So-net無料ブログ作成
検索選択

スポーツ No.106 『浅田真央 引退』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第106回は、『浅田真央 引退』をお送りします。

浅田真央引退会見.jpg


フィギュアスケーターの浅田真央さんが、4月10日に、ご自身のブログで、ついに引退を表明しました。


昨年12月の全日本選手権⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ecd98a1b3b6a8345e34c969d50b170e9 を、テレビ[TV] 観戦していたのですが、その精彩ない姿に引退も近いのではと予想はしていました。


しかし、実際に引退すると知り、寂しい気持ちになりました。


26歳と、アスリートとしては、脂が乗る頃なのでしょうが、女子フィギュアスケートの世界は、宮原知子、三原舞依、本田真凜(まりん)、樋口新葉、など若い選手の台頭が著しく、自分の限界を知ったのでしょう。


されに、来年の平昌五輪の日本からの女子選手出場枠が、二人しか獲得出来なかったことも、オリンピックでの雪辱を目指していた彼女に引退を決断する引き鉄になったのでしょう。


昨日(13日)に行われた、引退記者会見を拝見ましたが、真央ちゃんらしさが十分に出ていたアットホームな雰囲気の会見でした。


会見中、“真央ちゃんスマイル”全開でしたね。笑顔とそして、ちょっぴりの涙。


これまでにも、政治家の失言謝罪だとか、不倫だとか、後ろ向きの記者会見を散々、見せられてきたので、真央ちゃんの引退会見は、お茶の間でも好評だったようですね。


これからの、浅田真央さんの新たなるご活躍を期待します。


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~95  省略

No.96  2016/11/30 『鶴竜 有終の美を飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd947572b9d08912a910a0d8e29d3130

No.97  2016/12/13 『五輪野球会場に外れた!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/466d20d8a663055f0a0ecf6a26a43003

No.98  2016/12/23 『鹿島 世界を相手に大善戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb38dbca07c3ef75eb3be3bf8314b31a

No.99  2016/12/27 『フィギュ全日本女子 宮原三連覇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ecd98a1b3b6a8345e34c969d50b170e9

No.100 2017/1/9   『初場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c83e115a8251ac649fd44672b8eb4958

No.101 2017/1/24  『稀勢の里横綱昇進へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8e18a16d99be844e58a34f1af8d8b1f

No.102 2017/2/14  『アイスホッケー女子 五輪決定』 http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=67e8d973a956575957a8ba41d91cd95b

No.103 2017/3/15  『春場所番付 売切れ御免』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfbe5d37f35c8f87a50bac429c1b0557

No.104 2017/3/25  『WBC 準決勝で敗退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2bde76c25b658ef9d058711468b013df

No.105 2017/3/29  『稀勢の里優勝に忖度はなかったのか?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bad9fd40f590e9a5cb317c80e25b9d0


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

音楽 76曲 『ミスチル 「ヒカリノアトリエ」』 [音楽]

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽[るんるん]」の第76回は、『ミスチルヒカリノアトリエ」』をお送りします。

hqdefault1406IBP0.jpg


「ヒカリノアトリエ」は、Mr.Children(ミスチル)の36枚目のシングルで、2016年度後期のNHK連続テレビ[TV]小説(朝ドラ)『べっぴんさん』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a36e84df847c511cc87d876afe30ec8e の主題歌として使用されました。


ミスチルの曲は、これまで

第8回で『祈り~涙の軌道』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9eebf25166343b00990b1a51d9cd5c52

第37回で『放たれる』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b39ce0008452263e7f95361c246edfe1

第47回で『運命』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6d9cff015701761b3c8059fd9b105b9d

第71回で『fantasy』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f19bdd1c362137453bfe787e66916ba

を取り上げています。


前にも書きましたが、「ヒカリノアトリエ」はミスチルらしい素敵な曲ですが、“朝ドラ”の主題歌としてはどうかなと最初は思いました。


しかし、毎朝「ヒカリノアトリエ」を聴いているうちに、このドラマに相応しい曲だなと思えるようになりました。


ドラマが終わってしまい、この曲を毎朝聴けなくなったので、ダウンロードしてスマホで聴いています。


さて、4月1日で終了した『べっぴんさん』。前半は、芳根京子演じる「すみれ」のまっすぐに一生懸命生きる姿に共感して観ていましたが、後半はドラマとして失速してしまった感じです。


特に、「すみれ」たち四人が立ち上げた、子供用品の会社を、女学生時代の様な“仲良し四人組”の友達感覚で経営していることに、現実社会との違和感を覚えました。


また、「さくら」の姉も含めた女性陣の“老け”が綺麗過ぎて、年老いた感じが画面が伝わって来ませんでした。


4月3日から始まった、朝ドラ『ひよっこ』は、今のところ、順調な滑り出しだと思います。



 

===「音楽」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~65曲  省略

66曲   2016/4/17 『Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eebdbbab3d08c3d1f9339e10178848d2

67曲   2016/5/1  『The Style Council:The Lodgers(Extended Remix)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f76d74794f8b4f1b33e8a51a6efa4601

68曲   2016/6/9  『まいほんじライブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/156a6543286db52e5118a71f6bdb3573

69曲   2016/7/8  『マライア・キャリー:Hero』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbdad3b35ee683c15271f5d36c0b85ab

番外編 2016/7/14 『訃報:「ザ・ピーナッツ」伊藤ユミさん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fec6ff3a216c450def1b0162a7c34e0a

70曲   2016/8/28 『Ai No Corrida(愛のコリーダ)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eca88ece62613756e086d0763170d5fd

71曲   2016/11/21『ミスチル「fantasy」h』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f19bdd1c362137453bfe787e66916ba

72曲  2016/12/20『THE YELLOW MONKEY「砂の塔」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd483442291c47229b34039e1b9c1a76

73曲   2017/1/10 『SONGS スペシャル 吉田拓郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f17e19d3d99b525ec19f742b8c6e0483

74曲   2017/1/27 『中森明菜「北ウィング」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e9ca537ac59b6660a1b90f6b2acf3d2e

番外編 2017/3/5  『訃報:かまやつひろしさん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/19a7c460eb7b76f7e52c8ed46ee2db10

75曲   2017/3/21 『和楽器バンド:浮世heavy life』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b3d52861986d841781c03a48957f7d2


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グルメ 193食 『東大病院内の 「タリーズコーヒー」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第193回は、『東大病院内の「タリーズコーヒー」』をお送りします。

DSC_0008.JPG


昨年の8月から、東大病院[病院]で受診していた「関節拘縮のリハビリ」を、3月末で卒業しました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67be71de418c583a2af2ce361a1862de


作業療法士(OT)さんによるリハビリ以外に、月に一回、整形外科の医師による診察がありました。午前中にリハビリ、午後が診察のスケジュールです。


病院内で昼食を取るのですが、入院棟A 15階にある上野精養軒が経営する『スカイレストラン[レストラン] ブルークレール』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e5685108293adeace60117927fa1df2 で、ゆっくりと食事出来る時間はありません。


外来診療棟の地下1階には、「食堂 三四郎」があるのですが、いかにも “病院の食堂” という雰囲気がして、好きになれませんでした。


そこで、待ち時間に昼食を取っていたのは、病院内に二箇所ある“カフェ[喫茶店]”です。


今日、ご紹介するのは、入院棟A 1階にある「タリーズコーヒー 好仁会東大病院店」。


もう一軒の「ドトールコーヒー」と交互に使用していました。


ここは、患者さんだけでなく、医師や看護師など、病院内に勤務されている方も良く利用しています。

DSC_0004.JPG


店内は、それほど広くないのですが、中庭が見えて、開放的な雰囲気がして好きでした。


この日、頂いたのは、“ナスとベーコンのトマトパスタ” 700円(税込)と、セット割引のコーヒー 210円(同)。

DSC_0001.JPG


リハビリは卒業してしまいましたが、たまには、ここで時間を過ごしてみようかな。


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~180食  省略

181食  2016/12/21 『やまや「めんたいのり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5971dd6d2fa8306c94ccf85689ac09b1

182食  2017/1/6   『ノルウェー産からすみのお味は。。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e7944c6e0646f569e533c19c1f546a8

183食  2017/1/17  『福島の酒「冩樂(しゃらく)おりがらみ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e910ddf88e1e1cddd49d31b7184cae5b

184食  2017/1/25  『Okinawa Bar & Food Kagura』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e98a5a0a53b694f37a27219bbd6075d

185食  2017/2/1   『静岡の酒「正雪 純米吟醸」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ea5bfae45bba9a994889c993deaa6b0

186食  2017/2/6   『Social Cafe“Sign with Me”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d78cd1f955865309f869d6e98473f82

187食  2017/2/11  『三越本店の「十勝大名焼」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f1f1a66a896e8f711df56d73a73af1e

188食  2017/2/22  『「皿うどん派」継続中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4db1e1af240dd6eaee320a3789804355

189食  2017/3/12  『「豚骨一燈本郷店」オープン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e048deec230a4ce3ba3da560598c9f90

190食  2017/3/22  『両口屋是清の和菓子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9a346e94d8c6abcfa9fcbe66a69be4d

191食  2017/4/3   『赤坂「我が家の味しゅう」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/393a408f6615a25f9b745204f32c1ae5

192食  2017/4/7   『福島の酒「飛露喜 無ろ過生原酒」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3951fa1d3805046c19293eb8c823b398


nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テレビ Vol.173 『おばあちゃんアイドル、シンガポールへ行く!』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV]番組」を紹介するシリーズの第173回は、『おばあちゃんアイドル、シンガポールへ行く!をお送りします。

69320.jpg


「おばあちゃんアイドル、シンガポールへ行く!」は、NHK BSプレミアムで、3月19日(日)午前11時00分~12時00分に放送されたドキュメンタリー番組です。


沖縄県の南にある小浜島(こはまじま)。ここに暮らすばあちゃんたちは、ある日突然アイドルになってしまいました。


平均年齢84歳のアイドルグループ、KBG84(小浜島 ばあちゃん合唱団)が歌った島のPRソングがインターネットで話題になり「信じられないほど元気!」「癒やされる!」と評判になりました。


KBG84のキャッチコピーは、「天国に一番近いアイドル」!


そのKBG84に、昨年、高齢化問題に悩むシンガポールから海外公演の依頼が舞い込みました。年をとっても笑顔でいられる秘けつを教えてほしいというのです。


そして、92歳の目仲トミさんら、選抜メンバーが海を渡り[飛行機]ました。そんな、ばあちゃんたちの挑戦を追った番組です。


年齢に関係なく、新しいこと、難しいことに挑戦している人たちは、生き生きとしています。この番組を観て、癒された気分になりました。


意外だったのは、ナレーションを務めた沖縄出身のりゅうちぇるが、結構上手かったこと。


“おバカキャラ”で売っていますが、彼は本当は、才能豊かな人間なのですね。


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~160 省略

Vol.161 2017/1/26  『ドラマ就活家族~きっと、うまくいく~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57

Vol.162 2017/1/30  『ドラマ「カルテット」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8

Vol.163 2017/2/2   『Crossroad(クロスロード)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fd68d9b3b9e3e045d6cb7e51418a7f8

Vol.164 2017/2/5   『ドラマ「東京タラレバ娘」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2ce817da77f64fab6e7bbf4c469a22e

Vol.165 2017/2/8   『大河ドラマ「おんな城主 直虎」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11

Vol.166 2017/2/12  『A-Studiohttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17  『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d

Vol.168 2017/2/23  『ぴったんこカン☆カン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd41ee2da1249822b60889d81e7150f4

Vol.169 2017/2/28  『主治医が見つかる診療所』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1220460b2c4832c6890cab5978c4c3e

Vol.170 2017/3/20  『アナザースカイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34fe64952c81520518cee35a40e0838d

Vol.171 2017/3/30  『五木先生の歌う!SHOW学校』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/88239f5adcfc46f33c28473c76f9b9f1

Vol.172 2017/4/6   『中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d3bc4b21fca64bfa5df48cde974f07
                                                                                                                                                                                                          


nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

映画 Film103 『ムーラン・ルージュ』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第103回は、『ムーラン・ルージュ』をお送りします。

CCF20170206_00001.jpg


「ムーラン・ルージュ」(原題:Moulin Rouge!)は、2001年に制作されたアメリカ映画です。


監督は、バズ・ラーマン(Baz Luhrmann)。主演はユアン・マクレガー(Ewan McGrego)rと、ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)。


題名の「ムーラン・ルージュ」は、パリに今でも実在するキャバレーの名前です。“Moulin Rouge”は、フランス語で「赤い風車」という意味で、実際に屋根の上に赤い風車があります。映画にも、「赤い風車」が登場します。


物語の舞台は、1899年、世紀末のパリ。大人気を誇るキャバレー「ムーラン・ルージュ」のスターで高級娼婦サティーン(ニコール・キッドマン)と、貧乏作家のクリスチャン(ユアン・マクレガー)は、禁断の激しい恋に落ちてしまいます。


ショーへの出資の見返りに、サティーンを我がものにしようとする公爵に隠れて、危険な関係を続ける二人でしたが、思いもかけない悲劇が起こてしまいます。


「ムーラン・ルージュ」を初めて観たのは、2001年11月の日本公開時。写真は、その時の前売券の半券。料金は、1,300円だったのですね。


その後、テレビ放映時にも観ましたし、最近では、ブルーレイ版をレンタルして観ました。


この映画は、古典的なストーリーにミュージカル要素を加味し、絢爛豪華な映像をゴージャスなセットで蘇らせた作品です。


バズ・ラーマン監督の前作「ロミオ+ジュリエット」と同じ手法ですね。


1899年のパリが舞台なのに、音楽にマドンナ、エルトン・ジョン、ホイットニー・ヒューストン、などが使われているのも、怪し気な雰囲気を醸し出すのに役立っています。


またスピード感のある映像も特徴の映画です。


2005年に、香港映画「ウィンター・ソング」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e598c764e0fbf3b8a9c460ad43149516 を、初めて観た時に「ムーラン・ルージュ」に似ているなと思いました。


劇中劇でストーリーが展開する点も、ミュージカル仕立てなのも、悲恋物語も同じです。


そして、ニコール・キッドマンと「ウィンター・ソング」の周 迅(ジョウ・シュン)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/331bdd92ff538b514f9916209ab3113b が小悪魔的な魅力で、ユアン・マクレガーと金城武を振り回す点も。


「ウィンター・ソング」の制作者は否定するかも知れませんが、「ムーラン・ルージュ」の影響を受けているのかも知れませんね。



 

===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~90  省略

Film91 2016/12/5  『レヴェナント:蘇えりし者』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1933f2201a2fb9fde2b1551da99b2f6a

Film92 2016/12/10 『起終点駅 ターミナル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b14b9a9209fd0facd653bca53d18778c

Film93 2016/12/23 『ホットロード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f49dcfb2c1a5aa6a3313602c040d2b5

Film94 2016/12/28 『ミスター・ルーキー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48f360c5297448a5a7a7ff5a9675d4b4

Film95 2017/1/5   『ザ・ヤクザ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9af38fb30d6cb59c8bbb64531242a445

Film96 2017/1/15  『母と暮せば』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/012d2dba6f1c44a76922b271b7ee1f9a

Film97 2017/1/20  『初恋のきた道』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9520ff4c27be54f59cab8a2c353a7db

Film98 2017/1/28  『華麗なるギャツビー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bebdf321297c87964d5ffca52d7206f

Film99 2017/2/7   『ビバリーヒルズ・コップ3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37d9b2d4d7a7b635b9362a65ec535db4

Film100 2017/3/17 『チア☆ダン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e31e03e457a76218920d0b3bda59fbb3

Film101 2017/3/27 『REDリターンズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a7b12fb0dee8e2d3e2ec56c8d2e34fdb

Film102 2017/4/5  『ローマの休日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c3c4c2db8ae25498a19232f24fff4fe


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アジアの歌姫 Part19 『中国:周 迅 (ジョウ・シュン)』 [アジアの歌姫]

アジアで活躍する女性歌手・グループを紹介する「アジアの歌姫」シリーズの第19回は、『中国周 迅 (ジョウ・シュン)』をお送りします。

ジョウ・シュン.jpg


今日ご紹介する『周 迅(ジョウ・シュン)』(ピン音:Zhōu Xùn)は、中国出身の女優、歌手です。


これで、「アジアの歌姫」で紹介したのは;

台湾出身が、テレサ・テン、S.H.E、Dream Girls、レネ・リウ、レイニー・ヤン、アンバー・クオ、ジョリン・ツァイ、の7人・グループ。

中国・香港出身が、カレン・モク、ケリー・チャン、ココ・リー、黄 聖依、王 菲、田 原、周 迅、の7人。

韓国出身が、BoAと、パク・シネ、の2人。

フィリピン出身が、シャリース、ゼンディー、の2人。

タイ出身は、ウィチャヤニー・ピアカリン 1人。

の計19人・グループになりました。

台湾と中国・香港出身が一番多いのは、隊長の好みが反映されているのでしょうね。


周 迅は、中国浙江省衢州(くしゅう)出身、1974年10月18日生まれの、現在42歳です。


1991年、17歳の時に映画[映画]デビューした周 迅、その後多くの作品に出演し、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、章子怡(チャン・ツィイー)、と並ぶ四大名旦(中国四大女優)の一人として、長い間人気を保っています。


2005年製作の『ウィンター・ソング』(原題:如果・愛)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e598c764e0fbf3b8a9c460ad43149516 は、隊長の記憶に鮮明に残る映画の一つです。


この映画で、金城武演じる林見東(リン・ジェントン)を翻弄する小悪魔的美女、孫納(スン・ナー)を演じています。


歌手[カラオケ]としての活動は、2003年にアルバム『夏天』を、2005年にアルバム『偶遇』を発売しています。


1stアルバムに収められている『看海』、いつ聴いても、彼女の魅力が伝わってくる曲です。

『看海』



===「アジアの歌姫」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/06f9e2c6703033f5e0bad1580ccc6e0e

Part1~5  省略

Part6  2013/10/2 『台湾:S.H.E』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e0866c709979553db1ec9cc8f2a5ee2

Part7  2014/1/10 『台湾:Dream Girls』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3b10a4f8df3cccb025d097e74f94eed5

番外編 2014/2/2  『別れの予感 競演』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa5bfd6c3ed08ea35928dbb4c026f7ca

Part8  2014/9/2  『中国:黄 聖依』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5a7719dfa936a508a2f19bcaeaa3fd99

番外編 2014/9/18 『訃報:山口淑子さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7349da2dde9bbf32afbb8f073d911a9c

Part9  2015/2/7  『フィリピン:シャリース・ペンペンコ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d774f41037be084c17e202b204c188c2

Part10 2015/3/6  『フィリピン:ゼンディー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/363d43a70ae40c08e2d7a4e66074e00e

Part11 2015/5/3  『タイ:ウィチャヤニー・ピアカリン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34f6214a4501e6d29ce4415183823c7a

Part12 2015/9/4  『台湾:レネ・リウ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0f2dfc4d206745f36c5be5d96092265b

Part13 2015/9/14 『台湾:楊 丞琳(レイニー・ヤン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6490cb6e0bd42342ae5a713f3284629

Part14 2015/11/19『韓国:パク・シネ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6c014cf89eb48b9d08a35f6072ec71d2

Part15 2016/1/15 『台湾:アンバー・クオ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ebfd8aa85b94424b0012f57d4155b07

Part16 2016/7/3  『台湾:ジョリン・ツァイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea642091013a1ebc3a1ce79f187be3c8

Part17 2016/12/11『中国:王 菲(フェイ・ウォン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d37f3f0255f3562540427b13148f305c

Part18 2017/3/26 『中国:田 原(ティエン・ユエン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f3cf9a0ed4a0b71269d4867dfd3b946f


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グルメ 192食 『福島の酒 「飛露喜 無ろ過生原酒」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第192回は、『福島の酒 「飛露喜 無ろ過生原酒」』をお送りします。

CCF20170406_00000.jpg


東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e539412b2672ecbb8e1f39826dd3ea11 に賛同して、日本酒を選ぶ時は、蔵元が福島県にある銘柄を積極的に飲んでいます。


今日ご紹介するのは、福島県会津坂下町の蔵元「合資会社廣木(ひろき)酒造本店」の『飛露喜(ひろき) 特別純米 無ろ過生原酒』です。


「廣木酒造本店」の創業は、文政年間。所在地は、新潟市から福島県いわき市に通じる旧:越後街道(現:国道49号線)から一本外れた、会津坂下の旧市街地(宿場町)の中にあります。


同蔵元のお酒は、以前『特別純米 飛露喜』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/355cd75a522f8359f08b4ed4698d0b32 と、


『泉川 純米吟醸』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f1e0fa67b02f554cb6c84ddb1f22a02c の二銘柄を、紹介しています。


『飛露喜』は、今や全国区ブランドどころか、海外でも有名になり、地元でもなかなか入手困難な“幻の酒”です。


年1回の少量生産の「無ろ過生原酒」は、さらに入手困難です。

DSC_0013.JPG


「廣木酒造本店」は、もともと「泉川」の銘柄で知られていましたが、全国ブランド「飛露喜」のスタートが、この無濾過生原酒。


今回も、会津坂下に住んでいる義兄が、蔵元から直接購入し、自宅に送ってもらいました。


香りが良く、口に含むと、甘味旨みが広がります。甘いけどしつこくないので、飲み始めたら止まらなくなる“危険な酒”でもあります。


今まで飲んだ、同蔵元の日本酒、どれも最高に美味しいのですが、あえて一番としてあげるとしたらの、この「飛露喜(ひろき) 特別純米 無ろ過生原酒」です。


「合資会社廣木酒造本店」の住所は、福島県河沼郡会津坂下町字市中二番甲3574。電話番号は、0242-83-2104[電話]


尚、「隊長のブログ」では、福島県が蔵元の日本酒を、これまでに10銘柄紹介しています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b454e6cc773675a1c4e4cc509e1ccd3

===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~180食  省略

181食  2016/12/21 『やまや「めんたいのり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5971dd6d2fa8306c94ccf85689ac09b1

182食  2017/1/6   『ノルウェー産からすみのお味は。。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e7944c6e0646f569e533c19c1f546a8

183食  2017/1/17  『福島の酒「冩樂(しゃらく)おりがらみ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e910ddf88e1e1cddd49d31b7184cae5b

184食  2017/1/25  『Okinawa Bar & Food Kagura』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e98a5a0a53b694f37a27219bbd6075d

185食  2017/2/1   『静岡の酒「正雪 純米吟醸」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ea5bfae45bba9a994889c993deaa6b0

186食  2017/2/6   『Social Cafe“Sign with Me”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d78cd1f955865309f869d6e98473f82

187食  2017/2/11  『三越本店の「十勝大名焼」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f1f1a66a896e8f711df56d73a73af1e

188食  2017/2/22  『「皿うどん派」継続中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4db1e1af240dd6eaee320a3789804355

189食  2017/3/12  『「豚骨一燈本郷店」オープンhttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e048deec230a4ce3ba3da560598c9f90

190食  2017/3/22  『両口屋是清の和菓子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9a346e94d8c6abcfa9fcbe66a69be4d

191食  2017/4/3   『赤坂「我が家の味しゅう」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/393a408f6615a25f9b745204f32c1ae5


nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テレビ Vol.172 『中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第172回は、『中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実』をお送りします。

C1k1aYiVEAAlyIB.jpg


「中国王朝 よみがえる伝説」は、NHK BSプレミアムで放送されている、最新の発見を取材し、中国史上の著名人物の実像を探ろうというシリーズです。


今回取り上げられたたのは、西太后(せいたいこう)、楊貴妃、始皇帝の母・趙姫という三人の「悪女」たち。


第1回の「悪女たちの真実 西太后」は、1月25日(水)の午後9時から放送されました。

abc2008101306b.jpg


番組では、女優の戸田恵梨香が、西太后の足跡を辿りました。


「隊長のブログ」では、戸田恵梨香さんの出演作品は、


映画 『アンダルシア 女神の報復』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b820444077ab578dc2d5c57f99f48f6 と、


ドラマ 『リスクの神様』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4392fe2cc7839e235f6ce669d22b8850 を、紹介しています。


この番組を観て、驚いたのは、西太后が光緒帝を幽閉し権力を奪ったクーデター「戊戌(ぼじゅつ)の政変」に、伊藤博文が関わっていたのではとの説です。


伊藤博文が、光緒帝に謁見した直後に、政変が起こったことから、当時の中国で、国際的な謀略が渦巻いていたのではと推測されています。


そして、西太后は“悪女”ではなく、欧米列強の中国侵略に抵抗した“英雄”として、中国では再評価され始めているとは、驚きです。


さらに驚いたのは、番組の最後で、戸田恵梨香さんが、北京に住む西太后の子孫を訪ねた時の映像です。


西太后が身につけていた衣服が残されていて、それを着てみればと薦められ、彼女が袖を通したのです。

C2mOEr2UoAANEIA.jpg


“国宝級のお宝”が、裕福とは思えない家に保管されていて、いくらテレビ番組の取材とはいえ、着させるとは。


これは、愛新覚羅溥儀が戦後に受けた扱いと同じ様に、西太后の清朝が、漢族ではなく満州族だったからでしょうか?


尚、「悪女たちの真実 始皇帝の母 趙姫」は、4月8日(土)午後3時から再放送の予定です。

===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~160 省略

Vol.161 2017/1/26  『ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57

Vol.162 2017/1/30  『ドラマ「カルテット」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8

Vol.163 2017/2/2   『Crossroad(クロスロード)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fd68d9b3b9e3e045d6cb7e51418a7f8

Vol.164 2017/2/5   『ドラマ「東京タラレバ娘」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2ce817da77f64fab6e7bbf4c469a22e

Vol.165 2017/2/8   『大河ドラマ「おんな城主 直虎」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11

Vol.166 2017/2/12  『A-Studiohttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17  『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d

Vol.168 2017/2/23  『ぴったんこカン☆カン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd41ee2da1249822b60889d81e7150f4

Vol.169 2017/2/28  『主治医が見つかる診療所』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1220460b2c4832c6890cab5978c4c3e

Vol.170 2017/3/20  『アナザースカイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34fe64952c81520518cee35a40e0838d

Vol.171 2017/3/30  『五木先生の歌う!SHOW学校』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/88239f5adcfc46f33c28473c76f9b9f1
                                                                                                                                                                                                          


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

映画 Film102 『ローマの休日』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第102回は、『ローマの休日』をお送りします。

oudrey1.jpg


『ローマの休日』(原題:Roman Holiday)は、1953年に制作されたアメリカ映画です。


監督は、ウィリアム・ワイラー(William Wyler)。主演はグレゴリー・ペック(Gregory Peck)と、オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)。


いまさら、この映画について説明することもないと思いますが、あらすじは、欧州各国を親善旅行で訪れていたアン王女(ヘプバーン)が、ローマ滞在中に疲れやストレスから、一人で夜のローマの街へ逃げ出してしまいます。


酔っ払って道端で寝込んでしまった王女を、偶然通りかかったアメリカ人の新聞記者ジョー(グレゴリー・ペック)が見つけ、どうしようもないので王女とも知らず家へ連れて帰りました。


翌日になって、彼女が王女だと気づいたジョーは、大スクープをモノにしようと、友人のカメラマンであるアーヴィング(エディ・アルバート)の協力を得て、王女をローマの街の観光に連れ出します。。。


もちろん、『ローマの休日』の1954年の日本公開時に、劇場で観ている訳ではありませんが、公開後の日本でのヘプバーン人気の凄さは、耳にしたこともあります。


この映画は、テレビ放映で何度か観ているのですが、今回改めてDVDをレンタルして観たのは、今年の7月にローマを訪れる[飛行機]予定があるからです。


アン王女や、ジョーが訪れた、スペイン広場、トレヴィの泉、真実の口、にも行くつもりです。


そして、今日、この記事をアップしたのにも訳があります。今日、4月5日はグレゴリー・ペックの誕生日だからです。


1916年生まれのグレゴリー・ペック、生きていれば今年101歳ですか。


『ローマの休日』を改めて観終えて、“悲恋物語”として、永遠に語り継がれる作品の出来栄えの素晴らしさを感じました。


それと、ヘプバーンの王女の役に相応しい気品ある美しさ。この映画の世界的なヒットは、彼女の起用なしでは、あり得なかったかも知れませんね。


今回レンタルしてDVDは、「製作50周年記念デジタル・ニューマスター版」で、本編以外に特典映像が収録されています。


その特典映像を見ると、主演のグレゴリー・ペックは決まっていたのですが、ヘプバーンはオーディションで選ばれたそうです。


当初の映画オープニング時のクレジットタイトルには、グレゴリー・ペックは大きく映し出されていましたが、ヘプバーンの名前は小さく、あくまでグレゴリー・ペック主演映画としてプロモーションされたそうです。


それが、公開後のヘプバーン人気で、クレジットタイトルは、“ダブル主演”に書き換えられたそうです。


それと、当初のクレジットタイトルには、脚本ダルトン・トランボの名前がなかったとのこと。


当時のマッカーシズムの影響で彼の名前が伏せられていましたが、後に名誉回復し、今ではクレジットタイトルにも彼の名が復活しています。


実際にローマの各所でロケをしたこの映画、今見ると、観光名所だけでなく、当時のローマの様子が良く分かります。


日本と同じく敗戦国のイタリア、戦後間もない頃のローマの街の人々の貧しかった暮らしが窺い知れます。


それでも、さすがイタリア人、底抜けの明るさを画面から感じることも出来ました。


『ローマの休日』製作から60年以上経ったローマの街が、どれだけ変わったのか、変わらないのか、7月にこの目で確かめるのが楽しみです。



===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~90  省略

Film91 2016/12/5  『レヴェナント:蘇えりし者』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1933f2201a2fb9fde2b1551da99b2f6a

Film92 2016/12/10 『起終点駅 ターミナル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b14b9a9209fd0facd653bca53d18778c

Film93 2016/12/23 『ホットロード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f49dcfb2c1a5aa6a3313602c040d2b5

Film94 2016/12/28 『ミスター・ルーキー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48f360c5297448a5a7a7ff5a9675d4b4

Film95 2017/1/5   『ザ・ヤクザ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9af38fb30d6cb59c8bbb64531242a445

Film96 2017/1/15  『母と暮せば』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/012d2dba6f1c44a76922b271b7ee1f9a

Film97 2017/1/20  『初恋のきた道』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9520ff4c27be54f59cab8a2c353a7db

Film98 2017/1/28  『華麗なるギャツビー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bebdf321297c87964d5ffca52d7206f

Film99 2017/2/7   『ビバリーヒルズ・コップ3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37d9b2d4d7a7b635b9362a65ec535db4

Film100 2017/3/17 『チア☆ダン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e31e03e457a76218920d0b3bda59fbb3

Film101 2017/3/27 『REDリターンズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a7b12fb0dee8e2d3e2ec56c8d2e34fdb


nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブログ その122 『ポーラ GACHI フェイスケアローション』 [ブログ]

隊長の日々の出来事・雑感を綴った「ブログ」の第122回は、『ポーラ GACHI フェイスケアローション』をお送りします。

DSC_0014.JPG


これまで、“男の顔”のお手入れに、夜の入浴後に使用していたのが、『資生堂メン モイスチャーライジングエマルジョン』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f3be7e6551b7c18f549053d63f40503 です。


資生堂の男性用化粧品シリーズ「資生堂メン」を使用する様になったきっかけは、2013年1月に『講演 資生堂海外事業の38年間を通して』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/d/20130201 で、資生堂 元執行役員専務 阿部 貞夫 氏の講演を聞き、“資生堂メン スキンケアキット”を抽選で貰ってからです。


洗顔フォームの『クレンジングフォーム』、顔用化粧水『ハイドレーティングローション』と、セットで使っているのですが、『モイスチャーライジングエマルジョン』は乳液なので、使用後のベトつき感が少し気になっていました。


先月、「星野リゾート 界 鬼怒川」に宿泊http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1663a2c95debef89c81596c45f7f9d6e した際に、大浴場に置いてあった男性化粧水を使用したところ、ベトつき感がなく肌にしっとりとなじみます。


顔だけでなく、全身に使用しても、サッパリとした感触で、気持ちが良かったです。


青い濃淡色のボトルに書かれていたのが、『ポーラ GACHI フェイスケアローション』でした。


家に帰って調べてみたら、ポーラのGACHI(ガチ)は、市販していなくて業務用とのこと。


この製品には、加水分解ヒアルロン酸(保湿成分)が配合されています。


ネット通販で、1リットルの詰替用紙パックが、送料込み 4,172円(税込)で購入出来ました。


嬉しいことには、200mlの詰め替え容器が3本も付いて来ました。

DSC_0018.JPG


安価なので、今では、入浴後には顔だけでなく、全身にたっぷりと使用しています。


===「ブログ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/537663d2f182cab36960f0c42b1320ca

その1~110  省略

その111 2016/4/16  『クロスのボールペン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dee7e8c56d6ab4ec7b4eb2a9095be7e

その112 2016/4/20  『文京区アカデミー推進計画』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ffa4e4e5fe0dea9a4b17f6719ba5505

その113 2016/5/4   『使用済み切手寄付 2回目』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2fc7158067b0ce2cc928bc33e1f53f3

その114 2016/5/11  『旅行用目覚まし時計』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6d22af9ed2c71cd5042931c91e6049d

その115 2016/5/18  『無事帰国しました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256b7c297b6ace269fb490991a4b9a7c

その116 2016/9/18  『「文社協だより」に載りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f806bb384e8dc7335e6963d7161aca0

その117 2016/11/20 『また、やられた!!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5fdd3f82031daded15626f39fe99f54b

その118 2016/12/30 『2016年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4acff83b8acf254a3e51672f0c150ae1

その119 2017/2/4   『使用済み切手寄付 3回目』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9d01212a8bf8aba2d0ee402bb41c3b5f

その120 2017/2/24  『35mmフィルムケースの使い道』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/71b15ce5ba7b2bc8633d016ff4c93509

その121 2017/3/23  『銀座線特別車両に遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/270e03d3f88ef98a943a2433ed62093c


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

グルメ 191食 『赤坂 「我が家の味 しゅう」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第191回は、『赤坂 「我が家の味 しゅう」』をお送りします。


3月31日(金)の夜は、赤坂の日本料理「我が家の味 しゅう」で、高校同窓会旧幹事三人と会食をしました。


予約をしてくれたのは、メンバーのKさん。前の会社に勤務していた頃に、ランチやディナーで良く利用していたとのこと。


同店は、[地下鉄]千代田線「赤坂駅」から徒歩5分、丸の内線「赤坂見附駅」から徒歩8分ですが、全員が集まり易い「赤坂見附駅」で待ち合わせ。


このメンバーで会うのは、去年の10月に四ッ谷のイタリアン[レストラン]「Kamiya」でランチを頂きながらの幹事引き継ぎ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/618bdfe8272183e77cc1d70786c659e8 以来です。


Kさんの先導で、一ツ木通りを歩いて同店に向かったのですが、途中何度か道を間違えて、一ツ木通りから1本入った円通寺通りから、さらに路地に入った同店にやっと到着。


長年通い慣れたKさんでも、赤坂の街の変貌が激しく、迷ってしまったとのこと。


隊長が知っている赤坂近辺も、全国チェーンの飲食店・コンビニ等が増えて、個性が段々無くなって来ています。


そんな中、「我が家の味 しゅう」は、路地裏の一角にひっそりと佇んでいました。


中に入ると、総席数16席の小さな店ですが、寛げる空間です。同店は、料理長のご主人と女将の二人で営業しているので、家庭的な雰囲気を醸し出しているのでしょうね。


先ずは、瓶ビールで乾杯。料理は、事前にKさんが、“お薦めコース” 3,500円(税込)を頼んでくれていました。


突き出しは、ナスの煮びたし。

DSC_0002.JPG


二品目は、汲み出し豆腐。豆腐はとろけるように柔らかく、自家製の味噌だれをつけて頂きます。

DSC_0001.JPG


豆腐を食べ終わった後は、最後に鍋に残った汁で味噌だれを薄めてスープにして頂きましたが、これも絶品でした。


この日の外は、冷たい雨[雨]が降っていたのですが、これでやっと体が温まりました。


同店は、日本酒の種類も豊富なのですが、さらに、ほんわかした暖かさを感じたくて、瓶ビールの後は、燗酒を飲むことにします。


同店お薦めの宮城の地酒 “一ノ蔵” を頂きます。


三品目は、刺身。なめろうの様に、二種類の魚をたたき状にして味付けしてあります。魚の種類は、聞いたのですが、酔っ払って忘れました(苦笑

DSC_0003.JPG


お店に入った時は、我々四人だけでしたが、この頃になると、全ての席が埋りました。圧倒的に女性のお客様が多いです。我々も、男性は隊長だけです。


この日も酔っ払いながら話したのですが、隊長が、今でもダンスレッスンで、女性数十人の中で男性一人でも入っていけるのは、高校一年のクラスで免疫が出来たからでしょう。


当時、隊長たちのクラスは、女性と男性の割合が2対1で、圧倒的に女性の方が多かったからです。


四品目は、じゃこと水菜のサラダ。

DSC_0004.JPG


五品目は、そら豆と筍とエイヒレの炭火焼。

DSC_0005.JPG


六品目は、つくね団子と蛤の鍋。

DSC_0007.JPG


鍋の後は、雑炊にして頂きます。

DSC_0008.JPG


そして、最後はデザート。

DSC_0009.JPG


満腹になって、外に出ようとしたら、女将がバスケットにたくさん入った駄菓子を一つ選ばせてもらえるという楽しいお土産つきでした。

DSC_0010.JPG


まだまだ冷たい雨が降り続いていましたが、心も体も暖かくなり、賑わう赤坂の街を駅に向いました。


尚、「我が家の味 しゅう」の住所は、東京都港区赤坂5-1-30 サン・コ-ポラス102号。電話番号は、03-3589-3270[電話]です。

さて、月初恒例の『2017年の目標も勝率6割3分です』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edcc2b12b1d0e9c6036686a4ff128915 で宣言した「飲酒勝敗表」の成績発表です。

この“目標”は、健康の事を考え、出来るだけ飲酒する日を少なくするために、月間・年間の飲酒しない日の割合の目標を設定し、自己管理するためです。

お酒を飲まなかった日を“勝ち”、飲んだ日を“負け”として、計算しています。

3月の勝敗は、20勝11敗の勝率64.5%で、月間目標の6割3分を上回りました。

しかし、1~3月の累計では、56勝33敗1分けの勝率62.9%で、年間目標の6割3分を、若干ですがまだ下回っています。

ところで、1分けの“引き分け”の意味ですが、昼間にグラスワインやランチビールなど「軽く一杯」飲んだときを“引き分け”と都合良く勘定しています。

===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~180食  省略

181食  2016/12/21 『やまや「めんたいのり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5971dd6d2fa8306c94ccf85689ac09b1

182食  2017/1/6   『ノルウェー産からすみのお味は。。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e7944c6e0646f569e533c19c1f546a8

183食  2017/1/17  『福島の酒「冩樂(しゃらく)おりがらみ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e910ddf88e1e1cddd49d31b7184cae5b

184食  2017/1/25  『Okinawa Bar & Food Kagura』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e98a5a0a53b694f37a27219bbd6075d

185食  2017/2/1   『静岡の酒「正雪 純米吟醸」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ea5bfae45bba9a994889c993deaa6b0

186食  2017/2/6   『Social Cafe“Sign with Me”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d78cd1f955865309f869d6e98473f82

187食  2017/2/11  『三越本店の「十勝大名焼」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f1f1a66a896e8f711df56d73a73af1e

188食  2017/2/22  『「皿うどん派」継続中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4db1e1af240dd6eaee320a3789804355

189食  2017/3/12  『「豚骨一燈本郷店」オープンhttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e048deec230a4ce3ba3da560598c9f90

190食  2017/3/22  『両口屋是清の和菓子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9a346e94d8c6abcfa9fcbe66a69be4d


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

街歩き 第44回 『文京春日の出世稲荷神社』 [街歩き]

隊長の地元 文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの第44回は、『文京春日の出世稲荷神社』をお送りします。

DSC_0012.JPG


文京区春日にある「出世稲荷神社」は、江戸幕府三代将軍・徳川家光の乳母であった「春日局」ゆかりの神社です。


かつて野原だった地を、お付きの御下男たちの住まいとするため、寛永7(1630)年、春日局が幕府に願い拝領した際に、その鎮守のために稲荷神社が祀られました。


彼女の出世にあやかり「出世稲荷」と呼ばれるようになりました。


「出世稲荷」がある一帯は、昭和40(1965)年までは「春日町」でした。春日局とのゆかりで、古くは春日殿町と呼ばれ、のちに春日町となったそうです。

DSC_0022.JPG


「出世稲荷」の現在の住居表示は、文京区本郷1丁目33-17。「白山通り」から一本小道を入った突き当たりにあります。


以前ご紹介した『フレンチレストラン[レストラン]洋食屋』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/153b4d6c2edb2284bbaddfc9d5726563 の斜め後ろ側に当たります。


これまでに、何回か「出世稲荷」の前を通ったことがあったのですが、「春日局」ゆかりの神社とは知りませんでした。


知ったのは、テレビ[TV] 番組『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d 最終回の「春日局」特集です。


番組では、「出世稲荷神社」を訪れて、紹介してくれました。


隊長が訪れた日には、境内には誰もいませんでした。

DSC_0019.JPG


同神社は、現在では『「牛天神」北野神社』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2809549e0b31d48ddf3e97f8e51f55c の兼務社の一つになっていて、宮司さんは、ここにはいらっしゃいません。

DSC_0017.JPG


境内には、神社にありがちな桜の木も、梅の木もなく、大きなイチョウの古木が二本あるだけです。


また、境内の一角は、文京区立春日園児童遊園になっていて、ブランコやすべり台の遊具が置かれていますが、子供の姿は見当たりません。

DSC_0016.JPG


まさに、都会の片隅にひっそりと佇む、「春日局」ゆかりの神社です。


徳川家光の廟所「日光山輪王寺大猷院(たいゆういん)」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a の豪華絢爛さと比べて寂しすぎます。


尚、「出世稲荷神社」を含む本郷・春日地区の建物・お店の地図は、こちらでご覧いただけます⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01350f793d004d68686db8f749544c32
    


===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9

第1回~35回  省略

第36回 2016/1/4  『「牛天神」北野神社』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2809549e0b31d48ddf3e97f8e51f55c

第37回 2016/1/18 『秋田ふるさと館』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f33a9c33e6c197601bdab74e801af43b

第38回 2016/2/10 『梅まつり 始まりました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4da3a5964cdc214471b5151135c0840

第39回 2016/2/27 『本郷「朝陽館本家」廃業』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79fc1e4801ea4926d10b53453ed00e1b

第40回 2016/7/2  『三越の屋上でビールの試飲会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c23d4d9ce261259c5d0250df76aa82e

第41回 2016/7/23 『大横丁通り納涼祭』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e6d08fbc7392377ab1a0fca8f79cf3d

番外編 2016/7/30 『本郷・春日の地図』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01350f793d004d68686db8f749544c32

第42回 2016/11/28『本郷中央教会のパイプオルガン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7de6e29a799896053ead17aa78c392bc

第43回 2016/12/26『神田明神の石碑と像』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/66e32a263a87f5ee1b278ef125e5e64a


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

健康・病気 その62 『リハビリ卒業』 [健康・病気]

隊長が見聞きしたり、体験した「健康病気」に関する記事の第62回は、『リハビリ卒業』をお送りします。


今日は、三月の最終日です。三月は、卒業の月ですね。


隊長の左手の関節拘縮(かんせつこうしゅく)のリハビリ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62367d59fa5c06fa67ce794c0f880dc7 も卒業となりました。


最初は、12~13kgしかなかった左手の握力も、23kg近くまで回復し、指も掌(てのひら)に着くまであと1cmまで曲げることが出来る様になりました。

DSC_0001.JPG


あともう少し、リハビリ科に通いたかったのですが、担当の整形外科医が三月末で転勤になることもあり、卒業になりました。


作業療法士(OT)の先生には、本当にお世話になりました。


あとは、自宅で地道にリハビリを続けます。


この日は、病院内の患者さんの数がいつもの1/3くらいでした。こんなに閑散としている病院内を初めて見ました。


OTの先生によると、年度末の転勤・移動・引き継ぎのため、予約を控えているためではないかのことでした。


本当は、満開の桜の下で、リハビリ科を卒業したかったのですが、構内の桜は、やっとほころび始めたばかりです。

桜1.JPG

桜2.JPG


明日から四月、桜の満開も、もうすぐですね。


===「健康・病気」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/5153e2bca76fc6551b77793cb5fe2e2c

その1~50 省略

その51 2015/7/18 『「過敏性腸症候群」の治験モニターhttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68c58a2ed1fd8c1ff60aaf92d6b6e81c

その52 2015/8/18 『外国人体格検査記録』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25175dc9c4d6becdfcb6bae735f243ea

その53 2015/10/13『尿管結石は激痛だった!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/66696c8c1fbefb8c0d7a9d05f72b34e4

その54 2016/2/3  『加湿器のお世話になっています』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6016ca8409cba390d70428dac0392d8e

その55 2016/2/20 『「帯状疱疹」を発病』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfb1a77545a764e1bc33a0b3ccb557f2

その56 2016/4/6  『帯状疱疹後神経痛』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df1f7cae51ff6b298abc5164dc9189d7

その57 2016/7/5  『サンダルが履ける!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c4f81fdba651667818fca27e0dcda27

その58 2016/10/29『関節拘縮のリハビリ中です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62367d59fa5c06fa67ce794c0f880dc7

その59 2016/11/23『浅指屈筋を鍛えています』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01ebd245b266934954f7d7a8e3394be4

その60 2017/1/1  『2017年の目標も勝率6割3分です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edcc2b12b1d0e9c6036686a4ff128915

その61 2017/2/16 『「帯状疱疹」から一年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79de94dc2a29f23e51665e74aeec99d5


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

テレビ Vol.171 『五木先生の歌う!SHOW学校』 [音楽]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第171回は、『五木先生の歌う!SHOW学校』をお送りします。

o0960053413851737411 (2).jpg


『五木先生の歌う!SHOW学校』は、不定期土曜の18:10~18:45にNHK総合テレビで、放送されている公開音楽バレエティ番組です。


この“SHOW学校”は、歌手の五木ひろしを先生役に、歌手や芸人が生徒役になり、歌謡曲しか教えないという世にも珍しい学校。


五木先生が、歌の世界のアレコレを熱血指導します。懐かしい歌に新しい歌、みんなで歌って[カラオケ] 笑える“SHOW学校”です。


3月18日(土)の放送は、青森県三沢市三沢市公会堂での公開録画。


市川由紀乃、大江裕、丘みどり、バービー(フォーリンラブ)、エハラマサヒロ、パックン・マックンのクラスメートに、はるな愛が転校生でやって来るという設定でした。

o0480036013854658510.jpg


会場が青森ということで、「東北にちなんだ名曲」を五木先生と生徒たちが歌ってくれました。


演歌が中心で、笑いのセンスも古いのではとの先入観で見ていましたが、五木ひろしのボケが芸人以上に面白いのと、皆さんの歌が上手いので、段々と画面に引き込まれて行きました。


尚、『五木先生の歌う!SHOW学校』。次回は、4月1日(土)午後6時10分からの放送予定です。


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~160 省略

Vol.161 2017/1/26  『ドラマ就活家族~きっと、うまくいく~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57

Vol.162 2017/1/30  『ドラマ「カルテット」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8

Vol.163 2017/2/2   『Crossroad(クロスロード)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fd68d9b3b9e3e045d6cb7e51418a7f8

Vol.164 2017/2/5   『ドラマ「東京タラレバ娘」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2ce817da77f64fab6e7bbf4c469a22e

Vol.165 2017/2/8   『大河ドラマ「おんな城主 直虎」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11

Vol.166 2017/2/12  『A-Studiohttp://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17  『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d

Vol.168 2017/2/23  『ぴったんこカン☆カン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd41ee2da1249822b60889d81e7150f4

Vol.169 2017/2/28  『主治医が見つかる診療所』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1220460b2c4832c6890cab5978c4c3e

Vol.170 2017/3/20  『アナザースカイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34fe64952c81520518cee35a40e0838d
                                                                                                                                                                                                          


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

スポーツ No.105 『稀勢の里優勝に忖度はなかったのか?』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第105回は、『稀勢の里優勝に忖度はなかったのか?』をお送りします。

優勝決定戦.jpg


大相撲春場所は、千秋楽の26日(日)、新横綱の稀勢の里が優勝決定戦で大関・照ノ富士を破り、2場所連続2回目の優勝を果たしました。


春場所は25日の14日目を終えて、照ノ富士がただ1人1敗で優勝争いのトップに立ち、2敗で稀勢の里が追う展開となっていました。


稀勢の里は、13日目の横綱・日馬富士戦で左肩を痛め、前日の横綱・鶴竜戦では、簡単に寄り切りで破れていました。


誰もが、照ノ富士の2度目の優勝を予想していたところ、千秋楽で、稀勢の里が本割、優勝決定戦と二番連続で照ノ富士勝ち、“奇跡の逆転優勝”を果たしたわけです。


この稀勢の里の優勝を絶賛する声が溢れていますが、隊長は、稀勢の里優勝に忖度(そんたく)はなかったのか、あえて問題提起をしてみたいと思います。


森友学園問題に関して、安倍首相に対して役人の忖度がなかったか、国会では、連日紛糾しています。


忖度とは、「他人の心をおしはかること」とされています。


照ノ富士が、他人の心をおしはかって、千秋楽の土俵に上がっていたとしたら。。。


籠池理事長は、土地の価格が下がったことに「神風が吹いた」と話しています。


稀勢の里は、優勝後のインタビューで、「見えない力感じた」と語っています。


これは、偶然の一致でしょうか?


テレビ[TV] 観戦をしていたのですが、13日目まで、圧倒的な力を見せていた照ノ富士が、稀勢の里との二番では、全く力が入っていない様な動きでした。


さらに、取り組み前に“鬼の形相”になるいつもの照ノ富士が、千秋楽では見られませんでした。


本割では、稀勢の里が立ち合いに変化をし、有利な体勢に持ち込みましたが、前日に同じく立ち合いの変化で勝った照ノ富士が、“手負い”の稀勢の里がこの戦法を取ることは、十分想像出来たはずです。


それが、見事にその作戦に引っかかるとは、考えられません。


まあ、照ノ富士も、古傷の膝の痛みが再発していたとの話しもあり、忖度があったかなかったかも、森友問題と同じ様に、当事者の口から語られることはないでしょうね。


さて、『春場所番付 売切れ御免』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfbe5d37f35c8f87a50bac429c1b0557 で、取り上げた稀勢の里以外の隊長の注目力士の結果です;


横綱・白鵬は、初日から黒星をし、五日目からまさかの休場です。来場所も精彩がないと、これまでの功績が本当に“レジェンド”で終わったしまいますよ。


関脇・玉鷲は、8勝7敗と辛うじて勝ち越しました。三役昇進後の三場所連続勝ち越しは、立派な成績ですが、“遅咲きの大関誕生”にはほど遠い成績に終わりました。


同じく関脇の高安は、初日から10連勝して、稀勢の里との同部屋優勝争いの期待もかかりましたが、その後三連敗し、12勝3敗の結果でした。それでも、来場所大関挑戦の権利は手にすることが出来ましたね。


平幕の逸ノ城、期待していたのですが、6勝9敗と負け越してしまいました。


今場所の“新星”として目に付いたのが、前頭7枚目の千代翔馬(ちよしょうま)です。

20090066.jpg


モンゴル出身、まだ25歳の千代翔馬、同じくモンゴル出身の先輩横綱・日馬富士の若い頃を思わせる様な筋肉質の体、素早い動きで、9勝6敗と見事な成績を残しました。


同部屋の大横綱、千代の富士の様に“ウルフ”の称号で呼ばれるのも近いかも知れないですね。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに35回アップしています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~90  省略

No.91  2016/9/4   『リオ五輪サッカー男子決勝戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/56479c7f0c88756f68313e38de4ae1cd

No.92  2016/9/14  『白鵬休場秋場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc465e786a49f3ad81ffeaa9d985cafe

No.93  2016/9/27  『豪栄道 全勝で初優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4928a71ea72d4ca5594d61500fda39a

番外編 2016/11/8  『訃報:平尾誠二さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a65e0c7823eee06d243f3abdceb502b2

No.94  2016/11/12 『九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e7b4a18dccb5221683729967dbc85fd4

No.95  2016/11/18 『PANCRASE 282』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e3dbba02348d263d9dff38f382681974

No.96  2016/11/30 『鶴竜 有終の美を飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd947572b9d08912a910a0d8e29d3130

No.97  2016/12/13 『五輪野球会場に外れた!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/466d20d8a663055f0a0ecf6a26a43003

No.98  2016/12/23 『鹿島 世界を相手に大善戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb38dbca07c3ef75eb3be3bf8314b31a

No.99  2016/12/27 『フィギュ全日本女子 宮原三連覇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ecd98a1b3b6a8345e34c969d50b170e9

No.100 2017/1/9   『初場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c83e115a8251ac649fd44672b8eb4958

No.101 2017/1/24  『稀勢の里横綱昇進へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8e18a16d99be844e58a34f1af8d8b1f

No.102 2017/2/14  『アイスホッケー女子 五輪決定』 http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=67e8d973a956575957a8ba41d91cd95b

No.103 2017/3/15  『春場所番付 売切れ御免』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfbe5d37f35c8f87a50bac429c1b0557

No.104 2017/3/25  『WBC 準決勝で敗退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2bde76c25b658ef9d058711468b013df


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ