So-net無料ブログ作成

ダンス Part69 『Stadio Libra 第4回発表会 “COLORS”』 [ダンス]

隊長が好きな「ダンス」を紹介するシリーズの第69回は、『Stadio Libra 第4回発表会 “COLORS”』をお送りします。

CCF20170130_00000.jpg


1月29日(日)の夜は、『Stadio Libra 第4回発表会 “COLORS”』を観に行きました。


「Stadio Libra」は、中野区東中野にあるダンススクールで、2013年7月の第1回の発表会に参加させて頂きました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3c3e1aeb1807c784804d41694dddc2dd


今回の発表会では、その時に指導して頂いた鈴木明美先生のナンバーがあると知り、出かけました。


明美先生の振付を観るのは、昨年5月の『Dance A Lacarte“QUEST Vol.5”』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9c02b2d19ad38d1c8dd9eac9daa6f96 以来です。


会場は、練馬区光が丘の「IMA HALL(イマ ホール) 」。同ホールを訪れるのは、初めてです。

DSC_0008.JPG


発表会は、昼夜二回で、夜の部に行ったのですが、ほぼ満席でした。


オープニングは、出演者全員で、昨年話題になった「恋ダンス」を踊ります。知った曲、振り付けなので、会場も一気に盛り上がります。


出演者の皆さんも、楽しそうに踊っていて、観ている方も自然と笑顔になります。


『Straight Street Vol.4』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1352d68a9c9604deef15769e50b7f584 では、ピコ太郎の「PPAP」を取り上げていました。


「恋ダンス」と「PPAP」は、最近のダンス発表会では、取り入れるのが流行っているのでしょうかね。


前半は、KIDSのステージが多かったです。綺麗な衣装を着て、スポットライトを浴びて、舞台の上で踊れて楽しかったでしょうね。


ジャズダンスの明美先生の振付は、「スカーレット」、「なごり雪」、「拘束ロード」の三曲。


今回も和製ポップスの曲を使用して、観ている人にストーリーを感じさせる振付で、独特の世界観を出してくれています。


全員同じシンプルな衣装なのですが、それぞれの個性を引き出している振付で良かったです。


他にナンバーで良かったのは、ERUMO先生振付の“ガールズヒップホップ”ナンバー。女性陣がカッコよく、踊り終わると観客席からの声援が凄かったですね。


それと、永井よしみ先生振付のジャズダンス「それぞれの葉」。照明の使い方が上手くて、衣装の蛍光色の部分が光り、叙情的な作品に仕上がっていました。


さらに、Cen先生振付のジャズダンス「在りし日」。グレイと黒の衣装のダンサーのフォーメーションダンスが、まるでモノクロの古い映画を観ている様な感覚になりました。


インストラクター(イントラ)の先生方のナンバーも良かったですね。


ダンス発表会でのイントラナンバーは、全てのイントラが一曲の中で、それぞれの持ち味を生かした踊りをしているのをよく見かけます。


“COLORS”では、それぞれのジャンルのイントラが、別々のナンバーで最高のパフォーマンスを見せ、会場を盛り上げまてくれました。さすがプロだと関心させられました。


オープニングからフィナーレまでの全37曲、外は冬の寒さでしたが、会場は熱気に溢れていました。


===「ダンス」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/aa03bee8ce98591f1fc4f56a3adfa3c1

Part1~55  省略

Part56 2015/4/27 『ダンス発表会 QUEST Vol.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea081ef5a49553105ccbc068420c1c74

Part57 2015/7/13 『隊長の謂われ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2567624b2929cd260f9812fe97ede6a2

Part58 2015/7/19 『JUST DO IT 2015@CLUB CITTA』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/411f93586c5581daa98a7ea96deb67f4

Part59 2015/10/5 『KP SHOW! Vol.10』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4af9fd330883a40764176f32c27b4759

Part60 2015/10/20『Straight Street Vol.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68e1633064e98868e9832342968fbbdf

Part61 2015/11/1 『ハロウィン 仮装 de レッスン 2015』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0165ca60195d0fa2f2131cb98d55f409

Part62 2015/12/26『クリスマスは「ムービーダンス」に挑戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/de39e775a791adb144ef6ed92bdbf6b4

Part63 2016/2/12 『KP SHOW! Vol.11』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47d17c7063a3a37e4ca725e5e5b3a7f8

Part64 2016/3/12 『RADIO FISH:PERFECT HUMAN』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fcfe7350d5e0f9c655b20e2f116022a

Part65 2016/5/9  『Dance A Lacarte“QUEST Vol.5”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9c02b2d19ad38d1c8dd9eac9daa6f96

Part66 2016/10/31『ハロウィン 仮装 de レッスン 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a0d60366591c126b7792e76de51e382f

Part67 2016/11/9 『Straight Street Vol.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1352d68a9c9604deef15769e50b7f584

Part68 2017/1/13 『キエフ・バレエ「白鳥の湖」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/625afb4a95264a6323177d2dbd4df00b


テレビ Vol.162 『ドラマ 「カルテット」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第162回は、『ドラマ 「カルテット」』をお送りします。

hqdefault.jpg


1月から始まった民放各局の “冬の連続TVドラマ” を批評するコーナーの一本目は、『大貧乏』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/695c02e2af2a48e3b9ed4e8f32cbeb13


ニ本目は、『就活家族~きっと、うまくいく~』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57 でした。


今日ご紹介する『カルテット』は、TBS系列で1月17日(火)から放送開始されました。


放送時間は、毎週火曜日 22:00~22:54。脚本は、TVドラマ「東京ラブストーリー」のヒットなどで知られる坂元裕二(ゆうじ)です。


主演の“カルテット”は、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の四人。


松たか子さんが出演作は、ドラマ『おやじの背中』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63212c3e0fdf0b31a1fc843eb27ec218 の第一話を紹介しています。


満島ひかりさんは、同じ『おやじの背中』第二話を紹介しています。この第二話、脚本は坂元さんだったのですね。


満島さんは、さらに『若者たち』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/93c77ab01c8665ebb6cfabe68f306076


『ごめんね青春!』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e75b75c178e0f8ad7b6fa93301065dc を紹介しています。


高橋一生さんは、『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947 で取り上げています。


他の出演者は、吉岡里帆、 富澤たけし、八木亜希子、など。

相関図.jpg


あらすじは、東京のカラオケボックス[カラオケ]で出会った4人は皆演奏者で、弦楽四重奏ユニット「カルテットドーナツホール」を結成し、軽井沢で共同生活を始めますが。。。


このドラマ、四人がやり取りするセリフが凡庸ではなく、新鮮に聞こえます。さすが、坂元裕二さんの脚本ですね。


その俊逸な脚本に答えることが出来る実力派俳優4人による、30代の大人の恋の行方にミステリーの要素が絡まり、今後の展開が気になります。


印象的だったシーンは、特別な関係だった司(高橋一生)の同僚 結衣(菊池亜希子)の結婚式で演奏を頼まれた「カルテットドーナツホール」。


花嫁退場の際、アヴェ・マリアをソロで弾いていた司が、二人でカラオケで良く歌った「White Love」を突然弾き始めます。それを背中で聴いている結衣。


これが、往年の名画『卒業』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f81709c1e39bc493c6e9d385cfddc2e0 だったら、司がウェディングドレスの結衣を式場から連れ出すのでしょうが。


司と結衣のそれぞれの胸の内を象徴している様なシーンでした。


それと、エンディングに椎名林檎の楽曲「おとなの掟」とともに流れる映像が素敵ですね。本編では決して着ないクラシカルな衣装で、4人が歌い踊ります。


まるで、この曲のMVを別途撮影した様なクオリティの高さです。


隊長の三ツ星評価は、勿論満点の「星三つ」です。1月に始まった民放各局の “冬の連続TVドラマ”は、約20本ですが、その中で一番の出来ではないでしょうか。


尚、『カルテット』次回 第3話の放送は、1月31日(火)午後10時からです。

===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~150  省略

Vol.151 2016/11/24 『あいつ今何してる?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d24abb022109a4e1e53276d623db4eb4

Vol.152 2016/12/4  『朝だ!生です旅サラダ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c019800fe5359fe256e8a91c7b2cef06

Vol.153 2016/12/8  『真相報道 バンキシャ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e2fb2409450160f1032c703a841e89c

Vol.154 2016/12/18 『がっちりマンデー!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ba0b8b815efbfc839ca8b2ed07cb6ce

Vol.155 2016/12/25 『クリスマスの約束 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1c49470e8c331e63bfd0702c34967a29

Vol.156 2017/1/2   『ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

Vol.157 2017/1/11  『アナザーストーリーズ「冬のソナタ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3c0ba25129c445a55068056fa287b1

Vol.158 2017/1/14  『「新チューボーですよ!」最終回』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb

Vol.159 2017/1/18  『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/209f00ca9da6a1addc0b6efe66f5baed

Vol.160 2017/1/23  『ドラマ「大貧乏」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/695c02e2af2a48e3b9ed4e8f32cbeb13

Vol.161 2017/1/26  『ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57
                                                                                                                                                                                                          


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

映画 Film98 『華麗なるギャツビー』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第98回は、『華麗なるギャツビー』をお送りします。

813ADinssmL._SL1500_.jpg


『華麗なるギャツビー』(原題:The Great Gatsby)は、F・スコット・フィッツジェラルド(F Scott Fitzgerald)の小説「グレート・ギャツビー」を原作にしたアメリカ映画。


これまでに数回映画化されているそうですが、日本で公開されたのは1974年にロバート・レッドフォード(Robert Redford)と、ミア・ファロー(Mia Farrow)が主演した作品と、2013年にレオナルド・ディカプリオの主演作品があります。


今日取り上げるのは、1974年公開作品です。


監督は、ジャック・クレイトン。脚本はフランシス・フォード・コッポラです。


他の出演者は、サム・ウォーターストン、ブルース・ダーン、ロイス・チャイルズ、など。


時代は、1920年代のアメリカ。ニューヨーク郊外のロングアイランドに豪華な邸宅を構えるジェイ・ギャツビー(ロバート・レッドフォード)は、毎夜パーティーを開いていました。


宮殿の様なギャツビーの豪邸の隣に住むニック・キャラウェイ(サム・ウォーターストン)は、パーティに招待され、彼にあることを頼まれます。


それは、昔の恋人デイジー(ミア・ファロー)を、ニックの家に誘ってくれとの依頼でした。しかし、デイジーには既に夫 トム・ブキャナン(ブルース・ダーン)と娘がいるのでした。。。


この映画で印象的だったシーンは、再会したデイジーと昔の軍服を着たギャツビーが、ロウソクの灯り一本だけを灯し、ダンスを踊ります。


このシーンを境にして、画面もストーリーも暗くなります。


そして、予想出来た様に、ギャツビーは殺されてしまいます。


この映画、白人至上主義のセリフが随所で飛び出します。例えば、「白人と黒人が結婚するなんてありえない」、など。


当時ならスルーされた箇所でしょうが、2013年版ではどうなっているのでしょうか?


それと、1929代の雰囲気を出していて、妙にリアリティがあるのです。


ローアングルから、踊り子たちを捉えると、シーム(縫い)があるストッキングを履いていたり、食べ物の周りに蠅がたかっていたりします。


極めつけは、夏のシーンなので、暑い暑いと言いながら、汗が滴り落ちます。確かに、当時はクーラーなんてありませんでしたよね。


懐かしいチャールストンを群衆で踊るダンスシーンも見事でした。





===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~85  省略

Film86 2016/10/17 『青天の霹靂』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8bf6fa67456908dbf5c0f96529914a31

Film87 2016/11/6  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c7b44a24274790d625bbede27025cb7d

Film88 2016/11/14 『あの子を探して』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a214c30203198fb23fe5268a4235fc75

Film89 2016/11/19 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72aea128f193821fb37a73fb6ca9fca1

Film90 2016/12/2  『君よ憤怒の河を渉れ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dc3a91965d9abd9160ccb433defe98e

Film91 2016/12/5  『レヴェナント:蘇えりし者』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1933f2201a2fb9fde2b1551da99b2f6a

Film92 2016/12/10 『起終点駅 ターミナル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b14b9a9209fd0facd653bca53d18778c

Film93 2016/12/23 『ホットロード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f49dcfb2c1a5aa6a3313602c040d2b5

Film94 2016/12/28 『ミスター・ルーキー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48f360c5297448a5a7a7ff5a9675d4b4

Film95 2017/1/5   『ザ・ヤクザ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9af38fb30d6cb59c8bbb64531242a445

Film96 2017/1/15  『母と暮せば』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/012d2dba6f1c44a76922b271b7ee1f9a

Film97 2017/1/20  『初恋のきた道』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9520ff4c27be54f59cab8a2c353a7db


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

音楽 74曲 『中森明菜 「北ウィング」』 [音楽]

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽[るんるん]」の第74回は、『中森明菜 「北ウィング」』をお送りします。

表.JPG


昨年11月「魚友寿し」さん⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa9c2c996556e67af79d6deb78843aa0 での“チーム REINA” の飲み会の際、年配組が中森明菜の話題で盛り上がっていると、若手が彼女の名前は聞いたことがあるけれど、曲を聴いたことがないと言い出しました。


すると、REINAさんのお母様が、明菜のCD[CD]を持っているとおっしゃって、写真の“中森明菜 SUPER BEST”のアルバムを出して来てくれました。


CDプレイヤーに掛けて聴き、宴は更に盛り上がりました。


帰り際に、CDをお借りし、家に帰って早速ダビングをして、今でも楽しんで聴いています。


この“中森明菜 SUPER BEST”の発売元は、「エイボン・プロダクツ株式会社」になっています。同社は化粧品会社なので、プロモーションかなにかの目的で制作したのでしょうかね。


収録曲は、「スローモーション」、「少女A」、「セカンド・ラブ」、「禁区」、「北ウィング」、「サザン・ウィンド」、「十戒(1984)」、「飾りじゃないのよ涙は」、「ミ・アモーレ」、「SAND BEIGE-砂漠へ-」、「SOLITUDE」、「DESIRE」、「TANGO NOIR」、「難破船」、「TATOO」、とどれも明菜の代表曲ばかりです。

裏.JPG


全15曲の中で一番好きなのが、「北ウィング」です。


この曲は、彼女の7枚目のシングルとして、1984年1月にリリースされました。


作詞は、康珍化(かん ちんふぁ)。作曲と編曲が、林哲司です。


「北ウイング」は、成田国際空港の第1ターミナルビルの北部分の呼び名で実在している場所です。


この曲が好きなのは、明菜の楽曲として素晴らしい出来であるのは勿論ですが、隊長自身、「北ウイング」に様々な思い出があるからです。


成田空港、現在は第3ターミナルビルまでありますが、第1ターミナルしか建設されていなかった当時、何度も「北ウイング」から搭乗して海外に迎いました[飛行機]


また、隊長が上海に駐在している頃、一時帰国して上海に戻る京成スカイライナーの車内で、偶然にも以前の会社で先輩だったF氏⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/474622ba36c86a12bc0ba961a270a9fc と出会いました。


当時、韓国蔚山に駐在していたF氏と、国は違うが同じ単身赴任の境遇の二人は、飛行機の出発直前まで、「北ウイング」のラウンジで語り合いました。


この曲を聴いていると、「北ウイング」にまつわる様々な思い出が蘇って来ます。



 

===「音楽」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~60曲  省略

61曲   2016/2/7  『Earth, Wind & Fire:September』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f9e47754a5dc36b46c6a4f8106b435f3

62曲   2016/2/22 『RIP SLYME:FUNKASTIC』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42eb782891835050ee7d6650f93c195b

63曲   2016/3/16 『aiko:もっと』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cf1f0129186de2243ecddb5e87702942

64曲   2016/3/25 『AKB48:365日の紙飛行機』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3bb8ae1e7883013f36941ef90eab21

65曲   2016/4/12 『Naomi elan@morph-tokyohttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4d69797415748da16e752c9cf3b48809

66曲   2016/4/17 『Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eebdbbab3d08c3d1f9339e10178848d2

67曲   2016/5/1  『The Style Council:The Lodgers(Extended Remix)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f76d74794f8b4f1b33e8a51a6efa4601

68曲   2016/6/9  『まいほんじライブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/156a6543286db52e5118a71f6bdb3573

69曲   2016/7/8  『マライア・キャリー:Hero』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbdad3b35ee683c15271f5d36c0b85ab

番外編 2016/7/14 『訃報:「ザ・ピーナッツ」伊藤ユミさん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fec6ff3a216c450def1b0162a7c34e0a

70曲   2016/8/28 『Ai No Corrida(愛のコリーダ)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eca88ece62613756e086d0763170d5fd

71曲   2016/11/21『ミスチル:fantasy』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f19bdd1c362137453bfe787e66916ba

72曲  2016/12/20『THE YELLOW MONKEY「砂の塔」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd483442291c47229b34039e1b9c1a76

73曲   2017/1/10 『SONGS スペシャル 吉田拓郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f17e19d3d99b525ec19f742b8c6e0483


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

テレビ Vol.161 『ドラマ 「就活家族~きっと、うまくいく~」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第161回は、『ドラマ 「就活家族~きっと、うまくいく~」』をお送りします。

就活家族.jpg


1月から始まった民放各局の “冬の連続TVドラマ” を批評するコーナーの一本目は、『大貧乏』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/695c02e2af2a48e3b9ed4e8f32cbeb13 でした


今日ご紹介するニ本目の『就活家族~きっと、うまくいく~』は、テレビ朝日系列で1月12日(木)から放送開始されました。


放送時間は、毎週木曜日 21:00~21:54。脚本は、橋本裕志(ひろし)。


同氏は、2015年夏の連続ドラマ『リスクの神様』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4392fe2cc7839e235f6ce669d22b8850 の脚本も担当しています。


主演は、三浦友和。他の出演者は、黒木瞳、 前田敦子、工藤阿須加、など。


前田敦子の主演ドラマは、『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a53e539989ac1544e25dff8ad4c46c9 を紹介しています。


工藤阿須加が出演したドラマは、『偽装の夫婦』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/56f4ba3c85bf1ec105635ce0cc811db7 を取り上げています。


あらすじは、大手鉄鋼メーカー・日本鉄鋼金属に務める富川洋輔(三浦友和)は、人事部長として上司からも部下からも信頼の厚く役員への昇進の話しも出ています。


私立中学校の国語教師を務める妻の水希(黒木瞳)も、生徒からの評判も良く定年延長を嘱望されています。


宝飾メーカー勤務の長女 栞(前田敦子)は、職場でセクハラを受けていますが、希望する営業への配置換えが実現しそうです。


三流大学で就職活動中の長男 光(工藤阿須加)は、何社も面接を受けるもなかなか内定を貰えずに、就活塾に入塾してやり直そうとしています。


そんな平穏に見えていた家族が、ふとしたきっかけで崩壊し始めます。。。

相関図 (2).jpg


このドラマで印象的だったのは、夫に役員昇進の話しが出て、水希にも定年延長になり安定しそうなので、マイホーム[家]を購入しようと思い立ち、家族四人で新居を見に行くシーンです。


川の近くの新居を見学し、土手に立った四人の姿。まるで、家族が段々と崩壊して行く往年の名ドラマ岸辺のアルバムを暗示しているかの様でした。


果たして、「岸辺のアルバム」の様に家族が崩壊してしまうのか、それともサブタイトルにある様に“きっと、うまくいく”展開になるのか楽しみです。


エンディングに流れる主題歌[カラオケ]「晴れた日に、空を見上げて」も良いですね。


歌っているのは、『THE カラオケ★バトル』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e08cb5f906c09596f9b10e8ae06ff2a0 で注目された林部智史(さとし)です。


このドラマ、三ツ星評価は、満点の「星三つ」です。


尚、『就活家族~きっと、うまくいく~』次回 第3話の放送は、今日1月26日(木)午後9時からです

===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~150  省略

Vol.151 2016/11/24 『あいつ今何してる?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d24abb022109a4e1e53276d623db4eb4

Vol.152 2016/12/4  『朝だ!生です旅サラダ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c019800fe5359fe256e8a91c7b2cef06

Vol.153 2016/12/8  『真相報道 バンキシャ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e2fb2409450160f1032c703a841e89c

Vol.154 2016/12/18 『がっちりマンデー!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ba0b8b815efbfc839ca8b2ed07cb6ce

Vol.155 2016/12/25 『クリスマスの約束 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1c49470e8c331e63bfd0702c34967a29

Vol.156 2017/1/2   『ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

Vol.157 2017/1/11  『アナザーストーリーズ「冬のソナタ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3c0ba25129c445a55068056fa287b1

Vol.158 2017/1/14  『「新チューボーですよ!」最終回』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb

Vol.159 2017/1/18  『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/209f00ca9da6a1addc0b6efe66f5baed

Vol.160 2017/1/23  『ドラマ「大貧乏」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/695c02e2af2a48e3b9ed4e8f32cbeb13
                                                                                                                                                                                                          


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

グルメ 184食 『Okinawa Bar & Food Kagura』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第184回は、『Okinawa Bar & Food Kagura』をお送りします。

DSC_0010.jpg


1月23日(月)の夜は、神楽坂の沖縄料理店『Okinawa Bar & Food Kagura』で新年会でした。


メンバーは、“チーム REINA” の7人。全員が揃うのは、去年11月の「魚友寿し」さん⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa9c2c996556e67af79d6deb78843aa0 以来です。


神楽坂の本多横町通りにある「Kagura」は、メンバーのHonjさんが常連のお店で、江戸川橋にあった「ヘルシア」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d0f2be55c41f2b15caddf6145a5f0a06 から徒歩で行ける距離だったので、ダンスレッスンの帰りなど皆で良く訪れた場所です。


先ずは、沖縄の「Orion樽生ビール」で乾杯。

DSC_0001.JPG


「海ブドウ」、「ミミガーピーナッツ和え」、「モズクとイカのてんぷら」などの沖縄料理が次から次へとテーブルの上に並びます。器も琉球ガラスです。

DSC_0003.JPG

DSC_0005.JPG

DSC_0009.JPG

DSC_0002.JPG

DSC_0006.JPG

DSC_0008.JPG

DSC_0014.JPG


“マイボトル”ならぬ“マイ甕(かめ)”に入った30度の泡盛「忠孝」を飲み始めてからおかしくなりました。


最初は、ロックで飲んでいたのですが、あまりにも強いので、シークァサーで割って飲んでいたのですが、途中から記憶が無くなりました。

DSC_0007.JPG


メンバーの皆さんには、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでしたm(_ _)m


尚、『Okinawa Bar & Food Kagura』の住所は、東京都新宿区神楽坂3丁目1番地。電話番号は、03-3260-0596です。


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~170食  省略

171食  2016/7/5   『福島の酒「大七 純米生酛爽快冷酒」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ded4c00d7869b1aa621c569baefd8e35

172食  2016/8/5   『ポーカーフェイス(Poker Face)3姉妹』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc42b15d8c4e5106fa78d84fe546b9ff

173食  2016/8/12  『銀座「パラダイスダイナシティ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc7097e33a0aeaef40fa24c9f13f9ebb

174食  2016/9/1   『家飲みウィスキー No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8b827e125e02eb90c0de4327fe329f8

175食  2016/10/4  『家飲み日本酒 No.6』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/316ca9220492fe5546cf05a2050ab5f7

176食 2016/11/3  『四ッ谷“Kamiya”のランチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/618bdfe8272183e77cc1d70786c659e8

177食  2016/11/16 『霧島三兄弟』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e3ba61075191bb075be13e1987a900a

178食  2016/11/26 『いつも美味しい「魚友寿し」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa9c2c996556e67af79d6deb78843aa0

179食  2016/12/3  『プレミアムビール No.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65fc3569cd33ca02ef09cce2a554bf2c

180食  2016/12/6  『「柿ピー」いろいろ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18f84c18746e14fd8d0feb2b220f3266

181食  2016/12/21 『やまや「めんたいのり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5971dd6d2fa8306c94ccf85689ac09b1

182食  2017/1/6   『ノルウェー産からすみのお味は。。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e7944c6e0646f569e533c19c1f546a8

183食  2017/1/17  『福島の酒「冩樂(しゃらく)おりがらみ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e910ddf88e1e1cddd49d31b7184cae5b


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スポーツ No.101 『稀勢の里横綱昇進へ』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第101回は、『稀勢の里横綱昇進へ』をお送りします。

sty1701220012-f1.jpg


1月8日から東京・両国国技館で開かれていた大相撲初場所は、22日(日)に千秋楽を迎えました。


結びの一番で、前日に初優勝を決めていた大関 稀勢の里が、横綱 白鵬をすくい投げで破り14勝1敗という見事な成績で終わりました。


昨日の横綱審議委員会で全員一致で横綱に推薦したことにより、稀勢の里の横綱昇進が確定しました。


稀勢の里関、おめでとうございます。


場所前の注目力士⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c83e115a8251ac649fd44672b8eb4958 に稀勢の里を挙げていなかった隊長は、相撲評論家でしたら、丸坊主になってお詫びしなければいけませんね。


その五力士の結果ですが、


一番手に挙げた横綱 鶴竜は、5勝6敗で11日目から休場してしまいました。


二番手だった白鵬は、11勝4敗の成績に終わり、千秋楽を待たずに稀勢の里に優勝を奪われてしまいました。


三人目に挙げた横綱 日馬富士も、4勝3敗で7日目から休場してしまいました。


四人目の新関脇の玉鷲だけは、1横綱1大関を倒し9勝6敗と勝ち越し結果を残してくれました。


五人目の新関脇の正代は、7勝8敗と負け越し、関脇の地位を守れませんでした。


奮起を促した四人の大関陣は、稀勢の里を除いて散々な成績でした。


琴奨菊は5勝10敗と負け越し大関から陥落が決まってしまい、豪栄道は8勝5敗と勝ち越しましたが13日目から休場してしまい、照ノ富士は4勝11敗と大きく負け越し来場所は“カド番”です。


それにしても、鶴竜、日馬富士、豪栄道以外にも栃ノ心も休場し、幕内42人の内4人が休場ですから寂しいですね。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに32回アップしています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~85  省略

No.86  2016/7/14  『名古屋場所 休場者多すぎ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a88788c45123ece67b98364caf671674

No.87  2016/7/18  『第87回都市対抗野球大会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27b88218405fec36b23840497842b990

No.88  2016/7/25  『日馬富士8度目優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dce69bb7d8677d3ebc6a7005c9a1f97

No.89  2016/8/7   『リオ五輪が開幕』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c06a31c21773f74835aa1fd24e085d33      

No.90  2016/8/20  『イチロー 3,000安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ef790997bbab1f15e67c3ee30268ca8

No.91  2016/9/4   『リオ五輪サッカー男子決勝戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/56479c7f0c88756f68313e38de4ae1cd

No.92  2016/9/14  『白鵬休場秋場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc465e786a49f3ad81ffeaa9d985cafe

No.93  2016/9/27  『豪栄道 全勝で初優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4928a71ea72d4ca5594d61500fda39a

番外編 2016/11/8  『訃報:平尾誠二さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a65e0c7823eee06d243f3abdceb502b2

No.94  2016/11/12 『九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e7b4a18dccb5221683729967dbc85fd4

No.95  2016/11/18 『PANCRASE 282』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e3dbba02348d263d9dff38f382681974

No.96  2016/11/30 『鶴竜 有終の美を飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd947572b9d08912a910a0d8e29d3130

No.97  2016/12/13 『五輪野球会場に外れた!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/466d20d8a663055f0a0ecf6a26a43003

No.98  2016/12/23 『鹿島 世界を相手に大善戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb38dbca07c3ef75eb3be3bf8314b31a

No.99  2016/12/27 『フィギュ全日本女子 宮原三連覇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ecd98a1b3b6a8345e34c969d50b170e9

No.100 2017/1/9   『初場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c83e115a8251ac649fd44672b8eb4958


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

テレビ Vol.160 『ドラマ 「大貧乏」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第160回は、『ドラマ 「大貧乏」』をお送りします。

大貧乏.jpg


1月から始まった民放各局の “冬の連続TVドラマ” を批評するコーナーの一本目は、『大貧乏』です。


このドラマは、フジテレビ系列で1月8日(日)から放送開始されました。放送時間は、毎週日曜日 21:00~21:54。


主演は、小雪(こゆき)と伊藤淳史(あつし)。その他の出演者は、成田凌(りょう)、 奥田瑛二、など。


小雪の出演した映画は、『ラストサムライ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/829df80174660f0231c597497a7641f0 を、


伊藤淳史が出演したTVドラマは、『あぽやん~走る国際空港』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aab985b809d37c382710160f84465585 を、紹介しています。


あらすじは、七草ゆず子(小雪)の務めていた会社が突然倒産し、給与も貯金も全てを失い、文字通り“大貧乏”に転落してしまったところから、物語が始まります。


職ナシ、金ナシ、子連れシングルマザーのゆず子の前に現れたのが、高校時代の同級生で、今やエリート弁護士の柿原新一(伊藤淳史)です。


ゆず子に高校時代から片思いの状態の柿原は、ゆず子の元同僚 加瀬春木(成田凌)の助けを借りて、倒産した人材派遣会社の“闇”を暴くことを決意しましたが。。。

相関図.jpg


最初は、ただのコメディーかと思い観ていましたが、段々とミステリーの要素も加わり、面白くなって来ました。


日曜日夜9時からの放送時間は、TBS系列の日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』と完全にバッティングしていて、「A LIFE」に出演している松山ケンイチと小雪が夫婦のため、“夫婦視聴率対決”としても話題になっていますよね。


「A LIFE」は、他にも木村拓哉、竹内結子、木村文乃、など豪華な出演陣に対して、小雪と伊藤淳史ですから、判官贔屓の隊長は、勿論『大貧乏』の方を毎週観ています。


このドラマ、三ツ星評価だと、「星二つ半つ」かな。「星三つ」の評価にならないのは、ゆず子と二人の子供の関係性が上手く描かれていない点です。


『砂の塔~知りすぎた隣人』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc4566ed0801c887f394af1c4ec50c50 の様に、子供達のキャラをしっかりと構成すれば、「星三つ」を挙げも良いです。


尚、『大貧乏』次回第4話の放送は、1月29日(日)午後9時からです。

===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~145  省略

Vol.146 2016/11/1  『ドラマ「レンタル救世主」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06ec4759cd164e4bd8f953c05a01a8ce

Vol.147 2016/11/4 『ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22817ec8420dc237f0832b5471d499aa

Vol.148 2016/11/7  『ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc4566ed0801c887f394af1c4ec50c50

Vol.149 2016/11/10 『ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a5a4ee7a66958c9b3fff8e81fb3bc80

Vol.150 2016/11/13 『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9b7c5a30e85fc68a07efeca8e0b471c

Vol.151 2016/11/24 『あいつ今何してる?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d24abb022109a4e1e53276d623db4eb4

Vol.152 2016/12/4  『朝だ!生です旅サラダ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c019800fe5359fe256e8a91c7b2cef06

Vol.153 2016/12/8  『真相報道 バンキシャ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e2fb2409450160f1032c703a841e89c

Vol.154 2016/12/18 『がっちりマンデー!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ba0b8b815efbfc839ca8b2ed07cb6ce

Vol.155 2016/12/25 『クリスマスの約束 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1c49470e8c331e63bfd0702c34967a29

Vol.156 2017/1/2   『ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

Vol.157 2017/1/11  『アナザーストーリーズ「冬のソナタ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3c0ba25129c445a55068056fa287b1

Vol.158 2017/1/14  『「新チューボーですよ!」最終回』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb

Vol.159 2017/1/18  『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/209f00ca9da6a1addc0b6efe66f5baed
                                                                                                                                                                                                          


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ペット・動物 30匹 『回向院に葬って頂きました』 [ペット・動物]

ペット・動物」に関する記事の第30回は、『回向院に葬って頂きました』をお送りします。

DSC_0019.JPG


昨年1月25日に14歳9ヶ月で亡くなった愛犬“グリフィン”(ミニチュアダックスフント・ブラック&タン・おす)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ca4cdcc8562eb2729068689de961471 の、間もなく一周忌です。


遺骨は、骨壷に入れて我が家で供養していましたが、一周忌を迎える前に、墨田区両国にある「回向院(えこういん)」で、葬って頂くことにしました。


「回向院」は、明暦3年(1657年)に創建された浄土宗の寺院です。


同院の成り立ちが、人間はもちろん、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くものであったことにより、さまざまな動物の慰霊碑、供養碑、ペット[犬][猫]の墓が多数あります。


当日は、家内が骨壷を抱き、二人で、JR[電車]両国駅に降り立ちました。


大相撲初場所が開催⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c83e115a8251ac649fd44672b8eb4958 されていることもあり、駅を降りて国技館のある北側に向かう人並みと反対の南側を進みます。


京葉道路を渡ると、そこはもう回向院です。境内を進むと、真っ先に目に入るのが、「馬頭観音堂」の高い建物です。

DSC_0027.JPG


回向院の開創間もない頃、将軍家綱公の愛馬が死亡し、上意によってその骸を当院に葬ることになりました。その供養をする為の「馬頭観世音菩薩像」が、お堂の中に安置されています。


ペットの遺骨は、「馬頭観音堂」の下に葬って頂けるそうです。


お堂の脇の「犬猫供養塚」の前に並べられた「塔婆(とうば)」の殆どが、ペットを供養するためです。グリフィンのお塔婆もお願いしました。

DSC_0023.JPG


墓地の入り口脇にあるのが、「三味観世音犬猫供養塔(糸塚)」です。

DSC_0021.JPG


午後4時から本堂で行われる「夕勤行(ごんぎょう)」で、グリフィンの回向をして頂きました。

DSC_0035.JPG


この日は、五組の家族が勤行に参加していましたが、お塔婆を見ると、全てペットの供養でした。


16時半に勤行が終了し、グリフィンの骨壷を社務所にお願いして、回向院を後にしました。


同院境内には、他に「塩地蔵」、「力塚」、「鼠小僧次郎吉の墓」などの名所もあるので、次回、グリフィンのお参りに来たときに見学しようと思います。


===「ペット・動物」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/a6404fe72dc7d669f8c8da0916417ced

1~15匹  省略

16匹 2013/12/15 『黄色い絨毯の上で』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a77fde387be6945a10c7e568fd0c119

17匹 2014/3/11  『ペットの平均寿命 犬14.2歳 猫15.0歳』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48abf15960805fac8e9c2aa2411603b3

18匹 2014/9/6   『上海野生動物園』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53932301b6b51c8971ab48e850f771cb

19匹 2014/12/11 『あられもない姿を晒しています』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8e1012e193f97be951931e8ba52a4182

20匹 2015/3/3   『「万里の長城」の“狗熊”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab46d1aa06abf9d4909a5a3b006c3c14

21匹 2015/3/11  『何の動物に見えますか?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6886347b152072a685ffcd30ed7981ad

22匹 2015/4/22  『14歳になってしまった!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3c0d21fe095b76c35758b52e2ac9ce5e

23匹 2015/6/9   『血液検査結果』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea9c01291507e3d436e02c79724ebc33

24匹 2015/11/25 『“要介護2”の状態です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/210dcee6cf9a61b5fa8b30b37b78158b

25匹 2015/12/29 『ペット用おむつ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8b25c51a7973131c89bf85e4104caa3

26匹 2016/1/21  『何も食べなくなりました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f204e5edeb27babd49e053224493a07

27匹 2016/1/25  『14歳9ヶ月で天国へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ae769630b7f1af0a3c75863db4bf2e2d

28匹 2016/1/28  『グリフィンを見送りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ca4cdcc8562eb2729068689de961471

29匹 2016/2/15  『初めての月命日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47428cfe3488afebd370be51a6bc681c


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

映画 Film97 『初恋のきた道』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第97回は、『初恋のきた道』をお送りします。

aajia12.jpg


『初恋のきた道』は、1999年に公開された張芸謀(チャン・イーモウ)監督の中国映画。


中国語の原題は、「我的父亲母亲」。英語のタイトルは、「The Road Home」です。


主演は、章子怡(チャン・ツィイー)。他の出演者は、鄭昊(チョン・ハオ)、孫紅雷(スン・ホンレイ)、など。


チャン・イーモウの作品は、これまでに;

1999年の『あの子を探して』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a214c30203198fb23fe5268a4235fc75

2004年の『LOVERS』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4082519a5204fd86da2bb95255fe14b4

2005年の『単騎、千里を走る。』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0bfbe4de3b52cbd002aae613e72a86d

の三本を紹介しています。


チャン・ツィイーが出演した映画は;

2004年の『LOVERS』

2005年の『SAYURI』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbe14400f5871f9f08594b6ec5471725

のニ本を取り上げています。


あらすじは、都会で働いている孫紅雷演じる駱玉生(ルオ・ユーシェン)(語り手)が父の急死の知らせを聞き、久しぶりに故郷の小さな農村に帰って来ました。

父を亡くして憔悴している母は、街の病院から遺体をトラクターでなく、伝統通りに葬列を組み、棺を村まで担いで戻ると言い張り村長らを困らせています。

ここまでは、モノクロで映し出されていた画面が、若かりし父と母の出会いのシーンになると、カラーになります。

チャン・ツィイー演じる若き母 招娣(チャオ・ディ)が18歳の頃、学校が無かったこの村に初めて都会から先生がやって来ることになりました。

ディは、鄭昊演じる若き先生 駱長余(ルオ・チャンユー)に一目惚れしますが。。。


この映画を初めて観たのは、2008年にテレビで放映された時でした。


内容に感動し、いつかまた観たいと思っていたころ、「午前十時の映画祭7」のラインナップに入っていることを知りました。


「午前十時の映画祭」は、特に素晴らしい傑作娯楽映画を選び、1年間にわたり“午前10時”から連続上映する催しです。


料金は、一般が1,100円(税込)、学生が500円です。


今回、『初恋のきた道』を観に行ったのは、「TOHOシネマズ 日本橋」。

DSC_0004.JPG


同シネコンに行くのは、昨年11月の『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72aea128f193821fb37a73fb6ca9fca1 以来です。


座席数110のスクリーン2は、朝10時からの上映のためか、25~30人くらいの入りでした。


『初恋のきた道』の上映が始まりました。


オープニングのクレジットタイトルがアルファベットでしたが、エンディングのクレジットは中国語でした。


デジタル処理がされているためか、テレビで観た時より画面も字幕が見易かったです。特に、画面がカラーに切り替わってから風景の鮮やかさが際立っていました。


またテレビの画面でははっきりと分からない、画面隅の風景や人物の表情までクッキリと見ることが出来ました。


印象的だったのは、村から街へ続く道が二人が出会った時から、1990年代後半になっても舗装されずに、昔は馬車で移動し、今では葬儀の棺をトラクターで運んでいたことです。


『あの子を探して』を観たときも思ったのですが、中国農村の貧しさは昔から連綿と続いているのですね。


それと、チャンユーが街に強制的に連れ戻された時、ディが彼に食べさせようと作った餃子を入れたお椀を持って追いかけた時に、転げ落ちて割ってしまったお椀を、盲目の母親が陶器修理屋に直して貰うシーンです。


そんな貧しい農村では、割れた陶器をあの様に修理していたのですね。そして母親の思いやりにも心を打たれました。


このシーンだけでなく、ディの一途な想いに何度が涙を流しました。映画を観て泣くのも久しぶりです。


三宝(サンパオ)の音楽もオーソドックスな使い方ですが、ロマンチックなシーンを演出するのに効果的でした。


第50回ベルリン国際映画祭:銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞するなど、国際的評価も高いこの映画、チャン・イーモウの演出は勿論ですが、チャン・ツィイーの美しさが成功の鍵かもしれませんね。


19歳で映画初出演のチャン・ツィイーの美しさが際立っていました。

0708179.jpg


観る前は、再上映作品の「午前十時の映画祭」の料金1,100円は高く、700~800円が妥当だと思っていましたが、観終わって、逆に安いと感じる程に、『初恋のきた道』は素晴らしかったです。


また、以前、原題から安易な邦題の付け方を批判したことがありました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e598c764e0fbf3b8a9c460ad43149516 が、この作品に関しては、肯定的に思いました。


原題の「我的父亲母亲」を直訳すれば、“私の父親母親”と映画の題名には相応しくないですよね。英題の「The Road Home」でも“故郷への道”とストレートです。


やはり、愛する人が馬車に乗りやって来て去って行ってしまった道、そしてその最愛の人が遺体となり、多くの教え子達に担がれて帰って来る道は、『初恋のきた道』としか呼び様がないですね。


尚、「TOHOシネマズ 日本橋」を含む「午前十時の映画祭」GROUP Bの映画館での『初恋のきた道』の上映は、1月27日(金)迄です。

 



 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~85 省略

Film86 2016/10/17 『青天の霹靂』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8bf6fa67456908dbf5c0f96529914a31

Film87 2016/11/6 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c7b44a24274790d625bbede27025cb7d

Film88 2016/11/14 『あの子を探して』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a214c30203198fb23fe5268a4235fc75

Film89 2016/11/19 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72aea128f193821fb37a73fb6ca9fca1

Film90 2016/12/2 『君よ憤怒の河を渉れ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dc3a91965d9abd9160ccb433defe98e

Film91 2016/12/5 『レヴェナント:蘇えりし者』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1933f2201a2fb9fde2b1551da99b2f6a

Film92 2016/12/10 『起終点駅 ターミナル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b14b9a9209fd0facd653bca53d18778c

Film93 2016/12/23 『ホットロード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f49dcfb2c1a5aa6a3313602c040d2b5

Film94 2016/12/28 『ミスター・ルーキー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48f360c5297448a5a7a7ff5a9675d4b4

Film95 2017/1/5 『ザ・ヤクザ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9af38fb30d6cb59c8bbb64531242a445

Film96 2017/1/15 『母と暮せば』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/012d2dba6f1c44a76922b271b7ee1f9a
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

テレビ Vol.159 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV]番組」を紹介するシリーズの第159回は、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』をお送りします。

topjs_img_mainvisual_170102.jpg


『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、テレビ東京系列で土曜日に不定期で放送されている旅番組です。


この番組は、2007年10月にスタートし、太川陽介と蛭子能収(えびす よしかず)に毎回異なるゲストの「マドンナ」を加えた3人が、路線バス[バス]を乗り継いで3泊4日の日程内に目的地への到達を目指します。


旅行中、様々なパプニングに出会い、目的地への到達が叶わないこともある面白さから、好きな番組でした。


ところが、これまで足かけ10年、24弾まで続いてきた太川と蛭子のコンビでの旅が、1月2日放送の第25弾でラストを迎えてしまいました。


お正月特番として3時間に亘り放送されたのは、元おニャン子クラブの新田恵利を「マドンナ」に迎え、福島県会津若松市から秋田県由利本荘市をゴールとする旅でした。


普通なら最終回と言うことで「ハッピーエンド」で終わるのに、時間内に目的地にたどり着けないというまさかの終わり方でした。


まあここら辺が、この番組の人気なのかも知れないですね。


それにしても、『新チューボーですよ!』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb も、太川と蛭子のコンビ旅も終わってしまい、寂しい限りです。





===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~145 省略

Vol.146 2016/11/1 『ドラマ「レンタル救世主」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06ec4759cd164e4bd8f953c05a01a8ce

Vol.147 2016/11/4 『ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22817ec8420dc237f0832b5471d499aa

Vol.148 2016/11/7 『ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc4566ed0801c887f394af1c4ec50c50

Vol.149 2016/11/10 『ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a5a4ee7a66958c9b3fff8e81fb3bc80

Vol.150 2016/11/13 『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9b7c5a30e85fc68a07efeca8e0b471c

Vol.151 2016/11/24 『あいつ今何してる?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d24abb022109a4e1e53276d623db4eb4

Vol.152 2016/12/4 『朝だ!生です旅サラダ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c019800fe5359fe256e8a91c7b2cef06

Vol.153 2016/12/8 『真相報道 バンキシャ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e2fb2409450160f1032c703a841e89c

Vol.154 2016/12/18 『がっちりマンデー!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ba0b8b815efbfc839ca8b2ed07cb6ce

Vol.155 2016/12/25 『クリスマスの約束 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1c49470e8c331e63bfd0702c34967a29

Vol.156 2017/1/2 『ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

Vol.157 2017/1/11 『アナザーストーリーズ「冬のソナタ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3c0ba25129c445a55068056fa287b1

Vol.158 2017/1/14 『「新チューボーですよ!」最終回』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb



nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

グルメ 183食 『福島の酒 「冩樂(しゃらく) おりがらみ」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第183回は、『福島の酒 「冩樂(しゃらく) おりがらみ」をお送りします。

CCF20170109_00000.jpg


『東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e539412b2672ecbb8e1f39826dd3ea11 に賛同して、家でも外でも日本酒を飲む時は、“福島の酒”を優先的に選んでいます。


今日ご紹介するのは、福島県会津若松市の蔵元「宮泉銘醸(めいじょう)」の『冩楽 おりがらみ』です。


会津の歴史を象徴する鶴ケ城のすぐ近くにある宮泉銘醸は 、昭和29年に會津の老舗である「花春酒造」から分家創業しました。


だいぶ前になりますが、鶴ケ城を観光した後に、同蔵元を見学に訪れたことがありました。


その頃は、この蔵元の一番銘柄は「宮泉」で、「冩樂」の名前は目にしませんでした。


「冩樂」が、一躍脚光を浴びたのは、平成26年10月に開催された「酒コンペティション2014」の純米酒と純米吟醸のニ部門で一位になってからです。

CCF20170109_00002.jpg


その後、東京の酒専門店のチラシにも登場する様になりましたが、なかなか入手が困難な酒です。


今回、飲んだのは12月1月限定販売の「冩樂 純米吟醸 おりがらみ 生酒」。

CCF20170109_00001.jpg


この酒は、寒い時期限定で出荷する澱(おり)をからめた、うすにごりの火を一切通さない生酒。初しぼりのフレッシュ感に併せ、落ち着いた立ち香に加え、口の中に入れると果実の様な含み香が特徴です。


酒専門店の何軒かに電話して入荷が確認出来たのが、文京区千駄木にある「伊勢五本店」でした。

DSC_0004.JPG


一升瓶の価格は、3,564円(税込)。

DSC_0010.JPG


正月に来客があり、開けたところ、「美味しい。美味しい」と、あっという間に無くなってしまいました。


その後、銀座の焼き鳥屋「鳥ばか一代」を訪れた際に、「冩樂 純米酒」が置いてあったので、頂くことが出来ました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


「宮泉銘醸株式会社」の住所は、福島県会津若松市東栄町8番7号。電話番号は、0242-27-0031[電話]です。


尚、「隊長のブログ」では、“福島の酒”を、これまでに10銘柄紹介しています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f8a5cd0c50fe237894b328c45ad05e3


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~170食  省略

171食  2016/7/5   『福島の酒「大七 純米生酛爽快冷酒」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ded4c00d7869b1aa621c569baefd8e35

172食  2016/8/5   『ポーカーフェイス(Poker Face)3姉妹』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc42b15d8c4e5106fa78d84fe546b9ff

173食  2016/8/12  『銀座「パラダイスダイナシティ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc7097e33a0aeaef40fa24c9f13f9ebb

174食  2016/9/1   『家飲みウィスキー No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8b827e125e02eb90c0de4327fe329f8

175食  2016/10/4  『家飲み日本酒 No.6』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/316ca9220492fe5546cf05a2050ab5f7

176食 2016/11/3  『四ッ谷“Kamiya”のランチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/618bdfe8272183e77cc1d70786c659e8

177食  2016/11/16 『霧島三兄弟』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e3ba61075191bb075be13e1987a900a

178食  2016/11/26 『いつも美味しい「魚友寿し」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa9c2c996556e67af79d6deb78843aa0

179食  2016/12/3  『プレミアムビール No.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65fc3569cd33ca02ef09cce2a554bf2c

180食  2016/12/6  『「柿ピー」いろいろ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18f84c18746e14fd8d0feb2b220f3266

181食  2016/12/21 『やまや「めんたいのり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5971dd6d2fa8306c94ccf85689ac09b1

182食  2017/1/6   『ノルウェー産からすみのお味は。。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e7944c6e0646f569e533c19c1f546a8


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画 Film96 『母と暮せば』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第96回は、『母と暮せば』をお送りします。

CCF20170115_00000.jpg


1月14日(土)の午後に、「シビックシシアター☆トークショー『母と暮せば』上映と井上麻矢氏トークショー」と題したイベントに参加しました。


会場は、文京シビックセンター⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/08c4444122679eb71808ad22214e0098 2階の「文京シビックホール小ホール」です。


同小ホールに行くのは、昨年5月の『林家たい平独演会』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a 以来。


この催しは、「公益財団法人 文京アカデミー」の主催で、第1部が『母と暮せば』の上映、第2部が井上麻矢氏のトークショーでした。


『母と暮せば』は、2015年12月12日に公開された山田洋次監督の作品です。


山田監督の作品は、『たそがれ清兵衛』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8f9600bd35ed0b274b52cabf8d582bcd を紹介しています。


この作品は、作家の故・井上ひさしが晩年に構想していた、広島・長崎・沖縄をテーマにした「戦後命の三部作」の想いを山田監督が引き継ぎ、長崎の原爆をテーマに制作されました。


広島を舞台にした井上氏の戯曲「父と暮せば」と対になる作品です。


主演は、吉永小百合と嵐の二宮和也。


吉永さんは、高倉健さんと共演した映画『海峡』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a を、


二宮君は、TVドラマ『優しい時間』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/35e5e44706cb73570fd16a7ef3454664 を紹介しています。


他の出演者は、黒木華(はる)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0657d42b6fa12d58df2b7f9302a1e638 、浅野忠信、橋爪功、など。


初めて観た時には、気がつかなかったのですが、子役でスケーターの本田望結(みゆ)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b510dbde8f015feb79fa4267a080027e も、出演しています。


音楽を坂本龍一が担当しています。


あらすじは、長崎医科大学に通う福原浩二(二宮和也)は、授業中に被爆し、一瞬の内に跡形もなく死んでしまいました。


それから三年、母親の助産婦 信子(吉永小百合)は、浩二のいいなずけ町子(黒木華)の支えを受けて、慎ましく暮らしていました。


そんな信子の前に、浩二の亡霊が現れます。。。


この映画を初めて観たのは、昨年5月 中国鄭州市に向かう中国南方航空の機内です⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b2c19ace1fa5a4aa572f356ce69c67eb


ちなみに、帰りには『レヴェナント:蘇えりし者』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1933f2201a2fb9fde2b1551da99b2f6a を観ました。


中国の航空会社の機内で、日本映画と米国映画を上映していて、偶然とは言え『レヴェナント:蘇えりし者』の音楽も坂本龍一が担当しているのには驚きです。


第2部では、井上ひさし氏の三女で、劇団「こまつ座」の社長 井上麻矢氏が、「父・井上ひさしの想いを継いで」と題して、『母と暮せば』誕生の経緯(いきさつ)や、エピソードを話してくれました。


話しがそれてしまいますが、トークショーの前に司会の方が井上麻矢氏の紹介をして、「映画の“裏話”を話して頂きます」と言われました。


“裏話”だと、「政界の裏話」だとか、少し品のないニュアンスを含んでいるのに対して、“エピソード”には「微笑ましエピソード」など、好意的なニュアンスもあるので、この場合は“エピソード”の方が良いと思いました。


麻矢氏は、山田監督とお会いして食事をした時に話したことで、この映画が誕生したことや、監督は最初から母親役に吉永小百合をイメージしていたことを語ってくれました。


また、浩二のモデルには、1945年に戦死した詩人の竹内浩三で、浩三もメンデルスゾーンの曲が好きだったと紹介してくれました。


信子が浩二に連れられて天国に旅たって行くラストシーンに流れた合唱の詞が、広島で被爆した原民喜(たみき)の小説「鎮魂歌」を元にしていることも話してくれました。


改めて『母と暮せば』を観て、そして麻矢氏の話しを聞き、ひさし氏や山田監督の想いに、出演者、スタッフが見事に応えて、感動的な作品が出来上がったと思いました。


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~85  省略

Film86 2016/10/17 『青天の霹靂』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8bf6fa67456908dbf5c0f96529914a31

Film87 2016/11/6  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c7b44a24274790d625bbede27025cb7d

Film88 2016/11/14 『あの子を探して』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a214c30203198fb23fe5268a4235fc75

Film89 2016/11/19 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72aea128f193821fb37a73fb6ca9fca1

Film90 2016/12/2  『君よ憤怒の河を渉れ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dc3a91965d9abd9160ccb433defe98e

Film91 2016/12/5  『レヴェナント:蘇えりし者』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1933f2201a2fb9fde2b1551da99b2f6a

Film92 2016/12/10 『起終点駅 ターミナル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b14b9a9209fd0facd653bca53d18778c

Film93 2016/12/23 『ホットロード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f49dcfb2c1a5aa6a3313602c040d2b5

Film94 2016/12/28 『ミスター・ルーキー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48f360c5297448a5a7a7ff5a9675d4b4

Film95 2017/1/5   『ザ・ヤクザ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9af38fb30d6cb59c8bbb64531242a445


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

テレビ Vol.158 『「新チューボーですよ!」 最終回』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第158回は、『「新チューボーですよ!」 最終回』をお送りします。

C0dXIHXVQAE3CbD.jpg


22年9ヶ月にわたって放送されてきた長寿番組「新チューボーですよ!」が、昨年の12月24日(日)に最終回を迎えました。


この番組は、堺正章がMCを務める料理番組『チューボーですよ!』として、1994年4月にスタートしました。


30分間の放送時間で、街の巨匠といわれるシェフ3人が紹介したその日の料理を、毎回異なるゲストと共に、堺が調理し、最後にゲストからその料理に星を貰うという料理番組というより、バラエティーの要素が強い内容でした。


最終回のゲストは、初代アシスタントの雨宮塔子と、俳優の唐沢寿明。


以前、親子丼の回で「鳥つね」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a7b088f28953b6aae9045c9574a5cc68 が紹介されたこともあり、好きな番組の一つでした。

DSC_0007.JPG


しかし、最近は視聴率も低迷していた様で、番組が打ち切りになってしまったのでしょう。


番組でも、アシスタントをその時の “旬” のタレントを起用するなど、テコ入れをしていたのでしょうが、功を奏しなかったのかも知れません。


ちなみに、現在のアシスタントは、モデルの森星(ひかり)と、お笑い芸人の吉村崇(たかし)。


堺さんも、同じ「スパイダース」のメンバーだった井上順さんなど、同年代の方がゲストの時には“ノリノリ”でしたが、若いゲストの時には話が噛み合わない時も見受けられました。


それにしても、堺さんの“いただきました、星、○つです!”の名セリフが聞けなくなるのが残念です。


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~145  省略

Vol.146 2016/11/1  『ドラマ「レンタル救世主」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06ec4759cd164e4bd8f953c05a01a8ce

Vol.147 2016/11/4 『ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22817ec8420dc237f0832b5471d499aa

Vol.148 2016/11/7  『ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc4566ed0801c887f394af1c4ec50c50

Vol.149 2016/11/10 『ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a5a4ee7a66958c9b3fff8e81fb3bc80

Vol.150 2016/11/13 『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9b7c5a30e85fc68a07efeca8e0b471c

Vol.151 2016/11/24 『あいつ今何してる?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d24abb022109a4e1e53276d623db4eb4

Vol.152 2016/12/4  『朝だ!生です旅サラダ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c019800fe5359fe256e8a91c7b2cef06

Vol.153 2016/12/8  『真相報道 バンキシャ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e2fb2409450160f1032c703a841e89c

Vol.154 2016/12/18 『がっちりマンデー!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ba0b8b815efbfc839ca8b2ed07cb6ce

Vol.155 2016/12/25 『クリスマスの約束 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1c49470e8c331e63bfd0702c34967a29

Vol.156 2017/1/2   『ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

Vol.157 2017/1/11  『アナザーストーリーズ「冬のソナタ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3c0ba25129c445a55068056fa287b1
                                                                                                                                                                                                          


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ダンス Part68 『キエフ・バレエ 「白鳥の湖」』 [ダンス]

隊長が好きな「ダンス」を紹介するシリーズの第68回は、『キエフ・バレエ 「白鳥の湖」』をお送りします。

キエフ・バレエ.jpg


キエフ・バレエ 「白鳥の湖」を観て来ました。


会場は、有楽町の「東京国際フォーラムホールA」。


同ホールを訪れるのは、一昨年12月のクラシック・コンサート⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1c71f27ea2cb76ab8a8d51abaa53d585 以来、三度目です。


「キエフ・バレエ」の正式名称は、「タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ」。


同バレエ団は、140余年の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称される、ウクライナ国立アカデミー・オペラ・バレエ劇場を本拠地としています。


2013年8月に、「眠りの森の美女」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07c02f31f64e688e1cd757e5069189cc


2014年12月には、「くるみ割り人形」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e608dd0904212e34215baa9fbbbf3132 を観賞しています。


今回、白鳥オデットと黒鳥オディールの二役を演じるのが、カテリーナ・カザチェンコ。

cast_3.jpg


ジークフリート王子を演じるのは、デニス・ニェダク。

cast_5.jpg


演奏は、ウクライナ国立歌劇場管弦楽団でした。


前から13列目と良い席だったので、踊りだけでなくバレエダンサー達の表情までも良く見えました。


主役二人の踊りはもちろんですが、出演した全てのダンサーのレベルが素晴らしいですね。


バレリーナ達はみなスタイルが良く、美しい叙情あふれる踊りを見せてくれます。


特に白鳥達の群舞は、まさに“一糸も乱れぬ”見事なものでした。


男性ダンサーたちも抜群のテクニックで、ダイナミック溢れる踊りでした。


正月から、クラシックバレエの王道「白鳥の湖」を満喫しました。


===「ダンス」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/aa03bee8ce98591f1fc4f56a3adfa3c1

Part1~55  省略

Part56 2015/4/27 『ダンス発表会 QUEST Vol.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea081ef5a49553105ccbc068420c1c74

Part57 2015/7/13 『隊長の謂われ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2567624b2929cd260f9812fe97ede6a2

Part58 2015/7/19 『JUST DO IT 2015@CLUB CITTA』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/411f93586c5581daa98a7ea96deb67f4

Part59 2015/10/5 『KP SHOW! Vol.10』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4af9fd330883a40764176f32c27b4759

Part60 2015/10/20『Straight Street Vol.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68e1633064e98868e9832342968fbbdf

Part61 2015/11/1 『ハロウィン 仮装 de レッスン 2015』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0165ca60195d0fa2f2131cb98d55f409

Part62 2015/12/26『クリスマスは「ムービーダンス」に挑戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/de39e775a791adb144ef6ed92bdbf6b4

Part63 2016/2/12 『KP SHOW! Vol.11』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47d17c7063a3a37e4ca725e5e5b3a7f8

Part64 2016/3/12 『RADIO FISH:PERFECT HUMAN』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fcfe7350d5e0f9c655b20e2f116022a

Part65 2016/5/9  『Dance A Lacarte“QUEST Vol.5”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9c02b2d19ad38d1c8dd9eac9daa6f96

Part66 2016/10/31『ハロウィン 仮装 de レッスン 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a0d60366591c126b7792e76de51e382f

Part67 2016/11/9 『Straight Street Vol.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1352d68a9c9604deef15769e50b7f584


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感