のためか、なかなか空車が走って来ません。停めた空車2台も行き先を告げると、「市内は混んでいるいるので行きたくない」と乗車拒否されてしまいました。


やっとタクシーに乗り込む[車(セダン)]ことが出来たのが、20分後。乗ったタクシーも、渋滞で、行きは30分かかった距離が50分もかかってしまいました。料金は38元(約650円)。


ホテルに戻ったのが、15時10分。雨でやることもないので、テレビ[TV]を観て過ごしました。


午後6時になり、お腹がすいてきたので外に出ます。気温が低いので、火鍋料理を食べて温まろうと思いました。


前日と前々日の散策で、ホテル前の「徳化歩行商業街」には、火鍋料理屋が何軒もあるのを確認しています。


その中の一軒、「天成銀楼」3F、4Fにある「鍋大侠火鍋」に入店したのが、18:15。

DSC_0129.JPG


決め手は、外で配っていた“啤酒买1送1(ビール1本買うと1本無料進呈)”と書かれたチラシです。

CCF20160525_000001.jpg


チラシを見ると、この「鍋大侠火鍋」と言う火鍋のチェーン店、河南省で鄭州市に7店舗、洛陽市に2店舗、信陽市に2店舗、南陽市に1店舗、計12店舗もあるのですね。


店内は、昨晩行った「彼酷哩烤全鱼」と同じく若い人が多いです。「徳化歩行商業街」は、鄭州の“渋谷センター街”なのでしょうか。

DSC_0125.JPG


4元(約80円)のビールを一本注文すると、チラシ通りに“金星啤酒新一代”が二本運ばれて来ました。80円で大瓶二本が飲めるのですから、酒飲みには夢の様な値段です。

DSC_0126.JPG


サラダバーがあり、30種類の野菜や果物が免费(無料)なのですが、隊長には羊肉、エビ、豆腐、エノキなどの火鍋とビールだけで充分です。

DSC_0127.JPG


たらふく飲んで食べて、体の芯から温まり、お会計は76.5元(約1,300円)と超リーズナブルな価格でした。


食後は、雨が降っていたので、「徳化歩行商業街」の地下を走る「新徳化街」をほろ酔い気分で散策します。


土曜日の夜、鄭州の“渋谷センター街地下”は、多くの若者で賑わっていました。

DSC_0131.JPG


ホテルに戻ったのが21:00。こうして、鄭州4日目が終わりました。

☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その7)で☆

 

* 料金の情報、人民元の円換算レート(1元≒17円)は2016年5月現在のものです *


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その5) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』(その4)⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a28a363326e36ef29c963f9cb0c146e

【3日目:5月14日(土)】一日中雨。水族館で時間を過ごしました。


鄭州3日目は、朝から雨[雨]が降っています。気温も14~18℃の予報です。


28Fの回転レストランで、ゆっくりと朝食を取りながら、雨の中どこへ行こうかと考えます。


ホテルの近くにシネコン[映画]が2軒あるのですが、上映している洋画は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、中国映画も面白そうなのがないので、映画はやめました。


そこで、室内で時間を過ごせるところとして水族館が思い浮かびました。ネットで検索して、「鄭州海洋館」があることを確認。


中国では、これまでに山東省蓬莱市の「蓬莱市海洋館」、上海市の「上海海洋水族館」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b74d9acf086f8aab5bd334463826c6d1 、河南省洛陽市の「洛陽龍門海洋館」⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/85ba83907f02328d772e43778335757a を訪れたことのある“中国水族館事情通”の隊長としては、行かない訳にはいきません。


10:00にホテル裏の道路でタクシーを掴まえます。鄭州のタクシー初乗り運賃は、8元(約135円)。 中国地方都市のタクシー代は、まだまだ安いですね。


朝のラッシュ後だったのか、市内から郊外に向かう為か渋滞には巻き込まれずに[車(セダン)]、約30分で「鄭州海洋館」に到着。料金は、34元(約580円)。


タクシーを降りると、雨の中、土産物売りの叔母ちゃん達が、しつこく纏わり付いて来ます。


入場料は、130元(約2,210円)とやや高めです。

CCF20160525_00000.jpg


3階建ての海洋館の中に入ると、“拥抱海洋(海と戯れて)”と書かれたアニメ風の看板がお出迎えです。でもどこかで見たようなアニメキャラですね。

DSC_0087.JPG


最初のコーナーは、“淡水生物館”です。さすが、淡水魚の種類の多い中国、見たことがない魚が、あちらこちらの水槽で泳いでいます。

DSC_0122.JPG


11:10から「海洋劇場」で表演(ショー)があるとのアナウンスが流れました。水槽前は、既に多くの家族連れで立錐の余地もないほどです。今日が土曜日で、しかも雨。皆さん、考えることは一緒ですね。

DSC_0097.JPG


水槽の中では、人魚達が魚達と一緒にを華麗に泳ぎまわります。洛陽で観た表演では、酸素マスクを被っていましたが、ここでは素潜りで、泳ぎもまるで舞っているかの様に綺麗です。




 

ショーが終わると、11:30でした。込む前にお昼を食べようと、早めに食堂に向かいます。

DSC_0105.JPG

☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その6)で☆


* 料金の情報、人民元の円換算レート(1元≒17円)は2016年5月現在のものです *


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

演劇 29幕『林家たい平独演会』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第29回は、『林家たい平独演会』をお送りします。

CCF20160520_00000.jpg


5月20日(金)の夜は、『文京シビック寄席 林家たい平独演会』を聴きに行きました。


『笑点』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bd3d6a5d708e3cf840c6b67811b7296 の大喜利メンバーでもお馴染みの林家たい平さんは、現在病気リハビリ中の林家こん平さんの弟子で、2000年に真打に昇進しました。


会場は、「文京シビックセンター」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/08c4444122679eb71808ad22214e0098 内の「文京シビックホール 小ホール」。


同小ホールを訪れるのは、昨年10月の講座『河鍋暁斎とその弟子コンドル』 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/38914b78753b42d2f63a18935f26bcd7 受講以来です。


18:30の開場と同時に、多くの人が訪れ、午後7時の開演前には、371席あるホールは満席です。さすが、たい平さんの人気の高さを現していますね。


最初に口座に上がったのは、林家木久扇さんの弟子の林家木りんさん。身長192cmと落語界一長身のなので、背が高い「キリン」と、中国で縁起がいいとされる「麒麟」から「林家木りん」と付けられたそうです。“イケメン落語家”としても知られています。


演目は、“金明竹(きんめいちく)”。骨董屋を舞台とした滑稽噺ですが、今回は、骨董屋の小僧とおかみさんが、上方者の早口言葉に振り回される後半部を演じてくれました。


最後の“オチ”は、お決まりの「カワズ(買わず=蛙)飛び込む」と、噺を締めてくれました。


二席目に、たい平さんの登場です。場内は、より大きな拍手で盛り上がります。


“マクラ”は、お約束の「笑点」の話題です。特に、5月22日の生放送で歌丸師匠が番組を引退し、後任司会者が誰になるのか注目されている頃だったので、その裏話に会場は笑いに包まれます。


ご本人も当日は地方公演があって、生放送に間に合わないのではとネットで話題になっている事に触れ、「テレビ番組“ザ・ベストテン”を観て育った世代ですよ。名古屋駅の新幹線ホームで一番を歌い、東京駅到着後に二番を歌った歌手もいました。僕もいざとなったら新幹線の中から放送に参加しますよ」と言っていました。


当日の「笑点」生放送を観ましたが、確かにたい平さんは、歌丸さん最後の大喜利に、ギリギリ間に合いましたね。


演目は、小田原宿の宿屋に無銭宿泊をした浪人風の男が実は、高明な絵描きの息子だったという“抜け雀”を披露してくれました。


さすがたい平さん、人の良い宿屋の主人と、無銭飲食者のやり取りをおかしく演じてくれました。


最後は、この世の中で一番偉いのは、「駕籠かき=(鳥)籠書き」と、締めてくれました。


仲入り(休憩)後は、たい平さんのお弟子さん、林家あずみさんの三味線漫談です。着物姿も艶っぽいあずみさん、三味線の音色も綺麗に聴こえます。


この日の“トリ”四席目は、たい平さんの「猫の災難」です。長屋の酒好きながら一文無しの住人のお噺。酔っ払いの意地汚さをここまでかと思うほど大袈裟に、たい平さんが演じて、大爆笑です。


最後の“オチ”は、猫が身を食べた鯛にちなんで「身も蓋もない」と締めました。


お腹を抱えて大笑いした、金曜日の夜でした。

尚、「隊長のブログ」では、これまでに落語家の話題は;

立川談志、立川志の輔⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86db66a1b7ab6dbc3401ac4b0bd19196

立川談志、立川志の輔、立川談春、など⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6254201372e1d84cb2d78de3d2f1cb3c

三遊亭円楽、立川ぜん馬、三遊亭楽天、など⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/508e92c0758534cb601556624b87fe49

桂歌丸、林家木久扇、三遊亭円楽、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、春風亭昇太、林家たい平⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bd3d6a5d708e3cf840c6b67811b7296

三遊亭楽天、三遊亭らっ好⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f

を取り上げています。
 


===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8

1~15幕 省略

16幕 2014/12/18『お笑い浅草21世紀「文七元結」』浅草木馬亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05fc3265024be69f60fc3ec0f595ce72

17幕 2014/12/27『文京区民能楽鑑賞会』宝生能楽堂 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cdadba053155ab224aba755c153bd258

18幕 2015/1/11 『CHRIST~クライスト~』六行会ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/19a81d92472ea2ced1c9d30e4443ad41

19幕 2015/2/15 『石見神楽公演』文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbb889a9e30ad8f00ecdb9547e68723b

20幕 2015/5/9  『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.3』築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5662d24ac50848ddb3cb219a9bd6f433

21幕 2015/5/15 『お笑い浅草21世紀「微笑み5倍返し」』浅草木馬亭  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2f58fe0931a1029253a1addf9daae83

22幕 2015/8/12 『ミュージカル「南太平洋」』天王洲銀河劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/19e2f726c008d4efe733ab80c36d8890

23幕 2015/9/5  『しあわせのタネまき祭』座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91589810470e69dbb589fc282299ecb3

24幕 2015/9/10 『ミュージカル「ピピン」』東急シアターオーブ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ba4070ae65dfea0f9a3bf29f0b56bcb

25幕 2015/10/29『三遊亭楽天 二ツ目昇進披露興行』深川江戸資料館小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/508e92c0758534cb601556624b87fe49

26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418

27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6

28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その4) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』(その3)⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61cd846cb67a29674cfbf1aaf3ca6437


宿泊先「粤海酒店(Guang Dong Hotel」裏手の「潮味園」と言うレストランで、正午から午後1時まで、ゆっくりと昼食を取りホテル[ホテル]に戻ります。


美味しい中華料理を腹一杯食べたので、眠くなり昼寝をしてしまいました。


一休みして、向かったのは「鄭州火車站(Zhengzhou Train Station)」。目的は、帰国日の「鄭州火車站」から「新鄭機場站」までの切符を買うためです。


鄭州到着時、「新鄭機場站」から乗ろうと思った「新鄭機場城際鉄路(空港高速鉄道)[新幹線]」に乗れなかったので、帰りは同鉄道に乗るつもりでした。


日本でネットで調べたら、鄭州 5:55発 新鄭機場 6:23着のCZ2851、と鄭州 6:58発 新鄭機場 7:25着のCZ2961の二本の列車が早朝の時間帯にありました。行きにタクシーで2時間かかった空港と市内間が、僅か30分弱です。


飛行機の出発が8:25なので、CZ2961ではリスクがあるので、CZ2851の切符を買おうと駅に向かいました。


ホテルを出て、「徳化歩行商業街」を南に100mほど進むと、「大同路」にぶつかります。


この角にあるのが「大同靴業商厦(靴専業商業ビル)」です。3年半前の2012年11月に鄭州に来た時は、丁度、尖閣諸島問題で中国の反日感情が高まっていた時期です。

DSC_0052.JPG


このビルの壁面にも“釣魚島是中国的!(尖閣諸島は中国のもの)” のスローガンが掲げられていました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d779aa38a1ac521946ecb5748c25ce3f


今では、そんなスローガンもなく、「徳化歩行商業街」には、その頃はなかった地下の「徳化新街」へ通じる入り口も出来ています。


「大同路」を西に進み、ホテルから7~8分程で、「鄭州火車站」に到着。駅の外観は、3年半前と変わっていませんでした。

DSC_0053.JPG


“售票处(切符売り場)”のどの窓口にも長蛇の列です。

DSC_0055.JPG


30分程並んで番が来ましたが、「CZ2851もCZ2961も、15日までの切符はあるが、16日以降は無い」と言われ、理由を聞いても教えてくれませんでした。


帰りもまた、タクシーしかないかと思い直し、駅を後にして駅前を走る「一馬路」を南に向かい、前回宿泊したビジネスホテルの方に向かいます。


道路から一本奥にあるホテルが入っていたビルの外観は確認出来たのですが、前回、別のホテルの客引きの男に追いかかられて怖い思いをした⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/434ea2adbdc474c47f6c03c8266fdf6c ので、ホテルには近づけませんでした。


気を取り直して、道路反対側の「銀基広場(Yinji Plaza)」に向かいます。ここには、前回も来たのですが、商業ビル全体に小さな洋服卸業者の店が無数にあります。

DSC_0056.JPG


前回は午前中だったので、地方から買い出しに来た洋服屋で、歩くスペースもないくらいに混雑していたのですが、この日は夕方に訪れたので、そろそろ店じまいするテナントもありました。


「銀基広場」の裏手には、前回は無かった「大観国貿」と書かれた真っ白なユニークな外観の商業ビルが、完成間近かです。

DSC_0058.JPG


日が落ち薄暗くなって来た「銭糖商業街」をホテルの方に戻ります。前回来た時は、道幅が狭く、その狭い道の両側に洋服の露天商が店を出していて、人通りも多く、歩くのもやっとの状態でした。


混雑するこの通りは、当時は「スリが多いので注意する様に」とネットで書かれていたので、財布の入ったショルダーバッグを胸の前に抱えて通ったものでした。


それが、今では広い通りになり、両側には再開発中のビルもあります。こうして綺麗な街に生まれ変わって行くのでしょうが、何故か昔の猥雑とした街も、それなりに良かったと思います。


通りの左手には、1923年の二七ストを記念した「二七記念堂」も建設されていました。

DSC_0059.JPG


そろそろお腹が空いて来ました。昨晩“香辣牛肉面”を食べた「南粉北面徳化店」の向かい側に「漁跃時尚烤魚」と言う店が有ったのを思い出しました。


ホテルを通り過ぎ、古い商業ビル3Fにある同店に着いたのが、19時でした。

DSC_0063.JPG


“烤魚”をそのまま訳すと「焼き魚」ですが、日本の「焼き魚」とは違うイメージです。去年の6月に洛陽で「彼酷哩烤全鱼」と言う店に入り、美味しかったので、また食べたくなりました。


店内は、アベックやグループなど若者が多かったです。

DSC_0067.JPG


店のシステムは、


1)魚の種類を選ぶ:メニューには“清江魚(湖北州の清江と言う川で採れる魚)”と、“草魚”が載っています。“清江魚”を選択。お値段は1斤(約500g)で、39.8元。一匹が3.1斤あったので、123.38元(約2,100円)。

DSC_0062.JPG


2)味付けを選ぶ:辛いものが苦手なの、“鶏汁菌菇(キノコと鶏スープ味)”を選びました。


3)付け合せを選ぶ:“豆腐”6元、“白菜”6元、“油炸腐竹(油揚げ)”8元を注文。


4)たれを選ぶ:“芝麻酱(ゴマダレ)”3元(約50円)を選びました。


5)主食を選ぶ:米飯 2元(約34円)を注文。


下ごしらえをした魚が運ばれ、電熱器の上に置かれます。

 DSC_0066.JPG

熱が全体に行きわたるまで、地元鄭州産の“金星純生啤酒(ビール)”8元(約135円)で喉を潤します。

DSC_0064.JPG


約15分で、電熱器から湯気が上がり、良い香りもします。味付けは濃いめですが、美味しくて、箸が進みます。難点は、電熱器の熱さで、汗だくになることです。


大満足で、店を出ます。お代は、全部で170元(約2,900円)でした。


ホテルに戻ったのが、21:00。部屋でテレビを見ながら鄭州2日目の夜を過ごしました。

☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その5)で☆



* 料金の情報、人民元の円換算レート(1元≒17円)は2016年5月現在のものです *


nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その3) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』(その2)⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a7e8f02d10a55a455be20933b7ea332e

【2日目:5月13日(金)】曇り[曇り]。鄭州市内散策。


鄭州2日目の朝は、午前7時(日本時間:同8時)に起床。


宿泊先の「粤海酒店(英文名:Guang Dong Hotel)」19Fの浴室から外を眺めると、昨晩はブラインドを降ろして、気がつかなかったのですが、ホテル[ホテル]真横を通る「徳化歩行商業街」の様子がよく見えます。

DSC_0032.JPG


この五つ星ホテルの宿泊料は、朝食付き税・サービス料込で、1泊488元(約8,300円)。寝室は広く快適なのですが、浴室にはバスタブが無くシャワーのみ、アメニティも普通です。


8:00にホテル最上階28Fにある“西餐庁(洋食レストラン)”に向かいます。朝食時バイキングスタイルになるレストランは、賑わっていますが、中国人ばかりです。

DSC_0024.JPG


“西餐庁[レストラン]”と称しているのに、箸だけで、ホークはなく、ナイフもバターナイフのみで、料理も洋食はほとんどありません。

DSC_0025.JPG


唯一の救いは、“雀巣(ネスレ)”のコーヒー[喫茶店]が美味しくて、何杯もお代わりしたくらいです。


食事をしていると、床がガタンと揺れます。最初は、地震かと思いましたが、回りの中国人たちは平然としています。


外の景色が、先ほどと違っていて、「回転展望レストラン」であることに気が付きました。


食事後、部屋で小休止して、9:30に外に出かけました。手持ちの人民元が少ないので、先ずは両替をしようと、銀行を探します。


朝の「徳化歩行商業街」、何軒かのファストファッションのお店は開いているのですが、人通りも少なく、銀行は見つかりません。


「二七広場」先の歩道橋を上がると、目の前に、街のランドマーク「二七塔」、その左手先には、オレンジ色の「粤海酒店」も見えます。

DSC_0038.JPG


目を転じて、「解放路」方面を見ると、「中国工商銀行」の看板を見つけました。早速向かいましたが、日本円から人民元への両替を出来ないと言われてしまいました。


近所の他の銀行の所在地を聞いても分からないとの事なので、ホテルに戻って聞くことにしました。


帰りは、「徳化歩行商業街」の地下を走る「徳化新街」を歩こうと、地下鉄の入口から降ります。

DSC_0039.JPG


地下の商店街も、平日の朝10時半は、まだ人はまばらです。

DSC_0046.JPG


ホテルのコンシェルジェに聞くと、「交通銀行」で両替出来ると言われ、ホテルの外まで出て、道順を教えてくれました。


銀行への途中の道には、八百屋や果物屋があり、軒先には新鮮な野菜や果物を所せましと並べています。

DSC_0047.JPG


「交通銀行鄭州西大街支行(支店)」に到着したのが、11:10。同行は改築中で、仮営業中の2Fに上がり、番号札を取ります。


開いている個人顧客窓口は、三つだけで、時間がかかりそうです。順番が来て、両替が終わったのが、11:50。レートは、1人民元が約17円でした。


ホテルに戻る途中、「粤海酒店」の裏手に「潮味園」の看板を発見。同ホテルの経営なので、味に間違いないと思い、12:00に入店。

DSC_0051.JPG


頂いたのは、“花生猪手煲(豚足のピーナツ煮込み)”42元(約710円)、“蚝油生菜レタスのオイスターソース炒め”18元(約300円)”と“米飯” 2元(約34円)。

DSC_0048.JPG

DSC_0049.JPG


値段は、街中の店と比べ若干高めですが、料理は美味しかったです。

☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その4)で☆



* 料金の情報、人民元の円換算レート(1元≒17円)は2016年5月現在のものです *


nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

本と雑誌 17冊『小泉武夫監修 日本酒百味百題』 [本と雑誌]

隊長が読んだ「本と雑誌[本]」を紹介するシリーズの第17回は、『小泉武夫監修 日本酒百味百題』をお送りします。

513171F5TSL.jpg


3月に『東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e539412b2672ecbb8e1f39826dd3ea11 と題するフォーラムを聴講しに行った時、東京農大名誉教授の小泉武夫さんの話しが面白く、彼の著書を読んでみたい思いました。


先生の著書は多いのですが、興味を持ったのが、監修を務めたこの『日本酒百味百題』です。


日本酒は、米、米麹、水を原料とした醸造酒で、我が国古来の酒であるにも関わらず、日常的に日本酒を飲んでいる人でも、また日本酒を扱っている飲食店や酒販店に従事している人でさえも、意外と日本酒について知らないことが多い。


この本は、そんな人達を対象に、日本酒に関する知識について歴史・文化、原料・製造技術、種類・味覚などの分野から100 の項目を選び出し、1項目につき見開き2頁のQ&A形式で、簡潔にわかりやすく解説してあります。


読んでいて、面白く、為になった項目は;


「造り酒屋の軒先に杉玉を吊るすのはなぜか」。造り酒屋の目印として知られている「杉玉」は、「酒林(さかばやし)」とも呼ばれ、杉の葉を束ねて球形にまとめたものです。その起源を説明してくれています。


「お銚子と徳利の違い」。銚子とは、本来は柄が長く蓋の付いた、酒を盃に注ぐために用いる酒器のひとつで、宮廷などで使われていました。徳利もまた酒を注ぐための酒器ですが、陶磁器の容器で銚子とは全く別の物です。それが、いつの頃から混同して呼ばれるようになったそうです。


この本を読んで、手軽に日本酒の知識を得ることが出来、酒を飲むのが、さらに楽しくなりました。


尚、『日本酒百味百題』の発行は、株式会社 柴田書店。価格は1,500円(税抜)です。

===「本と雑誌」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0

1~5冊  省略

6冊  2014/3/6  『玉露園のこんぶ茶アイデアレシピ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9159c5e76b3dd3cb64da7019499ee3d6

7冊  2014/11/15『日本のビール 面白ヒストリー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9ef4596467913d15de6e62afa954110

8冊  2015/3/5  『オレとО・N』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1e7ca0c0fdffac35a646534430a0abc4

9冊  2015/6/19 『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed3edee244cf65f41b5071bdc4bae8ea

10冊 2015/9/2  『島耕作の中国ビジネス最前線』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df82c2084a6ea9760a0a9c93eada5f1

11冊 2015/11/18『佐藤優著「知」の読書術』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9179ebc54e023ce1b5e4efd611f764bb

12冊 2015/12/9 『蝶野正洋著 プロレスに復活はあるのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abe691bc3a689e9c47e5efeda9014204

13冊 2015/12/21『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36dd3aaf4ea07815f7db88ae141ab7aa

14冊 2016/2/21 『世界がもし100人の村だったら』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc9866eaa55ea4162977a71eb3b5b71

15冊 2016/3/14 『自分がわかる!相手がわかる!使える!心理学』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b31c00738f2ba9342a9dc715601d26e

16冊 2016/4/28 『絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29973ce102c830e434a3d5254a8a234c


nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その2) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』(その1)⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b2c19ace1fa5a4aa572f356ce69c67eb


隊長が乗った中国南方航空CZ8384便は、順調に飛行を続け[飛行機]、定刻より10分早い17:20に「鄭州新鄭国際空港」に到着しました。


機内アナウンスでは、天候は曇り、気温は24℃とのことですが、体感温度はもう少し低い気がします。


河南省鄭州市内の南東約35kmにある同空港は、全長3,400メートル、幅60メートルの滑走路2本を有する国際空港です。鄭州東郊空港が手狭となったため、代替空港として建設されました。中国南方航空が、同空港をハブ空港として使用しています。


国際線ターミナルビルは最近、改修拡張され、ボーディング・ブリッジ(搭乗橋)で、飛行機からスムーズに降りることが出来ました。入国審査場も搭乗口から近くて便利です。


真新しくきれいな入国審査場、係員のいるボックスの前に、自動改札機のような無人ゲートがあり、緑のランプが点灯してからゲートを通過するように促されます。これって、何ですか? セキュリティチェック?


この時間帯に到着した国際線は、我々の便のみなので、入国審査もスムーズに通過することが出来て、飛行機から降りてから10分で、手荷物受取所に到着しました。


ところが、預けたキャリーバッグがなかなかターンテーブルに流れて来なくて、手にしたのが20分後の17:50。税関検査は、X線手荷物検査機を通すだけで、スムーズでした。


ネットで予約したホテルは、鄭州駅からも近い「二七区徳化街」にある「粤海酒店(英文名:Guang Dong Hotel)」。ここは、2012年11月に鄭州に滞在した際に夕食を取り⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/d/20121226、味とサービスに満足して、次回鄭州に行ったら泊まろうと決めていました。


空港からの移動手段は、以前はバス[バス]かタクシーでしたが、昨年12月に「新鄭機場城際鉄路」と言う飛行場と市内を結ぶ高速鉄道が開通した[新幹線]とネットで見ました。


事前に調べると、「新鄭機場駅」19:25発 「鄭州東駅」19:44着のCZ2808号があり、「鄭州東駅」からは、これも開通して間もない「地下鉄1号線」に乗り換え、「二七広場駅」で下車し徒歩約10分でホテルに到着出来ることがわかりました。


タクシー[車(セダン)]はメーターを倒せば、約80元(1,360円)で行けるのですが、メーターを倒さずに倍近い150元を請求されたとのネット情報もあり、高速鉄道と地下鉄で移動しようと思っていました。


ターミナルビルを「新鄭機場駅」方面に移動していると、叔母ちゃんが「どこへ行くのか? 車に乗っていかないか」と声を掛けてきます。


一目で、“黄牛車(白タク)”の客引きとわかり、最初は無視していたのですが、あまりにもしつこいので、中国語で「私は外国人です。中国語はわかりません」と答えてしまいました。


“しまった!”。叔母ちゃんは、さらにしつこく誘ってきます。現在、18時。


列車の出発まで、まだ1時間半近くあります。その間、つきまとわれるのも煩わしいので、行く先を告げ、「幾ら?」と聞くと、120元とのこと。「100元(約1,700円)なら乗る」と答え、商談成立。


叔母ちゃんは、隊長をターミナルビル地下の駐車場に案内します。歩きながら「どんな車か?」と聞くと「出租車(タクシー)」と言います。「嘘つけ!白タクだろ」と心の中で答え、「乗客は一人か?」と尋ねると、叔母ちゃんは、「私の妹と一緒だ」と言います。


駐車場に、停まっている一台のワンボックスカーに近づくと、運転席から男が降りてきます。叔母ちゃんは、客引きで、この男が運転手という役割分担なのですね。


後部座席には、すでに女性が一人座っていましたが、どう見ても叔母ちゃんの妹ではありませんね。席に座り、安全ベルトを探しますが、切り取られてありません!


車は、二人を乗せ、18:10に空港を出発[車(RV)]し、直ぐに片側5車線の広い一般道を走ります。昨年6月に洛陽市を訪れた時にも目にしたのですが、中国の地方都市郊外の道路整備は急速に進んでいますね。


約50分ほど走り、前方に市内の高層ビルが見え始めた頃、運転手が並走しているタクシーに窓から声をかけ、路肩に止まらせます。


白タクの運転手が降り、タクシーの運転手に大声で話しています。最初は、喧嘩でも始めたと思いましたが、どうも様子が変です。


運転手が車に戻り、「降りろ!」と言います。何故かと聞き返すと、「タクシーに乗り換えろ。下車時にタクシーの運ちゃんに100元払え」と言います。


同乗の女性も素直に乗り換え始めたので、隊長も従うことにしました。白タクの運転手は、タクシーの運転手から何十元かを受け取り、空港の方に戻って行きました。


なるほど、混雑している市内には乗り入れずに、こうして効率よく稼いでいるのですね。


市内に入ると、道幅も狭くなり、やがてノロノロ運転になり、夕方の渋滞にはまってしまいます。


鄭州駅近くのホテル[ホテル]で、同乗女性を降ろし、運転手が隊長の行き先を再度尋ねます。「粤海酒店(Yue Hai Jiu Dian)」と答えても「知らない」と言います。


前回食事をして、代替の土地勘があるので、「近くの二七広場まで行け」と命じます。鄭州駅前から、直ぐに「二七広場」に到着。ライトアップされたホテルが前方に見えます。

DSC_0020.JPG


ところが、ホテルまで通じる「徳化歩行商業街」はその名の通り、歩行者専用で、車の乗り入れが出来ません。運ちゃんに約束の100元を渡し、キャリーバッグを引いて、ホテルに向かいました。

DSC_0021.JPG


チェックインしたのは、20:10。空港から2時間もかかってしまいました。これでは、1時間半空港で待ってから、当初の高速鉄道と地下鉄に乗っても時間的に大差はなかったです。悔し~い!


部屋で一息入れてから、夜食を取りに出かけます。この日は家での朝食と、機内食しか取っていないのですが、あまりお腹がすいていません。そこで、軽食を取ろうと思います。


「徳化歩行商業街」や、その裏通りを探したのですが、なかなか良い店が見つかりません。


やっと、商業ビルの3Fにある「南粉北面徳化店」と言う店を見つけて、入ったのが21:10。

DSC_0019.JPG


“崂山啤酒(ビール)”5元(約85円) で喉を潤し、頂いたのが“香辣牛肉面”18元(約305円)。やっと一息つけました。

DSC_0013.JPG

DSC_0015.JPG


店を出ると、綺麗にライトアップされた「二七塔」が目に入りました。改めて鄭州に来たのだと実感が沸いて来ました。

DSC_0012.JPG


ホテルに戻ったのが、午後10時(日本時間同11時)。こうして、鄭州旅遊一日目が終了しました。


☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その3)で☆


* 料金の情報、人民元の円換算レート(1元≒17円)は2016年5月現在のものです *


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上海城市新聞 Vol.26『初夏の鄭州旅遊』 (その1) [上海城市新聞]

上海城市新聞 Vol.26        『初夏の鄭州(ていしゅう)旅遊』    2016年5月19日

SHANGHAI CITY NEWS Vol.26    “Early Summer Travel to Zhengzhou”  2016/5/19

✩中国語で城市はCity,新聞はNewsの意味(日本語の新聞は中国語では报紙と書きます)✩

✩従って城市新聞はCITY NEWSの意味です✩

china-map-small.jpg


5月12日(木)から5月17日(火)まで、中国鄭州(上の地図の赤矢印の場所)に、5泊6日の旅に出かけてきました。


鄭州市(英文表記:Zhengzhou City)は、人口約950万人の河南省の省都(日本の県庁所在地に相当)です。


また、黄河中流に位置する鄭州は、殷の時代から交通の枢軸(すうじく)となっています。


前にも書きましたが、成田・羽田から直行便が就航している中国の都市には全て行ったことがあります。


直行便が就航している中国の都市は、2015年7月までは、北から瀋陽、北京、大連、青島⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/85e404396b914d97b1cb674bfdb9397d 、上海⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8f0655543d140db1c97c6d26911e271 、杭州、成都⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9625dee8a0cdb36604d8ab78feca7580 、武漢⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/57e90337684983234433748efc37de73 、アモイ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad5a802a5c34a77cefe12cb702bd6e1e 、広州、香港の11都市で、この全ての都市に行っています。


これまで直行便の無かった鄭州に、2015年8月25日から中国南方航空(以下:CZ)が就航したと知り、レコードホルダーとしてはぜひ搭乗しなければと思っていました。


それと、2012年11月に、鄭州に飛行機でなく、列車で行ったことがあるのですが、その時は2泊3日と短期間だったので、今回はゆっくりと市内を見て回りたいと思いました。


また、中国の二大河川の一つ「長江(揚子江)」には、中流の街「武漢」と、下流の「崇明島(CHONG MING DAO)」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a1a17982d088842e519d021ead8fbcb4 を訪れたことがあるのですが、もう一つの大河「黄河」に行ったことがなかったので、今回はぜひ「黄河」を見たいと思いました。


以上の三つが、今回の旅を思い立った理由です。


【1日目:5月12日(木)】成田から鄭州へ移動。東京は晴れ、鄭州は曇り。


この日のフライトは、成田空港発14:20 新鄭国際空港着17:30(飛行時間4時間10分)のCZ8384便で、東京駅発11:03 成田空港駅着11:57の成田エクスプレス(以下:NEX)19号を予約していました。


ところが、朝8時頃にJR川崎駅付近で発生した停電の影響で、関係各線で運転見合わせやダイヤの乱れが発生しているとのニュースが飛び込んで来ました。


それでも、そんなには心配していなくて、予定通りの10時40分頃に東京駅に着きました。


駅員さんに確認したところ、NEX19号は本来、東京駅で池袋始発の6両と大船始発の6両を連結して12両で運行しているのですが、池袋からの6両は運行打ち切り、大船からの6両は約30分遅れで運行していると説明を受けました。


“快速エアポート成田”にも大幅な遅れが出ていて、東京駅地下ホームには、大きなスーツケースを持った外国人を含む渡航者が不安げな表情で立ち尽くしています。


一瞬、2005年7月23日に発生した千葉県北西部地震の影響で、飛行機に乗り遅れたことを思い出しました。


当時は、上海に駐在していた頃で、一時帰国後上海に戻ろうとして、NEXの車内で地震に遭遇しました。乗っていた当時のNEX33号は、途中駅の「酒々井(しすい)」で運行打ち切り。


「酒々井」から空港まで、JRが代替バスを手配してくれたのですが、空港に到着した頃には、搭乗するはずだった飛行機はとっくに離陸していました。


そんな不安な気持ちがよぎりましたが、11時半頃には6両のNEX19号が入線して来ました。


予定より約30分遅れで東京駅を出発しましたが、列車編成が半分になったことや“快速エアポート成田”も遅れていることなどで、車内は満席です。


東京駅出発後は順調に運行し、予定より約30分遅れの12時半頃に終点の「成田空港駅」に無事到着しました。


第1ターミナル北ウィングのCZチェックインカウンター前は、閑散としていたので、機内はガラガラかと思いきや、係員に聞くとほぼ満席で、希望した窓側の席は取れませんでした。

DSC_0003.JPG


搭乗口に行くと、多くの中国人団体観光客が搭乗を待っていました。


CZの成田-鄭州線は、毎日の運行ではなく、火・木・土曜日の週3往復なのも混んでいる理由かも知れませんね。


運航機材はボーイング737-800。ネットで購入した航空券代は、税・燃油サーチャージ等込みで往復36,090円と格安です。

DSC_0007.JPG


上海に住んでいる頃には、CZの中国国内線には何度か搭乗したことが有ったのですが、国際線は初めてです。青色を基調した機内は明るい感じがします。

DSC_0008.JPG


定刻の14:20にCZ8384便は、成田を出発しました。ビジネスクラス8席、エコノミークラス152席の合計160席の機内は中国人団体客でほぼ満席です。


日本人乗客は、隊長を含めて3人。お聞きしたところ、二人は出張で、鄭州に観光に行くのは隊長だけでした。


座席には液晶モニターが付いていません。イヤホンの配布もありません。機内エンターテインメントは、前方スクリーンに映し出される映画だけです。


流れていた映画は、何故か、二宮和也と吉永小百合が親子役を演じて話題となった日本映画の「母と暮せば」でした。


イヤホンの配布が無いので、持参したスマホ用のイヤホンで聴いていました。


この日の機内食は、牛肉面(牛肉の焼きそば)か鶏ご飯の選択。隊長が選択したのは鶏。食事のお供は、北京が地元の燕京啤酒(Yanjing Beer)。

DSC_0010.JPG


鶏そぼろご飯は、美味しかったのですが、お蕎麦の味はイマイチでした。食後の飲み物を聞かれたので、コーヒーを頼みましたが、「没有(ありません)」と言われてしまいました。

☆続きは、上海城市新聞 Vol.26 『初夏の鄭州旅遊』 (その2)で☆

 ===「上海城市新聞」 バックナンバー 一覧 ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e4fee696c4bcd0d9e4bfd0b78bb8ea42

Vol.1~10 省略

Vol.11 2007/2/1  『昆明旅遊』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/efed40473c03ab3f0936dfd989ef244a

Vol.12 2007/6/20 『子弾頭列車・磁浮列車』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f3812e206903514352e3f4cece2113bf

Vol.13 2007/8/8  『青島・威海・煙台旅遊』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/85e404396b914d97b1cb674bfdb9397d

Vol.14 2007/11/12『上海影視楽園』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e53b350ddab12141df4758ecc6bb638
 
Vol.15 2008/8/6  『奥林会と四川大地震』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d8094adce5cbd4ebda93987b46f4b8b7

Vol.16 2009/1/4  『攀登上海』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9d168e86bfb09830bc32d66a168b2d2c

Vol.17 2009/5/5  『厦門・鼓浪嶼旅遊』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad5a802a5c34a77cefe12cb702bd6e1e

Vol.18 2010/9/1  『上海世博会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f93ebc0ec12d3a90acc100e9d013a0d
 
Vol.19 2011/12/1 『武漢・信陽旅遊』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/57e90337684983234433748efc37de73

Vol.20 2012/6/1  『中国へ治療に行きました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/494c5aa33cff3b87de1e1994b099a968

Vol.21 2012/11/19『寝台列車初体験』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f81e886f460a4eb38298bed2ba236c38

Vol.22 2013/4/29 『天の果て、海の果て』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/30906426189153853d807490f3961a15

Vol.23 2013/11/13『10年後の上海』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8f0655543d140db1c97c6d26911e271

Vol.24 2014/10/16『3年ぶりの武漢旅行はトラブル続出』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/58c6e5d6aaa6a7309857c2a23fa7a904

番外編 2015/3/30 『盧浦大橋』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/43455ea9608d983267f4495045057f1c

Vol.25 2015/6/13 『洛陽・龍門石窟』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ebde5440894a39cdeb10d30af1bda71

番外編 2015/8/10 『今は無き ROJAM DISCO』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e47f2f7d077cab1bef1fb0dcc7c5d4d3


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブログ その115『無事帰国しました』 [ブログ]

5泊6日の中国河南省鄭州市への旅行から無事帰国しました。


成田-鄭州間は直行便[飛行機]だったのですが、往復とも中国人ツアー客でほぼ満席でした。“爆買い”の勢いはまだ衰えていないのですね。


旅行記は、写真を整理してからアップします。


===「ブログ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/537663d2f182cab36960f0c42b1320ca

その1~100  省略

その101 2015/8/12  『戦後の古い紙幣』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34c6d6e617e44cf008cd80d57172bac6

その102 2015/8/23  『国際運転免許証』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e021d1968b6db23db3cad521cd07b4e9

番外編  2015/9/2   『祝記事数1,100達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3e46a64fb80f9e8231de0a75936fe931

その103 2015/9/27  『クレジットカード不正使用』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63fe5acf482f09d6b80ef8d8e6556029

その104 2015/10/19 『パンダでもお宝にならなかった』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d648ad6c3e04aa67dd2b02fbbb2b6f2

その105 2015/11/7  『米プレイボーイ誌 脱ヌード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/92350fdac06ea3ccf4284c1f40c06a26

その106 2015/12/2  『happy plugs のイヤフォン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74687be9a85b8a974243ea3c308f7f7f

その107 2015/12/31 『2015年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4df0a62d63a3553a1d678de7e0ba636b

その108 2016/1/5   『2016年の目標も勝率6割3分です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6c0285c6834a1ee08762758ceab9e6c0

その109 2016/2/17  『替刃は機内持ち込み禁止品!?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/738e181d2b30d2910807c789613db92f

その110 2016/4/2   『ラストスピーチ-退職の挨拶』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f6ae882ed1121aa945545d0e0ec2433

その111 2016/4/16  『クロスのボールペン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dee7e8c56d6ab4ec7b4eb2a9095be7e

その112 2016/4/20  『文京区アカデミー推進計画』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ffa4e4e5fe0dea9a4b17f6719ba5505

その113 2016/5/4   『使用済み切手寄付 2回目』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2fc7158067b0ce2cc928bc33e1f53f3

その114 2016/5/11  『旅行用目覚まし時計』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6d22af9ed2c71cd5042931c91e6049d


nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブログ その114『旅行用目覚まし時計』 [ブログ]

隊長の日々の出来事・雑感を綴った「ブログ」の第114回は、『旅行用目覚まし時計』をお送りします。

DSC_00021.JPG


昔は愛用していたのに、今は全く使わなくなってしまった物として、これまでに『英語の辞書』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18fcdafd0f8ed88cef8c81dc28c0af0b と、


『クロスのボールペン』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dee7e8c56d6ab4ec7b4eb2a9095be7e を取り上げましたが、『旅行用目覚まし時計』も、そのひとつです。


国内旅行には殆ど持参しませんでしたが、海外旅行時には必ず写真の携帯サイズの目覚まし時計を持って行きました。


朝早くにホテルを出発しなければいけない時、フロントに“モーニングコール”を頼もうとしても、英語も日本語も通じない海外ホテルに宿泊して苦労したことがあり、それからは目覚まし時計が必需品になりました。


ただ、単四乾電池で動くこの目覚まし、一度だけ電池切れで役に立たないこともありました。


最近では、スマホのアラーム機能が目覚まし時計の代用を務めています。スマホの充電器を必ず持参しているので、これだと電池切れの心配もありません。


さて、突然ですが、明日(5月12日)から17日(火)まで、中国河南省鄭州市に遊びに行って来ます。


鄭州市を選んだ理由は、成田空港からの直行便[飛行機]があるからです。


スマホのアラーム機能が、現地の朝の始まりの合図になりそうです。


尚、その間はブログのアップは、お休みになります。


それでは、行って来ま~す!

===「ブログ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/537663d2f182cab36960f0c42b1320ca

その1~100  省略

その101 2015/8/12  『戦後の古い紙幣』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34c6d6e617e44cf008cd80d57172bac6

その102 2015/8/23  『国際運転免許証』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e021d1968b6db23db3cad521cd07b4e9

番外編  2015/9/2   『祝記事数1,100達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3e46a64fb80f9e8231de0a75936fe931

その103 2015/9/27  『クレジットカード不正使用』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63fe5acf482f09d6b80ef8d8e6556029

その104 2015/10/19 『パンダでもお宝にならなかった』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d648ad6c3e04aa67dd2b02fbbb2b6f2

その105 2015/11/7  『米プレイボーイ誌 脱ヌード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/92350fdac06ea3ccf4284c1f40c06a26

その106 2015/12/2  『happy plugs のイヤフォン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74687be9a85b8a974243ea3c308f7f7f

その107 2015/12/31 『2015年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4df0a62d63a3553a1d678de7e0ba636b

その108 2016/1/5   『2016年の目標も勝率6割3分です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6c0285c6834a1ee08762758ceab9e6c0

その109 2016/2/17  『替刃は機内持ち込み禁止品!?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/738e181d2b30d2910807c789613db92f

その110 2016/4/2   『ラストスピーチ-退職の挨拶』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f6ae882ed1121aa945545d0e0ec2433

その111 2016/4/16  『クロスのボールペン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dee7e8c56d6ab4ec7b4eb2a9095be7e

その112 2016/4/20  『文京区アカデミー推進計画』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ffa4e4e5fe0dea9a4b17f6719ba5505

その113 2016/5/4   『使用済み切手寄付 2回目』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2fc7158067b0ce2cc928bc33e1f53f3


nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スポーツ No.83『夏場所の注目力士は』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第83回は、『夏場所の注目力士は』をお送りします。

DSC_0003.JPG


大相撲夏場所は、5月8日(日)に東京両国国技館で初日を迎えました。


恒例の、隊長が今場所注目する力士を発表します;


一人目は、先の春場所で13勝を挙げた大関 稀勢の里(きせのさと)です。今場所、悲願の初優勝をすれば横綱昇進の可能性も出てきます。

20020024.jpg


次は、もちろんこの人、横綱 白鵬。幕内史上最多勝の魁皇の879勝に、場所前までにあと1勝に迫っていて、さらに自身の持つ最多記録を更新する37度目の優勝を狙っています。

20002320.jpg


『白鵬“鬼の目に涙”』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81c09fff00dc177fe961fa8d31213011 にも書きましたが、ヒール(悪役)に徹して、非情な迄の強さを見せて欲しいものです。


三人目は、先場所の綱取に失敗し雪辱を期す大関 琴奨菊(ことしょうぎく)。

20020002.jpg


先場所前は、結婚や優勝パレードなどで、充分に稽古が出来なかった上に横綱昇進がかかったプレッシャーで力が発揮出来なかったのでしょう。


今場所は稀勢の里の注目が集まっているので、気楽な気持ちで土俵に上がることが出来るのではないでしょうか。


最後は、ブラジル出身力士として初めて小結の地位に昇進した魁星(かいせい)です。

20060091.jpg


一昨年4月にブラジル旅行⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6ebf2f6cc892ae58d6621e7ec9ee293c してから、魁星に親しみが湧きを応援してました。頑張って欲しいものです。


尚、「隊長のブログ」では、これまで大相撲に関する記事を24回アップしています。詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。


===「大相撲」 記事一覧===

2012/9/25  『久し振りに堪能しました!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f9bd5b76dcc3a06e9164ff2ee39186b

2014/7/13  『番付表を頂きました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f03acd9e378c1e372f1d5127f3593e51

2014/7/28  『終わってみれば、やっぱり』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2398ddb1708a41208420ed7c1b1fd595

2014/9/16  『大相撲 秋場所が始りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6247817c5abe825e048a87c0d70c48e9

2014/9/30  『土俵に怪童現れる』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d49da8160018acf6ee7b71c617e28da4

2014/11/10 『重圧に負けるな逸ノ城!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/038c1b2a37acfb80ade7e18cfdf7cb6b

2014/11/24 『白鵬 大鵬に並んだ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/76af13899b28fcb3cf956c2636791497

2015/1/7   『大相撲 初場所が始ります』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d844a293912fcd40635a3e79720a909c

2015/1/15  『初場所 4日目観戦』(その1)  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/89249481c97f42af16c5ea7edac28aca

2015/1/17  『初場所 4日目観戦』(その2)  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f5d5be5fa6ea4f5168febbfcf37fdd27

2015/1/18  『初場所 4日目観戦』(その3)  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a7d48a9955b3800b66c63b09b4edc03

2015/1/29  『白鵬 前人未到の領域へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07090027c514fda336a769e0f17ab48e

2015/3/25  『将来の大横綱候補現れる』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c871facc3a6ad27d70dc04402f90c58

2015/5/11  『大相撲 夏場所が始りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7600b6611e222f3c9209eced5e8115c0

2015/5/25  『照ノ富士 初優勝おめでとう!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8c7ed95432f4cc3a23f3a32d3776fd49

2015/8/2   『終わってみれば、今度も白鵬』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7cc02c8c62e156da3c08c6919d28ef0d

2015/9/16  『秋場所 大波乱の幕開け』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ae6a35576d04dbe7faf06fecf1ac8af4

2015/9/28  『秋場所 千秋楽も大波乱』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/35cb70a93b48455a0d21c1feab376dd2

2015/11/10 『九州場所 三横綱揃い踏み』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/604defafa0667ab7250d6f234fae99cd

2015/11/23 『日馬富士 優勝おめでとう!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f3912846945fffad9d82d82d11e2a38d

2016/1/13  『朝青龍 国技館から消えた!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8333eab5f26cac2a41315e86fcf1939

2016/1/30  『琴奨菊 初優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d915539e50d3389f271a1a682a375853

2016/3/15  『大相撲 春場所が始りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/569c6fc7d114a91bbede0208b081aa72

2016/3/30  『白鵬“鬼の目に涙”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81c09fff00dc177fe961fa8d31213011


nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ダンス Part65『Dance A Lacarte “QUEST Vol.5”』 [ダンス]

隊長が好きな「ダンス」を紹介するシリーズの第65回は、『Dance A Lacarte “QUEST Vol.5”』をお送りします。

CCF20160318_00002.jpg


5月7日(土)は、『Dance A Lacarte“QUEST Vol.5”』を観に行きました。


“QUEST”に行くのは、昨年の『ダンス発表会 QUEST Vol.4』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea081ef5a49553105ccbc068420c1c74 に引き続いてです。


今回は、タイトルに「Dance A Lacarte」とある様に、1部は生徒さんの発表会ですが、2部はプロのダンサー、インストラクター、生徒さんを交えた“ストーリー仕立て”のダンスパフォーマンスになっています。


会場は、西武新宿線[電車]野方駅徒歩3分の「中野区野方区民ホール」。

DSC_0002.JPG


同ホールを訪れるのは初めてですが、駅からも近く、客席数248と使用する側にも観る側にも丁度良い大きさです。

nogata_s.jpg


尚、ホール内の写真は、中野区のHPから拝借しました。


1部では、知っている生徒さんが何人も出て来ました。全部で10チームが出演したのですが、何か映画の1シーンを観ている様な感覚に陥りました。


何故だろうと考えたところ、間口10.5m・高さ4.5m、奥行7mの舞台を、出演者が多いチームは多いなりに、少ないチームは少ないなりに、眼いっぱいに空間を使っている上手さ。


それに、照明、音楽、衣装がダンス発表会の域を超えていたこと。さらに、前にも書きましたが、ホールの丁度良いキャパ故に、映画の1シーンを観ている様な感覚に陥ったのだと結論づけました。


先日『三遊亭楽天落語会』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f を聴きに行った「大田区立大森スポーツセンター小ホール」も丁度良い大きさでした。


各区、それなりに使い勝手の良いホールを持っているのに、我が「文京シビックホール」は、大ホールの座席数1,802、小ホール371と、必ずしも使い勝手が良いとは思えません。


さて、2部は、“月夜に舞う夜会”と題した野良猫[猫]が主人公のミュージカル仕立てのダンスパフォーマンス、と言うかミュージカルその物でしたね。


野良猫達が、規則に順応して生きる白猫軍団とアウトローの黒猫軍団に別れて争っています。


ここら辺の設定は、今や古典的ミュージカルになった「ウエストサイドストーリー」のジェット団とシャーク団の抗争を想起させます。


さらに、ミュージカル「キャッツ」のパロディを思い起されるダンスシーンもあり、ストーリーも分かりやすく、この日の公演で終わってしまうのが勿体無い出来栄えでした。


それこそ、小中学生を対象とした全国公演が出来そうですね。


1部、2部、フィナーレを含め全22曲、どれも素晴らしいダンスでした。来年は、もっとパワーアップしていることでしょう。

===「ダンス」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/aa03bee8ce98591f1fc4f56a3adfa3c1

Part1~50  省略

Part51 2014/8/16 『2週間ぶりのダンスレッスン』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba13c88e87cbba30f54caa623967ba41

Part52 2014/9/20 『「真夏のSounds good!」で踊った』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee410d960467f6c3062d21b6b2434757

Part53 2014/12/25『キエフ・バレエ くるみ割り人形』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e608dd0904212e34215baa9fbbbf3132

Part54 2015/1/28 『5ヶ月ぶりの“ミホレッスン”』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47e336440cdc343df6b3cc8bdd3f3931

Part55 2015/3/2  『「Follow Me」で踊った』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99e29033c1050ade16bf2b135692e159

Part56 2015/4/27 『ダンス発表会 QUEST Vol.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea081ef5a49553105ccbc068420c1c74

Part57 2015/7/13 『隊長の謂われ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2567624b2929cd260f9812fe97ede6a2

Part58 2015/7/19 『JUST DO IT 2015@CLUB CITTA』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/411f93586c5581daa98a7ea96deb67f4

Part59 2015/10/5 『KP SHOW! Vol.10』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4af9fd330883a40764176f32c27b4759

Part60 2015/10/20『Straight Street Vol.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68e1633064e98868e9832342968fbbdf

Part61 2015/11/1 『ハロウィン 仮装 de レッスン Part2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0165ca60195d0fa2f2131cb98d55f409

Part62 2015/12/26『クリスマスは「ムービーダンス」に挑戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/de39e775a791adb144ef6ed92bdbf6b4

Part63 2016/2/12 『KP SHOW! Vol.11』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47d17c7063a3a37e4ca725e5e5b3a7f8

Part64 2016/3/12 『RADIO FISH:PERFECT HUMAN』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fcfe7350d5e0f9c655b20e2f116022a