So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旅行記 第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』 (その2) [旅行記]

『初春の水戸 日帰り旅行』(その1)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a  



「偕楽園好文亭(こうぶんてい)」三階の「楽寿楼」からの景観を満喫し、「偕楽園前駅」の駐車場に戻ります。



次の目的地、「水戸駅」の北に位置する「水戸城址」へ向います[車(RV)]



「日本100名城」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3adfccbb6d4f30113aaba407d0f42297 の第14番「水戸城」は、北を那珂川、南を千波湖に挟まれた、日本最大級の土造りの城です。



大規模な土塁とともに、城西側の台地には五重の堀、東の低地には三重の堀をめぐらし、堅固に守られていました。



坂道を上がった先にあるのが、「茨城県立水戸第三高等学校」。校舎を取り囲む塀が、歴史的建造物の様な雰囲気を醸し出しています。


DSC_0021.JPG



車を停め、本丸址に建つ「県立水戸第一高等学校」へ向かう橋を渡ります。深さ20mにおよぶ堀跡には、JR「水郡線」の線路が走っています。


DSC_0027.JPG



「一高」の敷地内に移築されたのが「水戸城薬医門」。この門は、旧水戸城二の丸に入る「不開門(あかずもん)」といわれていましたが、その後の調査の結果、本丸から二の丸に通じる橋詰門(はしづめもん)と一致していることが判明し、この門ではないかと推測されています。


DSC_0026.JPG



この門の建築的特徴は、正面の軒が深く風格のある門構えとなっています。建築年代は、その様式から安土桃山時代末期と思われます。



「一高」から水戸藩の藩校「弘道館(こうどうかん)」までは、一直線の道路ですが、現在は「水戸城大手門」の復元工事中の為、車は大きく迂回して、「弘道館」の駐車場に向います。



車を停めて、「大手橋」を徒歩で渡ります。


DSC_0033.JPG



ここの堀跡は、道路になっています。


DSC_0028.JPG



橋を渡った先にあるのが、「茨城大学教育学部附属小学校」。この小学校の構も、歴史的な建造物の様です。


DSC_0029.JPG



同小の反対側にある「水戸市立第二中学校」の敷地内には、「大日本史編纂の地」の碑が置かれています。


DSC_0032.JPG



水戸の小・中・高は、どこも歴史を感じさせる構ですね。



再び「大手橋」を渡り、「弘道館」へ。「弘道館」は、水戸藩第九代藩主斉昭(烈公)が、天保12年(1841)に藩士とその師弟の教育のために設立した藩校です。



入館料は、150円。弘道館料金所窓口には、「日本100名城」のスタンプが設置されています。


11011101.JPG



隊長が、100名城の内、登城したことがあるのは、17城です。詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94b560090f0c90ce702887beceaacb97



重要文化財の「正門」の柱には、弾痕が。


DSC_0034.JPG


DSC_0039.JPG



これは、水戸藩の藩内抗争の最後の激戦といわれる明治元年(1868)の弘道館の戦いのときの弾痕です。



同じく重要文化財の「正庁・至善堂」。


DSC_0038.JPG



庭の梅も見事に咲いています。


DSC_0035.JPG



徳川慶喜が、慶応3年(1867年)の大政奉還の後、謹慎したのが「至善堂」です。


 


★ 続きは、『初春の水戸 日帰り旅行』 (その3:最終回)で ★ 


タグ:水戸
nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 4

ワンモア

水戸は歴史ある建築物が結構残っているので好きなのですが、
駐車場に苦労します。
by ワンモア (2018-03-08 22:45) 

Hide

この柱の弾痕を見たいのですが他にも沢山あるんでしょうね!
勝海舟の話は出てきませんか!
by Hide (2018-03-09 14:38) 

隊長

ワンモアさん
この日は、平日で天気が悪かったので、駐車には苦労しませんでした。
by 隊長 (2018-03-21 16:21) 

隊長

Hideさん
弾痕ですが、弘道館の建物の内外にそれらしき痕は、何箇所が有ったのですが、脇に説明書きなどなく、確証が持てなかったので、撮影したのは、この一箇所だけです。いまから思えば、係員に聞けば教えてくれたでしょうね。
同行してくれた水戸在住の友人からは、勝海舟の話は出ませんでした。
by 隊長 (2018-03-21 16:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。