So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

テレビ Vol.246 『ブラタモリ 海外編 「ローマ」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第246回は、『ブラタモリ 海外編 ローマをお送りします。


1.jpg



『ブラタモリ』は、NHK総合TVで毎週土曜日の19:30~20:15に放送されている紀行・バラエティー番組です。



この番組では、街歩きの達人・タモリさんが、“ブラブラ” 歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫ります。



一緒に歩くNHKアナウンサーは、三代目の林田 理沙(はやしだ りさ)さん。ナレーターは、草彅 剛さん。



隊長が好きな番組で、毎回、録画して観ています。その割には、これまでに「隊長のブログ」で取り上げたのは、2015年7月20日に放送された『ブラタモリ スペシャル 「東京駅」』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a2fa7e439d4f3e9479a25088a03a176 だけでした。



今年の1月12日と19日と二回にわたり放送されたのが、この番組初めての海外編。それも、隊長が一昨年の7月に訪れたことがあるイタリアの首都・ローマです。これは、記事に取り上げない訳はいきませんよね。



先ず、1月12日の放送は、~“ローマは1日にしてならず”とは?~と題して、ローマ帝政期に造られた円形闘技場「コロッセオ」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e809cf04613dd233befc642a335599f5 の前からスタート。


2.jpg



「ファロ・ロマーノ」に向かい、古代遺跡を堪能します。そして、2000年前の古代ローマ人の土木技術に感嘆します。


3.jpg



~ローマは水なしにしてならず!?~と題した1月19日の放送では、最初に「トレビの泉」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/afb31a5f00a492590d55483607e01425 を訪ね、お約束の後ろ向きにコインを噴水に投げ入れます。


4.jpg



そして、映画『ローマの休日』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c3c4c2db8ae25498a19232f24fff4fe でもおなじみの「スペイン広場」や「水道橋」を巡りつつ、2000年にわたりローマの人々の生活に欠かせなかった水の痕跡をたどりました。


5.jpg



尚、次回の『ブラタモリ』は、今日2月16日(土)午後7時半から、~なぜパリは“華の都”になった?~と題して、フランス・パリ編の第1回を放送予定です。




===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~230 省略


Vol.231 2018/9/15 『ガイアの夜明け~独占!復活のシャープ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b7693824407e354c5a3f58efd4f326c


Vol.232 2018/10/9 『朝ドラ「まんぷく」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a47e73d4dc82d63594d5130285d31788


Vol.233 2018/10/23 『ドラマ「黄昏流星群」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b97db2177ce7f1dd1ffef6178793876


Vol.234 2018/10/31 『ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5df6aee78ac4e1f5162d171a6e3ae0ca


Vol.235 2018/11/3 『ドラマ「下町ロケット」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01a38af83c7665f0cbe0864729965562


Vol.236 2018/11/5 『ドラマ「SUITS/スーツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cde3dbea47eab576fe6


Vol.237 2018/11/8 『ドラマ「僕らは奇跡でできている」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d73a328dbda45bad863e5ffee8f154b0


Vol.238 2018/11/23 『出川哲朗の充電させてもらえませんか?~行くぞ絶景のイタリア!~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b1f09078a152732c01aee54e8cfc311


Vol.239 2018/12/12 『ふらっとあの街 旅ラン10キロ「池袋→駒込」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91dc41244fd7a70676eb115660917897


Vol.240 2018/12/27 『美の巨人たち~西郷隆盛像~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6529e756fd498cc0d96b59cb03ccecb4


Vol.241 2019/1/12 『ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/494c7aba761d57a48f3650e1f65c51e4


Vol.242 2019/1/21 『ドラマ「家売るオンナの逆襲」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22fd2a31f2742b90bb2dc61824aefbd5


Vol.243 2019/1/26 『ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed25fc5d60f6630fb4eb5ce98a82341b


Vol.244 2019/2/3 『ドラマ「メゾン・ド・ポリス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8862e96d4ded36511efa7171c8119fac


Vol.245 2019/2/8 『ドラマ「グッドワイフ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8fd49611e83940e4911252ad2599605f


 


 


nice!(9)  コメント(1) 

映画 Film138 『遙かなる山の呼び声』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画 [映画]」を紹介するシリーズの第138回は、『(はる)かなる山の呼び声』をお送りします。


遙かなる山の呼び声.jpg



『遙かなる山の呼び声』は、山田洋次監督・脚本による、1980年公開の日本映画です。配給は、松竹株式会社。



主演は、高倉健。「隊長のブログ」では、高倉健さんが出演する映画を、これまでに10本紹介しています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87d8db4720da5f32ebd38dca0955a502



共演者は、倍賞千恵子、吉岡秀隆、ハナ肇、武田鉄矢、渥美清、ほか。



あらすじ:ある嵐の夜、北海道中標津で母・民子(倍賞千恵子)と息子・武志(吉岡秀隆)親子二人で暮らす零細酪農家に、ずぶ濡れになった男・耕作(高倉健)が突然訪れます。


民子は、納屋を一夜の宿として提供します。その晩、民後が飼っている牛が急に産気づき、男はそれを手伝うと、翌朝、去って行きました。


しばらくして、その男が再びやってきて、働かせてくれと懇願します。決して身元を明かさない男を警戒しながらも、彼を雇うことにしました。。。



感想:オープニング、民子と武志だけの映像でしたが、耕作が家の入口から顔を出した途端に、健さんの存在感が出て、画面が引き締まります。



健さんの乗馬姿、さすが決まっていますね。全体的に西部劇を思わせるシーンが多く、アメリカの大草原を舞台をこの映画のリメイク作品を制作してもヒットすると思うのですが、オファーがないのでしょうかね。今のハリウッド映画は大作志向なので、地味な作品として手掛けないのかなと思ってしまいます。



警察に耕作が逮捕されたところで、この映画が終わっても良かったのでしょうが、山田洋次さんは、刑が確定した耕作が列車で網走刑務所に護送されるシーンをあえてラストにした意図が、民子が耕作にそっと渡した“黄色いハンカチ”を見て理解しました。



制作年度は、逆ですが、同じ高倉健、倍賞千絵子のコンビが出演した『幸福の黄色いハンカチ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705 が、この映画の続編として描いたのでしょうね。



服役している男(高倉健)と出所を待つ妻(倍賞千絵子)。『遙かなる山の呼び声』を先に観て、後から『幸福の黄色いハンカチ』を観ると、うなづけるかも知れません。両映画に、渥美清も武田鉄矢が出演しているのも、納得してしまいます。



その耕作が護送されているラストシーン、虻田を演じるハナ肇の演技が光っていました。最初の頃は、ただの“エロおやじ”に過ぎなかった虻田でしたが、後半は人情味あふれる男を好演していました。



倍賞千絵子さん、“耐える女”を演じさせたらぴか一ですね。



武志を演じた吉岡秀隆さん、子役ながら涙を誘う演技を見せてくれています。まさに、適役でした。



この映画が公開されてから、間もなくが39年になります。出演していた多くの方が、既に鬼門に入っています;



高倉健、ハナ肇、渥美清、下川辰平、杉山とく子、ほか(敬称略)。



亡くなられた俳優の方々のご冥福をお祈りいたします。


 



 


 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f


Film1~125 省略


Film126 2018/5/1 『旅情』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63567689611394d28e77b8558c7b3e3a


Film127 2018/7/25 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5b3fd4cc6a58b0c3cdbd587ac89adc2


Film128 2018/8/10 『天使の涙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53b2632e5c12c2ff9c9bd33358705577


Film129 2018/8/16 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/337626c8d78938a7031f30becb62726b


Film130 2018/8/21 『大空港』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ef4d3694a07eb12707a6a119c497e44


Film131 2018/9/4 『言えない秘密』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7014b29800d3006fd9f0aeac6830c3b3


Film132 2018/9/13 『TAXi2』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34f2ce7bd636a0e7125bed1df53f5dd0


番外編 2018/9/16 『訃報:樹木希林さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ff8331cea930236867d1659a7297a7b5


Film133 2018/11/12『ヘアスプレー』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/170d72b0f005a51c321d7fd436e63bb2


Film134 2018/11/15『恋する惑星』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ff0d07c9bddd00bac5b64937abcae468


Film135 2018/11/30『ダ・ヴィンチ・コード』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb2f55f1ea3284f150df68f320c7f076


Film136 2018/12/20『Taxi4』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b4c34d387c141f0ff9df7df1449f7ec6


Film137 2019/1/15 『伊豆の踊子(昭和38年)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4e78c8e001d543cebaee9d704fa50f67 


nice!(13)  コメント(0) 

グルメ 260食 『さくっと明太博多のおかき』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第260回は、『さくっと明太博多のおかき』をお送りします。


IMG_20190107_104513.jpg



『さくっと明太博多のおかき』を、福岡のお土産に頂きました。



このおかきは、辛子明太子「博多あごおとし」で有名な博多まるきた水産株式会社の商品です。ちなみに、“あごおとし”とは「あごが落ちるほどおいしい」からだそうです。



薄焼きのおかきに、辛子明太子の風味を生かし味付けをしています。



箱入りパックには、明太のり味 2袋、明太えび味 2袋、明太しょうゆ味 2袋、が詰め合わせになっています。


IMG_20190107_104523.jpg



ビール[ビール]のおつまみとして食べましたが、結構辛くて、ビールが進みます。サイズ的にも、おつまみに丁度いいです。病みつきになりそうな味でした。


 


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~245食 省略


246食 2018/8/20 『熊本名産「黒糖ドーナツ棒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ec192b31b30d6200eb67ef84d5c0cfb2


247食 2018/9/2 『新潟の酒「イットキー」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9536f45eec9b209679768510f79cefb1


248食 2018/9/12 『普洱(プーアル)茶』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/515247a77cfadb8157872ab4af0f9531


249食 2018/10/5 『広島の酒「誠鏡 吟醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc8fb85eafb4a3fa1c30336fda3edf66


250食 2018/11/2 『根岸の酒舗「鍵屋」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a35336b8eb8b60526d88c5af4171cbd9


251食 2018/11/13 『岐阜の酒「三千盛 彩醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3c8249db141b26172f3ca8d7e5247f


252食 2018/11/27 『鎌倉紅谷「クルミッ子」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5f337ebe03297b951f9fba3f5291826


253食 2018/12/3 『山形の酒「楯野川 純米大吟醸 合流」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/46e7d209e1cc29611451bc74c09138b1


254食 2018/12/19 『家のみワイン No.8』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fa1dd766b07e21ac4c86e20779a75aa


255食 2018/12/26 『「バドワイザー」国内製造・販売終了』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e0a5e9479ecbc9d1e6dfe0f3632bb35


256食 2019/1/9 『東天紅 第一ホテル両国店』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f0c0d79a8b6eddfcd59e829768f68430


257食 2019/1/19 『山口の酒「獺祭 純米大吟醸50」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc83d9dcf3ee7da6a5245745b9890a36


258食 2019/1/24 『新潟の酒「越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸」 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67da419c8331af09c653e4bb863dd500


259食 2019/2/5 『岐阜の酒 「百十郎 純米吟醸 とろとろ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49a885394daaa7811c4badc271cbc715


 


nice!(15)  コメント(0) 

猛虎通信 Vol.98 『2019年の新戦力』 [猛虎通信]

隊長が好きなプロ野球 [野球] チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第98回は、『2019年の新戦力』をお送りします。



プロ野球の “お正月” キャンプインが、2月1日に始まってから10日余りが経ちました。各チーム、紅白戦やオープン戦も戦う段階に来ています。



我がタイガースは、昨年同様一軍が「かりゆしホテルズボールパーク宜野座(ぎのざ)」(沖縄県宜野座村営野球場)、二軍が「安芸(あき)タイガース球場」(高知県安芸市営球場)で、春季キャンプを行っています。



矢野新監督が初采配を振るう今シーズン、新戦力は下記の通りです;



隊長が最も期待しているのが、キューバ出身のオネルキ・ガルシア投手。ガルシアは、昨季中日に所属し27試合に登板、13勝9敗の成績を残しています。13勝の内、阪神に3勝しています。隊長の初めて名古屋ドームで観戦した試合でも、彼にやられました⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04fd16652df8cec631634eb05f3ecfa1


ガルシア.jpg



左投手のガルシアと、昨年11勝7敗の右投げのメッセンジャー、長身外国人先発投手の二枚看板が誕生です。失礼、メッセンジャーは今年から日本人選手枠になりましたね。



他の外国人新戦力は、投手はピアース・ジョンソン。ジョンソンは、中継ぎとして期待されています。


ジョンソン.jpg



野手ではジェフリー・マルテ。


マルテ.jpg



マルテは大砲候補として補強しましたが、ここ数年、阪神の外国人大砲候補はどれも不発でした。去年はロサリオ、一昨年はキャンベルとロジャースが、一年で見切りをつけられてしまいました。隊長的には、蓋を開けて見る迄わからない外国人大砲候補より、ホームランの量産は望めませんが、二年目でシャープなバッティングが持ち味のナバーロ選手の方が戦力として計算できると思います。



FA移籍は、オリックスから来た西勇輝投手。2011年からの8年間で74勝している西、年齢もまだ28歳ですので、他の投手陣の負担を減らす活躍をしてくれるでしょう。


16l.jpg



2018年ドラフトで獲得した新人選手は、7名ですが、期待するのは、1位指名の近本光司選手。


5.jpg



社会人野球での実績も十分な近本には、福留、糸井、両ベテランレギュラー外野手を脅かす存在になって欲しいものです。



新人投手は、4位指名の斎藤友貴哉(ゆきや)。同じく社会人野球出身の斎藤が、即戦力として先発投手陣に加わると、盤石な投手王国を築くことが出来るでしょう。


48.jpg



これらの新戦力の活躍で、矢野新監督の元、14年ぶりのリーグ優勝、さらには29年ぶりの日本一を、大いに期待しています。



尚、『2018年の新戦力』の記事は、こちらです⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5510290e36518e6936cd1171f16eca07


 


===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d


Vol.1~85 省略


Vol.86 2017/11/10 『2017年ドラフト会議』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d66e99ac78aa2c0b652cc4c34d815a2


Vol.87 2017/12/21 『2017年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/69a053698b8d7d04388758e96f3aa7be


番外編 2018/1/9 『訃報:星野仙一さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18934953b859dfe60b8ba396a29b9c90


Vol.88 2018/2/6 『2018年の新戦力』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5510290e36518e6936cd1171f16eca07


Vol.89 2018/3/21 『ロサリオは本物か』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fdd1fa640ccb1b37a80a9610ad28dbf


Vol.90 2018/4/3 『開幕戦行きたかった!!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6b70afa0326a7a1aad3a3b109303dd7b


Vol.91 2018/4/16 『ルーキー高橋遥 初先発初勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d8264a2a740950803286710efe58ca1a


Vol.92 2018/5/12 『リベンジならず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aefa98ef9abdc856f20846c78615f5cf


Vol.93 2018/6/11 『3年ぶりの西武ドーム遠征も...』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256347a51f960accc0cdba2bae4887cc


Vol.94 2018/7/30 『今年も花火が神宮に上がったけれど...』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/90c535aa6a71397fed848905b6804aca


Vol.95 2018/9/3 『甲子園で38日ぶりに勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d07050c32a3f6cfc0ea450bb73a39bca


Vol.96 2018/10/16 『関東最終戦で最下位決定』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ba33b578e5bb27f33efff4ea6e19d8c


Vol.97 2018/12/30 『2018年の総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e65ea8b908970d0729baa33c27143a2


nice!(12)  コメント(0) 

旅行記 第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その7:最終回) [旅行記]

『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』(その6)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3df4bcf0dcc514c9fd1e50f2e7c666d7



旅の三日目、「修善寺温泉」の「修禅寺」を参拝し、「桂川(修善寺川)」に架かる朱い「虎渓橋(こけいばし)」を渡り、後ろを振り返ると修禅寺の山門が見えます。


1.jpg



細い径を抜けた「鹿山」の麓にある「指月殿」は、修禅寺で暗殺された源頼家を弔うため、母・北条政子が建立したと経堂で、伊豆最古の木造建築物といわれています。


2.jpg



堂内中央に禅宋式という珍しい様式の「丈六釈迦如来座像」が安置されていますが、持ち物はないはずの釈迦像が右手にハスの花を持っているのが特徴です。


3_1.jpg



お堂の左手奥には、頼家の墓もありました。


4.jpg



周りには、お堂を管理する様な建物も、係員もいません。参詣している間、他の人に全く会いませんでした。歴史的な木造建築物が、不審者によって火をつけられたり壊されないかと心配です。



桂川のたもとに戻り、同じく朱色の「渡月橋」を渡ります。


5.jpg



橋の真ん中から上流を眺めると、「虎渓橋」が見えます。写真には写っていませんが、その先の「楓橋」を含め“恋の橋めぐり”と言われています。小説「伊豆の踊子」をヒントにしたのでしょうか。


6.jpg



下流。桂川は、この先「修禅寺駅」近くで、「狩野川」と合流します。


7.jpg



次に訪れた「日枝神社」は、修禅寺に隣接し、昔は同寺の鎮守森でした。ご神体は、弘法大師(空海)の作と伝えられています。


8.jpg



境内には、杉や欅(けやき)の巨木がありました。


9.jpg



本殿


10.jpg



本殿左脇の夫婦杉


11.jpg



御朱印を頂けるのは、本殿右手にある社務所です。初穂料は、300円。


12.jpg


13.JPG



尚、これまでに拝受した御朱印の数は、45です。



詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5



もっと修禅寺温泉街を散策したかったのですが、「踊り子号」の指定席を予約していたので、「修禅寺温泉バス停」へ向かいます。



同停留所11時28分始発の「東海バス」に乗車[バス]し、「修禅寺駅」に着いたのが、11時40分でした。



まだ時間に余裕があったので、駅構内の “そば・うどん・軽食コーナー” へ。


14.jpg



頂いたのは、名物の伊豆産椎茸を使用した“椎茸そば” (450円)。


15.jpg



食べ終えて、12時15分頃に改札口へ行ってみると12時35分発の「踊り子106号」は、既に4番線に入線していて、乗車できるとのこと。


16.jpg



席は、先頭車両の14号車です。


17.jpg



出発直前の車内は、ガラガラでした。


18.jpg



定刻に出発した列車が、終点の東京駅に到着したのが14時49分。こうして、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間の旅』は、終わりました。


 


===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a



第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661


第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03


第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530


第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56


第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a


第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』2018年4月8日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d


第22回 『踊り子号で行く小田原・熱海 2日間』2018年6月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b


第23回 『灼熱の名古屋遠征』2018年7月31日~8月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b188f979a210bf521ba9943106f46197

第24回 『「しまかぜ」で行く伊勢志摩 3日間』2018年9月18日~20日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ebcbedcf6e93cb41c015496f4b4fb780


第25回 『江ノ島神社参拝』2018年12月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fba8099cd03597ad64f4da9690f5282d


第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』2019年1月27日~29日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91e4da4243e51fb8e761dedd0c4010ce


 


nice!(10)  コメント(0) 

旅行記 第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その6 [旅行記]

『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』(その5)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2db79db30927adba36fd05b029f053b3



【3日目:1月29日(火)】 湯ヶ島温泉から路線バスで修善寺へ。同地観光後、「踊り子号」にて帰京。


旅の三日目の朝、湯ヶ島温泉の「水のみち・風のみち たつた」で目を覚ましたしたのが、6時30分。寝室の障子を開け、今では、珍しい昔ながらの広縁(ひろえん)のスペースに出てカーテンを開けると。窓の下には、「猫越川」の清流が流れています。この日の天気予報は、晴[晴れ]。気温は、5~11℃の予定です。



直ぐに、旧館2Fの部屋から本館3Fにある大浴場[いい気分(温泉)]へ。前日の入浴時には、誰もいませんでしたが、今朝は先客が二人。昨晩、お食事処に居た中国人団体客の中のお二人のようです。



8時に、お食事処に。


1.JPG


2.jpg



ここは、昔は大宴会場だった大広間を間仕切りでお食事処にしています。おかずは、テーブルに配膳されていますが、ご飯だけは自分でよそるスタイルです。


3.jpg



9時15分頃に、チェックアウトのためフロントへ。料金は、一泊二食付き10,095円(税込)(別途に入湯税150円)と、格安でした。シーズンオフなので、この値段だったのでしょう。



フロント脇に置かれた“招福七福神”の像。七福神に興味を持ち、本を読んだり⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/55b58e54afffe373e69649d2c65cdddc 、「小石川七福神巡り」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2de70e4b30f7c7bf82f08c43a714433d をしたことがあるので、一ヶ所で七福神全てのお参りが出来て幸せでした。


4.jpg



9時半に宿を出て、国道414号沿いにある「湯ヶ島温泉口」のバス停へ。「河津」発「修善寺駅」行きの路線バスが、定刻の9時43分から2分遅れでやって来ました[バス]。修善寺駅までのバス料金は、690円なのですが、前日に、二日間有効の “天城路フリーパス”を購入したので、有効活用しています。


13.JPG


14.JPG



定刻の10時10分より5分遅れて、バスは修善寺駅に到着。駅のロッカーにキャリーバッグを預け、身軽になって観光に出かけます。



事前に時刻表で調べ、同駅10時30分発、「修善寺温泉」経由「修善寺虹の郷」行きの路線バスに乗る予定です。



念のため、「東海バスタ案内所」で、出発時間と乗り場を係員に確認します。


12.jpg



ところが、出発時間になっても、3番乗り場にバスは来ません。


11.jpg


10時35分頃になり、案内所に行き確認すると同じ係員から「今日は、虹の郷が休みなので運休でした。次の修善寺温泉行バスは1番乗り場から」との返事。「それなら、さっき言ってよ」と文句を言い、案内所から出て、1番乗り場に行くと待機しているのは「伊豆箱根鉄道」のバスです。“天城路フリーパス”は、他社のバス路線には使用出来ません。案内所の係員は、前日に同じ人から購入したので、隊長が“天城路フリーパス”の乗客だと知っているはずです。案内所に再び文句を言いに行こうと思ったのですが、あまりの係員のサービス精神の無さに呆れて、文句を止め、駅前からタクシーで行くことにしました。



約5分で修善寺温泉に到着[車(RV)]。料金は、1,180円でした。修善寺温泉は、大同2年(807)に弘法大師(空海)がこの地を訪れたとき、手にした仏具の独鈷杵(どっこしょ)で川中の岩を打ち、そこから霊泉を湧出させたと伝えられいる伊豆地区最古の温泉です。



どこかに似たような話しがあったと思い返すと、福島県河沼郡柳津(やないづ)町にある「弘法大清水」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42427e19a2feca62c3d99ba1d8718bef がありました。もっとも、こちらは、噴出したのは温泉ではなく清水でしたが。



修善寺温泉で最初に訪れたのが、「修禅寺」。当山の正式名称は、「福地山修禅萬安禅寺(ふくちざん しゅぜんばんなんぜんじ)」。弘法大師が大同2年に開基したと伝わる古刹(こさつ)です。


7.jpg



山門を潜ると、右手に温泉水の「水屋」。


8.jpg



左手にある「鐘楼堂」は、構造・建築と石積みも伝統ある美しい様式で造られています。


9.jpg



現在の本堂は、火災で焼失した旧本堂に替わり明治20年(1887)に修復されました。


10.jpg



本堂の扁額(へんがく)には、地名の“修善寺”ではなく“修禅寺”と書かれています。当山は、鎌倉時代より「修善寺」と呼ばれていましたが、鎌倉時代中期に曹洞宗に改宗し「善」を「禅」に変更したと云われています。


11.jpg



本堂左脇の弘法大師像


12.jpg



境内の梅は、まだ二~三分咲きでした。


13.jpg



御朱印を頂けるのは、本堂右手にある「寺務所」です。


14.jpg



大事な御朱印帳を忘れて来たので、ここで買い求めました。(1,000円)


15.JPG



墨書の真ん中は、御本尊の「大日如来」。「豆州(ずしゅう)」は、「伊豆国(いずのくに)」の別名。納経料は、300円でした。


16.JPG



一緒に頂いた“挟み紙”。


17.JPG



尚、これまでに拝受した御朱印の数は、44です。



詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5


 


★ 続きは、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その7:最終回)で ★


 


nice!(11)  コメント(0) 

テレビ Vol.245 『ドラマ 「グッドワイフ」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第245回は、『ドラマ 「グッドワイ」』をお送りします。


グッドワイフ.jpg



1月から始まった、民放各局の連続TVドラマを批評するコーナーの一本目は、『家売るオンナの逆襲』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22fd2a31f2742b90bb2dc61824aefbd5



二本目が、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN(クイーン)』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed25fc5d60f6630fb4eb5ce98a82341b



三本目は、『ドラマ「メゾン・ド・ポリス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8862e96d4ded36511efa7171c8119fac でした。



今日の最終回にご紹介する『グッドワイフ』は、TBS系「日曜ドラマ」枠で、1月20日から放送開始されました。放送時間は、毎週日曜日 21:00~21:54。



原作は、アメリカの同名(The Good Wife)のTVドラマ。



日本版の脚本は、篠崎絵里子。篠崎さん脚本のドラマは、2015年度前期 NHK朝ドラ『まれ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/efbe145247e70ef9f836e214d8e53724 を、


映画は、2011年公開の『あしたのジョー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d0c697a2b19a9114ae9bc43a68b642b を、紹介しています。



演出は、塚原あゆ子、山本剛義、松木彩。



主演は、常盤貴子。常盤さん出演のドラマは、朝ドラ『まれ』と、


2017年12月の単発ドラマ『鬼畜(きちく)』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/150d61f423c5daa0418708db9ccd50f0 の、二本を取り上げています。



共演は、小泉孝太郎、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明、ほか。


グッドワイフ 相関図.jpg



主題歌は、BUMP OF CHICKENの「Aurora」。



あらすじ:蓮見杏子(常盤貴子))は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退をしていました。専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎(唐沢寿明)と共に、幸せな日々を送っていました。


しかし、その幸せな生活は一瞬にして崩れさってしまいました。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚し、逮捕されてしまいます。


そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大(小泉孝太郎)でした。二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたのでした。杏子は、多田などの応援を受けながら難事件の弁護を引き受けるのでした。。。



第1話~第4話を観た感想:何回も書きましたが、最近の民放の連続ドラマ、刑事物、と弁護士物が多いですね。このドラマも、その弁護士物の一つ。しかし、他の弁護士物と比べ圧倒的に良く出来ています。



その理由の一つは、米国の原作ドラマの構成がしっかりしていること。これは、2018年10月期のドラマ 『SUITS/スーツ』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cde3dbea47eab576fe6755ddc27003e6 と同じですね。



法廷シーンは、緊迫感溢れていて思わず乗り出して画面を見てしまうほどです。夫婦関係など、人間ドラマとしても良く出来ています。それも、常盤貴子さんはじめとする名優たちの演技があってのものです。



そして、TBSの「日曜ドラマ」全体に言えることですが、予算をかけているのがわかります。前作の『下町ロケット』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01a38af83c7665f0cbe0864729965562 では、大量のエキストラを動員したシーンに驚かせられました。



尚、『グッドワイフ』次回第話は、2月10日(日)夜9時から放送予定です。



毎回観ている、1月期民放各局の連続TVドラマは以上の四本ですが、“ミツボシ☆☆★評価”をすると、☆三つが、『グッドワイフ』。



☆二つ半が、『家売るオンナの逆襲』。



☆二つが、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』と『メゾン・ド・ポリス』、ですかね。


 



===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~230 省略


Vol.231 2018/9/15 『ガイアの夜明け~独占!復活のシャープ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b7693824407e354c5a3f58efd4f326c


Vol.232 2018/10/9 『朝ドラ「まんぷく」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a47e73d4dc82d63594d5130285d31788


Vol.233 2018/10/23 『ドラマ「黄昏流星群」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b97db2177ce7f1dd1ffef6178793876


Vol.234 2018/10/31 『ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5df6aee78ac4e1f5162d171a6e3ae0ca


Vol.235 2018/11/3 『ドラマ「下町ロケット」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01a38af83c7665f0cbe0864729965562


Vol.236 2018/11/5 『ドラマ「SUITS/スーツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cde3dbea47eab576fe6


Vol.237 2018/11/8 『ドラマ「僕らは奇跡でできている」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d73a328dbda45bad863e5ffee8f154b0


Vol.238 2018/11/23 『出川哲朗の充電させてもらえませんか?~行くぞ絶景のイタリア!~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b1f09078a152732c01aee54e8cfc311


Vol.239 2018/12/12 『ふらっとあの街 旅ラン10キロ「池袋→駒込」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91dc41244fd7a70676eb115660917897


Vol.240 2018/12/27 『美の巨人たち~西郷隆盛像~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6529e756fd498cc0d96b59cb03ccecb4


Vol.241 2019/1/12 『ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/494c7aba761d57a48f3650e1f65c51e4


Vol.242 2019/1/21 『ドラマ「家売るオンナの逆襲」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22fd2a31f2742b90bb2dc61824aefbd5


Vol.243 2019/1/26 『ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed25fc5d60f6630fb4eb5ce98a82341b


Vol.244 2019/2/3 『ドラマ「メゾン・ド・ポリス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8862e96d4ded36511efa7171c8119fac


 


nice!(12)  コメント(0) 

旅行記 第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その5) [旅行記]

『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』(その4)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f743a7440f52cbf5dacd337574e39be8



旅の2日目の午後「浄蓮の滝」を見学し、「湯ヶ島温泉口」に戻りました。修善寺から天城峠へ向かう山中にある「湯ヶ島温泉」は、天城温泉郷のひとつで、歴史が古く、明治以後も多くの文人が訪れ、川端康成が『伊豆の踊子』を執筆した旅館が今も残っています。特に華やかな温泉街があるわけではなく、川沿いに歴史ある旅館が点在しているだけです。中には、廃業し荒れ果てた旅館も残っていました。



今宵の宿『水のみち・風のみち 湯ヶ島 たつた』に到着したのは、15時頃です。


3.jpg



玄関・フロントのある本館5Fからエレベーターで旧館2Fに降ります。旧館は、川沿いの崖に沿って建てられています。


2.jpg



隊長たちの部屋は、10畳の和室にベッドが置かれています。


3.jpg



昭和37年(1962)創業のこの旅館、部屋の内風呂も年代物です。


4.jpg



窓際には昔ながらの広縁(ひろえん)のスペースもあります。窓の下には、「猫越川」の清流が流れています。右手に見えるのが「出会い橋」でしょうか。赤い果実がなっている木が気になります。


5.jpg



窓から左手にも一本あります。夕食時に仲居さんに聞いたら“イイギリ”の木だそうです。


6.jpg



部屋で一息つき午後3時半頃に、本館3Fにある大浴場に。ここの温泉[いい気分(温泉)]は、源泉かけ流しです。


7.jpg



午後3時のチェックイン直後だからでしょうか、脱衣場には誰一人もいません。


8.jpg



脱衣場から階段で降りる浴室にも、人影が全くありません。浴室の周りは、竹林で、露天風呂に入っていると、川のせせらぎと蛇口から流れ落ちる湯の音しか聞こえず、他の客もいないので、まるで桃源郷にいるかの様です。入浴している約30分間、他のお客さんは来ませんでした。


9.jpg



18時に本館4Fのお食事処へ。


10.JPG



食前酒 “ゆず酒”、先付 “バターナッツ豆腐”、前菜、お造りの中には、珍しい川魚の “天城アマゴ” もあります。


11.jpg



“ゆず酒”を飲んだあとは、静岡県藤枝市のお酒 “初亀” を燗で頂きます。一合 600円(税込)とお手頃で、味もまろやかなので、結局一人で二合飲んでしまいました。 13.JPG



はし袋の裏には、「天城小唄」と「湯ヶ島節」の歌詞が書かれています。「天城小唄」は、松竹映画『伊豆の踊子』の挿入歌となっています。吉永小百合と高橋英樹が主演した 昭和38年(1963)公開作品[映画] ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4e78c8e001d543cebaee9d704fa50f67 は日活だし、山口百恵と三浦友和の昭和49年(1974)公開作は、東宝です。木下忠司作曲・詩とあるので、美空ひばり主演で昭和29年(1954)に公開された作品の挿入歌なのでしょうか。


14.JPG



鍋は、“天城特産わさび鍋”です。仲居さんが、「煮立ったら、手元のわさびと大根おろしを鍋に入れてお召し上がり下さい」と説明してくれます。


12.jpg



ところが、仲居さんの日本語が流暢ではありません。三人いる仲居さんが他のお客さんと話しているところを聞くと、二人は中国人です。“イイギリ”を教えてくれたのは、日本人の仲居さんです。こんな交通の便の良くない温泉になぜ二人も中国人の仲居さんがいるのか、直ぐに分かりました。最初は、日本人のお客さんだけでしたが、あとから12人と8人の中国人団体客二組がお食事処に入って来ました。日本人は5組、10人。この日は、中国人宿泊客が日本人客の倍です。



鍋が煮立ったので、地元「伊豆屋わさび店」直納のわさびと大根おろしを入れて頂きます。最初は、美味しく食べていたのですが、しばらくするとわさびがツンと鼻に来ます。


15.jpg



“鰤(ぶり)照り焼き” と “カニ餡かけ茶碗蒸し”


16.jpg



これも珍しい “イズ鹿のたたき”。わさびをすって頂きます。


17.jpg



“留碗”、“香の物”、“静岡産米”


18.jpg



水菓子 “苺大福”


19.jpg



美味しい料理を腹いっぱい味わい、大満足です。



部屋に戻り、テレビ[TV]を観ていると、いつの間にか眠りについていました。



こうして、旅の二日目が終わりました。



★ 続きは、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その6)で ★


nice!(10)  コメント(0) 

旅行記 第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その4) [旅行記]

『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』(その3)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49492e3abadeb3c584c7bb47fede3a34



旅の2日目、11時8分に「踊り子105号」で、伊豆箱根鉄道駿豆(すんず)線修善寺駅に到着。まず最初に「東海バス」の案内所で、同バス二日間有効の“天城路フリーパス”を購入。



乗車を予定していた河津駅行きバスの出発時間11時35分まで時間があるので、修善寺駅駅舎に戻り、コンビニで車中で食べるパンとコーヒーを仕入れました。



バスは定刻にターミナルから出発[バス]しました。


11.jpg


駅前ロータリーを抜け、「狩野川」に架かる目覚えのある朱い橋(修善寺橋)を渡ります。2014年3月に「いちご狩り」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0772182a4b84c5a219827e7c31e1b7ea に来た時に通ったことを思い出しました。



そのまま国道136号と国道414号を走り、定刻の12時2分から約5分遅れて「湯ヶ島温泉口」の停留所に着きました。ここで下車。「浄蓮の滝」バス停まで直行しても良かったのですが、道路から滝まで約200段の階段を降りなくてはならないので、キャリーバッグを宿に預け、身軽になった行くことにしました。



国道脇に今夜の宿「たつた」入口看板を発見。道を下ります。


2.jpg



約5分で、宿に到着。荷物を預けます。


3.jpg



再び、バス停に戻ります。12時50分頃にバスがやって来ました。


4.jpg



約5分で「浄蓮の滝」バス停に到着。道路を渡り、「浄蓮の滝観光センター」の方向へ。


5.jpg



滝へ下る階段の手前にある「伊豆の踊子像」。映画[映画]「伊豆の踊子」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4e78c8e001d543cebaee9d704fa50f67 のワンシーンの様な素敵な像です。


6.jpg



観光センターの裏手に回ると。。。


7.jpg



木立ちの間から滝が見えてきました。


8.jpg



はやる心を抑えながら、約200段の階段を降り、「浄蓮の滝」とご対面。


9.jpg



「浄蓮の滝」は、狩野川の上流の「本谷(ほんたに)川」にあり、落差が25m、幅は7mです。


 



 



滝の脇にある、石川さゆりの『天城越え』の歌碑。


10.jpg



彼女の三大代表曲と言えば『能登半島』、『津軽海峡冬景色』とこの『天城越え』ですが、これで、歌に歌われた箇所全てを訪れたことになります;


『能登半島』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7f7cb26c7365b92fe89e728685bcd93e


『津軽海峡冬景色』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0eeb1ef13798a7b176e1ff01218cd18b



川脇の「ワサビ沢」


11.jpg



もっとこの場所にいたかったのですが、体の芯まで冷えて来たので、「浄蓮の滝観光センター」に戻り、暖を取らせてもらいました。



14時32分発「修善寺駅」行きのバスに乗り込み、約5分後に「湯ヶ島温泉口」に戻りました。“天城路フリーパス”、有効に活用しています。



午後3時のチェックイン時刻まで時間があるので、少し遠回りをして宿に向かいます。


12.jpg



本谷川に架かる古い吊り橋を渡ります。


13.jpg


14日.jpg



「浄蓮の滝」に至る「天城遊歩道」起点の石碑。


16.jpg



この道を左へ行くと2.3km先が「浄蓮の滝」。


15.jpg



「瑞祥(ずいしょう)橋」


17.jpg



この辺りのマンホールの蓋は「伊豆の踊子」の絵柄です。


18.jpg


 


★ 続きは、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その5)で ★


nice!(15)  コメント(0) 

グルメ 259食 『岐阜の酒 「百十郎 純米吟醸 とろとろ」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第259回は、『岐阜の酒 「百十郎 純米吟醸 とろとろ」』をお送りします。


IMG_20190107_103936.jpg



年末からお正月にかけて日本各地の銘酒を頂きました。一銘柄目は、『獺祭(だっさい) 純米大吟醸50』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc83d9dcf3ee7da6a5245745b9890a36



二銘柄目が、『越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67da419c8331af09c653e4bb863dd500 でした。



今日ご紹介する『百十郎 純米吟醸 とろとろ』は、岐阜県各務原(かかみがはら)市の蔵元「株式会社林商店」の日本酒です。



岐阜のお酒は、昨年11月に多治見市の蔵元「株式会社三千盛(みちさかり) 」の『三千盛 彩醸(さいじょう)』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3c8249db141b26172f3ca8d7e5247f を取り上げています。



濃尾平野(のうびへいや)の北部に位置する各務原市は交通の要所として栄え、清流にも恵まれています。



「林商店」の創業は、大正9年(1920)。『百十郎』は同蔵元の代表銘柄です。その名前は、地元の歌舞伎役者・市川百十郎氏に由来しているそうです。それで、ラベルが歌舞伎の隈取(くまどり)の絵柄なのですね。


11112002.JPG



他に、『榮一』、『金時』などの銘柄があります。



『百十郎 純米吟醸 とろとろ』は、控えめな果実香。かすかなミルキーな感で、柔和な旨みと甘みが口中を流れる。後半は心地よい酸でじんわりと引き締まるようなフィニッシュ。後を引く余韻。(同蔵元HPより)



お米:岐阜ハツシモ。酵母:自家培養酵母。精米歩合:60%。アルコール分:16度。



四合瓶なので、スクリューキャップを使用


IMG_20190107_104145.jpg



尚、「株式会社越後鶴亀」の住所は、 岐阜県各務原市那加新加納町2239。電話番号は、058-382-1238[電話]です。



それにしても、年末からお正月にかけて銘酒を多く楽しみましたね。



さて、月初恒例の『2019年の目標も勝率6割4分です』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8c1d1d3b0a055ee7e645e639625dda9 で宣言した「飲酒勝敗表」の成績発表です。


この“目標”は、健康の事を考え、出来るだけ飲酒する日を少なくするために、月間・年間の飲酒しない日の割合の目標を設定し、自己管理するためです。


お酒を飲まなかった日を“勝ち”、飲んだ日を“負け”として、計算しています。


1月の勝敗は、21勝10敗0分けの勝率66.7%。月間目標の6割4分を上回ることが出来ました。


先月は、自宅や外での新年会があり、飲む機会が多かったのですが、それ以外は出来るだけ回数を少なくして目標を達成しました。と言うか、お酒を飲んだ日はセーブしたが、一回の酒量は多かったです(苦笑


ところで、0分けの“引き分け”の意味ですが、昼間にグラスワインやランチビールなど「軽く一杯」飲んだときを“引き分け”と都合良く勘定しています。


2月もイベント予定が多く、飲む回数が多そうですが、何とか目標をクリアしたいです。


 


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~245食 省略


246食 2018/8/20 『熊本名産「黒糖ドーナツ棒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ec192b31b30d6200eb67ef84d5c0cfb2


247食 2018/9/2 『新潟の酒「イットキー」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9536f45eec9b209679768510f79cefb1


248食 2018/9/12 『普洱(プーアル)茶』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/515247a77cfadb8157872ab4af0f9531


249食 2018/10/5 『広島の酒「誠鏡 吟醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc8fb85eafb4a3fa1c30336fda3edf66


250食 2018/11/2 『根岸の酒舗「鍵屋」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a35336b8eb8b60526d88c5af4171cbd9


251食 2018/11/13 『岐阜の酒「三千盛 彩醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3c8249db141b26172f3ca8d7e5247f


252食 2018/11/27 『鎌倉紅谷「クルミッ子」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5f337ebe03297b951f9fba3f5291826


253食 2018/12/3 『山形の酒「楯野川 純米大吟醸 合流」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/46e7d209e1cc29611451bc74c09138b1


254食 2018/12/19 『家のみワイン No.8』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fa1dd766b07e21ac4c86e20779a75aa


255食 2018/12/26 『「バドワイザー」国内製造・販売終了』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e0a5e9479ecbc9d1e6dfe0f3632bb35


256食 2019/1/9 『東天紅 第一ホテル両国店』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f0c0d79a8b6eddfcd59e829768f68430


257食 2019/1/19 『山口の酒「獺祭 純米大吟醸50」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc83d9dcf3ee7da6a5245745b9890a36


258食 2019/1/24 『新潟の酒「越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸」 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67da419c8331af09c653e4bb863dd500


 


nice!(15)  コメント(0) 

旅行記 第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その3) [旅行記]

『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』(その2)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34949c44a94b53d251b09d23b6d0aaea



【2日目:1月28日(月)】 熱海駅から三島経由で修善寺着。路線バスで浄蓮の滝へ。湯ヶ島温泉泊。


1.jpg



旅の2日目の朝、6時50分頃に隣の部屋に宿泊している母からの「朝日が綺麗だからカーテンを開けて見なさい」との電話で起こされます。今朝の日の出が6時47分だっとのを思い出しました。カーテンを開けると、昇り始めた太陽がキラキラと輝いています。


2.jpg



この日の天気予報は、晴[晴れ]。気温は3~13℃の予想です。2日目も、良い旅行日和になりそうです。



ベランダからの景色を堪能し、朝風呂[いい気分(温泉)]へ。眠気を覚まし、7時45分~8時半まで1Fのレストラン「なごみ」で、ゆっくりと朝食を取りました。


3.jpg



我々が泊った「うたゆの宿 熱海四季ホテル」は、熱海駅までの送迎バスを、9時40分、10時20分、11時50分と三便運行[バス]しています。前回宿泊した時⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05dd08ef4063203aad18ecc7c68b9fc5 は、最終便までゆっくりと過ごしましたが、今回は早く観光をしたいので、9時40分発に乗り込みます。すると、30数人乗りの中型バスの中は、私たち夫婦二人だけでした。旅たちまでゆっくりとホテル[ホテル]で過ごしたい宿泊客が多いのですね。



10時少し前に熱海駅に到着。券売機で三島駅まで320円の普通乗車券を購入。熱海駅の改札は、交通系ICカードに対応しているのですが、三島駅からの「伊豆箱根鉄道駿豆(すんず)線」が未対応のため。



10時16分発の列車に乗るため、直ぐに改札口を通り、3番線の東海道線のホームに向かいます。10時5分頃に、当駅始発の静岡行きの列車が入線。JR東海の車両なので、車体にオレンジ色のラインが入っています。


4.jpg



定刻に熱海駅を離れた列車は、間もなく「丹那トンネル」に入ります。熱海より西へ行く時は、いつもは新幹線で「新丹那トンネル」を通るので、「丹那トンネル」で抜けるのは、何十年ぶりでしょうか。



10時28分に、三島駅2番線に列車が到着。ホームで、10時40分発の「踊り子105号」を待ちます。早朝の熱海で晴れたいた雲行きもあやしくなり、富士山も姿を隠してしまいました。ホームを吹き抜ける風も冷たいです。


5.jpg



東海道線ホームの南側に伊豆箱根鉄道線ホームに停車中の同線の列車が見えます。修善寺方面へ向かうのには、伊豆箱根鉄道線ホームに移動しなければならないのですが、「踊り子号」だけは別です。


6.jpg



10時38分に東海道線ホーム1番線に「踊り子105号」が到着。定刻に同ホームを離れ、伊豆箱根鉄道駿豆線のレールに乗り入れます。


71.jpg



途中車内検札に女性の車掌さんが回って来たので、車内精算。駿豆線内で「踊り子号」は、各駅停車ではないのに、修善寺駅までは510円の乗車券のみで、特急料金が不要です。



定刻の11時8分に踊り子号は、修善寺駅4番線ホームに到着しました。


8.jpg



2番線、3番線には三島行きの伊豆箱根鉄道の車両が待機しています。


9.jpg



2014年に新設された駅舎はきれいです。


10.jpg



駅舎から外に出て「東海バス」のターミナルへ。


11.jpg



同バスの案内所で、二日間有効の“天城路フリーパス”を購入。


12.jpg


13.JPG



1,900円で下記のフリー区間が何回でも利用出来るお得な乗車券です。


14.JPG


 


★ 続きは、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その4)で ★


nice!(12)  コメント(0) 

テレビ Vol.244 『ドラマ 「メゾン・ド・ポリス」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第244回は、『ドラマ 「メゾン・ド・ポリス」』をお送りします。


メゾン.jpg



1月から始まった、民放各局の連続TVドラマを批評するコーナーの一本目は、『家売るオンナの逆襲』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22fd2a31f2742b90bb2dc61824aefbd5



二本目が『スキャンダル専門弁護士 QUEEN(クイーン)』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed25fc5d60f6630fb4eb5ce98a82341b でした。



今日ご紹介する『メゾン・ド・ポリス』は、TBS系「金曜ドラマ」枠で、1月11日から放送開始されました。放送時間は、毎週金曜日 22:00~22:54。



原作は、加藤実秋による同名の小説。脚本は、黒岩勉。演出は、佐藤祐市と城宝秀則。



主演は、高畑充希(みつき)。高畑充希さん出演のTVドラマは、2016年度前期のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/285006fa9c0c7df27efb251de57ffc17


2018年6月の単発ドラマ『68歳の新入社員』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/33a5f83d9585b6fcecabd336cbc7efe5 の、二本を紹介しています。



共演は、西島秀俊、近藤正臣、小日向文世、野口五郎、角野卓三、ほか。


メゾン 相関図.jpg



主題歌は、WANIMAの「アゲイン」。



あらすじ:刑事課に配属されてやる気に満ち溢れていた新人刑事の牧野ひより(高畑充希)は、発生した殺人事件解決のヒントを得るため、元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)が暮らす古びた洋館を訪れます。


この洋館には、オーナーであり元警察庁のキャリア(近藤正臣)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義の元所轄の熱血刑事(角野卓造)、キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ(野口五郎)、管理人として家事全般を担当する元警務課(小日向文世)、そして雑用係をしている夏目が暮らしていました。


ここは元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスでした。ひよりは、彼らの助けを得ながら、難事件を解決していきます。



第1話~第4話を観た感想:前にも書きましたが、最近の民放の連続ドラマ、刑事物、と弁護士物が多いですね。このドラマも、その刑事物の一つ。そして“おじさん”が活躍するのも、最近のドラマのはやりですよね。


ヒットの要素を抱え、さらに原作も人気シリーズの小説。しかし、正直面白くありません。コメディなのか、シリアスなのかドラマの設定がぶれている印象があります。


高畑充希さん、演技経験豊富な“おっさん”の中で孤軍奮闘していますが、彼女のキャラからか頼りなく映り、刑事物の主役としては物足りなさを感じてしまいます。


それに、ひよりと夏目の関係性が、“相棒”から“恋人”に変わりそうもないのも、ドラマへの興味がわかない理由かも知れません。



尚、『メゾン・ド・ポリス』次回第5話は、2月8日(金)夜10時から放送予定です。


 


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~230 省略


Vol.231 2018/9/15 『ガイアの夜明け~独占!復活のシャープ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b7693824407e354c5a3f58efd4f326c


Vol.232 2018/10/9 『朝ドラ「まんぷく」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a47e73d4dc82d63594d5130285d31788


Vol.233 2018/10/23 『ドラマ「黄昏流星群」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b97db2177ce7f1dd1ffef6178793876


Vol.234 2018/10/31 『ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5df6aee78ac4e1f5162d171a6e3ae0ca


Vol.235 2018/11/3 『ドラマ「下町ロケット」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01a38af83c7665f0cbe0864729965562


Vol.236 2018/11/5 『ドラマ「SUITS/スーツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cde3dbea47eab576fe6


Vol.237 2018/11/8 『ドラマ「僕らは奇跡でできている」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d73a328dbda45bad863e5ffee8f154b0


Vol.238 2018/11/23 『出川哲朗の充電させてもらえませんか?~行くぞ絶景のイタリア!~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b1f09078a152732c01aee54e8cfc311


Vol.239 2018/12/12 『ふらっとあの街 旅ラン10キロ「池袋→駒込」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91dc41244fd7a70676eb115660917897


Vol.240 2018/12/27 『美の巨人たち~西郷隆盛像~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6529e756fd498cc0d96b59cb03ccecb4


Vol.241 2019/1/12 『ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/494c7aba761d57a48f3650e1f65c51e4


Vol.242 2019/1/21 『ドラマ「家売るオンナの逆襲」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22fd2a31f2742b90bb2dc61824aefbd5


Vol.243 2019/1/26 『ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed25fc5d60f6630fb4eb5ce98a82341b


 


 


nice!(13)  コメント(0) 

旅行記 第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その2) [旅行記]

『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』(その1)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91e4da4243e51fb8e761dedd0c4010ce



旅の1日目、14時から「熱海梅園」で観梅をし、今夜泊まる[ホテル]「熱海四季ホテル うたゆの宿」に戻ったのが、15時頃でした。


1.jpg



今回のお部屋は、四階の海側。ベランダからの景色は、最高です。


2.jpg



初島も、くっきり見えます。


3.jpg



温泉[いい気分(温泉)]で、旅の疲れを癒し、部屋に戻り、大相撲初場所の中継[TV]を観ていました。玉鷲の初優勝⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4c964b6499368d93650ed7c8b20d4e63 を見届け、1Fのレストラン「なごみ」へ。



“ミモザ風サラダ・柑橘香るシーザードレッシング”と、“鮪、真鯛、甘海老の刺身盛り合わせ”


4.jpg



飲み物は、瓶ビールで乾杯した後、“伊豆の地酒 万代醸造 あらばしり”を冷やで頂きました。



“三島人参のポタージュスープ”


6.jpg



“金目鯛の煮付け”


5.jpg



“ハッシュドビーフパイ包み焼き”


7.jpg



“かれいのローストかにあんかけ”


12.jpg



デザートの“熱海梅プリン”とコーヒー[喫茶店]


9.jpg



食事に大満足してロビーに出ると、庭園のイルミネーションに目が奪われました。


10.jpg



食後は、地下のカラオケルームへ。このホテルは、カラオケ[カラオケ]の「第一興商」の関連会社の経営なので、最新鋭のカラオケ機を備えた部屋が5つあり、料金も1時間480円とお手頃です。


11.jpg



こうして、旅の初日の夜が更けていきました。


 


続きは、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その3)で ★


nice!(10)  コメント(0) 

旅行記 第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その1) [旅行記]

国内を旅した記録「旅行記」の第26回は、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』をお送りします。



1月27日(日)~29日(火)の3日間、冬の熱海・湯ヶ島・修善寺に行って来ました。



【1日目:1月27日(日)】 東京駅から「踊り子115号」で熱海へ。熱海梅園で観梅。同地泊。


1.jpg



特急「踊り子115号」は、12時00分頃に東京駅9番線ホームを発車しました。同駅発の「踊り子号」に乗車するのは、昨年の6月⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b 以来です。



今回、指定席が取れたのは、3号車でしたので、車内販売があります。車内販売のコーヒー[喫茶店]と一緒に、東京駅GRANSTAで購入した「とんかつ まい泉」の“ハローキティのヒレかつサンド”を頂きます。“必勝だるま”をちりばめたデザインのこの商品、受験シーズン中だけの期間限定販売だそうです。お値段は、842円(税込)。


2.jpg



横浜駅を過ぎた頃の乗車率は、約60%。冬の日曜日の午後から、伊豆方面への観光客はこの程度なのでしょうね。



“185系電車”の昭和感あふれる仕様を、また一つ発見してしまいました。新幹線の各車両の扉付近にあるトイレ使用中の表示灯は、男女のマークですが、“185系電車”は、ただ丸いランプが点灯するだけです。これだと、何の表示なのか、分からないですよね。



「踊り子115号」は、定刻の13時20分に熱海駅に着きました。同駅13時41分発の伊東線普通列車に乗り換え、2分後に来宮駅に到着。多くの乗客が下車します。駅近くの「熱海梅園」で行われている“梅まつり”の観光客が殆どです。迎えに来てくれた義弟の車に乗り込み、今夜のお宿「熱海四季ホテル うたゆの宿」に向かいます[車(セダン)]



ホテルで待っていた母と妹と合流し、14時頃に「熱海梅園」へ徒歩で行きました。入園料は一般は300円なのですが、ホテルの宿泊証明書を持参したので、100円でした。


3.JPG



この日の天気は快晴[晴れ]。同時刻の気温は、13℃。開花状況は、“4分咲き”というところでしょうか。


4.jpg


5.jpg


6.jpg


8.jpg



梅見の滝


7.jpg



熱海芸妓連演芸会が終了した直後の中央広場は閑散としていました。


9.jpg


 


★ 続きは、『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 (その2)で ★


 



===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a


第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661


第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03


第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530


第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56


第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a


第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』2018年4月8日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d


第22回 『踊り子号で行く小田原・熱海 2日間』2018年6月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b


第23回 『灼熱の名古屋遠征』2018年7月31日~8月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b188f979a210bf521ba9943106f46197

第24回 『「しまかぜ」で行く伊勢志摩 3日間』2018年9月18日~20日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ebcbedcf6e93cb41c015496f4b4fb780


第25回 『江ノ島神社参拝』2018年12月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fba8099cd03597ad64f4da9690f5282d


nice!(16)  コメント(0) 

スポーツ No.157 『玉鷲 初優勝』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第157回は、『玉鷲 初優勝』をお送りします。


玉鷲.jpg



先週末(1/26-27)は、スポーツのビッグイベントが世界各地で行われました。



その中で、隊長がライブでテレビ[TV] 観戦していた一つが、オーストラリア・メルボルンで行われたテニス四大大会第1戦の全豪オープンの女子シングルス決勝戦です。



この試合、ご存知の様に、大坂なおみ選手が、ウィンブルドン選手権を2度制覇したぺトラ・クビトバ選手を破り、見事初優勝を果たしました。



試合自体、白熱した素晴らしいシーンが多かったのですが、さらに試合後に、クビトバ選手が大坂選手の肩を抱き祝福したり、表彰式でお互いを褒めたたえるスピーチする姿に感動しました。


大坂なおみ.jpg



二つ目は、大相撲初場所千秋楽での、関脇・玉鷲の初優勝です。



平成最後の東京での大相撲本場所となった今場所の序盤戦の主役は、横綱・稀勢の里でしたよね。それが、初日から三連敗し、引退に追い込まれてしまいました。



中盤の主役は、横綱・白鵬。10連勝と好調で、自己の持つ最多記録を更新する15回目の全勝優勝も可能かと思われましたが、11日目から3連敗し、結局休場してしまいました。



三横綱不在の後半戦は、2敗で先行する玉鷲と星一つの差で追う同じく関脇の貴景勝。千秋楽に、玉鷲が先に遠藤に勝ち、悲願の初優勝を成し遂げました。



NHKの中継で解説者の北の富士さんが、「まだ22歳の貴景勝は、これからも何度も優勝するだろうし、34歳で苦労人の玉鷲に優勝させてやりたい」と言っていましたが、隊長も同じ気持ちです。



何よりも評価出来るのが、初土俵から1回も休場がなく、現役最多1151回連続出場の記録を更新中しながら、優勝の機会に恵まれなかったこと。まさに“苦労人”ですよね。



今場所での引退と言えば、元関脇で東十両12枚目の豪風(たけかぜ)の記者会見後の発言も印象に残りました。駆け付けた奥さんとお子さん二人との記念写真撮影時、長男がヨレヨレのTシャツを着ているのを見て、「今日は学校に行っていて、そのまま来たのでこんな格好をしているが、普段はもっと良い服を着せています」と語った時には、彼の人柄が偲ばれて暖かい気持ちになりました。


豪風.jpg



尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに58回アップしています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3



リストのurlのリンク先は、gooブログですのでご了承下さい。



===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5
No.1~145 省略


No.146 2018/8/22 『KANANO 2018県立農業高校の甲子園』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed229babfff5d2b668df6897fd5350eb


No.147 2018/8/29 『東京ドームに清宮現れる』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/93de60650ebbb248a165bbdfd6666280


No.148 2018/9/7 『平成30年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4887415516e249d54de3b02a75fc3f6d


No.149 2018/9/26 『白鵬 41度目の優勝を全勝で飾る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b5e4431a4c3c60bf98a3291f0acf9d2


No.150 2018/10/30 『初めてのBリーグ観戦』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/498690297dbdf7fb170764601e4b9bd9


No.151 2018/11/11 『平成30年九州場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/21933fc4e2a4c5bc0483be693ea9f5d5


No.152 2018/11/28 『貴景勝 初優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eec55273ae87d9f95801ff8593f6ed31


No.153 2018/12/24 『女王・伊調 完全復活』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a692ba28c709e41eb604fd9d6bf85330


No.154 2019/1/10 『大阪桐蔭高校 ラグビーでも日本一』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f24444e79a6edeb68b8dba556316b7f


No.155 2019/1/13 『平成31年初場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/620b31a48b858dd372dc7e900fc13d41


No.156 2019/1/22 『ラグビーW杯チケ取れたけど...』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b69fa77d824df82f934e2bdfd7dd2bb 


nice!(15)  コメント(0) 
前の15件 | -