So-net無料ブログ作成
検索選択

旅行記 第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』 (その6) [旅行記]

 『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』(その5)は、こちら⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ac8dc1154a314553e3dcea28776af906

11:20頃に、「界 鬼怒川」から、星野リゾートが運行している宇都宮駅行きの、冬季限定無料バスに乗り込みました。


バスは、国道121号を「日光東照宮」目指して走ります[バス]。途中、「鬼怒川ライン下り下船場」横を過ぎたあたりから、睡魔が襲って来ました。


気が付くと、「大谷川(だいやがわ)」を渡り日光市内に入っていました。


「日光山輪王寺」脇を抜け、「東武観光センター日光店」前で途中下車したのが、正午近く。「界 鬼怒川」から約40分の快適なバス移動でした。

DSC_0131.JPG


荷物をコインロッカーに預け、最初の目的地「輪王寺」に向かう坂道を上がります。


天気は、朝の晴れから曇り空[曇り]に変わっていました。迷ったのですが、携帯傘を持参しませんでした。その判断を後で後悔することになろうとは。


12:10頃に、「日光山輪王寺黒門」前に到着。門を潜り、境内に入りましたが、「三仏堂(さんぶつどう)」が修理中だったので、次の目的地「日光東照宮」へ行くことにしました。

DSC_0132.JPG


「表参道」を進むと、間もなく「一の鳥居」が見えてきました。

DSC_0139.JPG


重要文化財に指定されている「五重塔」は、写真撮影だけに留め、拝観券売場で「日光東照宮」拝観券 1,300円を購入して、「表門」を潜ります。

DSC_0140.JPG


「神厩舎(しんきゅうしゃ)」の長押(なげし)の上にある“見ざる、聞かざる、言わざる”で有名な「三猿(さんざる)」は、残念ながら修復中で飾られているのはレプリカだそうです。

DSC_0142.JPG


2013年から“平成の大修理」が行われていた国宝の「陽明門(ようめいもん)」は、ほぼ修理が完成しているのでしょうが、この日は、3月10日の“お披露目式”用の五色の幕で覆われていました。

DSC_0144.JPG


下の写真は、拝観券に印刷されている陽明門の姿です。

CCF20170307_00002.jpg


8日後に訪れていたら、全貌を見ることが出来たのでしょうが、それでも幕の切れ間から、修復後の綺麗な彩色が施された姿を見ることが出来ました。

DSC_0148.JPG

DSC_0147.JPG

DSC_01461.jpg


次に、東廻廊(ひがしかいろう)にある、これも国宝の「眠り猫」と、その裏側の「雀の彫刻」を見ました。

DSC_0150.JPG


この二つの彫刻は、天敵の猫も居眠りしているから安心できるほどの平和を表しているとの説もありますよね。

DSC_0158.JPG


次に、家康公の墓がある「奥宮(おくみや)」を訪れることにしました。200段ある急な階段を登っていると、ポツリポツリと雨が降って来ました。ここで引き返す訳にはいかないので、奥宮を目指します。

DSC_0156.JPG


息せき切った階段を登りきったところにあるのが、「奥宮拝殿」です。

DSC_0151.JPG


そのさらに奥が、家康の“神柩(しんきゅう)”が収められている唐銅製の「奥宮宝塔(ほうとう)」です。

DSC_0155.JPG


昨年10月には、「久能山東照宮」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a/1 を訪れています。


半年の間に、両東照宮で家康公のお参りが出来たとは、ありがたいことですね。


ところが、日頃の行いが悪いのか、お参りのご利益なく、雨が本降り[雨]になって来ました。やはり、コインロッカーに携帯傘を置いてきたのは失敗でした。


雨の中、階段を下り、「唐門(からもん)」を見学。唐門は修理が完成していて、精緻(せいち)な彫刻が白く輝いています。

DSC_0149.JPG


「拝殿」(写真撮影禁止)の中に入り、次にこれも有名な「鳴竜(なきりゅう)」のある「本地堂」に向かいます。

DSC_0159.JPG


以前「日光東照宮」を訪れた時にも、「鳴竜」を見学しているのですが、改めて見ても、天井に描かれた躍動感溢れる竜の姿は、迫力満点です。


「本地堂」の外は、さらに雨足が強くなってきました。傘もなし、さてどうしましょうかね。

★ 続きは、『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』 (その7:最終回)で ★


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅行記 第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』 (その5) [旅行記]

『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』(その4)は、こちら⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/26bd212e0c3f204fa338b2cbaf9f1b49


【2日目:3月2日(木)】 日光東照宮を見学。東武日光駅から「日光8号」で帰京。


旅の2日目、「星野リゾート 界 鬼怒川」で起床したのが7時です。


7時15分頃に温泉に入浴しに行きました。この日の日光地方の天気予報は、雪[雪]。気温は、-1℃~9℃です。


朝方は、寒いですが、陽が射していました[晴れ]。大浴場には、先客が二人だけ。


その二人が出た後は、一人きりで朝の露天風呂[いい気分(温泉)]を満喫していました。


すると、鳥のさえずりが聞こえて来ます。声のする当たりを探すと、露天風呂の壁に鳥の巣の様な物が掛かっています。何の鳥の声か気になったので、朝食時にスタッフに聞くことにしました。


前夜、朝食時間を8:15で予約しました。理由は、NHKの朝ドラ『べっぴんさん』 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a36e84df847c511cc87d876afe30ec8e を観てから、食事をしたかったからです。


部屋で朝ドラ[TV] を観終えて、「お食事処」に向かいました。


今朝の接客係は、女性です。彼女に、露店風呂で聴いた鳥の鳴き声について話すと、男性の露店風呂のことは、わからないので、男性スタッフに聞いて来ると奥に消えました。


戻って来た彼女の答えを聞いて、朝から顔が真っ赤になるほど恥ずかしい思いをしました。


隊長が聴いた鳥のさえずりは、BGMで、“鳥の巣”に見えたのは、スピーカーだとのこと。さらに間が悪く、「お食事処」で流れていたBGMが、丁度、音楽から鳥の鳴き声の代わりました。


そう言えば、昨晩、露店風呂に入っている時に、音楽のBGMが流れていた事を思い出しました。


バツの悪い思いをしながら、朝食に箸をつけました。

DSC_0110.JPG


この日の「あさごはん」の献立表です。

CCF20170307_00000.jpg


先ほどのバツの悪さは何処へやら、朝食は全てが美味しかった。


特に“鮎塩焼き”の味は絶品です。これまで食べた“鮎塩焼き”の中で、一番美味かった。


食後のお菓子は、「雨水(うすい)」と名付けられた最中(もなか)です。

CCF20170307_00001.jpg

DSC_0112.JPG


夕食でも、“鶏の最中射込み揚げ”⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1b7ea79ef68ff876efa78c8bd472c0ef が出ました。料理長は、最中を使うのが好きなのですね。


「星野リゾート 界 鬼怒川」は、離れた場所にあるので、せっかく鬼怒川温泉に来たのに、温泉街の雰囲気をまだ味わっていません。


そこで、朝食後に温泉街まで散歩をすることにしました。


9:15頃にスロープカーで、鬼怒川沿いのエントランスまで下ります。

DSC_0120.JPG


スタッフに撮影ポイントとして勧められた「ふれあい橋」まで歩いて行きました。

DSC_0122.JPG


鬼怒川沿いにホテル、旅館が隣接して建っています。

DSC_01245.jpg


宿に戻り、この日二度目、昨日から数えて四回目の温泉入浴です。今回は、先客も無く、一人で最後の温泉を満喫しました。


脱衣場には、時計があるのですが、大浴場、露店風呂には時計がありません。初めて入った時は、時計が無いと食事の時間迄、どれくらいあるか分からないので不便だと思いました。


その後、脱衣場と「湯上り処」以外、ロビーにも、「お食事処」にも、館内に時計がないことに気がつきました。


「星野リゾート 界 鬼怒川」に来たら、時間を気にせずに、“至福の時”を過ごして下さいとの配慮でしょう。


この日は、 日光東照宮の見学の予定です。当初は、会津若松駅から東武日光駅まで直通の「AIZUマウントエクスプレス4号」に鬼怒川温泉駅から乗車しようと思っていました。


その後、冬季限定で、星野リゾートが「界 川治」から「界 鬼怒川」、東照宮を経由して宇都宮駅まで無料バスを運行していることを知り、予約しました。


バスの到着予定は、11:20です。チェックアウトを済ませ、それまで、ロビーで無料のコーヒーを飲みながら、時間を潰しました。ちなみにチェックアウトは、正午までと、さらにゆったりと過ごすことも出来ます。


ほぼ定刻に送迎バス[バス]がやって来ました。

DSC_0130.JPG


★ 続きは、『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』 (その6)で ★



===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

第1回  『平泉・八幡平・十和田・八甲田 3日間』2012年10月13日~15日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7315a7371037607ee0018ab698f48d27

第2回  『佐野厄除け太師・足利学校 日帰り』2012年11月22日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/109d7c1a58f7a47e19806169cddf8c7f

第3回  『秋の能登半島一人旅』2013年10月23日~24日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-saan2014/e/7f7cb26c7365b92fe89e728685bcd93e

第4回  『雪の会津東山温泉 東鳳』2014年3月8日~9日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8fe76d225d31459d19d070f4f3e0c264

第5回  『春の伊豆でいちご狩り』2014年3月30日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0772182a4b84c5a219827e7c31e1b7ea

第6回  『小江戸川越 日帰り旅行』2014年5月28日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f88a5e0fac35c4e4a8b2060537c6424

第7回  『横浜山下公園の氷川丸』2015年3月17日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fae5b793311d150fef5db7920747915f

第8回  『春の飛騨高山・白川郷・松本・高遠 3日間』2015年4月12日~14日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/beb7aed85d23c8997bb6b7d656293ef0

第9回  『初冬の秋田 2日間』2015年12月5日~6日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01f6e24e59df411d42a50f986ea5eca2

第10回 『春の三島大吊橋とハワイアンズ』2016年3月27日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ea737de674d44aa97007413023705eb

第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9

第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2

第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b

第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

本と雑誌 25冊 『瞳みのる 老虎再来』 [本と雑誌]

隊長が読んだ「本と雑誌[本]」を紹介するシリーズの第25回は、『瞳みのる 老虎再来(ろうこさいらい)』をお送りします。

51NI88Q2ubL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg


『瞳みのる 老虎再来』は、グループサウンズ「ザ・タイガース」で“Pee”と呼ばれた男、瞳 みのるの「今」が完全収録されています。


1946年生まれの瞳 みのる(本名:人見 豊)、「ザ・タイガース」解散後は、芸能界を引退し、慶應義塾高等学校の教師として長い間、教壇に立っていました。


本書は;

カラー・グラビア 老虎再来

瞳みのるインタビュー「人生のハーモニー~ザ・タイガースのDNA~」

瞳みのる 京都講演会

瞳みのる「沢田研二LIVE 2011~2012」ツアーダイアリー

の四部で、構成されています。


『瞳みのる 老虎再来』を、読みたい思ったのは、平野久美子著『テレサ・テンが見た夢』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/003c34225930ed81542e35caf5ec30fc を、読んだ時です。


同書では、平野さんのインタビューに、テレサ・テンを「結局、こうやって伝説になっていくんだろうなあ」と語っていて、瞳さんのことをもっと知りたくなったからです。


中卒で、芸能界にデビューし、トップスターに上り詰めたのに、あっさりとその地位を捨て、改めて高校、大学を卒業し、全く畑違いの高校教師になった瞳さん。


それも、漢文・中国語を担当していたとは、驚き、そして興味を引かれました。今でも、中国・日本を行き来し、活動されているとのこと。


この本を読んで、月並みな表現かもしれませんが、今年70歳の瞳さんのカッコ良い生き方に憧れました。まさに、「“Pee”健在なり」ですね。


尚、『瞳みのる 老虎再来』の発行は、株式会社祥伝社。価格は1,800円(税抜)です。

===「本と雑誌」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0

1~10冊  省略

10冊 2015/9/2  『島耕作の中国ビジネス最前線』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df82c2084a6ea9760a0a9c93eada5f1

11冊 2015/11/18『佐藤優著「知」の読書術』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9179ebc54e023ce1b5e4efd611f764bb

12冊 2015/12/9 『蝶野正洋著 プロレスに復活はあるのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abe691bc3a689e9c47e5efeda9014204

13冊 2015/12/21『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36dd3aaf4ea07815f7db88ae141ab7aa

14冊 2016/2/21 『絵本「世界がもし100人の村だったら」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc9866eaa55ea4162977a71eb3b5b71

15冊 2016/3/14 『自分がわかる!相手がわかる!使える!心理学』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b31c00738f2ba9342a9dc715601d26e

16冊 2016/4/28 『絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29973ce102c830e434a3d5254a8a234c

17冊 2016/5/22 『小泉武夫監修 日本酒百味百題』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/024f1e4cffac057d1640cfa975c60eea

18冊 2016/8/19 『清川虹子「恋して泣いて芝居して」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d376a06bdbc7339cdd9895dfa4e8e22

19冊 2016/10/22『四方田犬彦著 李香蘭と原節子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c480053b386de9398f64f43167273f0d

20冊 2016/11/22『有吉佐和子著「紀ノ川」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/504131fd665c00b7ee0e8f8b28dd1003

21冊 2016/12/7 『テレサ・テンが見た夢』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/003c34225930ed81542e35caf5ec30fc

22冊 2016/12/22『カクテル・ハンドブック』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a1f052d9bc97050f8418a8e12a5f4849

23冊 2017/1/12 『高倉健著「少年時代」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4243287003a72879856b54f7fd572ada

24冊 2017/2/9  『絵本「星の王子さま」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/10551068b08e5edb57b0be02773b31a1


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

旅行記 第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』 (その4) [旅行記]

『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』(その3)は、こちら⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1b7ea79ef68ff876efa78c8bd472c0ef


「星野リゾート 界 鬼怒川」での夕食を終え、ロビーに出たのが19時半頃です。


入れ替わりに、7時半に食事の予約をしたお客さんが、「お食事処」にやって来ます。この回の予約も、五組前後の様です。


9時からの益子焼きで出来た楽器の演奏会まで、時間があるので、ロビーに隣接した「トラベルライブラリー」で、休憩することにしました。

DSC_0097.JPG


「トラベルライブラリー」には、コーヒー、エスプレッソ、紅茶、ハーブティーなどが自由に飲めるドリンクコーナーがあり、食後のコーヒー[喫茶店]を頂きます。

DSC_0095.JPG


コーヒーを飲み終わった後には、栃木の民芸やお菓子が置いてある「ショップ」を覗きます。

DSC_0127.JPG


三々五々、お客さんがロビーに集まり始めました。


従業員スタッフによる、陶琴や、陶器の太鼓、笛など、益子焼でできた楽器演奏会の様子です。演奏するのは、オリジナル曲だそうです。

DSC_0099.JPG

DSC_0098.JPG

DSC_0102.JPG

DSC_0104.JPG


陶器ならではの柔らかく、温かみのある音色を楽しみました。




「お食事処」や、演奏会で見かけた人数から想像するに、この日の宿泊客は、10組~20組の間ではないでしょうか。


冬の平日、全48室が満室になることは、なかなかないのでしょうね。


演奏が終わると、部屋に戻らず、この日二回目の温泉を楽しむことにしました。


夜9時半を過ぎた大浴場と露店風呂には、先客がいません。一人のんびりと鬼怒川の湯[いい気分(温泉)]に浸かっていると、幸せな気分になれました。


部屋に戻り、テレビ[TV]を観ているといつのまにか睡魔が襲って来ました。


こうして、旅の一日目が終わりました。

★ 続きは、『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』 (その5)で ★



===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

第1回  『平泉・八幡平・十和田・八甲田 3日間』2012年10月13日~15日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7315a7371037607ee0018ab698f48d27

第2回  『佐野厄除け太師・足利学校 日帰り』2012年11月22日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/109d7c1a58f7a47e19806169cddf8c7f

第3回  『秋の能登半島一人旅』2013年10月23日~24日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7f7cb26c7365b92fe89e728685bcd93e

第4回  『雪の会津東山温泉 東鳳』2014年3月8日~9日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8fe76d225d31459d19d070f4f3e0c264

第5回  『春の伊豆でいちご狩り』2014年3月30日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0772182a4b84c5a219827e7c31e1b7ea

第6回  『小江戸川越 日帰り旅行』2014年5月28日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f88a5e0fac35c4e4a8b2060537c6424

第7回  『横浜山下公園の氷川丸』2015年3月17日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fae5b793311d150fef5db7920747915f

第8回  『春の飛騨高山・白川郷・松本・高遠 3日間』2015年4月12日~14日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/beb7aed85d23c8997bb6b7d656293ef0

第9回  『初冬の秋田 2日間』2015年12月5日~6日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01f6e24e59df411d42a50f986ea5eca2

第10回 『春の三島大吊橋とハワイアンズ』2016年3月27日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ea737de674d44aa97007413023705eb

第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9

第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2

第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b

第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474


nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅行記 第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』 (その3) [旅行記]

『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』(その2)は、こちら⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1663a2c95debef89c81596c45f7f9d6e


他のお客が入って来なかったので、大浴場と露天風呂[いい気分(温泉)]を一人でゆっくりと満喫することが出来ました。


部屋から持参した浴衣と丹前(たんぜん)を身に着けます。丹前は暖かくて良いのですが、ポケットが無いので、スマホなど入れる場所がないのが欠点です。


大浴場を出たのが、午後5時少し前でした。夕食時間の5時半まで、まだ時間があるので、大浴場前の「湯上り処」で休憩することにしました。

DSC_0068.JPG


「湯上り処」には、無料の電動マッサージ機と、


ドリンクコーナーがあります。

DSC_0064.JPG


ドリンクコーナーでは、栃木の日本酒三種類の試飲が出来ます。


この日試飲出来たのは、「男の友情」、「清開(せいかい)」、「門外不出」の三銘柄です。

DSC_0066.JPG


それぞれ美味しいのですが、今日の夕食時に飲みたくなる殆どではありませんでした。


そうこうする内に、5時半になったので、「お食事処」に向かいます。「お食事処」は、「大浴場」の隣にあるのですが、お客は行き来が出来ないので、長い渡り廊下をコの字の端から端まで移動しなければなりません。


廊下には屋根が付いているものの、吹き曝しのため、せっかく温まった体が湯冷めしてしまいそうです。


「お食事処」の入口。

DSC_0094.JPG


案内された席からは、暮れなずむ「中庭」が見えます。

DSC_0071.JPG


5時半に食事を予約したお客は、五組前後の様です。


テーブルの上には既に、献立表などが置かれていました。

DSC_0069.JPG


料理は会席で、全九品です。

CCF20170303_00001.jpg


飲み物は、最初は“一番搾り プレミアム”の生ビール[ビール]を頂き、風呂上りの喉を潤します。


「先付け」は、“牛ヒレ肉の一口カツ”と“ローストビーフ”。

DSC_0072.JPG


使われている器の殆どが、地元栃木の益子焼き。それも既製品ではなく、「星野リゾート 界 鬼怒川」の特注品だそうです。


また、食材も栃木産がメインとのこと。


「八寸」の器は、地元の名産「鹿沼組込」です。

DSC_0073.JPG


中は、左から“蕨のお浸し胡麻酢かけ”、“蚕豆(そらまめ)玉寄 じゅんさい”、“甘エビの笹寿司”、“菜の花の芥子(からし)和え”、“フォアグラの苺鋳込み”、“鱒の木の芽焼き”、“山菜の白扇揚げ”、“白魚の束ね揚げ”。

DSC_0074.JPG


味付けは、全体に薄味です。


「お椀」は、“春山三彩進上 海老旨煮 木の芽”です。

DSC_0078.JPG


「お造り」は、“界鬼怒川流 お造り取り合わせ”と名付けられています。

CCF20170303_00002.jpg


「お造り」は、醤油に浸けて食べるのではなく、付け合せで味付けられているので、そのまま食べられます。

DSC_0080.JPG


二杯目の飲み物は、赤ワインの“ロベールカンタン ピノワール”をグラスで頂きました。


「揚げ物」は、“鶏の最中(もなか)射込み揚げ 和風ピクルス”。

DSC_0084.JPG


「蓋物」は、“鯛桜葉蒸し 山葵(わさび)”。

DSC_0085.JPG


メイン料理の「台もの」は、地元「龍王峡」の龍神伝説をイメージした、その名も“龍神鍋”。


男性スタッフが、スープが入っている鍋に、肉、野菜などを入れてくれます。

DSC_0086.JPG


そして、800度に熱した石を鍋に入れます。すると、鍋から“ゴー”と言う音がして、湯気が上がります。

DSC_0087.JPG


このさまが、龍が暴れているように見えるので、“龍神鍋”と名付けたのでしょうね。

DSC_0088.JPG


それにしても、女性スタッフが多いと思ったのに、男性スタッフが意外と多く、半々の比率の様です。


和風の宿なのに、草笛光子さんの様な“大女将”も、宮本信子さんの様な“女将”も、あき竹城さんの様な“仲居頭”⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f454949be48f3a9ed2da75936619f65 もいなくて、スタッフ全員が若い人達です。


「食事」は、“筍ごはん”を選択。

DSC_0090.JPG


最後の「甘味」は、“ほうじ茶のクリームブリュレ”を頂きました。

DSC_0091.JPG


食べ終えたのが、7時半頃です。2時間かけてゆっくりと食事が出来たので、これだけの量が食べられたのですね。大満足です。

★ 続きは、『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』 (その4)で ★


nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

音楽 番外編 『訃報:かまやつひろしさん』 [音楽]

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽」の番外編は、『訃報:かまやつひろしさん』をお送りします。

5da89c79.jpg


グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーとして人気を集め、音楽界のレジェンドとして活躍した歌手のムッシュかまやつ(本名釜萢弘=かまやつ・ひろし)さんが3月1日に亡くなられました。


享年78歳でした。


「ザ・スパイダース」のメンバーだった堺正章さん、井上順さん⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb の焦燥ぶりが窺い知れます。


かまやつさんの一番の思い出は、大学卒業式でのハプニング登場です。堅苦しい雰囲気になるだろうとイヤイヤ出席した卒業式でしたが、かまやつさんが生ギターで、「我が良き友よ」を熱唱してくれて、会場は大盛り上がりでした。


かまやつさんのご冥福をお祈りいたします。


「我が良き友よ」 作詞・作曲:吉田拓郎



===「音楽」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~60曲  省略

61曲   2016/2/7  『Earth, Wind & Fire:September』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f9e47754a5dc36b46c6a4f8106b435f3

62曲   2016/2/22 『RIP SLYME:FUNKASTIC』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42eb782891835050ee7d6650f93c195b

63曲   2016/3/16 『aiko:もっと』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cf1f0129186de2243ecddb5e87702942

64曲   2016/3/25 『AKB48:365日の紙飛行機』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3bb8ae1e7883013f36941ef90eab21

65曲   2016/4/12 『Naomi elan@morph-tokyohttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4d69797415748da16e752c9cf3b48809

66曲   2016/4/17 『Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eebdbbab3d08c3d1f9339e10178848d2

67曲   2016/5/1  『The Style Council:The Lodgers(Extended Remix)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f76d74794f8b4f1b33e8a51a6efa4601

68曲   2016/6/9  『まいほんじライブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/156a6543286db52e5118a71f6bdb3573

69曲   2016/7/8  『マライア・キャリー:Hero』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbdad3b35ee683c15271f5d36c0b85ab

番外編 2016/7/14 『訃報:「ザ・ピーナッツ」伊藤ユミさん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fec6ff3a216c450def1b0162a7c34e0a

70曲   2016/8/28 『Ai No Corrida(愛のコリーダ)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eca88ece62613756e086d0763170d5fd

71曲   2016/11/21『ミスチル:fantasy』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f19bdd1c362137453bfe787e66916ba

72曲  2016/12/20『THE YELLOW MONKEY「砂の塔」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd483442291c47229b34039e1b9c1a76

73曲   2017/1/10 『SONGS スペシャル 吉田拓郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f17e19d3d99b525ec19f742b8c6e0483

74曲   2017/1/27 『中森明菜「北ウィング」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e9ca537ac59b6660a1b90f6b2acf3d2e


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

旅行記 第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』 (その2) [旅行記]

『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』 (その1)は、こちら⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661


旅の一日目、15:40前後に「星野リゾート 界 鬼怒川」に到着しました。


「界」は、星野リゾートが運営する温泉を備えた客室数50室以下の和風旅館のブランドです。「界 鬼怒川」は、既存の旅館のリニューアルではなく、2015年11月に新造オープンしました。


チェックインは、フロントではなく、ロビーの椅子に座って行います。早速、ウェルカムドリンクの“暖かいりんごジュース”とおしぼりが提供されます。

DSC_0036.JPG


ここで館内施設の説明を受けました。中庭を中心に、A棟、B棟、C棟の全48室の客室と、お食事処、大浴場が、口の字形に取り囲んでいます。

CCF20170303_00000.jpg


中庭に植えられているのは、モミジが主ですが、この季節は、彩に乏しい状態なのが寂しいですね。

DSC_0053.JPG


案内されたのは、A棟の三階。渡り廊下は、屋根だけです。

DSC_0050.JPG


客室には、“益子焼き”や“黒羽藍染”など栃木の魅力的な民芸品がさりげなく取り入れられています。

DSC_0041.JPG

DSC_0039.JPG

DSC_0044.JPG


バスルームには、シャワーブースがありましたが、大浴場に入ったので、一回も使用しませんでした。

DSC_0046.JPG


風呂敷に包まれたアメニティグッツは、豪華ではありませんが、必要最低限な物は揃っています。

DSC_0048.JPG

DSC_0196.JPG

DSC_0197.JPG


チェックインの時に夕食時間の希望を聞かれました。5時半か、7時半かどちらかの選択です。会席料理で、食べ終わるまで1時間半~2時間かかると言われました。


ネットに7時半からだと、9時からの益子焼きで出来た楽器の演奏会に間に合わないと書いてあったので、5時半を選択しました。


現在の時間は、4時過ぎ、食事まで、ゆっくりと温泉[いい気分(温泉)]に浸かることにし、大浴場に向いました。


ところが、大浴場に行くまでに、A棟からだとコの字の先端から先端へ行く様な形になり、吹きさらしの廊下を通るのは寒かったです。


大浴場には先客が二人いる様です。館内履きを置く場所には、“履物札”が置いてあり、自分の館内履きに付けることが出来ます。

DSC_0054.JPG


こうすると、他人の履いた館内履きを帰りに使用することがなくて、良いシステムですね。


脱衣場も綺麗で、タオルも豊富に置いてあります。

DSC_0055.JPG


アメニティグッツも、ハンドソープ、洗顔ソープ、男性用化粧水、ヘアトニック、ヘアリキッド、と取り揃えてあります。

DSC_0056.JPG


風呂も、露店風呂も、綺麗です。

DSC_0058.JPG

DSC_0063.JPG

DSC_0062.JPG


先客二人が出て行った後、のんびりと鬼怒川の温泉を堪能しました。

★ 続きは、『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』 (その3)で ★


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅行記 第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」 と 「日光東照宮」』 (その1) [旅行記]

国内を旅した記録「旅行」の第15回は、『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』をお送りします。


3月1日(水)~2日(木)の一泊二日で、家内と「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」に行って来ました。今回の旅は、息子のプレゼントです。

【1日目:3月1日(水)】 曇り[曇り]。JR池袋駅から「きぬがわ5号」で鬼怒川温泉駅へ移動、「星野リゾート 界 鬼怒川」に宿泊。


「きぬがわ」は、JR東日本と東武鉄道がJR新宿駅~東武鬼怒川温泉駅間を運行している特急列車です。


13:01 新宿始発の「きぬがわ5号」には、自宅から近い池袋から乗車することにしました。


JR池袋駅は、あまり乗降する機会がないので、早めに駅に到着しました。


「きぬがわ5号」は、「湘南新宿ライン」が発着するのは、2番線だと思い込み、迷いながらも2番線のホームにたどり着きました。


13時を過ぎても「発車標」に「きぬがわ5号」が表示されません。ホームにいた駅員さんに尋ねると、2番線ではなく3番線とのこと。


慌てて3番線ホームに移動します。3番線には、確かに、「きぬがわ5号」の表示がありました。

DSC_0006.JPG


良かった、時間ギリギリに来ていて、ホームを間違えていたら、乗り遅れるところでした。


安心して一服する余裕もなく、「きぬがわ5号」が入線。定刻の13:07に発車です。

DSC_0008.JPG


「きぬがわ」は、旧「成田エクスプレス」を改装した列車で、車体カラーの「赤」と「朱」は日光のシンボルである二社一寺や神橋を表し、「黄」は野山に咲きほこる日光キスゲや美しい紅葉を表しているそうです。


シートカラーは、奇数号車がレンゲツツジや紅葉をイメージした橙色、偶数号車は華厳の滝や中禅寺湖イメージの青色です。

DSC_0012.JPG


隊長の席は5号車だったので、橙色のシートでした。橙色は、暖色なので、この時期には相応しいですが、青色の席は、寒々として印象を与えるのではないでしょうか。

DSC_0011.JPG


トイレと洗面所は、想像していたより貧弱で、豪華な感じがありませんでした。ただ、シートピッチは、ゆったりしていて快適です。

DSC_0016.JPG


この日の乗車率は、2~3割です。平日の午後の下り列車だと、観光客が殆どでしょうが、寒い時期なので、低乗車率も仕方ないでしょうね。


列車は、JR浦和、JR大宮に停車して、JR栗橋駅脇の線路上に一時停車。ここでは、乗客は乗降出来ず、乗務員がJRから東武鉄道に交代しました。

DSC_0010.JPG


停車時間は約2分。発車後は、東武日光線に乗り入れて進みます。栃木駅に到着したのが、14:14。

DSC_0013.JPG


新鹿沼駅に停車し、下今市駅に14:49に到着。ここから東武鬼怒川線に乗り入れます。


下今市駅を出発して直ぐに、「大谷川(だいやがわ)」を渡ります。日光に来たのだという実感が湧きました。

DSC_0015.JPG


定刻の15:12に鬼怒川温泉駅に到着。平日の午後三時過ぎの駅前は、閑散としています。

DSC_0026.JPG


駅前の散策も早めに切り上げ、タクシーに乗車 [車(セダン)]


案内では、約5分、料金は約1,000円とのことでしたが、約3分、初乗り運賃の730円で、「星野リゾート 界 鬼怒川」のエントランスに到着。

DSC_0032.JPG


エントランスの建物は、地元栃木県の大谷石(おおやいし)で造られています。


ここから、スロープカーに乗り、上がって行きます。

DSC_0033.JPG


こうして、15:40前後に「星野リゾート 界 鬼怒川」に着くことが出来ました。

CCF20170303_00000.jpg


★ 続きは、『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』 (その2)で ★


===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

第1回  『平泉・八幡平・十和田・八甲田 3日間』2012年10月13日~15日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7315a7371037607ee0018ab698f48d27

第2回  『佐野厄除け太師・足利学校 日帰り』2012年11月22日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/109d7c1a58f7a47e19806169cddf8c7f

第3回  『秋の能登半島一人旅』2013年10月23日~24日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7f7cb26c7365b92fe89e728685bcd93e

第4回  『雪の会津東山温泉 東鳳』2014年3月8日~9日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8fe76d225d31459d19d070f4f3e0c264

第5回  『春の伊豆でいちご狩り』2014年3月30日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0772182a4b84c5a219827e7c31e1b7ea

第6回  『小江戸川越 日帰り旅行』2014年5月28日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f88a5e0fac35c4e4a8b2060537c6424

第7回  『横浜山下公園の氷川丸』2015年3月17日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fae5b793311d150fef5db7920747915f

第8回  『春の飛騨高山・白川郷・松本・高遠 3日間』2015年4月12日~14日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/beb7aed85d23c8997bb6b7d656293ef0

第9回  『初冬の秋田 2日間』2015年12月5日~6日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01f6e24e59df411d42a50f986ea5eca2

第10回 『春の三島大吊橋とハワイアンズ』2016年3月27日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ea737de674d44aa97007413023705eb

第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9

第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2

第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b

第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474


nice!(17)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

テレビ Vol.169 『主治医が見つかる診療所』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第169回は、『主治医が見つかる診療所』をお送りします。

1186836.jpg


『主治医が見つかる診療所』は、テレビ東京系列で、毎週月曜の20:00~21:00に放送されている医療情報番組です。


この番組は、スタジオに様々な専門分野の現役医師が集結し、医療・健康にまつわる情報をわかりやすく解説してくれます。


司会は、草野仁(ひとし)と、東野幸治。アシスタントが、テレビ東京アナウンサーの森本智子です。


毎週月曜日の夜は、6時57分から同じテレビ東京の『Youは何しに日本へ?』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/31cef0b2b4034d3eb278b064ee95aeb4 を観て、そのままこの番組を観るのが、我が家の定番になっています。


2月27日の放送は、2時間スペシャルで「脳卒中 徹底予防SP」と題して放送されました。


番組の冒頭、昨年脳卒中で倒れた女優の河合美智子さんが、発病した時の様子を生々しく
語ってくれました。


その後、スタジオのゲストなどと“脳卒中危険度チェック”を行い、脳卒中の予防法、治療法などが紹介されました。


この日の放送を観て、改めて、脳卒中の恐ろしさを実感しました。


尚、『主治医が見つかる診療所』、次回3月6日は、夜8時から「血管をケアして10歳若返るぞSP」と題して放送予定です 。


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~155  省略

Vol.156 2017/1/2   『ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

Vol.157 2017/1/11  『アナザーストーリーズ「冬のソナタ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3c0ba25129c445a55068056fa287b1

Vol.158 2017/1/14  『「新チューボーですよ!」最終回』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb

Vol.159 2017/1/18  『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/209f00ca9da6a1addc0b6efe66f5baed

Vol.160 2017/1/23  『ドラマ「大貧乏」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/695c02e2af2a48e3b9ed4e8f32cbeb13

Vol.161 2017/1/26  『ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57

Vol.162 2017/1/30  『ドラマ「カルテット」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8

Vol.163 2017/2/2   『Crossroad(クロスロード)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fd68d9b3b9e3e045d6cb7e51418a7f8

Vol.164 2017/2/5   『ドラマ「東京タラレバ娘」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2ce817da77f64fab6e7bbf4c469a22e

Vol.165 2017/2/8   『大河ドラマ「おんな城主 直虎」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11

Vol.166 2017/2/12  『A-Studiohttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17  『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d

Vol.168 2017/2/23  『ぴったんこカン☆カン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd41ee2da1249822b60889d81e7150f4
                                                                                                                                                                                                          


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

学ぶ 44課 『講演 原田規梭子 東洋学園大学学長』 [学ぶ]

隊長が行った展示会・講演・セミナー・発表会や考えた事、など「学ぶ」の第44回は、『講演 原田規梭子 東洋学園大学学長』をお送りします。

0001.jpg


2月25日(土)の14:30~16:00は、東洋学園大学学長 原田規梭子(きさこ)氏の講演を、聴きに行きました。


1944(昭和19)年生まれの原田氏の専門は英文学で、演劇に関する著書も多数あります。


演題は、“演劇が心を動かすとき ~演劇の楽しみ方~”です。主催は、「公益財団法人 文京アカデミー」。


本講演を聴講しようと思ったのは、昨年「劇団匂組」の公演を裏方としてお手伝いして⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb 演劇に、さらに興味を持ったからです。


会場は、文京区本郷にある東洋学園大学1号館2Fフェニックスホール。同大学は、今年創立90周年ということで、90周年のロゴの入ったミネラルウォーターを入場時に頂きました。

DSC_0011.JPG


同ホールを訪れるのは、昨年11月の『講演 高田明 ジャパネットたかた前社長』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/829a292c335d0cd1fe0a4d49b8880c04 以来です。


聴衆は、約100名。高田明氏の時の200名の半分ですが、これは、講師の知名度の差でしょうかね。 


と言っても、原田規梭子氏のご主人は、俳優の原田大二郎さん。ご主人の知名度では、高田明氏に負けていないでしょう。


講演前に、司会者から講師の略歴紹介と、「ご主人が原田大二郎さんです」と紹介されると、会場の前方からどよめきがありました。


原田規梭子氏は、講演の冒頭に、生徒とのエピソードを紹介し、「演劇は心を解放し、自ら語り始める」と語り始めました。


講演の内容は、「演劇の始まり」、「演劇の特性」、「ギリシャ悲劇」、「蜷川幸雄」、「シェイクスピア」、「ハムレット」、「マクベス」、「夏の夜の夢」、「ゴドーを待ちながら」、など。


隊長が、知っていることもありましたが、知らないことも多く勉強になりました。


ただ、原田規梭子氏の語り口は、まさに“大学の授業”そのもので、正直、面白くはありませんでした。


面白さと言う点では、これまで聴いた高田明氏、佐藤優氏⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/959cf1917bae890de1150683b1b1bfb3 、森永卓郎氏⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16db004ea9649d60c8002a0a1c7c6263 の方が上ですね。


これら外部での講演が豊富な方々は、エピソードを膨らませて話し、聴衆を笑わせる“コツ”を身につけているのでしょうね。


規梭子氏も、ご主人が出演した舞台のビデオを流し、「この役を演じているのは主人です」と紹介するのですが、それ以上、プライベートなことに関しては話されませんでした。


例えば、大二郎さんのことを面白おかしく紹介してくれれば、もう少し笑いを呼ぶ講演が出来たのでは、と思いました。


尚、隊長のブログの「演劇」に関する記事のバックナンバーはこちらです⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8

=== 「学ぶ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/f5db9e9e6a9e758b72bc946d007772f7

1~30課  省略

31課 2015/11/9 『佐藤優 哲学塾公開講座』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/959cf1917bae890de1150683b1b1bfb3

32課 2015/11/14『文京ふるさと歴史館』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e18dee817a63203b0691792ac401a1b

33課 2016/1/8  『レポート「日本語教育の目的」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/033e9429ff4fe768ac2733c04b1eba1e

34課 2016/2/15 『中学校新校舎見学』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb41553788cbd7cc28ec992ade640ceb

35課 2016/2/29 『英国の夢「ラファエル前派展」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf5d69c6776f5769c3e3749233fb2f0e

36課 2016/3/18 『東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e539412b2672ecbb8e1f39826dd3ea11

37課 2016/4/5  『英語の辞書』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18fcdafd0f8ed88cef8c81dc28c0af0b

38課 2016/4/29 『貨幣博物館http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/64fa8bfb1977543a9fceee355cbe0840

39課 2016/5/5  『「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/11addb43f7b97097a81b49c03cda41cd

40課 2016/7/21 『あうるすぽっと 舞台講座』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/198760f8babdde0040e844631342d453

41課 2016/7/30 『真砂中央図書館リニューアルオープン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fcbb21e9ffb2fd03b97f50c9145e57a9

42課 2016/11/11『講演 高田明 ジャパネットたかた前社長』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/829a292c335d0cd1fe0a4d49b8880c04

43課 2016/12/9 『ゴッホとゴーギャン展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea3be452584eca1319bbbbaa90b321fb


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ブログ その120 『35mmフィルムケースの使い道』 [ブログ]

隊長の日々の出来事・雑感を綴った「ブログ」の第120回は、『35mmフィルムケースの使い道』をお送りします。


今では、一般の写真撮影は、デジタルカメラかスマホになってしまいましたが、フィルムカメラ[カメラ] が全盛の頃は、35mmフィルムが一番普及していました。


その35mmフィルムが入っていたプラスティック製のケース(筒)を、フィルムを現像に出した後、捨てずに隊長はこんな使い方をしていました。


海外出張旅行に行った時、コインが残ってしまいますよね。そのコインを、国別にフィルムケースに入れていました。

DSC_0006.JPG


当時、一度の海外出張で、数ヶ国を訪問することがしばしば有り、その際、残ったコインをフィルムケースに入れて置くと、国が代わっても、スムースにコインを整理することが出来ます。

DSC_0010.JPG


現在、手元に残っているのは、米ドル、豪ドルユーロ、中国元、台湾元、香港ドル、マレーシアリンギット、シンガポールドル、フィリピンペソ、などです。

DSC_0009.JPG


フィルムケースが入手困難になってしまったので、今度、新しい国のコインが残ったらどうしようかな。。。

 

===「ブログ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/537663d2f182cab36960f0c42b1320ca

その1~105  省略

その106 2015/12/2  『happy plugs のイヤフォン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74687be9a85b8a974243ea3c308f7f7f

その107 2015/12/31 『2015年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4df0a62d63a3553a1d678de7e0ba636b

その108 2016/1/5   『2016年の目標も勝率6割3分です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6c0285c6834a1ee08762758ceab9e6c0

その109 2016/2/17  『替刃は機内持ち込み禁止品!?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/738e181d2b30d2910807c789613db92f

その110 2016/4/2   『ラストスピーチ-退職の挨拶』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f6ae882ed1121aa945545d0e0ec2433

その111 2016/4/16  『クロスのボールペン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dee7e8c56d6ab4ec7b4eb2a9095be7e

その112 2016/4/20  『文京区アカデミー推進計画』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ffa4e4e5fe0dea9a4b17f6719ba5505

その113 2016/5/4   『使用済み切手寄付 2回目』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2fc7158067b0ce2cc928bc33e1f53f3

その114 2016/5/11  『旅行用目覚まし時計http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6d22af9ed2c71cd5042931c91e6049d

その115 2016/5/18  『無事帰国しました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256b7c297b6ace269fb490991a4b9a7c

その116 2016/9/18  『「文社協だより」に載りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f806bb384e8dc7335e6963d7161aca0

その117 2016/11/20 『また、やられた!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5fdd3f82031daded15626f39fe99f54b

その118 2016/12/30 『2016年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4acff83b8acf254a3e51672f0c150ae1

その119 2017/2/4   『使用済み切手寄付 3回目』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9d01212a8bf8aba2d0ee402bb41c3b5f


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

テレビ Vol.168 『ぴったんこカン☆カン』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第168回は、『ぴったんこカン☆カン』をお送りします。

161104-0001 (2).jpg


『ぴったんこカン☆カン』は、TBS系列で、毎週金曜の19:56~20:54に放送されているクイズトークバラエティ番組です。


スタジオ収録のクイズ形式と、毎回異なるゲストが関係ある場所を訪れてトークを繰り広げるロケ形式をミックスしたバラエティ番組になっています。


放送開始が2003年4月と、この番組も「長寿番組」の仲間入りをしています。司会は、TBSアナウンサーの安住紳一郎。


2月17日のゲストは、俳優の高橋一生。

C42oEqcUkAAo5oC.jpg


その高橋一生さん、生まれ育ったのが、TBSテレビの所在地、赤坂です。


実家周辺を安住アナと、ぶらり散歩しながら、小学校時代の友人の父親が東宮御所に勤務していたことから、赤坂御用地の中で遊んだことなどの、少年時代の思い出を振り返ってくれました。


また、貧乏劇団員だっと頃の稽古場での仰天エピソードを語ってくれました。最後は、友人が経営するイタリアレストランで、生まれたばかりの友人の子供を抱っこしながら、自分も幼い弟たちのオムツを替えたことがあると話してくれました。


演技で注目されている高橋一生さんですが、プライベートも魅力的な俳優さんですね。


去年12月から今年2月まで、隊長が観ただけでも;

ドラマ『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

『カルテット』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11

と、三本のドラマに出演しています。


バラエティ番組でも;

『A-Studio』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

『ぴったんこカン☆カン』と、“引っ張りだこ”の理由が分かる気がしました。


それにしても、この番組、スタジオ収録のクイズの出題が一問だけと中途半端です。クイズ形式を止めて、ゲストとのトーク時間を多くして、ゲストの魅力をされに引き出して欲しいと思います。

尚、『ぴったんこカン☆カン』、次回2月24日のゲストは、梅沢富美男の予定です。


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~155  省略

Vol.156 2017/1/2   『ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fccfe9b8bd1dfdfc2eacb51719f39947

Vol.157 2017/1/11  『アナザーストーリーズ「冬のソナタ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3c0ba25129c445a55068056fa287b1

Vol.158 2017/1/14  『「新チューボーですよ!」最終回』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4017a5e9f46f251bee1af6491726acbb

Vol.159 2017/1/18  『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/209f00ca9da6a1addc0b6efe66f5baed

Vol.160 2017/1/23  『ドラマ「大貧乏」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/695c02e2af2a48e3b9ed4e8f32cbeb13

Vol.161 2017/1/26  『ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57

Vol.162 2017/1/30  『ドラマ「カルテット」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8

Vol.163 2017/2/2   『Crossroad(クロスロード)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fd68d9b3b9e3e045d6cb7e51418a7f8

Vol.164 2017/2/5   『ドラマ「東京タラレバ娘」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2ce817da77f64fab6e7bbf4c469a22e

Vol.165 2017/2/8   『大河ドラマ「おんな城主 直虎」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11

Vol.166 2017/2/12  『A-Studio』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17  『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d
                                                                                                                                                                                                          


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

グルメ 188食 『「皿うどん派」 継続中』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第188回は、『「皿うどん派」 継続中』をお送りします。

DSC_0003.JPG


『あなたは「ちゃんぽん派」ですか「皿うどん派」ですか?』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a61c13fc9426da553b98e1d28eccd00b で、『リンガーハット』で必ず食べるのは「長崎皿うどん」で、「長崎ちゃんぽん」は食べないと書きました。


家で食べるのも、生協の「長崎風皿うどん」です。

皿うどん.JPG


『リンガーハット』で、この日頂いのも、「生ビール」、「ぎょうざ5個」、に「長崎皿うどん」でした。


ところで、最近『リンガーハット』に行くと気になるのは、箸袋に「長崎ちゃんぼん・皿うどんに“希少な国産のきくらげ”を新たに使用」と印刷されていることです。


安全・安心な国産の食材を使用していることをアピールしていると思いますが、使用されている“国産きくらげ”の味は淡白で、隊長にとっては物足りなさを感じます。


中国で食する“中国産きくらげ”の方が、格段に美味しいと感じるのは、隊長だけでしょうか。


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~175食  省略

176食 2016/11/3  『四ッ谷“Kamiya”のランチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/618bdfe8272183e77cc1d70786c659e8

177食  2016/11/16 『霧島三兄弟』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e3ba61075191bb075be13e1987a900a

178食  2016/11/26 『いつも美味しい「魚友寿し」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa9c2c996556e67af79d6deb78843aa0

179食  2016/12/3  『プレミアムビール No.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65fc3569cd33ca02ef09cce2a554bf2c

180食  2016/12/6  『「柿ピー」いろいろ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18f84c18746e14fd8d0feb2b220f3266

181食  2016/12/21 『やまや「めんたいのり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5971dd6d2fa8306c94ccf85689ac09b1

182食  2017/1/6   『ノルウェー産からすみのお味は。。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e7944c6e0646f569e533c19c1f546a8

183食  2017/1/17  『福島の酒「冩樂(しゃらく)おりがらみ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e910ddf88e1e1cddd49d31b7184cae5b

184食  2017/1/25  『Okinawa Bar & Food Kagura』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e98a5a0a53b694f37a27219bbd6075d

185食  2017/2/1   『静岡の酒「正雪 純米吟醸」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ea5bfae45bba9a994889c993deaa6b0

186食  2017/2/6   『Social Cafe“Sign with Me”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d78cd1f955865309f869d6e98473f82

187食  2017/2/11  『三越本店の「十勝大名焼」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f1f1a66a896e8f711df56d73a73af1e


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ダンス Part70 『KP SHOW! Vol.14』 [ダンス]

隊長が好きな「ダンス」を紹介するシリーズの第70回は、『KP SHOW! Vol.14』をお送りします。

2KPF_700.jpg


2月18日(土)の夜は、昔同じダンスチームのメンバーだったnobukoさんとXL君が出演する『KP SHOW! Vol.14』の応援に行きました。


会場は、新宿区歌舞伎町にあるイベントスペース「Shinjuku FACE」。


『KP SHOW』は、K-POP(韓国ポップス)の完コピ(完全コピー)ダンスイベントで、今回が14回目の開催です。


観に行くのは、去年2月の『KP SHOW! Vol.11』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47d17c7063a3a37e4ca725e5e5b3a7f8 以来。


「Shinjuku FACE」を訪れるのは、2015年10月の 『KP SHOW! Vol.10』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4af9fd330883a40764176f32c27b4759 以来です。


今回の Vol.14は、午後3時開場、午後3時半開演の四部構成で、計45チームが出場するとのこと。


nobukoさんは午後6時10分開始予定の第三部、XL君は午後9時35分開始の第四部に出演するので、午後6時頃に会場に到着する様に出かけました。


この日の外は寒波が襲来していましたが、ホールの中は、相変わらずの“熱気”です。


nobukoさん達のチームが踊ったのは、「BTS(防弾少年団)」の“Blood Sweat & Tears”。


XL君達は、「GTO7」の“Hard Carry”でした。


「BTS」も「GTO7」も男性グループで、二曲とも、途中で何度もジャンプをしたり、フォーメーションでの移動が早かったり、かなりハードな曲です。


nobukoさん達のチームも、XL君達のチームも男女混合チームなのに、運動量の多い曲を完璧に踊りこなしていてカッコ良かったです。


会場からの声援も大きかったですね。さぞかし練習をしたことでしょう。


隊長は、これまでにダンスの発表会やイベントを何十回も観ているので、プロのダンサー達のダンスパフォーマンスと素人さんとの違いが分かって来ました。


プロのダンサー達のダンスは、各ダンサーのダンステクニックのレベルにそれ程の差がなく、全員の踊りを集中して見ていられます。


素人さんのダンスチームは、メンバー間の力量に差があり、時にテクニックのある人に視線が集中したり、下手な人が気になって安心して見ていられなくなったりします。


極端なことを言うと、同じチームにレベル8の人とレベル4の人がいるより、全員がレベル6の方が上手に見えます。


そう言う意味でも、両チームのメンバー全員のレベルは高く、観衆を魅了することが出来ていました。


隊長の通っているフィットネスクラブでも、今月は「SHINee」の“One of One”を踊っているのですが、完コピではなくインストラクターのオリジナルな振付けなので、物足りなさを感じていました。


K-POPの完コピを踊るのは、楽しそうですね。

===「ダンス」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/aa03bee8ce98591f1fc4f56a3adfa3c1

Part1~55  省略

Part56 2015/4/27 『ダンス発表会 QUEST Vol.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea081ef5a49553105ccbc068420c1c74

Part57 2015/7/13 『隊長の謂われ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2567624b2929cd260f9812fe97ede6a2

Part58 2015/7/19 『JUST DO IT 2015@CLUB CITTA』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/411f93586c5581daa98a7ea96deb67f4

Part59 2015/10/5 『KP SHOW! Vol.10』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4af9fd330883a40764176f32c27b4759

Part60 2015/10/20『Straight Street Vol.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68e1633064e98868e9832342968fbbdf

Part61 2015/11/1 『ハロウィン 仮装 de レッスン 2015』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0165ca60195d0fa2f2131cb98d55f409

Part62 2015/12/26『クリスマスは「ムービーダンス」に挑戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/de39e775a791adb144ef6ed92bdbf6b4

Part63 2016/2/12 『KP SHOW! Vol.11』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47d17c7063a3a37e4ca725e5e5b3a7f8

Part64 2016/3/12 『RADIO FISH:PERFECT HUMAN』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fcfe7350d5e0f9c655b20e2f116022a

Part65 2016/5/9  『Dance A Lacarte“QUEST Vol.5”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9c02b2d19ad38d1c8dd9eac9daa6f96

Part66 2016/10/31『ハロウィン 仮装 de レッスン 2016』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a0d60366591c126b7792e76de51e382f

Part67 2016/11/9 『Straight Street Vol.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1352d68a9c9604deef15769e50b7f584

Part68 2017/1/13 『キエフ・バレエ「白鳥の湖」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/625afb4a95264a6323177d2dbd4df00b

Part69 2017/1/31 『Stadio Libra 第4回発表会“COLORS”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/010905d0ce8e3edf0bea009f87615953


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

演劇 35幕 『第二回 楽天・らっ好二人会』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第35回は、『第二回 楽天・らっ好二人会』をお送りします。

CCF20170217_00000.jpg


2月17日(金)の夜は、墨田区両国にある「お江戸両国亭」に三遊亭楽天さんと三遊亭らっ好さんの落語を聞きに行きました。

DSC_0004.JPG


楽天さんは、六代目三遊亭円楽さんの弟子。らっ好さんは、三遊亭好楽さん一門の三遊亭好太郎さんの弟子。お二人とも二つ目です。


お二人の落語を聞くのは、去年4月の『第1回 三遊亭楽天落語会』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f 以来。


京葉道路に面した「お江戸両国亭」の前を通ったことはあるのですが、中に入るのは初めてです。

DSC_0007.JPG


さすが、“相撲の街両国”、席亭の中に相撲の像が置いてありました。

DSC_0008.JPG


この日の演目は、一席目が、らっ好さんの「弥次郎」。


“うそつき弥次郎”と異名をとるホラ吹き男が、ご隠居の前で、北海道に行ったらあまりの寒さで、挨拶の「おはよう」の声まで凍ってしまうとか。


木曽の山中で山賊に出会ったが、大男を岩を投げるが如くに投げ飛ばしたとか言いたい放題の話しを面白可笑しく聞かせてくれました。


二席目が、楽天さんの「井戸の茶碗」。


正直者のくず屋の清兵衛が、客先に訪れた頑固な浪人とお侍の間に挟まれて右往左往する人情話しです。


中入(休憩)後の三席目は、楽天さんの「時そば」。


殆どの方が一度は聞いたことのある、屋台の二八そば屋を“いまなんどき”と言い、騙すお話しです。


楽天さんが、そばを美味しそうに食べるのを見て、夕食前の隊長はお腹が空いてきてしまいました。


「禁酒番屋」を観た時も、お酒を本当に美味しそうに飲んでいました。楽天さんは、飲み食いの仕草を演じるのが上手ですね。


“トリ”が、らっ好さんの「阿武松(おうのまつ)」。


大食いが原因で、里に返されたのを苦にして自殺をしようとした相撲取りを、旅籠の主人が助けるという人情話しです。


“相撲の街両国”に相応しい演目で、“トリ”を飾ってくれました。


金曜日の夜、お二人の落語で楽しい時間を過ごせました。


家に帰って気がついたのですが、せっかく両国まで行ったのだから、愛犬グリフィンが眠っている「回向院」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09a5fda229575e338ec7f3b7c0ae8e73 にお参りしてくればと悔やみました。


次回「お江戸両国亭」に行く機会があったら、「回向院」にお参りしようと思っています。

尚、「隊長のブログ」では、落語・落語家に関する記事を、これまでに7回アップしています。


取り上げた落語家は、立川談志、立川志の輔、立川談春、五代目三遊亭圓楽、六代目三遊亭円楽、立川ぜん馬、三遊亭楽生、三遊亭楽天、三遊亭らっ好、桂歌丸、林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、春風亭昇太、林家たい平、林家木りん、林家あずみ、林家時蔵、桂宮治、柳家さん若、春風亭一花、の21人(順不同)。


詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。


 
===「落語」 記事一覧=== 

No.1  2015/8/14 『談志の遺言 一期一会Ⅱ~立川談志 アジア紀行(中国 大連編)~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86db66a1b7ab6dbc3401ac4b0bd19196

No.2  2016/1/6  『ドラマ「赤めだか」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6254201372e1d84cb2d78de3d2f1cb3c

No.3  2015/10/29『三遊亭楽天 二ツ目昇進披露興行』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/508e92c0758534cb601556624b87fe49

No.4  2016/2/24 『笑点』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bd3d6a5d708e3cf840c6b67811b7296

No.5  2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f

No.6  2016/5/25 『林家たい平独演会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a

No.7  2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い