So-net無料ブログ作成

旅行記 第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』 (その2) [旅行記]

『初夏の弘前・青森・函館 4日間』(その1)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03



旅の1日目、12:50に新青森駅をレンタカーで出発[車(セダン)]して、最初の見学場所「青函トンネル記念館」に到着したのが14:40です。



「青函トンネル記念館」では、昭和63年(1988年)3月に開業した世界最長の海底トンネル「青函トンネル」の姿を立体模型や映像、パネルなどで紹介しています。



また、海面下140mにある「体験坑道」は、240mの海底に総延長53.85kmのトンネルがどのようにして作られたのか、実際に作業坑として使われた一角を展示ゾーンにしてあります。



体験坑道へ案内しているケーブルカーは、日本一短い私鉄「青函トンネル竜飛斜坑線」です。



記念館入館料と体験坑道乗車券をセットで購入すると、100円割引の1,300円になります。


CCF20170623_00002.jpg


CCF20170623_00000.jpg



「青函トンネル竜飛斜坑線」には、時刻表があり、「記念館駅」発 14:50 「体験坑道駅」着 14:58のケーブルカーに乗車します。


DSC_0037.JPG



出発時刻になると、斜坑を封鎖していた鉄扉が開いて、ケーブルカーは“ゴトゴト”と音を立てながら、地底へと降りていきます。


DSC_0038.JPG



映画『海峡』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a の、高倉健さんになった様な気分です。



「体験坑道駅」に到着すると、ガイドの案内で、トンネル内を進みます。


DSC_0042.JPG



最初に、ガイドの方から「トンネル内では、私より前に出ないで下さい」と事故防止の注意がありました。



トンネルの下部は、染み出た海水で濡れています。



体験坑道内では、作業員がいかに苦労して、このトンネルを造ったかが、展示でわかります。


DSC_0045.JPG


DSC_0046.JPG



このフェンスの先は、実際に「北海道新幹線」が走っているとのことで、立ち入り禁止です。


DSC_0047.JPG



30分弱の坑道体験を終え、15:27 体験坑道駅」発、15:34「記念館駅」着のケーブルカーで、地上に戻ります。


DSC_0050.JPG



帰りは、最前列に座り、急勾配の斜坑を喘ぐように登るケーブルカーの様子を体験出来ました。



無事に地上に生還。


CCF20170623_00001.jpg



次に見学した「青函トンネル記念館」の展示物は、海底での体験に比べて、物足りませんでした。


DSC_0052.JPG



体験坑道乗車券の購入だけでも良かったかな。



でも、出口近くに貼られていた映画『海峡』のポスターにだけは、感動しました。


DSC_0057.JPG



15:50に「青函トンネル記念館」前の駐車場を出発し、次に向かったのが「津軽海峡冬景色歌謡碑」です。


DSC_0060.JPG



海峡を見下ろす位置に建てられた、歌謡碑からは、石川さゆりが歌う『津軽海峡冬景色』が流れています。


 



 



能登半島の「禄剛崎(ろっこうさき)灯台」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7f7cb26c7365b92fe89e728685bcd93e で聴いた『能登半島』の曲も良かったですが、龍飛岬で聞く『津軽海峡冬景色』も最高ですね。



次は、天城山を訪れ『天城越え』を聴いてみましょうかね。



「津軽海峡冬景色歌謡碑」側にある“車の通れない階段国道”として有名になった「国道339号」の階段部分を見に行きました。


DSC_0067.JPG



今は無人なのでしょうか、「龍飛岬灯台」の姿にも旅情を感じます。


DSC_0068.JPG



龍飛岬の先に微かに見えるのは、松前半島でしょうか。


DSC_0075.JPG


  


★ 続きは、『初夏の弘前・青森・函館 4日間』 (その3)で ★


 


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0