So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旅行記 第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』 (その1) [旅行記]

国内を旅した記録「旅行記」の第19回は、『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』をお送りします。



11月26日(日)~28日(日)まで、彦根、竹生島、浜松に、2泊3日で行って来ました。



メンバーは、今年6月に「弘前・青森・函館」に旅行⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03 した叔父さん、従兄弟、それに隊長の3人です。



同メンバーでの旅行は、この三年間に4回目ですが、各地で紅葉を愛でることが出来ました。



【1日目:11月26日(日)】 東京から新東名・名神高速経由で彦根へ移動。彦根城見学、同地泊。



叔父さんたちが車で我が家まで迎えに来てくれ、朝9時に出発。首都高速から東名高速にのり、途中、渋滞に巻き込まれることなく順調に走ります[車(セダン)]



海老名SA(サービスエリア)で、最初のトイレ休憩。東名から新東名高速に移り、走り続けます。この日は、絶好のドライブ日和、富士山がくっきりと姿を現してくれました。



駿河湾沼津SAで二回目のトイレ休憩の後、12:30に浜松SAに到着。ここで、昼食です。


DSC_0010.JPG



隊長が選んだのは、フードコートにあるラーメンの店「浜北軒」。


DSC_0007.JPG



頂いたのは、“浜松餃子と醤油らーめんのセット” 990円(税込)。


DSC_0008.JPG



浜松に立ち寄ったので、名物の餃子を食べたいと注文したのですが、“生”の餃子を揚げたのではなく、冷凍餃子を解凍して揚げたようで、少し水っぽかったです。



醤油らーめんは、あっさりとしていて、麺の硬さも丁度よく、食べやすかったです。



13:10に浜松SAを出発し、さらに西に向い走ります。叔父さんと従兄弟のY君が、SAで休憩する毎に交代して運転してくれます。隊長は、後部座席で、景色を楽しんで時間を過ごします。



再び東名高速に合流し、東郷PA(パーキングエリア)で休憩し、走り続けます。養老SAを過ぎた辺りから、雲行きがおかしくなってきました。



目的地の彦根IC(インターチェンジ)で高速から降りたのが15:15。滋賀県彦根市を目指します。目の前に彦根城の姿が見えてきました。



「二の丸駐車場」は閉鎖中、「大手前駐車場」は満車だったので、「大手橋」近くの臨時駐車場に入ったのが、15:30でした。



我が家を出発してから、6時間半。叔父さん、Y君、食事・休憩時間を除いて5時間を超す運転、お疲れ様でした。



彦根城は、徳川家康が、大阪城に健在する豊臣秀頼を牽制する基地とすべく、信頼する重臣の井伊直政に建築を託したと言われています。



今年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11 は、佳境を迎えていますが、菅田将暉くんが井伊直政役を好演していますよね。



彦根城有料エリアへの立ち入り可能なのは、午後5時までなので、車から降りて急ぎます。



橋のたもとから見える石垣は、表門橋にかけてカーブを描いています。石垣といえば直線的なイメージなのに曲線なのは珍しいです。


DSC_0012.JPG



石垣自体も、上部は鉢巻石垣、下部は腰巻石垣になっている珍しい形状です。自然の地形を生かして造られた結果でしょう。



内堀にかかる「大手橋」を渡り、「大手門券売所」に向います。


DSC_0013.JPG



通常期には、600円の入“城”料金が、「彦根城開場410年祭」開催期間中なので、玄宮園、開国記念館とのセットになって1,000円(税込)でした。



急な坂道を登った場所が、「廊下橋」と「天秤櫓(やぐら)」を下から見上げることが出来る「大堀切」です。


DSC_0014.JPG



さらに急な坂道を上がると、国重要文化財の「天秤櫓」の正面に出ます。左右対称になっていることから、この名前がついたそうです。


DSC_0015.JPG



「廊下橋」は、昔は屋根が付いていて、戦時には橋を落として、敵の侵入を防ぐ役割があったと伝えられています。



橋を渡り「櫓門」を潜り、さらに城内に進むと国重要文化財の「太鼓門及び続櫓」が見えてきます。


DSC_0020.JPG



ここは、天守がある本丸表口をかためる櫓門で、城内合図の太鼓を置いたところから名付けられたと言われています。



門を潜ると、そこは「本丸」。美しい「天守」が真正面にあります。


DSC_0022.JPG



彦根城は、『日本100名城』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3adfccbb6d4f30113aaba407d0f42297 の一つですが、天守が国宝に指定されているのは、この彦根城と、姫路城、松本城、犬山城、松江城の五箇所のみです。



時間は、既に午後3時45分になっていたので、地元のゆるキャラ“ひこにゃん”に会うことは出来ませんでした。



観光客がいなくなった瞬間に撮影したので、写真では、あまり人が写っていませんが、多くの観光客で賑わっていました。



従って、天守に入るのには、入場制限があり、入口で列を作って待ちます。ここからの見る天守も良いですね。


DSC_0024.JPG



中に入ってからも列はなかなか進みません。理由は、三層三階の上に上がる階段が狭くて急なので、それが“ボトルネック”になっているのですね。


DSC_0040.JPG



最上階に上がれたのは、入口の列に並んでから30分後です。天井は、あえて板を張っていなくて、丸太が剥き出しの豪快な造りです。


DSC_0032.JPG



てっぺんからの景色は最高ですが、だんだんと暮れなずんで行きます。


DSC_0026.JPG


DSC_0027.JPG


DSC_0029.JPG


 


★ 続きは、『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』 (その2)で ★


 


===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a


第1回~5回 省略


第6回 『小江戸川越 日帰り旅行』2014年5月28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f88a5e0fac35c4e4a8b2060537c6424


第7回 『横浜山下公園の氷川丸』2015年3月17日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fae5b793311d150fef5db7920747915f


第8回 『春の飛騨高山・白川郷・松本・高遠 3日間』2015年4月12日~14日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/beb7aed85d23c8997bb6b7d656293ef0


第9回 『初冬の秋田 2日間』2015年12月5日~6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01f6e24e59df411d42a50f986ea5eca2


第10回 『春の三島大吊橋とハワイアンズ』2016年3月27日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ea737de674d44aa97007413023705eb


第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9


第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2


第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b


第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474


第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661


第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03


第17回 『会津柳津温泉「花ホテル滝のや」』 2017年8月5日~6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/737b100fca672fb89dab390f4649eaef


第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

スポーツ No.121 『日馬富士引退!!』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第121回は、『日馬富士引退!!をお送りします。



第70代横綱日馬富士が、今朝(11月29日)相撲協会に引退届を提出し、午後2時から記者会見を開きました。


10774097.jpg



九州場所千秋楽の26日(日)から昨日まで、紅葉の彦根・竹生島・浜松に旅行をしていたので、帰って来たら「白鵬40度目の優勝」をメインに記事を書くつもりでした。



ところが、思いも寄らない日馬富士引退表明を知り、残念な気持ちで一杯です。



秋場所で、『重責に耐え9度目の優勝』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d9f6e989d77b46e9dbe0b11a56b2d92 を飾った日馬富士、場所前の隊長の注目力士⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7949b9dd5bf55c502d4313fcfcc8b612 の一番に挙げていました。



けれど、貴ノ岩への暴行問題の影響があったのか初日、二日目と精彩のない取り組みで連敗し、三日目から休場してしまいました。



そして、今日の引退表明。区切りの10度目の優勝を迎えることなく、引退してしまい、本人もさぞ悔しいことかと思います。



奇しくも、昨年秋場所の注目力士⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc465e786a49f3ad81ffeaa9d985cafe に上げた日馬富士と貴ノ岩の二人が、九州場所の土俵外での注目力士になるとは、皮肉なものです。



この問題は、まだまだ後を引きそうなので、改めてコメントすることもあるかと思います。



注目力士の二人目の横綱・白鵬が、暴行問題の騒動に惑わされることなく、40度目の優勝を果たしたのは、立派だと思います。



白鵬は、優勝だけでなく年間最多勝も獲得してしまったのですから、やはり「終わってみれば白鵬」でしたね。



その白鵬の優勝インタビューでの言動が物議を醸しています。しかし、相撲ファンではない“外野”の人たちの批判には、反論したいと思います。



冒頭の「この場を借りて場所中に水を差すようなことがあり、全国の相撲ファンに対し力士代表としてお詫び申し上げたい」との発言。



その通り。相撲ファンではない、“外野”の人たちは無責任なことを言わないで欲しいと思います。



そして、「場所後に真実を話し、膿を出し切って、日馬富士関と貴ノ岩関が再び、この土俵に上げてあげたい」との発言。



同じ力士として、活躍の場は土俵の上と思って言ったのだと思います。



例えば、プロ野球界では、今夏、同じく暴行事件を起こし出場停止処分を受けた巨人の山口俊投手に対して、選手会が処分が重すぎると異議を唱えました。



このプロ野球選手会の異議に対しては、大きな非難が起きなかったのに、白鵬の発言を問題にするのは、如何なものでしょうか。



そして、最後の観客を巻き込んでの万歳三唱。


kyo_origin_1_1_thum800.jpg


大相撲は、スポーツであると同時に“興行”ですから、お客様を喜ばして、帰って頂くのは当然の行為です。



プロレスでも、試合終了後のアントニオ猪木の「1! 2! 3! ダー!」に、フアンは大喜びしていました。



正直な気持ち、相撲ファン以外の第三者は、無責任なことを言わないで欲しいです。



場所前の注目力士の結果に戻りますが、三人目の新小結の阿武咲(おおのしょう)。



入幕後の三場所全てが、10勝5敗の好成績で、入幕後わずか四場所で、小結に上がって来ました。



その小結で、とにもかくにも8勝7敗で勝ち越し、来場所以降への期待が膨らみます。



最後、四人目の前頭十三枚目・安美錦(あみにしき)。



関取最高齢の39歳。前半は好調でしたが、十日目から四連敗しヤキモキしましたが、千秋楽に勝ち、8勝7敗とし、敢闘賞を受賞しました。



インタビューで、支えてくれた家族に感謝し涙ぐむ姿を見て、思わずもらい泣きしてしまいました。



九州場所の番付に載っていた四横綱、二大関の内、横綱・鶴竜、稀勢の里、大関・高安までもが休場してしまいました。


DSC_0011.JPG



毎場所後に、苦言を呈していましたが、改めて暴力問題の根絶だけでなく、怪我での休場に対しても、相撲界全体で取り組んで貰いたいものです。



来年の初場所、番付に日馬富士の名前が無いと思うと、寂しい限りです。



尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに41回アップしています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3


 



===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5


No.1~105 省略


No.106 2017/4/13 『浅田真央 引退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81393e228059ec3b0d14c6f54d373c53


No.107 2017/5/30 『白鵬 1年ぶり38度目の優勝を全勝で飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4875332fdc98c9d3b6614f31992633


No.108 2017/6/13 『青木 日米通算2000本安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a7915db8e4f454e52b1048243378c16


No.109 2017/7/29 『白鵬 完全復活』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/992c8fa9a7bf5603a4eb6c48d5f082f6


No.110 2017/9/2 『日本W杯出場決定!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba4e3bec13439605324dc023151422d8


No.111 2017/9/12 『初日から三横綱休場』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f0b302f6316b9d25b925bb999b93f38


No.112 2017/9/21 『DRAGON GATE プロレス 東京大会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/33760148d87bd52aaa22b8c6159127cb


No.113 2017/9/28 『日馬 重責に耐え9度目の優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d9f6e989d77b46e9dbe0b11a56b2d92


No.114 2017/10/25 『プロ野球入場券 91~93年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4a8e81ec8304b7baf3880fa10147ab7


No.115 2017/10/29 『プロ野球入場券 94~95年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01dd1458635cf6d2b11fb15644cf4328


No.116 2017/11/3 『プロ野球入場券 96~98年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/493265858cbadce54919549799ad1aeb


No.117 2017/11/8 『プロ野球入場券 99~00年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9b97edd649e92f79231993211850e05


No.118 2017/11/12 『平成29年九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7949b9dd5bf55c502d4313fcfcc8b612


No.119 2017/11/19 『プロ野球入場券 01~02年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dacc21e203f4251dbb8dccfc3b0b59a


No.120 2017/11/24 『プロ野球入場券 2003年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa134d1c3f67b6948eef2e2b5bb6d03e


 


タグ:日馬富士
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

映画 Film119 『レインマン』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第119回は、『レインマン』をお送りします。


519QAFd3+SL.jpg



『レインマン』(原題:Rain Man)は、ダスティン・ホフマン(Dustin Hoffman)と、トム・クルーズ(Tom Cruise)の、“二大スター共演”による、1988年公開のアメリカ映画です。



今年80歳になるダスティン・ホフマン、「隊長のブログ」で紹介したのは、『卒業』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f81709c1e39bc493c6e9d385cfddc2e0 の一本だけですが、これまでに多くの名作に出演しています。



強く記憶に残っている作品は、『卒業』、『パピヨン』、『クレイマー、クレイマー』と、この『レインマン』の四作品です。



一方のトム・クルーズが出演する映画は、これまでに20本紹介しています。



詳細はこちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15c12e324db3ac428f8166936149a976



原作と脚本は、バリー・モロー。



監督は、バリー・レヴィンソン(Barry Levinson)。彼の監督作品で忘れられないのは、ロビン・ウィリアムズ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c640dd367e7521658e375179613141b9 主演による、1987年公開の『グッドモーニング, ベトナム』です。



主な共演者は、ヴァレリア・ゴリノ(Valeria Golino)。



あらすじは、高級車のディーラーをしているチャーリー(トム・クルーズ)の元に、自分を勘当した父が亡くなったとの連絡が届きます。



遺産目当てに故郷にかえったチャーリーは、財産がサヴァン症候群の兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)への信託として運用されていることを知らされます。



兄の財産を手に入れようと、誘拐まがいの手口で兄を施設から連れ出したチャーリーでしたが。。。



この映画、DVD、テレビと、何回観たことでしょうか。



一番、印象に残っているは、レイモンドの並外れた記憶力のおかげで、ラスベガスのカジノで行った“ブラックジャック”⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0950d51ea500bb3dd4c8923297ef32f2 で大儲けをした二人。



高級ホテルの部屋で、チャーリーがレイモンドの手を取り、ダンスを教えるシーンです。チャーリーが、ここで兄弟の絆の深さを知ったのでしょうね。


img_0.jpg



チャーリーが飛行機[飛行機]嫌いのレイモンドを無理やり乗せようとして、これまで事故を一度も起こしていないオーストラリアのカンタス航空以外は嫌だと、言ったシーンも忘れられません。



それに、冒頭のチャーリーがガールフレンドのスザンナ(ヴァレリア・ゴリノ)とドライブ中に、父が死んだと車の中で連絡を受けるシーン。



道路の周囲には、無数の風力発電の風車が見えます。隊長も初めて、アメリカ西海岸をドライブした時に、突然丘の上におびただしい数の風車が出現しました。



再生可能エネルギーが、今ほど重要視されていない当時でしたので、驚かされたものでした。



スザンナのカーリーヘアも1980年代後半という時代を感じさせます。



映画では、Buickなどのクラシックカーが、多く登場します。アメ車マニアには堪らないでしょうね。



1981年に映画界にデビューしたトム・クルーズ。隊長は、これまでの作品を;



デビュー作の『タップス』 から、1988年公開の『カクテル』までの、“青春映画”。



1996年の『ミッション:インポッシブル』から、2015年の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』まで、全5作の“ミッション:インポッシブルシリーズ”。



2002年の『マイノリティ・リポート』から、2014年の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』までの“近未来SFアクション映画”。



2010年の『ナイト&デイ』から、最新作の『バリー・シール/アメリカをはめた男』までの、“痛快アクション映画”。



“その他”の5つのカテゴリーに分けて、観ています。『レインマン』をあえてこのカテゴリーの中に当てはめるとしたら、“青春映画”でしょうかね。



映画自体は、“二大スター共演”による、「ロードムービー」なのですが、父親への屈折した感情など、チャーリーの若者ゆえの言動・行動から“青春映画”の要素を見出しました。


 



 


 


 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f


Film1~105 省略


Film106 2017/6/8 『クリフハンガー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81d5d3dde65f4debd911004ee71dc8b4


Film107 2017/6/15 『インフェルノ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf17916f43bed34989290b10d2761dec


Film108 2017/6/30 『トップガン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/60f6f26eae450995705913623f8dec07


Film109 2017/7/31 『いつまた、君と ~何日君再来~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e01d38357b90fb637344f6884fc8f42c


Film110 2017/8/20 『ミッション:インポッシブル2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/83a60b796c68b01ba41499a55179f7c0


Film111 2017/8/30 『80間世界一周』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab23e821ccfa349e7da22d24a25784cc


Film112 2017/9/4 『グッドモーニングショー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e376f43c308b544ad715a893b5b0eb82


Film113 2017/9/25 『ドリームガールズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e734eb416068eb5159759d96017e1834


Film114 2017/10/17『マイノリティ・リポート』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c5cd75014ed2cc69360f2716da755fe7


Film115 2017/10/30『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f28d0086acf890738ad7ef195998959e


Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3


Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50


Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7


nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

スポーツ No.120 『プロ野球入場券 2003年』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第120回は、『プロ野球入場券 2003年』をお送りします。



「アジアプロ野球[野球]チャンピオンシップ2017」も終わり、プロ野球界は大谷翔平投手の米大リーグ挑戦を始めとする、ストーブリーグの話題に移っています。



そこで、“閑中のネタ”として、書庫の奥から、昔、観戦したプロ野球試合の入場券を引っ張り出し、ご紹介しています。



最終回の第5回は、我が阪神が18年ぶりのリーグ優勝を飾った2003年の入場券を、紹介します。



2003年6月6日 ヤクルト対阪神 @神宮球場


11051301.JPG


今回紹介するチケットの内、三枚が、神宮球場「自由席招待券」です。当時「ヤクルト本社」の株を持っていて、“株主優待”で入場券をゲットしていました。


券面上に、試合結果が書いてありますね。


阪神の先発投手は、ムーア。2003年のシーズンを最後に引退した桧山進次郎選手⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b2545fdda7e34e65168484c57cd93842 のホームラン二本が出て、4対7で勝ちました。


勝利投手は、8回と9回を投げた安藤優也⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81b477c4ef429589f91ff2a30b9dad9c


この時点で、阪神は一位です。


 



2003年6月30日 サントリードリームマッチ @東京ドーム


11051302.JPG


1995年から始まり今年で22回目を迎えた、一夜限りの“夢の球宴”。無料観戦は、抽選ですが、なかなか当選しません。隊長もこれまでに観戦出来たのは、この一回だけです。


 



2003年7月20日 日本ハム対西武 @東京ドーム


11051303_S.jpg


阪神のリーグ優勝の可能性が出てきたので、日本シリーズの相手は西武になってもらいたい為、ライオンズの応援に行きました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e8b3b1a49d7d6628d75898271871f997


今年の日本ハム、東京ドームでの主催試合、日曜日のB指定席は、3,800円でしたが、当時は2,000円と安かったですね。


 



2003年8月5日 ヤクルト対阪神 @神宮球場


11051304_S.jpg


勇んで応援に行ったのだすが、この試合は雨天中止になってしまいました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2ec4d13e37a9dacac2b2b9683dcd2140


 



2003年9月30日 ヤクルト対阪神 @神宮球場


11051305_S.jpg


阪神のリーグ優勝決定後、公式戦関東地方最終戦でした⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/13be7fbec8fad550dbbc5d516a97f97e


見事4対3で勝ちました。先発の井川投手が、18勝を上げています。先発が、これだけの成績を上げているのですから、優勝は当然の結果でしょうね。



これで、我が家に残っていた1991年~2003年のプロ野球入場券を、全て紹介しました。



番外編として、残っていた東京六大学野球の入場券もアップしておきます。


11051307.JPG


 


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5


No.1~105 省略


No.106 2017/4/13 『浅田真央 引退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81393e228059ec3b0d14c6f54d373c53


No.107 2017/5/30 『白鵬 1年ぶり38度目の優勝を全勝で飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4875332fdc98c9d3b6614f31992633


No.108 2017/6/13 『青木 日米通算2000本安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a7915db8e4f454e52b1048243378c16


No.109 2017/7/29 『白鵬 完全復活』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/992c8fa9a7bf5603a4eb6c48d5f082f6


No.110 2017/9/2 『日本W杯出場決定!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba4e3bec13439605324dc023151422d8


No.111 2017/9/12 『初日から三横綱休場』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f0b302f6316b9d25b925bb999b93f38


No.112 2017/9/21 『DRAGON GATE プロレス 東京大会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/33760148d87bd52aaa22b8c6159127cb


No.113 2017/9/28 『日馬 重責に耐え9度目の優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d9f6e989d77b46e9dbe0b11a56b2d92


No.114 2017/10/25 『プロ野球入場券 91~93年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4a8e81ec8304b7baf3880fa10147ab7


No.115 2017/10/29 『プロ野球入場券 94~95年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01dd1458635cf6d2b11fb15644cf4328


No.116 2017/11/3 『プロ野球入場券 96~98年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/493265858cbadce54919549799ad1aeb


No.117 2017/11/8 『プロ野球入場券 99~00年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9b97edd649e92f79231993211850e05


No.118 2017/11/12 『平成29年九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7949b9dd5bf55c502d4313fcfcc8b612


No.119 2017/11/19 『プロ野球入場券 01~02年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dacc21e203f4251dbb8dccfc3b0b59a


 


タグ:プロ野球
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

本と雑誌 35冊 『日本100名城めぐりの旅』 [本と雑誌]

隊長が読んだ「本と雑誌[本]」を紹介するシリーズの第35回は、『日本100名城めぐりの旅』をお送りします。


CCF20171121_00000.jpg



最近は、空前の「城めぐり」ブームだそうです。「城めぐり」と言えば、中高年男性の趣味のイメージでしたが、外国人や「歴女」が現在のブームの後押しをしているとのことです。



隊長は、以前はお城に殆ど興味を持っていませんでした。しかし、二年前の『飛騨高山・白川郷・松本・高遠』旅行⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/beb7aed85d23c8997bb6b7d656293ef0 を皮切りに、年に1~2回叔父さんと従兄弟の三人で国内旅行をするようになってから、少しずつ興味を持つようになりました。



同行してくれる従兄弟が城好きで、「日本100名城」全てを制覇していて、いろいろと教えてくれます。



隊長が、100名城の内、訪れたことがあるのは、北から;


五稜郭(北海道)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1769796e56a20a6b688177cb13288b25


弘前城(青森県)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f69e52a51466405dc1ed50304f68d261


仙台城(宮城県)


会津若松城(福島県)


白河小峰城(福島県)


川越城(埼玉県)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f304b14114cf8a63eddf56e31a1c7b6a


江戸城(東京都)


小田原城(神奈川県)


松本城(長野県)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/be881636a70d4194bf3f76e0ce211964


高遠城(長野県)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ca7a9520f489ca81fde53409026de928


駿府城(静岡県)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d29818973e7778e73509673e49e08c2f


伊賀上野城(三重県)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474


大阪城(大阪府)


広島城(広島県)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a0a3c93a22f4d5ff14c6102b1fe76aaa


高松城(香川県)


首里城(沖縄県)


の16城。100名城の内、二割にも届きません。残り84城に関する知識も殆どなく、訪れた名城の内、リンク先がない城は、記録もないし、記憶もあやふやです。



そこで、もっと100名城のことを知ろうと、本を探していました。「公式ガイドブック」もあるのですが、この本に出会いました。



著者の萩原さちこさんは、城郭(じょうかく)ライター・編集者、日本城郭協会理事・学術委員会学術委員で、小学2年生で城に魅せられたそうです。本書を始め、城郭に関する著書が多数あります。



選んだ理由は、著者が、登城の際にどんなところに注目して楽しんでいるのかを、写真と図版で詳細解説してくれているからです。



著者独自の「石垣」、「天守」、「櫓&門&御殿」、「山城」、「縄張」、「合戦の舞台」、「戦国武将」の、7つの“城の楽しみ方”を教えてくれます。



本書を読んで、城への興味が深まりましたが、残念なのは、100名城全てを、紹介してくれていない点です。



これって、著者の他の著書を読んで下さいということでしょうかね。



尚、『日本100名城めぐりの旅』の出版社は、株式会社学研プラス。発行日は、2017年3月30日。価格は、1,000円+税です。


 


===「本と雑誌」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0


1~20冊  省略


21冊 2016/12/7 『テレサ・テンが見た夢』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/003c34225930ed81542e35caf5ec30fc


22冊 2016/12/22『カクテル・ハンドブック』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a1f052d9bc97050f8418a8e12a5f4849


23冊 2017/1/12 『高倉健著「少年時代」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4243287003a72879856b54f7fd572ada


24冊 2017/2/9 『絵本「星の王子さま」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/10551068b08e5edb57b0be02773b31a1


25冊 2017/3/9 『瞳みのる 老虎再来』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f839d9bbe229dc378239e5811877561


26冊 2017/3/19 『諺で考える日本人と中国人』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f1dad80dfd1065eb243e2a08f6f25fc


27冊 2017/3/28 『地球の歩き方 中国』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf64e21d7878240fce15b1470914ac6f


28冊 2017/4/17 『田原著「水の彼方~Double Mono~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/43b469cdfe84a213638a7a47d58fcb89


29冊 2017/4/30 『邱永漢著「たいわん物語」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/448237a0279a9991426d7e2c89c14e8f


30冊 2017/5/27 『サン=テグジュペリ著「夜間飛行」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f71a38f366d7cb3d2f9210556865a792


31冊 2017/6/10 『るるぶ イタリア '17 ちいサイズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8fd07900803a6cdfe70085b562a20298


32冊 2017/8/10 『八十日間世界一周』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c75e0f2fd594adf77545d2a35f9501ff


33冊 2017/8/28 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b435fa605fda003839cdeb7e61c2e4d


34冊 2017/9/18 『ルネサンス超入門』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/64ece681b5750e5855d15e681dd79fc0


タグ:城郭
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

テレビ Vol.197 『英雄たちの選択』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第197回は、『英雄たちの選択』をお送りします。


20160607_2019404.jpg



『英雄たちの選択』は、NHK BSプレミアムで、毎週木曜日の20:00~20:59に放送されている歴史教養番組です。



この番組では、日本の運命を決める岐路に立った英雄たちが、その時、英雄たちは様々な選択肢の中から、行ったたったひとつの「選択」を取り上げます。



なぜ英雄はそれを選んだのか?その「選択」の背景には、信念や賭け、勝算や打算など、どのような人生経験や価値観が影響していったのか?そしてその「選択」は、後世にどんな影響を残していったのか?



歴史学・軍事学・心理学・経済学など、様々な分野の専門家たちとともに、英雄たちの心中に深く分け入り、新しいアプローチで日本の歴史を描きだします。



司会は、歴史学者の磯田道史と、NHKアナウンサーの渡邊佐和子。


英雄たちの選択 (2).jpg



11月2日の番組は、「悲劇のキリシタン弾圧~大人になった天正遣欧使節の決断~」と題して、放送されました。



戦国時代にローマ教皇に謁見した、4人の栄光ある日本人少年、天正遣欧使節。帰国後、彼らは容赦なきキリシタン迫害の時代を懸命に生きた。受難の果ての知られざる結末が紹介されました。


o0640035213872068246.jpg



この日の放送を観ようと思ったのは、冒頭に7月に訪れたバチカン市国⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c7e367feb96393e90a6a061973646d5 の様子が映し出されたからです。



戦国時代に、ヨーロッパに少年たちが派遣されたくらいの知識しか有りませんでしたが、この番組を観て、現地での栄光と帰国後にこんな過酷な「選択」があったことを知ることが出来ました。



尚、次回『英雄たちの選択』は、「平安京ミステリー 応天門の変~容疑者は政権トップ4~」と題して、11月30(木)午後8時から放送予定です。


 


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~185 省略


Vol.186 2017/8/26 『歌謡ファンクラブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cfc0571e8a25157ae4aef226013579f4


Vol.187 2017/8/31 『未来世紀ジパング~メード・イン・ジャパンの真実~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b1661f54393fd0df87e86f6d12519dfc


Vol.188 2017/9/16 『アナザーストーリーズ~兵馬俑は見ていた!~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6208a7ab51f2140853ec06ac9a659d99


Vol.189 2017/9/27 『浅田次郎ドラマスペシャル「琥珀」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/981525441d842da0635fceaf26ad4109


Vol.190 2017/10/9 『朝ドラ「わろてんか」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8127476f6356a380a23a49efc6d002f7


Vol.191 2017/10/18 『ファミリーヒストリー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d95ff93f6fecfadaa38c7d97965ccda


Vol.192 2017/10/26 『世界!ニッポン行きたい人応援団』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5752ad5cdfd68a44c1a7eb2fc17ee1d


Vol.193 2017/11/1 『ドラマ「陸王」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/645fe7f787e663c6dbc3663fbebe34e0


Vol.194 2017/11/5 『ドラマ「監獄のお姫さま」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fa9c128de050da32723de60a25bacaf7


Vol.195 2017/11/9 『ドラマ「先に生まれただけの僕」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d6f6fc2e53479f4cb7c3c9949a98d58


Vol.196 2017/11/18 『朝ドラ「花子とアン」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/95bad61fa65f5688e2f2eafad7d8f37d


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

グルメ 212食 『スカイレストラン 「TENQOO」』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第212回は、『スカイレストラン「TENQOO」』をお送りします。


CCF20171121_00001.jpg



先日、「東京ステーションギャラリー」に展覧会『シャガール 三次元の世界』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b2a2ad178ba2613b3f74caba14a855c5 を観に行った帰り、『スカイレストラン「TENQOO」』で、家内と二人でランチを食べました。



「TENQOO」の正式名称は、「ホテルメトロポリタン丸の内 Dining & Bar TENQOO (てんくう)」ですが、上空からの眺めが素晴らしかったので“スカイレストラン[レストラン]”と書きました。



場所は、東京駅新幹線日本橋口改札と、永代通りの間に建てられた「サピアタワー」の27階です。


CCF20171121_00002.jpg



2007年3月に竣工した同ビルの1階~26階までは、大学・オフィスなどのテナントが入居していて、27階~34階が「ホテルメトロポリタン丸の内」になっています。


DSC_0052.JPG



1階の同ホテル専用入り口には、今の季節らしいクリスマスの飾り付けがありました。


DSC_0049.JPG



高速エレベーターで降りた27階が、ロビー、フロント、それにTENQOOです。


DSC_0045.JPG



予約していたので、直ぐに席に案内してくれました。


DSC_0031.JPG



窓から見下ろすと、東京駅のホームと、整備が終わり12月7日にオープン予定の「丸の内駅前広場」が見えます。


DSC_0014.JPG



反対側の窓からは、神田駅方面を見ることが出来ます。写真には映っていませんが、ホームに出入りする新幹線[新幹線]も見ることが出来ました。


DSC_0028.JPG



予約していたのは、“ビュッフェランチ”2,800円(税・サービス料込)。



前菜とサラダを自由に取ることが出来ます。


DSC_0033.JPG



隊長のセレクト。


DSC_0015.JPG



家内のセレクト。


DSC_0017.JPG



隊長は、“コートデュローヌ ロゼ” 1,200円(同)を頂きます。


DSC_0018.JPG



メインは、“特製ポークカレー”かパスタを選べます。



隊長のチョイスは、カレーでした。


DSC_0024.JPG



家内は、パスタ。


DSC_0022.JPG



食後は、コーヒーか紅茶を選べて、お代わりも可能です。


DSC_0026.JPG



デザート。


DSC_0025.JPG



雰囲気も良く、食材の質も良く、味も申し分無かったし、お値段もホテルのビュッフェランチとしてはリーズナブルなのですが、気になった点もあります。



前菜とサラダバー、品数は結構あるのですが、ホテルのビュッフェにありがちなローストビーフを始め、牛肉料理が全くありませんでした。



12時過ぎには、満席になったのですが、ウェイターの数が足りない印象を受けました。



サービス自体のレベルは高いのですが、満席のお客さま全てに目が行き届いていないのではないかと思えました。



尚、「ホテルメトロポリタン丸の内 Dining & Bar TENQOO」の住所は、東京都中央区丸の内1-7-12 サピアタワー 27階。電話番号は、03-3211-0141[電話]です。


 


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~200食 省略


201食 2017/6/18 『家飲みウィスキー No.5』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8ff82be89426efe5bb9f163b620e55fe


202食 2017/7/3 『プレミアムビール No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e92e68d68acb9f31b475506d910335e


203食 2017/8/3 『新丸ビルの「VIN ROUGE VIN BLANC」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc7772e003d964d9164d3c215cb5c4ad


204食 2017/8/25 『会津名産「翁飴」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0cf618920e6c670b11f4a41999d80971


205食 2017/9/3 『家飲み外国ビール No.1』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e9bae7a7b9ebbd145b13f92d205e7c9


206食 2017/9/23 『蔵元居酒屋「清龍」上野店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/02bfe0e669acc9ffeb65851364509f92


207食 2017/10/3 『蘭州拉麺 馬子禄 牛肉面』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdb6c28ef60444a96bda00fb82d1d690


208食 2017/10/15 『にしき堂のもみじ饅頭』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09033ceeedda1c049a11a6f89583d488


209食 2017/10/21 『中野「らーめん 北国」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53e3b38293c11239dff77f0fcbaf0bf1    


210食 2017/11/4 『広島の酒「酔心稲穂」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/773df0a7e405c826b748fe1dfb448114


211食 2017/11/15 『大阪さくさくワッフル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/109c929e782ca5083b55ee40fa44c322


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画 Film118 『あん』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第118回は、『あん』をお送りします。


51AzhwUP5rL.jpg



『あん』は、ドリアン助川の同名の小説を原作に制作され、2015年5月に公開された日本映画です。



監督・脚本は河瀬直美。主演は、樹木希林。



他の出演者は、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、浅田美代子、水野美紀、など。



永瀬正敏さんの出演映画を「隊長のブログ」では、『KANO 1931海の向こうの甲子園』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f2c5c7e2fb2be062798df0aa56f3b87 を、取り上げています。



物語の始まりは、桜が満開の頃。暗い過去を持つ、どら焼き屋の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)の店に、徳江(樹木希林)という謎多き女性が訪れます。



その店で働くことを強く希望した徳江を、最初は断っていた千太郎ですが、彼女の作る粒あんの美味しさと熱意に負け、採用することを決めました。



徳江が作る粒あんが評判となり、店は開店前から行列が出来るほどの大繁盛します。



徳江は、出来損ないのどら焼きをもらいに来る女子中学生のワカナ(内田伽羅)と親しくなります。一人っ子のワカナは、母(水野美紀)とのギクシャクした関係を抱えています。



そんな中、オーナー(浅田美代子)が店にやって来て、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが噂になっているので、彼女を辞めさせるよう千太郎に迫ります。。。



この映画を観る前は、テレビで見た予告編と、芸能ニュースで知った情報くらいしかありませんでした。



芸能ニュースでは、樹木希林と孫娘の内田伽羅の共演の話題が大きく取り上げられていて、作品のテーマが「今でも続くハンセン病患者への差別」であることを知りませんでした。



観終えて“社会派作品”をオブラートに上手に包んでいた、まさにドラ焼きの“あん”であることに気がつきました。



美しい桜のシーンなど、随所に“海外受け”する映画だなと思ったら、日本・フランス・ドイツ合作だったのですね。



秦基博(はた もとひろ)さんの主題歌「水彩の月」も、この作品の雰囲気にピッタリで良かったです。


 



 


 


 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f


Film1~105 省略


Film106 2017/6/8 『クリフハンガー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81d5d3dde65f4debd911004ee71dc8b4


Film107 2017/6/15 『インフェルノ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf17916f43bed34989290b10d2761dec


Film108 2017/6/30 『トップガン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/60f6f26eae450995705913623f8dec07


Film109 2017/7/31 『いつまた、君と ~何日君再来~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e01d38357b90fb637344f6884fc8f42c


Film110 2017/8/20 『ミッション:インポッシブル2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/83a60b796c68b01ba41499a55179f7c0


Film111 2017/8/30 『80間世界一周』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab23e821ccfa349e7da22d24a25784cc


Film112 2017/9/4 『グッドモーニングショー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e376f43c308b544ad715a893b5b0eb82


Film113 2017/9/25 『ドリームガールズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e734eb416068eb5159759d96017e1834


Film114 2017/10/17『マイノリティ・リポート』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c5cd75014ed2cc69360f2716da755fe7


Film115 2017/10/30『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f28d0086acf890738ad7ef195998959e


Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3


Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スポーツ No.119 『プロ野球入場券 01~02年』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第119回は、『プロ野球入場券 01~02年』をお送りします。



隊長の家から近い東京ドームでは、11月16日(木)~19日(日)まで「アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)2017」が行われています。



APBCは、今年から始まった、日本、韓国、台湾3カ国の24歳以下のプロ野球[野球]選手による国別対抗大会です。



どうせ行うなら、その年の3カ国のシリーズ優勝チーム(日本ならソフトバンク)が争いアジアのNo.1を決め、将来的には米国と真の“ワールドシリーズ”をすればと思ってしまいます。



また、今回、阪神から侍ジャパン(日本代表)に選ばれているのが、石崎剛投手⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/24b4a9d1345a51592003ccddb35dbf65 1人だけということもあり、全く関心なくテレビ中継も観ていません。



隊長にとって、今年のプロ野球は既に終了しています。



そこで、“閑中のネタ”として、書庫の奥から、昔、観戦したプロ野球試合の入場券を引っ張り出し、ご紹介しています。第5回目は、2001年~2002年です。



2001年5月20日 ヤクルト対阪神 @神宮球場


11042902.JPG


ここからの三枚全てが、神宮球場「自由席招待券」です。当時「ヤクルト本社」の株を持っていて、“株主優待”でチケットを入手していました。


券面に試合結果の書き込みがなかったので、ネットで調べました。阪神の先発投手は、昨年引退した福原忍⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e311c8199d15cc9966f9712a9cc2d971 。試合は、2対5で負けています。



2001年8月23日 ヤクルト対阪神 @神宮球場


11042903.JPG


阪神の先発は、井川慶(けい)投手。この試合も、1対3で敗れています。


野村克也監督⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1e7ca0c0fdffac35a646534430a0abc4 三年目の阪神、またも最下位でした。


この年の入場券で残っているのは、この二枚です。“暗黒時代”の阪神だったから、球場に訪れる回数も少なくなっていたのでしょうか。



2002年4月7日 ヤクルト対阪神 @神宮球場


11042904.JPG


先発投手は、今季限りで引退した安藤優也⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81b477c4ef429589f91ff2a30b9dad9c 。試合は、桧山選手のホームランが出ましたが、3対5で負けています。


星野監督、一年目のこの年、三年連続の最下位から、四位に上がったのですが、残っているチケットは一枚だけ。もう少し、応援に行ったと思いますが。。。



次回(最終回)は、我が阪神が18年ぶりのリーグ優勝を飾った2003年の入場券を、紹介します。


 


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5


No.1~105 省略


No.106 2017/4/13 『浅田真央 引退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81393e228059ec3b0d14c6f54d373c53


No.107 2017/5/30 『白鵬 1年ぶり38度目の優勝を全勝で飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4875332fdc98c9d3b6614f31992633


No.108 2017/6/13 『青木 日米通算2000本安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a7915db8e4f454e52b1048243378c16


No.109 2017/7/29 『白鵬 完全復活』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/992c8fa9a7bf5603a4eb6c48d5f082f6


No.110 2017/9/2 『日本W杯出場決定!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba4e3bec13439605324dc023151422d8


No.111 2017/9/12 『初日から三横綱休場』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f0b302f6316b9d25b925bb999b93f38


No.112 2017/9/21 『DRAGON GATE プロレス 東京大会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/33760148d87bd52aaa22b8c6159127cb


No.113 2017/9/28 『日馬 重責に耐え9度目の優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d9f6e989d77b46e9dbe0b11a56b2d92


No.114 2017/10/25 『プロ野球入場券 91~93年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4a8e81ec8304b7baf3880fa10147ab7


No.115 2017/10/29 『プロ野球入場券 94~95年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01dd1458635cf6d2b11fb15644cf4328


No.116 2017/11/3 『プロ野球入場券 96~98年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/493265858cbadce54919549799ad1aeb


No.117 2017/11/8 『プロ野球入場券 99~00年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9b97edd649e92f79231993211850e05


No.118 2017/11/12 『平成29年九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7949b9dd5bf55c502d4313fcfcc8b612


 


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

テレビ Vol.196 『朝ドラ 「花子とアン」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第196回は、『朝ドラ 「花子とアン」』をお送りします。


20140731_yoshitaka_06.jpg



今日、ご紹介する『花子とアン』は、2014年度前期 NHK「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)です。



3年半前に放送されていた『花子とアン』は、9月25日(月)から、NHK BSプレミアムで、毎週月曜日~金曜日の7:15~7:30に最放送されています。



最近の朝の日課は、BSプレミアムで、7:15から『花子とアン』、7:30からは『わろてんか』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8127476f6356a380a23a49efc6d002f7 、7:45から『こころ旅』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a1985d721f339d55f5c9520d17b4b27a を、観ています。



このドラマは、『赤毛のアン』の翻訳者である村岡花子さんの半生を描いています。



原案は、村岡恵理の著書「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」。脚本は、中園ミホ。



中園ミホさん脚本のドラマは、2015年4月期放送の『Dr.倫太郎』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e17e183c831bacfe94116e17ca47b177 を紹介しています。



朝ドラ90作品目のヒロインは、吉高由里子(よしたか ゆりこ)。



朝ドラのヒロインは、“新人女優の登竜門”とも呼ばれ、無名の女優さんを起用することが多かったのですが、この作品の頃から若手ながら実績ある女優さんが選ばれるケースが多くなって来ましたね。



この番組開始時には、25歳だった吉高さん、その前も後も、数々の作品で活躍していますよね。



これまでに「隊長のブログ」で取り上げたのは;



2012年公開の映画『僕等がいた 前篇』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d0899fe0190de36c67ec433179b974b



2017年1月期のドラマ『東京タラレバ娘』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2ce817da77f64fab6e7bbf4c469a22e です。



主な共演者は、伊原剛志(つよし)、室井滋、仲間由紀恵、鈴木亮平、黒木華(はる)、土屋太鳳(たお)、矢本悠馬、マキタスポーツ、など。


44064677c188a938032f7acebf986bd0.jpg



物語の始まりは、明治33年(1900年)。山梨県甲府の貧しい小作農家に生まれ育った安東はなは、7歳になっていました。



行商人の父・吉平(伊原剛志)からもらった絵本が大好きで、読み書きに興味を覚え、貧乏ゆえに行く予定のなかった尋常小学校に通い始めます。



勉学に目覚めたはなに、吉平は母(室井滋)や祖父(石橋蓮司)を説得し、特待生としてはなを、東京の女学校の寄宿舎に入れます。



女学校で伯爵家の葉山蓮子(仲間由紀恵)と親友になり、青春を謳歌します。女学校を卒業したはなは、自らの道を切り開いていきます。



このドラマで印象に残ったのは、戦前の小作農家の貧しさです。女学校に行けたはな以外の兄弟は、兄は軍隊に、妹二人も苦労を重ねます。



放送から3年半。当時は、主役級でなかった俳優さんたちも、今では主役やそれに匹敵する活躍している方が多いですね。



薄幸の妹・かよを演じた黒木華さん。「隊長のブログ」では、ドラマ『重版出来』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0657d42b6fa12d58df2b7f9302a1e638 を取り上げています。



同じく妹・もも役の土屋太鳳さん。『花子とアン』から僅か一年後には、同じ朝ドラ『まれ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/efbe145247e70ef9f836e214d8e53724 を射止めているのは、ご存知の通りです。



花子の夫・村岡英治を演じた鈴木亮平さん。『東京タラレバ娘』などの民放ドラマでの欠かせない存在になっただけでなく、来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」では主役の西郷隆盛を演じます。



まさに、“大出世”ですね。そういえば、『花子とアン』で夫婦役を演じた吉高さんに、『東京タラレバ娘』では、告白するも振られる役を演じていましたね(笑



はなが通った小学校の担任で、その後、校長として教師になった花子を迎えた本多正平役を演じたマキタスポーツさん。今年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11 では、直虎を助ける龍雲党のモグラ役を演じています。



はなの小学校の同級生役を演じた矢本悠馬さんも、『おんな城主 直虎』では、直虎に仕える中野直之役を好演しています。



尚、「隊長のブログ」では、NHK「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)を、これまでに10本紹介しています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f99044cc42c1c0270c09c467155cd5b9


 



===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~180 省略


Vol.181 2017/5/19 『金曜日くらい褒められたい』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c64711ba5785e2fb18c1794d2acdd16


Vol.182 2017/6/4 『TOKYOディープ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4a45b1ccda6279aeed0ee09bbd1cbcd2


Vol.183 2017/6/14 『朝ドラ「こころ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4fdb7fbe55da5617a784fc0a10e3a68e


Vol.184 2017/6/26 『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d959d5838bbf9bf7db1aba1b53708d6


Vol.185 2017/8/8 『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a472d983014ccd07950d4a43161177f


Vol.186 2017/8/26 『歌謡ファンクラブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cfc0571e8a25157ae4aef226013579f4


Vol.187 2017/8/31 『未来世紀ジパング~メード・イン・ジャパンの真実~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b1661f54393fd0df87e86f6d12519dfc


Vol.188 2017/9/16 『アナザーストーリーズ~兵馬俑は見ていた!~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6208a7ab51f2140853ec06ac9a659d99


Vol.189 2017/9/27 『浅田次郎ドラマスペシャル「琥珀」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/981525441d842da0635fceaf26ad4109


Vol.190 2017/10/9 『朝ドラ「わろてんか」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8127476f6356a380a23a49efc6d002f7


Vol.191 2017/10/18 『ファミリーヒストリー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d95ff93f6fecfadaa38c7d97965ccda


Vol.192 2017/10/26 『世界!ニッポン行きたい人応援団』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5752ad5cdfd68a44c1a7eb2fc17ee1d


Vol.193 2017/11/1 『ドラマ「陸王」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/645fe7f787e663c6dbc3663fbebe34e0


Vol.194 2017/11/5 『ドラマ「監獄のお姫さま」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fa9c128de050da32723de60a25bacaf7


Vol.195 2017/11/9 『ドラマ「先に生まれただけの僕」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d6f6fc2e53479f4cb7c3c9949a98d58


タグ:吉高由里子
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

学ぶ 48課 『シャガール 三次元の世界』 [学ぶ]

隊長が行った展示会・講演・セミナー・発表会や考えた事、など「学ぶ」の第48回は、『シャガール 三次元の世界』をお送りします。


11050501.JPG



『シャガール 三次元の世界』と題した展覧会を観に行ってきました。



色彩画家として有名なマルク・シャガール(1887~1985)は、晩年に多くの彫刻を制作していましたが、日本で本格的に紹介される機会は殆どなかったそうです。



そのシャガールの彫刻作品を、日本で初めて本格的に紹介しているのが本展です。



平面作品と深い関わりをもつシャガール彫刻の特徴を踏まえ、関連のある素描や絵画、同主題の絵画などとともに展示し、シャガールの“三次元世界”を巡ることが出来ます。



会場は、「丸の内駅舎北口ドーム」に隣接する「東京ステーションギャラリー」です。


DSC_0005.JPG



同ギャラリーを訪れるのは、2114年6月の『ジャン・フォートリエ展』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49885bdcf72720bfa5d482cf6bddd14a 以来、ほぼ三年半ぶりです。



2012年秋の「丸の内駅舎復原工事完成」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/554bb816dfbf0fbccf772027a7e217c5 以降も、JR東日本は丸の内駅前広場の整備を行っていましたが、本年12月7日に整備が完了しオープンする予定だそうです。



そこで、「東京ステーションギャラリー」に入る前に、付近を散策してみました。



同ギャラリーが入っている最北部レンガ造り建物前の歩道には、雨除けが造られていました。


DSC_0007.JPG



タクシー乗り場も整備されています。


DSC_0004.JPG



白色が基調の御影石舗装となった中央広場は、既に多くの外国人観光客が訪れていて、記念撮影をしていました。


DSC_0003.JPG



回り道をしてしまいましたが、ギャラリーの中に入ります。



最初に、エレベーターで三階に上がります。エレベーターを降りると、壁に三次元バーコードが。



説明を読むと、三次元バーコードからアプリをスマホにダウンロードすると、無料で音声ガイドをイヤホーンで聴くことが出来るそうです。前回同館を訪れた時には、このシステムは導入されていませんでした。



美術館・博物館での音声ガイドは専用機器を有料で借りる⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ad4809b265374ab128671060e58020a ものだと思っていたので、素晴らしいサービスだと思いました。



ただ残念なことに、スマホは常に持参しているのですが、この日はイヤホーンが無かったので使用出来ませんでした。



三階の展示室に入って、先ず眼についたのが、「町の上で、ヴィテブスク」と「誕生日」の二枚の絵画です。



「町の上で、ヴィテブスク」は、1915年、シャガール28歳の時の作品です。故郷ヴィテブスクの町の上を、抱き合う一組の恋人たちが浮遊しています。


CCF20171115_00000.jpg



二人は、シャガール自身と当時20歳の最初の妻ベラです。



1923年に書かれた「誕生日」。花束を持ったベラとシャガールが、宙を舞いながら口づけを交わしています。


CCF20171115_00001.jpg



この二枚は、メルヘンチックで好きな作品です。一方、シャガールの絵に登場する馬や山羊などの動物と人間が描かれた作品は、あまり好きではありません。



三階と二階の展示室には、日本初公開作品を多数含む、彫刻・陶器60点、油彩・水彩70点、素描・版画等40点、計170点余りが展示されています。



二階展示室は、周囲が「丸の内駅舎」のレンガ壁をそのままの活かしていて、他の美術館にはない独特の雰囲気を醸し出していて、素敵です。



彼の彫刻・陶器の“三次元”作品。彫刻では、大理石の素材の形、そのままを生かした作品が多く、形の制約の中で、むしろその制約を楽しんでいたシャガールの姿が伺えます。



また、陶器で作品を造ろうと思ったのも、ユニークですね。



1887年~1985年という“ヨーロッパ激動の時代”を、故郷ロシアとフランス、そして亡命先のアメリカで過ごしたシャガール。



展示作品を全て見終わって、1914年から1918年の第一次世界大戦、1917年のロシア革命、ナチスの台頭、そして第二次世界大戦を目の当たりにした影響が、作品に現れていると感じました。



二階展示室の外で出ると、そこは「丸の内駅舎北口ドーム」の回廊です。下には、多くの人が行き交っている平和な光景が広がっていました。 


DSC_0006.JPG



「東京ステーションギャラリー」の住所は、東京都千代田区丸の内1-9-1。電話番号は、03-3212-2485[電話]です。



『シャガール 三次元の世界』の会期は、12月3日(日)まで。尚、月曜日は休館日ですので、お気をつけください。




=== 「学ぶ」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/f5db9e9e6a9e758b72bc946d007772f7


1~35課  省略


36課 2016/3/18 『東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e539412b2672ecbb8e1f39826dd3ea11


37課 2016/4/5 『英語の辞書』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18fcdafd0f8ed88cef8c81dc28c0af0b


38課 2016/4/29 『貨幣博物館』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/64fa8bfb1977543a9fceee355cbe0840


39課 2016/5/5 『「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/11addb43f7b97097a81b49c03cda41cd


40課 2016/7/21 『あうるすぽっと 舞台講座』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/198760f8babdde0040e844631342d453


41課 2016/7/30 『真砂中央図書館リニューアルオープン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fcbb21e9ffb2fd03b97f50c9145e57a9


42課 2016/11/11『講演 高田明 ジャパネットたかた前社長』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/829a292c335d0cd1fe0a4d49b8880c04


43課 2016/12/9 『ゴッホとゴーギャン展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea3be452584eca1319bbbbaa90b321fb


44課 2017/2/27 『講演 原田規梭子 東洋学園大学学長』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68a8c27cb9fcbaa35d9531d1b43a4262


45課 2017/3/18 『これぞ暁斎!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fe7edea506fb4dcc49f99e105d5a527e


46課 2017/4/24 『「旅するイタリア語」で勉強中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c47be7713ebf72b0cdfe5501cc00e0f9


47課 2017/7/18 『展示会「歓迎!本郷旅館街」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c9c403e4e835de6939ed62ac88360c7


タグ:シャガール
nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

グルメ 211食 『大阪さくさくワッフル』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第211回は、『大阪さくさくワッフル』をお送りします。


DSC_0001.JPG



大阪土産の新定番『大阪さくさくワッフル』を、大阪在住の友人が上京時に頂きました。頂いたのは、14枚入りの化粧箱。


ピンクのパッケージが斬新です。これが、空港[飛行機]や新幹線[新幹線]駅の売店に置いてあったら、思わず手を出してしまいそうです。個包装も同じピンク色。


DSC_0004.JPG


ところが、袋の中を開けてみると、こげ茶色のワッフルと言うより、クッキーに近い物が出てきました。



口に含むと商品名にある様に“さくさく”感があります。ほのかにメープルの匂いもします。


DSC_0007.JPG



初めて頂いた、『大阪さくさくワッフル』のファンになってしまいました。



M君、こんど東京に来る時にも、また買って来て下さいね。


 


 


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~195食 省略


196食 2017/4/28 『三越日本橋の「たいめいけん」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7b7d90f5e99296ff977a3d093181fd84


197食 2017/5/2 『栃木の酒「仙禽 初槽 直汲み あらばしり」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7c27504c28ad08b480c427eacbd66b54


198食 2017/5/7 『千葉県八街産のはねだし落花生』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2115cb052f9d1912b0242d7a4adda660


199食 2017/6/2 『松屋本郷三丁目店がリニューアルオープン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8750cb84a6ea0d6a2a7cad7cedf09998


200食 2017/6/12 『悟空 渋谷店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/808da96555cf55f7e97b86c356523191


201食 2017/6/18 『家飲みウィスキー No.5』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8ff82be89426efe5bb9f163b620e55fe


202食 2017/7/3 『プレミアムビール No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e92e68d68acb9f31b475506d910335e


203食 2017/8/3 『新丸ビルの「VIN ROUGE VIN BLANC」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc7772e003d964d9164d3c215cb5c4ad


204食 2017/8/25 『会津名産「翁飴」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0cf618920e6c670b11f4a41999d80971


205食 2017/9/3 『家飲み外国ビール No.1』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e9bae7a7b9ebbd145b13f92d205e7c9


206食 2017/9/23 『蔵元居酒屋「清龍」上野店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/02bfe0e669acc9ffeb65851364509f92


207食 2017/10/3 『蘭州拉麺 馬子禄 牛肉面』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdb6c28ef60444a96bda00fb82d1d690


208食 2017/10/15 『にしき堂のもみじ饅頭』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09033ceeedda1c049a11a6f89583d488


209食 2017/10/21 『中野「らーめん 北国」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53e3b38293c11239dff77f0fcbaf0bf1    


210食 2017/11/4 『広島の酒「酔心稲穂」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/773df0a7e405c826b748fe1dfb448114


nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画 Film117 『キャストアウェイ』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第117回は、『キャストアウェイ』をお送りします。


51VdFJ9OO9L._SY445_.jpg



『キャストアウェイ』(原題:Cast Away)は、2000年公開のアメリカ映画。主演は、トム・ハンクス(Tom Hanks)。



これまでに、トム・ハンクスの主演映画は;


1995年公開の『フォレスト・ガンプ/一期一会』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dd4e5e4237a5310e01f471be946395b と、


2004年公開『ターミナル』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/339394a576d6e936f964c467e4b18446


2016年公開『インフェルノ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf17916f43bed34989290b10d2761dec


の三本を取り上げています。



監督は、「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」のロバート・ゼメキス(Robert Zemeckis)。



彼は、『フォレスト・ガンプ/一期一会』でもメガホンを握り、トム・ハンクスとコンビを組んでいます。



あらすじ:チャック・ノーランド(トム・ハンクス)は、テネシー州メンフィスに本社がある、世界最大の物流会社“フェデックス(FedEx)”の敏腕システム・エンジニアでした。



そんな彼は、効率と生産性を上げるために世界中を駆け回り、システム上の問題解決に明け暮れていました。一秒も無駄にしないことが彼の信条でした。



プライベートでは、地元のケリー・フレアーズ(ヘレン・ハント)と、長年の恋人関係でした。



そんなある日、彼の乗った貨物飛行機[飛行機]が悪天候で太平洋に墜落してしまいました。彼一人が、奇跡的に一命を取り留めたものの、漂流した先は無人島でした。



過酷な環境の中、彼は孤独という精神的な試練に対し、ケリーを心の支えに生き抜きました。4年後、ついにチャックは無人島からの脱出に成功して故郷に戻りましたが、そこで待ったいたのは。。。



映画の冒頭、フェデックスのハブ空港でもあるメンフィス国際空港で、何機ものフェデックス貨物専用機が数珠繋ぎで、離陸待ちをしているシーンは、迫力がありました。



フェデックスの全面的協力で撮影されたのでしょうね。



日本では、フェデックス宅配便のシェアは低いと思いますが、隊長が米国企業の日本法人に勤務している頃は、サンプル等の小口貨物の輸出入に使用するのは、フェデックスが圧倒的に多かったです。



チャックが乗った、そのフェデックスの貨物機が、悪天候のためとはいえ、墜落事故を起こすのですから、よくフェデックスは協力しましたよね。



日本企業なら、イメージの悪化を恐れて協力しないでしょう。『バリー・シール/アメリカをはめた男』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3 の感想にも書きましたが、アメリカという国の懐の深さでしょうか。



船の難破や、飛行機の墜落で、無人島に漂流したサバイバル物語は、これまで幾度も、小説・映画の題材にされて来ました。



『80日間世界一周』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab23e821ccfa349e7da22d24a25784cc の作者でもある、ジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」はその草分けだと思います。



「十五少年漂流記」は、15人の少年が力を合わせて無人島で生活するのですが、チャックは、たった一人で生き延びたのですから、強靭な精神力がなければ成し得なかったのでしょう。



孤独に打ち勝つための存在だったケリーとの再会が、ハッピーエンドにならなかったのも、この映画がいつまでも記憶に残っている要因の一つかも知れません。


 



 


 


 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f


Film1~105 省略


Film106 2017/6/8 『クリフハンガー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81d5d3dde65f4debd911004ee71dc8b4


Film107 2017/6/15 『インフェルノ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf17916f43bed34989290b10d2761dec


Film108 2017/6/30 『トップガン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/60f6f26eae450995705913623f8dec07


Film109 2017/7/31 『いつまた、君と ~何日君再来~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e01d38357b90fb637344f6884fc8f42c


Film110 2017/8/20 『ミッション:インポッシブル2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/83a60b796c68b01ba41499a55179f7c0


Film111 2017/8/30 『80間世界一周』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab23e821ccfa349e7da22d24a25784cc


Film112 2017/9/4 『グッドモーニングショー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e376f43c308b544ad715a893b5b0eb82


Film113 2017/9/25 『ドリームガールズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e734eb416068eb5159759d96017e1834


Film114 2017/10/17『マイノリティ・リポート』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c5cd75014ed2cc69360f2716da755fe7


Film115 2017/10/30『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f28d0086acf890738ad7ef195998959e


Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スポーツ No.118 『平成29年九州場所の注目力士は』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第118回は、『平成29年九州場所の注目力士は』をお送りします。



大相撲九州場所は、今日11月12日(日)から「福岡国際センター」で幕が開きます。



場所前恒例の、隊長が注目する力士の発表は、横綱・日馬富士、同・白鵬、新小結の阿武咲(おおのしょう)、前頭十三枚目の安美錦(あみにしき)、の四人です。



一人目の日馬富士。先場所は、『重責に耐え9度目の優勝』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d9f6e989d77b46e9dbe0b11a56b2d92 を飾りました。



平成24年名古屋場所、秋場所、以来五年ぶりの二場所連続優勝を狙います。さらに、現在47勝でトップに立っている、年間最多勝獲得にも期待がかかります。


20002308.jpg



次の白鵬、休場あけの今場所に前人未到の40回目の優勝がかかっています。成長著しい若手力士達に対して「壁になりつつ引っ張ってたたき上げるのが仕事」と、大横綱らしい発言も出ています。


20002320.jpg



その成長著しい若手の一人、阿武咲。先場所は、10勝5敗の成績を挙げ、入幕後わずか四場所で、小結に上がって来ました。今場所も、21歳の“若武者”に注目が集まります。


20130005.jpg



最後の安美錦(あみにしき)。こちらは、阿武咲より18歳上で関取最高齢の39歳です。



怪我のため、昨年の秋場所で十両に陥落してから、八場所ぶりに幕内に帰って来ました。前から好きだった安美錦、一場所で十両再陥落がないよう、頑張って欲しいものです。


20001080.jpg



ちなみに、一昨年の九州場所の注目力士は、鶴竜、白鵬、日馬富士の三横綱と、大関 照ノ富士、それに小結 嘉風(よしかぜ)の五力士⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/604defafa0667ab7250d6f234fae99cd



昨年は、大関 豪栄道、横綱 白鵬、関脇 高安(たかやす)の三力士でした⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e7b4a18dccb5221683729967dbc85fd4



鶴竜は先場所の全休に引き続き、今場所も既に初日からの休場を発表しています。照ノ富士は、大関から陥落し、今場所は関脇での再スタートです。高安は、今年の七月場所で大関に昇進しましたが、今場所は“カド番”です。



この三力士には、二年間の“明”と“暗”が、ハッキリと現れていますね。



尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに40回アップしています。



詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3


 



===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5


No.1~105 省略


No.106 2017/4/13 『浅田真央 引退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81393e228059ec3b0d14c6f54d373c53


No.107 2017/5/30 『白鵬 1年ぶり38度目の優勝を全勝で飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4875332fdc98c9d3b6614f31992633


No.108 2017/6/13 『青木 日米通算2000本安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a7915db8e4f454e52b1048243378c16


No.109 2017/7/29 『白鵬 完全復活』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/992c8fa9a7bf5603a4eb6c48d5f082f6


No.110 2017/9/2 『日本W杯出場決定!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba4e3bec13439605324dc023151422d8


No.111 2017/9/12 『初日から三横綱休場』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f0b302f6316b9d25b925bb999b93f38


No.112 2017/9/21 『DRAGON GATE プロレス 東京大会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/33760148d87bd52aaa22b8c6159127cb


No.113 2017/9/28 『日馬 重責に耐え9度目の優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d9f6e989d77b46e9dbe0b11a56b2d92


No.114 2017/10/25 『プロ野球入場券 91~93年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4a8e81ec8304b7baf3880fa10147ab7


No.115 2017/10/29 『プロ野球入場券 94~95年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01dd1458635cf6d2b11fb15644cf4328


No.116 2017/11/3 『プロ野球入場券 96~98年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/493265858cbadce54919549799ad1aeb


No.117 2017/11/8 『プロ野球入場券 99~00年』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9b97edd649e92f79231993211850e05


 


タグ:大相撲
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

猛虎通信 Vol.86 『2017年ドラフト会議』 [猛虎通信]

隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第86回は、『2017年ドラフト会議』をお送りします。



10月26日(木)に行われたプロ野球[野球]ドラフト会議。今ドラフトの一番の目玉は、早稲田実業高校の清宮幸太郎選手でしたね。



その清宮選手、我が阪神を含め7球団が一位指名しました。7球団競合は、高校生としては、1995年の福留孝介⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2ed151b2eb0679e3049e7020af5d3058 以来だそうです。



金本監督自らクジを引きましたが、残念ながら外れ。結果は、ご存知の様に日本ハムが交渉権を獲得しました。


清宮.jpg



敗者による二回目一位指名、阪神は履正社高校の安田尚憲選手を指名しましたが、阪神、ソフトバンク、ロットの三球団がかち合い、抽選の結果、ロッテに。



三回目に阪神が指名したのは、仙台大学の馬場皐輔(こうすけ)投手。ここでも、ソフトバンクと争いましたが、金本監督が当たりクジを引き当てました。


金本.jpg



最終的に、阪神は、馬場投手以下、亜細亜大の高橋遥人投手、立大の熊谷敬宥(くまがい たかひろ)選手、上武大の島田海吏選手、九州三菱自動車の谷川昌希投手、啓新高校の牧丈一郎投手の六名を指名しました。



結果論ですが、清宮を取らなくて良かったと思います。これだけ高校時代に注目されて選手、じっくり養成しているとマスコミやファンの期待を裏切るので、未完成のまま一軍で使うことになるのでは、ないでしょうか。そうなったら、結果が伴わず、チームにもファンにも迷惑をかけることになります。



一方、一位で獲得した馬場投手。最速155㌔を誇る重い直球とプレーキの効いたカーブ、スライダーが持ち味で、精神力も強いそうです。即戦力として期待出来ますね。



その馬場投手とは、11月9日(木)に入団交渉を行い、仮契約が完了しました。


img_171109_2_2.jpg



馬場を含め、阪神が指名した六人中3人が投手です。彼らが、「投手王国阪神」の一員となってくれることを願っています。


 



===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d


Vol.1~70 省略


Vol.71 2016/8/1 『福留選手 2度目のサイクル安打達成』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2ed151b2eb0679e3049e7020af5d3058


Vol.72 2016/8/24 『大和・北條・江越と遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b2c5823ed642dc3f9f3cc8c534a5c4f


Vol.73 2016/10/9 『2016年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e311c8199d15cc9966f9712a9cc2d971


Vol.74 2016/12/1 『糸井・福留・高山』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce495d6a069d59c60de47a79d32f3d1b


Vol.75 2017/2/2 『2017年の新戦力』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d1419c3fe16bce106575b1f2fab869c


Vol.76 2017/3/14 『若虎 侍ジャパンに快勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d0ceb2ed95fbbf3b16b0318eba08cf0d


Vol.77 2017/3/24 『今年も神宮からスタート』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1e85f2881302c359b8344db0a4477ac


Vol.78 2017/4/14 『順調な滑り出しです』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/efb33ca5720b441bfe5e9e3a3c0a93c1


Vol.79 2017/5/24 『神宮でBudを飲めたけど』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/127270f7f16e94bba020d181c658beb9


Vol.80 2017/6/5 『マリスタにBud Girlはいなかったけど』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53ddef142d417be651717ac334e4ed1f


Vol.81 2017/7/26 『本物の花火より凄い4発が神宮に上がる』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d64f247c7b4e6e7b40faacc70dc0290e


Vol.82 2017/8/18 『岩田 完全復活はお預け』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5f25de6fb2490820a71d26ff25d4a79f


Vol.83 2017/9/4 『広島マツダスタジアムに遠征』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c3a9a522060178b5501609b22c1bc26


Vol.84 2017/10/11 『安藤投手、狩野選手、新井選手、引退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81b477c4ef429589f91ff2a30b9dad9c


Vol.85 2017/10/19 『まさかの1stステージ敗退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2f93e0f5b9f140d6f2c2b8417877b4a


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ